突然の悲劇から1年…ナントが亡きサラ追悼の特別ユニフォームを販売&着用へ

2020.01.22 21:10 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカー界に突如訪れた悲劇から1年──1月21日、アルゼンチン人FWエミリアーノ・サラ(享年28)の死から1年が経過した。

2019年1月の移籍市場でナントからカーディフへの移籍が決まったサラだったが、カーディフに渡るために搭乗していた小型飛行機が墜落。2019年1月21日に帰らぬ人となった。

元日本代表監督であったヴァイッド・ハリルホジッチ監督(現モロッコ代表監督)の下で、大きな功績を残したサラは、ステップアップを目前に悲劇に見舞われた。

1年が経過した中、サラへの敬意を表するためナントが追悼ユニフォームを発売することを発表。ナントのチームカラーは黄色と緑が主だが、サラ氏の故郷アルゼンチンを思い起こさせる白と空色を基調としたユニフォームとなっている。

また、ナントは26日に開催されるリーグ・アン第21節のボルドー戦でこの特別ユニフォームを着用する予定とのことだ。

なお、このユニフォーム販売によるすべての収益はサラ氏がアルゼンチン時代に所属したクラブであるサン・マルティンとプロジェクト・クレセールの2クラブに寄付されるとのこと。

関連ニュース
thumb

元チェルシー・ディレクターのグラノフスカイア氏に脅迫メール…差出人は英国の著名代理人

長らくチェルシーでディレクターを務めたマリナ・グラノフスカイア氏に脅迫メールが届いていたようだ。イギリス『タイムズ』が報じている。 今夏のロマン・アブラモビッチ氏のオーナー退任に伴い、同氏と親交の深かったグラノフスカイア氏はブルース・バック会長とともに退陣した。巧みな交渉術で数々の取引を成立させ、クラブに大きな収益をもたらした実績を誇り、2021年にはベスト・ディレクター賞を受賞した。 『タイムズ』によると、脅迫メールが届いたのはグラノフスカイア氏がクラブ売却に動いていた今夏のタイミング。イギリスの著名な代理人から34万4000ユーロの支払いを要求されたという。 「お前が私にしたことの代償を払わせる。これは脅しではない。誓約なのだ。チェルシーにその気がないのなら、次はお前の番だ」 「仮に謝罪の気持ちがあるのなら、私は物事を正すチャンスを与える。そうでないなら、お前が私に対して働いた行為の代償を払ってもらう。これは脅しではない。好きなように受け取ってもらって構わない。これは私が私の人生を脅かす者に与える制裁だ」 「要約すると、お前は私と私のパートナーに金を借りている。チェルシーが借金を払わない場合、お前が支払うことになる。私はもう、お前に親切にすることはやめた。またお会いしよう」 なお、この脅迫メールの差出人はすでに特定され、逮捕及び保釈まで事が進んでいる模様。容疑者の弁護人は「容疑を激しく否定している。現時点では犯罪で起訴されていない」と、声明を出している。 2022.10.05 14:05 Wed
twitterfacebook
thumb

2度とVARをさせるな…納得いかない判定連続に怒りのバルサ、UEFAに異議申し立て

判定に納得がいかないバルセロナが、欧州サッカー連盟(UEFA)にVARを訴えたようだ。スペイン『アス』が伝えた。 4日、チャンピオンズリーグ(CL)グループC第3節でインテルとアウェイで対戦したバルセロナ。グループステージを突破する上では大事な一戦となった。 試合はバルセロナがボールを握り、コントロールしていく展開に。しかし、インテルは隙を突いてゴールに迫ると20分すぎにはPKのチャンスかと思われたが、オフサイドの判定でPKとはならなかった。 しかし、前半アディショナルタイムにハカン・チャルハノールがミドルシュートを決めてインテルが先制。バルセロナは後半も攻め込むがゴールは奪えず。1-0でインテルが勝利し、痛すぎる連敗となった。 この試合ではVARでハンドを取られゴールを認められなかった一方で、後半アディショナルタイムには相手のハンドは取られずにPKをもらえず。チャビ・エルナンデス監督も怒りを露わにし、不公平さに憤りを口にしていた。 バルサが怒りを向けているのは主審ではなく、VARのポル・ファン・ボーケル氏。第2節のバイエルン戦でもVARを勤めており、ウスマーヌ・デンベレのPKを認めなかった人物であり、それが判明して怒りはさらに増幅したという。 『アス』によれば、テクニカルスタッフの要請を受け、ジョアン・ラポルタ会長の絶対的な承認の下、法律部門を通じてUEFAに正式に異議を申し立てたとのこと。明確な画像を一緒に提出し、「目に余る不正行為」だと訴え、2度とバルセロナの試合でVARルームにファン・ボーケル氏を入れないことを求めたという。 特に、アンス・ファティの不可抗力とも言えるハンドでペドリのゴールが取り消されたにも関わらず、手を伸ばして触った後半アディショナルタイムのデンゼル・ダンフリースのハンドが取られなかったことを問題視。またチャルハノールが試合中にセルヒオ・ブスケツの脛のあたりに激しいタックルをしたが、イエローカードに終わったことも含め、VARへの不信感が募っているようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】バルサが怒りを露わにするアンス・ファティのハンドとダンフリースのハンド</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">No lo habíamos visto antes, pero era mano de Ansu antes del gol de Pedri. Si el VAR salvó antes a Eric García, ahora le echó el cable a Onana <a href="https://t.co/XZIn2me2qc">pic.twitter.com/XZIn2me2qc</a></p>&mdash; Manu Heredia (@ManuHeredia21) <a href="https://twitter.com/ManuHeredia21/status/1577395392156733455?ref_src=twsrc%5Etfw">October 4, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CjTlKOOsaRG/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CjTlKOOsaRG/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CjTlKOOsaRG/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ESPN FC(@espnfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】アンス・ファティの不可抗力のハンドでペドリのゴールは取り消し</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="hyZefAog_HI";var video_start = 38;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.05 13:41 Wed
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドはライバルでもリスペクト…ダービー前にシティのクレストを踏まず見事に回避したことが話題

相手にもリスペクトを。サッカーをプレーする上で、この精神を忘れてはいけないと良く言われる。 2日、プレミアリーグ第9節でマンチェスター・シティとマンチェスター・ユナイテッドが対戦。今シーズン最初のマンチェスター・ダービーが行われた。 しかし、試合は前半からシティが圧倒。ノルウェー代表FWアーリング・ハーランド、イングランド代表FWフィル・フォーデンが揃ってハットトリックの活躍。ユナイテッドも反撃を見せたものの、6-3でシティが大勝していた。 この試合でもう1つ話題となったのが、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが起用されなかったこと。ベンチスタートとなった中、試合の大勢が決まっていたこともあり、「彼の大きなキャリアに敬意を表して使わなかった」とエリク・テン・ハグ監督が試合後に起用しなかった理由を明かしていた。 試合に出ても出なくても話題になるC・ロナウドだが、試合前にも話題になる行動を取っていた。 今回はエディハド・スタジアムに乗り込んだユナイテッド。チームバスが到着し、スタジアムに選手たちが入っていくのだが、入り口を入ってすぐの床にはシティのクレストがプリントされている。 C・ロナウドも颯爽とスタジアムに入ろうとする中、ナチュラルにクレストを回避。相手に敬意を示し、踏まないように通り過ぎていったのだ。 チームのクレストを踏まないようにする行為は他の選手も行ってきているが、気にしない選手も多い中でC・ロナウドは当然のように行い、相手のものも踏まないようにしている。全ての相手に対し、リスペクトの気持ちがあるということだろう。 <span class="paragraph-title">【動画】C・ロナウド、ダービー前にシティのクレストを踏まないように回避</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/CjS8OZ_OYhR/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/CjS8OZ_OYhR/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/CjS8OZ_OYhR/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ESPN FC(@espnfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.10.05 12:37 Wed
twitterfacebook
thumb

11月来日の長谷部誠が『シュート!』とコラボ! 来日を記念して書き下ろしの特別漫画『長谷部誠物語』の制作が決定

11月に来日するフランクフルト。スカパーJSAT株式会社は、11月に行われる「ブンデスリーガジャパンツアー2022 powered by のスカパーJSAT」の開催を記念し、伝説のサッカー漫画『シュート!』とコラボすることを発表した。 今回のコラボでは、『シュート!』掛川高校の伝説のプレイヤー・久保嘉晴とフランクフルトの長谷部誠が一対一で勝負するシーンをジャパンツアー全体KVとして制作。また、今回対戦する浦和レッズ戦、ガンバ大阪戦の盛り上げとして、久保嘉晴がそれぞれのクラブのユニフォームを着用した特別verも制作。当ビジュアルはジャパンツアー特設HPほか、当日の試合会場にて展示を予定している。 さらに日本凱旋となるフランクフルト所属・長谷部誠のサッカー人生にフォーカスした、大島司先生書き下ろしの特別漫画『長谷部誠物語〜Never change & Keep glowing〜』の制作が決定。無料配信することが決定した。配信日、配信媒体に関しては詳細決定次第発表される。 今回の件を受け、長谷部と大島先生がコメントしている。 ◆長谷部誠(フランクフルト) 「子どもの頃に漫画が擦り切れるほど繰り返し読んでいた作品で自分を描いていただけるという事を大変光栄に思います。『トシ、サッカー好きか?』のフレーズをチームメイトと言い合いながらサッカーをしていた子ども時代を昨日のように思い出します。完成をとてもとても楽しみにしています!多くの方々に読んでいただけると嬉しいです!」 ◆大島司先生 「みなさん、こんにちは。大島司です。久保嘉晴は中学時代、ドイツ・フランクフルトのジュニアユースでプレーしてました。そのご縁で、今回の企画が進みました。ドイツで15年にもわたりトップで活躍を続けられている長谷部誠選手の物語を描けることは、運命的なものを感じます。絶賛執筆を進めておりますので楽しみにお待ちください」 「ブンデスリーガジャパンツアー2022 powered by スカパーJSAT」では、フランクフルトは11月16日(水)に埼玉アムスタジアム2002で浦和レッズと、11月19日(土)にパナソニック スタジアム吹田でガンバ大阪と対戦する。 <span class="paragraph-title">【写真】長谷部が久保嘉晴とコラボした『長谷部誠物語』のポスター!浦和&G大阪バージョンも</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/sky20221005_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/sky20221005_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/sky20221005_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2022.10.05 12:10 Wed
twitterfacebook
thumb

漫画級!?久保建英が4人を相手する“決定的瞬間”が話題「囲まれるTAKE!」

レアル・ソシエダの日本語版公式ツイッターがジローナ戦での1枚の写真を投稿。日本代表MF久保建英が相手選手4人に囲まれているように見えると話題を呼んでいる。 ソシエダは2日、ラ・リーガ第7節でジローナとアウェイで対戦。3-5と撃ち合いとなった試合を制し、今季初のリーグ連勝を飾った。 2トップの一角で先発した久保は、8分にFWアレクサンダー・セルロートの先制点をアシストすると、4-3と1点リードで迎えた85分には今季2ゴール目となるダメ押しの5点目を奪い、3-5の勝利に大きく貢献した。 久保のゴールシーンやアシストのシーンも大きな注目を集めた中、ソシエダは1枚の写真を投稿。相手ボックス手前で仕掛けている久保をジローナの選手4人が囲んでいる瞬間を捉えた。 この漫画のようなシーンにはファンも反応。「4人に囲まれるTAKE!」、「マラドーナか!」、「3人のDFを引き連れてドリブルしながらシュートへもっていったシーンがありましたね!その時の写真ですか!?」とコメントを寄せている。 ソシエダで公式戦3試合連続アシストと好調を維持している久保。4人を相手にしても何とかしてくれるのではないかと少しでも期待させてしまうのはさすがと言ったところだ。 <span class="paragraph-title">【写真】漫画級!?久保建英が相手4人に囲まれた瞬間</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/hashtag/AurreraReala?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AurreraReala</a> <a href="https://t.co/zTyCDVgnD0">pic.twitter.com/zTyCDVgnD0</a></p>&mdash; レアル・ソシエダ (@RealSociedad_JP) <a href="https://twitter.com/RealSociedad_JP/status/1577418786449375232?ref_src=twsrc%5Etfw">October 4, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.10.05 11:52 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly