シメオネの情熱は家族にも伝播! リバプール戦勝利に自宅で狂喜乱舞!

2020.03.13 16:25 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレティコ・マドリーを率いるディエゴ・シメオネ監督のほとばしる情熱はしっかりと家族に受け継がれているようだ。スペイン『ElDesmarque Madrid』が伝えている。アトレティコは11日、敵地アンフィールドで行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16の2ndレグでリバプールと対戦。延長戦までもつれた激戦を3-2で勝利し、2戦合計4-2でベスト8進出を果たした。

同試合においてシメオネ監督はピッチサイドで常に選手たちを鼓舞するいつも通りの熱さを見せていたが、マドリードの自宅でテレビ観戦していた家族も同様にチームの一挙手一投足を見守りながら、文字通り戦っていた。

そして、同監督の妻でモデルのカルラ・ペレイラさんがSNSに投稿した幾つかの動画ではその熱狂ぶりが垣間見えた。

『ElDesmarque Madrid』伝えるところによれば、カルラさんはシメオネ監督との間に授かったフランセスカちゃん、バレンティーナちゃんの2人の娘と、同監督が前妻との間に授かったカリアリFWジョバンニ・シメオネら3人の息子や親しい友人と共に自宅でテレビ観戦していたという。

そして、FWアルバロ・モラタによる決定的な3点目が決まった際には家族全員で抱き合い、飛び回り、勝利の咆哮を上げる、まさに狂喜乱舞の姿を見せた。

さらに、画面上に映る偉大なる父親や夫を見守りながら、「何が起こっても、彼らは我々を引き離さない。アトレティを愛し、最後まであなたと共に」とのチャントを家族で大合唱した。

父親が熱血過ぎると、意外に子供や奥さんはクールなことが多いものだが、やはりシメオネ監督の熱さは周囲に伝播するようだ。

◆シメオネの情熱は家族にも伝播!
コメント
関連ニュース
thumb

ガーナにもルーツがあるオーバメヤンが高評価受けるトーマスに期待「このような選手はこれまでいなかった」

アーセナルの主将を務めるガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンが、今夏加入のガーナ代表MFトーマス・パルティを絶賛している。クラブ公式サイトが伝えた。 今夏の移籍最終日である5日に契約解除金満額の5000万ユーロ(約62億1000万円)を支払う形でアトレティコ・マドリーから加入したパルティ。22日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第1節のラピド・ウィーン戦で初先発を果たすと、攻守にわたり躍動して2-1での逆転勝利に貢献した。 試合後にはミケル・アルテタ監督から「我々が少しオープンになり、チャンスを増やし、何人かがスペースを突いて攻撃に参加した後半、彼は中盤をケアしていたと思う。彼からもっともっと多くのものを得られるだろう」と守備面を高く評価。さらなる活躍に期待を寄せていた。 加入早々にサポーターのハートを掴んだトーマスだが、オーバメヤンもマッチデープログラムでトーマスを称賛。これからのクラブに必要なピースだと語っている。 「トーマスはここに来て以降、素晴らしいよ。彼はとても上手くチームに溶け込んだ。思いやりがあって、落ち着いていて、笑顔を絶やさない。ピッチ上では彼がゲームで何をもたらしてくれるのかをすでに示した」 「フィジカルがとても強くボールの扱いも上手い。これまで、僕たちのチームにはこのようなプロフィールの選手はいなかった。ボール回しやプレスを掻い潜るのに、今後は彼の存在が非常に重要になるだろう」 「僕の家族はガボン出身だけど、トーマスの出身地であるガーナにもルーツがあるんだ。だから、僕たちはファミリーだ。彼のような能力のあるプレーヤーがトレーニングにいるのも良いことだ。若い選手たちは彼から多くを学べると思う」 2020.10.25 21:00 Sun
twitterfacebook
thumb

難敵ベティスに苦戦も後半の2発で勝ちきったアトレティコがバウンスバック!《ラ・リーガ》

アトレティコ・マドリーは24日、ラ・リーガ第7節でベティスとホームで対戦し、2-0で勝利した。 ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループA第1節のバイエルン戦を0-4と惨敗したアトレティコ。そのアトレティコは中2日の過密日程で迎える今節に向けて、バイエルン戦から先発を4人変更。フェリックスやカラスコ、H・エレーラらに代えてコレア、レマル、トレイラらが先発に名を連ねた。 3勝3敗で8位のベティスに対し、スアレスとM・ジョレンテが2トップを組んだ[4-4-2]の布陣で臨んだアトレティコは、立ち上がりからボールを保持するベティスに攻め込まれる時間が続いたが、13分には右サイド高い位置でパスを受けたモントーヤのクロスをW・カルバーリョに頭で合わせられたが、このシュートはGKオブラクがキャッチして難を逃れた。 堅い守りでベティスの攻撃を凌ぐアトレティコは20分、トリッピアのパスをボックス右で収めたコレアの折り返しからスアレスがダイレクトシュートを放ったが、これは枠の左に逸れた。さらに27分にも、W・カルバーリョのクリアミスを敵陣で奪ったスアレスがボックス手前からシュートを狙ったが、これもゴール左に外れた。 ハーフタイムにかけては、ボールポゼッションで上回るベティスに押し込まれるも、最後の場面では相手のフィニッシュの精度の低さに助けられ、ゴールレスで前半を終了した。 迎えた後半、アトレティコはトレイラとレマルを下げてカラスコとH・エレーラを投入。すると開始早々の46分、左サイドでスローインを受けたエルモソのパスからボックス左に侵入したM・ジョレンテが縦に切り込むと、飛び出したGKのニアを抜いたシュートがゴールネットを揺らした。 M・ジョレンテの電光石火弾で先制したアトレティコは、55分にピンチを迎える。W・カルバーリョのスルーパスでボックス右に抜け出したサナブリアに一対一の状況を作られたが、これは飛び出したGKオブラクが好セーブ。 追加点で畳みかけたいアトレティコは、57分にコレアを下げてフェリックスを投入。すると58分、ボックス左手前でパスを受けたH・エレーラのコントロールショットが右ポストを直撃。さらにこぼれ球をボックス右のスアレスがダイレクトで折り返すと、ファーサイドのカラスコが左足ボレーで合わせたが、シュートはGKブラーボのセーブに阻まれた。 追加点のチャンスを逃し続けるアトレティコだが、72分に追い風が吹く。フェリックスのスルーパスでDFの裏に抜け出したカラスコが、ペナルティアーク手前でモントーヤに倒されると、VARの末にモントーヤにはレッドカードが提示され退場処分となった。 数的有利となったアトレティコは76分、相手CKからロングカウンターを仕掛ける。クリアボールを拾ったフェリックスのロングスルーパスで抜け出したカラスコがドリブルでボックス内まで侵入。GKとの一対一を迎えたが、シュートはGKブラーボの好セーブに防がれた。 攻勢をかけるアトレティコだったが、83分にアクシデント。プレー中に右モモ裏を痛めたカラスコがプレー続行不可能となり、ビトロを緊急投入した。それでもアトレティコは、後半アディショナルタイム1分にロージとのコンビネーションでベティス守備陣を翻弄したスアレスがゴールネットを揺らし、2-0で勝利。 難敵相手に苦しみながらも勝ち切ったアトレティコがリーグ戦無敗キープに成功すると共に、ミッドウィークのCLザルツブルク戦に弾みを付けた。 2020.10.25 06:16 Sun
twitterfacebook
thumb

ミュラー、アトレティコ戦の判定に思わず失言?「あいつらは欧州屈指の問題児」

バイエルンの元ドイツ代表FWトーマス・ミュラーが、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節アトレティコ・マドリーとの試合中、主審に放った言葉が話題になっている。ドイツ『キッカー』が報じた。 バイエルンは21日に開催されたCLで、アトレティコを4-0のスコアで圧倒。守備力に定評のあるスペインの強豪に大勝し、欧州王者の力を世界中のサッカーファンに見せ付けることとなった。 しかし、その強さとは別に、この試合ではメディアの話題となる出来事が発生している。21分に、ミュラーとアトレティコのイングランド代表DFキーラン・トリッピアーが接触。さほど激しいプレーではなかったが、この試合で主審を務めたマイケル・オリバー氏はミュラーにイエローカードを提示した。 するとミュラーはこの判定に対して「どうなってんだよ!」と激怒。その後に「あいつらは欧州屈指の問題児だぞ。(その相手とのタフな試合なのに)これくらいでイエローカードが出るのか!」と続けた。 ディエゴ・シメオネ監督の下、闘争心を全面に出すチームスタイルで一世を風靡したアトレティコは「荒いチーム」というイメージが持たれやすく、ミュラーもそうした印象からついこうした発言をしたのかもしれない。 幸い、ドイツ語での発言だったため、イングランド人のオリバー主審に伝わることはなく、異議による2枚目のカードなどが出る事態にはならなかった。 試合後、バイエルンのハンジ・フリック監督はドイツ『スカイ』のインタビューでミュラーの反応に対して理解を示しつつ、それ以上のコメントは避けた。一方で、ミュラーの常に声を出す姿勢には好意的なコメントを残している。 「彼はチームをコーチし、チームメイトを何度も何度もプッシュしている。彼は私にとって腕のような選手であり、チームの中心だ」 アトレティコ同様、闘志を全面に出したプレーが持ち味のミュラー。CLは新型コロナウイルスの影響で無観客試合が続いている影響から、スタジアム内に声が響きやすいため、今後は試合中の発言に注意した方がいいかもしれない。 2020.10.22 21:13 Thu
twitterfacebook
thumb

「我々は良いものもある」王者バイエルンに4失点大敗もシメオネ監督は前を向く

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、バイエルン戦で0-4の大敗を喫したものの、前を向いた。クラブ公式サイトが伝えた。 昨季王者のバイエルンと21日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ初戦で対戦したアトレティコ。前後半に2失点ずつ喫して、0-4の完敗を喫した。 結果的に惨敗だったものの、シメオネ監督は「良いものを持っている」と内容では負けていなかったと述べた。そして、ポジティブな面もあったと前を向いた 「彼らの力強さが試合で起こったことを示している。非常に重たい敗北を乗り越えなければいけない。我々は良いものを持っている」 「私はチームの姿勢が好きだ。私が好きだった臨み方だ。我々は最後までゴールを取ろうとしていた。試合の終わりにわかりやすく結果で現れた。前後半にそれぞれ2、3回のチャンスがあった。チームはとても上手くいったと感じてここを去る」 「結果のせいで手痛い敗北となったが、将来、我々に多くの利益をもたらすポジティブなこともある」 2020.10.22 12:55 Thu
twitterfacebook
thumb

コマン2G1Aと躍動の王者バイエルンがアトレティコに4発快勝!《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)グループA開幕節、バイエルンvsアトレティコ・マドリーが21日に行われ、4-0でバイエルンが快勝した。 ザルツブルク、ロコモティフ・モスクワが同居するグループAの突破候補本命同士による初戦。 昨季7季ぶりにCL王者となったバイエルンは、4日前に行われたビーレフェルト戦を4-1の完勝とした。ブンデスリーガで3勝1敗スタートとした中、ビーレフェルト戦のスタメンから、試合前日にコロナ陽性となったニャブリが欠場となりキミッヒが起用された。 一方、昨季ファイナリストとなったパリ・サンジェルマンにベスト8で敗れたアトレティコは、4日前に行われたセルタ戦をスアレスのゴールなどで2-0の勝利を飾った。ラ・リーガで2勝2分けスタートとした中、セルタ戦のスタメンから6選手を変更。負傷したジエゴ・コスタが欠場となり、フェリックスやM・ジョレンテ、カラスコら主力が先発に戻った。 最前線にレヴァンドフスキ、2列目に右からミュラー、トリソ、コマンと並べたバイエルンが、スアレスとフェリックスの2トップ、右にM・ジョレンテ、左にカラスコと並べたアトレティコを押し込む展開で立ち上がっていく。 7分にレヴァンドフスキがボレーでゴールに迫ったバイエルンは、続く18分にトリソがGK強襲のシュートを浴びせると、28分に先制する。キミッヒの正確なフィードに反応したゴールエリア左のコマンがトラップから右足でシュートを蹴り込んだ。 先制点を奪いきったバイエルンが押し込む展開が続くと、前半のうちに加点する。41分、ボックス左に侵入したコマンが中へ折り返し、ボックス右で受けたゴレツカがトラップからゴール左へ蹴り込んだ。 迎えた後半、開始2分にアトレティコが1点を返しかける。ルーズボールに反応したフェリックスがボレーシュートでネットを揺らしたが、GKの前に立っていたスアレスのポジションがオフサイドだった。 助かったバイエルンが後半も押し込む展開を増やすと、66分に決定的な3点目が生まれる。ゴール正面約30mの位置からのトリソの豪快なミドルシュートがゴール右に突き刺さった。 さらに72分にロングカウンターからコマンが加点したバイエルンは、そのコマンをお役御免とし、ドグラス・コスタを投入。 スアレスとカラスコを諦めてコレアとビトロを投入したアトレティコを、バイエルンが終盤にかけてはいなし、4-0で快勝。王者が白星発進としている。 バイエルン 4-0 アトレティコ・マドリー 【バイエルン】 コマン(前28) ゴレツカ(前41) トリソ(後21) コマン(後27) 2020.10.22 06:06 Thu
twitterfacebook