ペッレグリーニの2発でパルマを下したローマがベスト8進出!《コッパ・イタリア》

2020.01.17 07:05 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ローマは16日、コッパ・イタリア5回戦でパルマと対戦し、2-0で勝利した。

4日前に行われたセリエAのユベントス戦を1-2で惜敗したローマは、その試合から先発メンバーを3人変更。ユベントス戦で重傷を負ったザニオーロやジェコ、ヴェレトゥに代えてカリニッチ、ジェンギズ・ウンデル、クリスタンテを先発で起用した。

[4-2-3-1]でスタートしたローマは最前線にカリニッチ、2列目に右からウンデル、ペッレグリーニ、ペロッティと並べた。そのローマは、20分にチャンス。右サイドからボックス手前まで切り込んだジェンギズ・ウンデルのラストパスを走り込んだペロッティが合わせようと飛び込んだが、タイミングが合わず空振り。

その後は一進一退を続けたが、互いに決定機を作れず。ゴールレスで前半を終えた。

迎えた後半、パルマはコーネリウスを下げてイングレーゼを投入。しかし、先にチャンスを迎えたのはアウェイのローマ。49分、ボックス左手前でパスを受けたペッレグリーニが縦に持ち上がると、カリニッチとのワンツーでマークを外しシュート。これがゴール右隅に突き刺さった。

先制したローマだが、58分にピンチ。ローリーニの縦パスで右サイドを抜け出したクルティッチが折り返しを供給。ゴール前でボールを受けたイングレーゼに絶妙なターンからシュートを許したが、これはGKパウ・ロペスの好セーブで難を逃れた。

膠着状態が続く中、ローマは75分にフロレンツィの右クロスがバリッラの手に当たりPKを獲得。これをペッレグリーニがゴール右にきっちり決めて、待望の追加点を奪った。

結局、試合はそのまま2-0で終了。ペッレグリーニの2ゴールで公式戦3試合ぶりの勝利を飾ったローマが準々決勝に進出。なお、準々決勝でローマはユベントスと対戦する。
コメント
関連ニュース
thumb

インシーニェの左45度弾でナポリがローマとの太陽ダービーを制す《セリエA》

セリエA第30節、ナポリvsローマが5日に行われ、2-1でナポリが勝利した。 前節アタランタに敗れた6位ナポリ(勝ち点45)と、ウディネーゼに敗れた5位ローマ(勝ち点48)による太陽ダービー。 5バックで臨んできたローマに対し、ナポリがポゼッションする展開で立ち上がる。すると11分、カウンターに転じた流れからボックス右に侵入したファビアン・ルイスが右足でGK強襲のシュートを放った。 守勢の入りとなったローマもムヒタリアンやペッレグリーニのシュートで牽制していたが、28分にアクシデント。スモーリングが負傷し、ファシオとの交代を強いられた。 すると33分、ナポリに決定機。マリオ・ルイの左クロスにミリクがヘッドで合わせ、シュートはバーを直撃した。 ここからハーフタイムにかけて再びナポリがポゼッションを高める展開となったが、ゴールは生まれず前半を0-0で終えた。 後半もナポリが押し込む時間が続く中、55分に均衡を破る。マリオ・ルイのアーリークロスにカジェホンがスライディングボレーで合わせた。 しかし60分、ローマがすかさず追い付く。ムヒタリアンがドリブルで持ち上がり、ボックス手前中央から右足を一閃。鋭いシュートがゴール左隅に決まった。 ナポリは失点を受けてミリクに代えメルテンスを投入。対するローマはクライファートに代えて長期離脱していたザニオーロを投入した。 すると終盤の82分、ナポリに勝ち越しゴールが生まれる。インシーニェが得意の左45度の位置からゴール右上を狙うと、見事ネットに吸い込まれた。 これが決勝点となってナポリが勝利。太陽ダービーを制している。 2020.07.06 06:41 Mon
twitterfacebook
thumb

フリーのカバーニがローマ加入? 来季はジェコとの強力2トップ実現か

ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(33)にローマ移籍の可能性が浮上している。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 先月末でパリ・サンジェルマン(PSG)との契約が終了となり、7月1日からフリーとなっているカバーニに関しては、インテルやニューカッスル、メジャーリーグ・サッカー(MLS)、ボカ・ジュニアーズなど、様々な新天地候補の名前が挙がっている。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; " id="cws_ad">◆PSGで200ゴールを積み上げたカバーニ<br/><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJkeDczSHR4biIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> そういった中、9万人以上のフォロワーを持つ著名なウルグアイ人ジャーナリストのセバス・ジオバネッリ氏は、自身の公式『ツイッター』を通じて、カバーニと代理人を務めるフェルナンド・グッリェルモーネ氏、ガストン・フェルナンデス氏が代表を務めるウルグアイの国際投資会社が、来週中にローマと交渉を行い、移籍を完了させる可能性があると伝えている。 現在、財政難に喘ぐローマは高額な移籍金を支払っての補強を行うことができず、今夏の補強はレンタル移籍やフリートランスファーが中心になると見られている。 そういった中、アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンをレンタル延長でそのまま来夏にフリートランスファーで、今季限りでチェルシーを退団する元スペイン代表FWペドロ・ロドリゲス(32)をフリートランスファーで獲得する見込みだと報じられている。 そのため、高額なサラリーを負担してもパレルモ、ナポリ時代にセリエAで確かな実績を残しているカバーニの獲得に動く可能性は十分にあると考えられる。 来シーズンに向けてはアトレティコ・マドリーからレンタル中の元クロアチア代表FWニコラ・カリニッチ(32)に代わって、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコとの強力2トップが実現するのか…。 2013年夏にナポリからパリ・サンジェルマン(PSG)に加入して以降、クラブ歴代最多となる198得点を記録するなど、長らくエースストライカーとして活躍してきたカバーニ。 しかし、昨シーズン終盤からの度重なる負傷離脱、昨夏の元アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディの加入も重なって出場機会が激減。クラブがインテルからイカルディを完全移籍で買い取ったこともあり、先月末での契約終了に伴い、パリを去ることになった。 2020.07.04 16:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ペロッティ退場のローマ、ウディネ守護神ムッソの牙城崩せず連敗《セリエA》

ローマは2日、セリエA第29節でウディネーゼをホームに迎え、0-2で敗れた。 前節ミラン戦での敗戦によりチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得が遠のいた5位ローマ(勝ち点48)は、ジェコやムヒタリアンがベンチスタートとなった。 15位ウディネーゼ(勝ち点28)に対し、最前線にカリニッチ、2列目に右からカルレス・ペレス、ペロッティ、ジェンギズと並べたローマは、12分に先制される。カウンターを受け、ラザーニャの左クロスに合わせたデ・パウルのボレーは枠を外れたものの、ボックス左のラザーニャに右足ボレーで押し込まれた。 失点したローマは28分、カルレス・ペレスが際どいミドルシュートを浴びせたが、直後にペロッティがベカンの足首を踏み付け一発退場となってしまう。 10人となったローマは35分、ジェンギズの右足ミドルが枠を捉えるも、GKムッソの好守に阻止される。 1点ビハインドで迎えた後半からジェンギズに代えてムヒタリアンを投入したローマは、開始4分に決定機。ディアワラのパスを受けたカルレス・ペレスがボックス左に侵入してシュートに持ち込んだが、GKのセーブに阻まれた。 さらに55分にもカルレス・ペレスがミドルシュートでオンターゲットを記録するも、ここもGKムッソの好守に阻止された。 ムッソの牙城を崩せないローマは70分に失点しかけるも、独走してネットを揺らしたテオドルチクのシュートはオフサイドで助かった。 その後、ジェコを投入したローマだったが、78分に終戦する。デ・パウルにボックス右深くまで侵入されてクロスを折り返されると、最後はネストロフスキに決められた。 このままローマは敗戦。痛恨の2連敗でCL出場への道が更に険しい状況となった。 2020.07.03 06:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒに朗報! レンタル期間延長のシックが今季CLの戦い完遂へ!

チェコ代表FWパトリック・シック(24)は、RBライプツィヒの一員として今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)を戦うことが可能となったようだ。ドイツ『sportbuzzer』が報じている。 昨夏にローマからレンタルで加入したシックは、今季ここまでの公式戦26試合に出場して10得点3アシストを記録。ドイツの地で本来のパフォーマンスを取り戻したストライカーは、チームのブンデスリーガ3位フィニッシュに大きく貢献した。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆チェコが誇る100年に1人の逸材!パトリック・シック<br/><div style="margin:0 auto; min-width:300px; "><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJGamowVHdadiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> ただ、ライプツィヒとのレンタル契約は6月末で失効しており、8月初旬に再開されるチャンピオンズリーグ(CL)出場のためには、2900万ユーロ(約35億1000万円)と言われる買い取りオプションの行使あるいは、ローマの許可を取り、CL終了までレンタル期間を延長する必要がある。 そういった中、『sportbuzzer』はローマとライプツィヒ、シックの代理人を務めるパヴェル・パスカ氏の3者による話し合いの結果、レンタル期間を8月末まで延長することで合意に至ったという。 一方、シックの来季以降の去就は未だ不透明となっており、シックの完全移籍交渉に関してはローマが2500万ユーロ(約30億3000万円)を要求しているのに対し、ライプツィヒは2000万ユーロ(約24億2000万円)以上を支払うつもりがないようだ。 ただ、今回のレンタル期間延長はクラブ史上初のCL準々決勝に臨むライプツィヒにとっては朗報だ。同クラブではドイツ代表FWティモ・ヴェルナーがリーグ戦終了と共に、来季加入が決定したチェルシーに旅立っており、加えてもう1人の主力の離脱となれば、大きな痛手となるはずだった。 2020.07.02 16:29 Thu
twitterfacebook
thumb

スモーリングとサンチェスはEL前にユナイテッド帰還へ

マンチェスター・ユナイテッドは1日、ローマにレンタル中の元イングランド代表DFクリス・スモーリング(30)と、インテルにレンタル中のチリ代表FWアレクシス・サンチェス(31)の両選手が8月に開催されるヨーロッパリーグ(EL)を前にユナイテッドに復帰することを発表した。 両選手共に買い取りオプションなしの1年レンタルでローマとインテルにそれぞれ加入し、スモーリングは今季の公式戦30試合に出場して2ゴール1アシストと主力として活躍。サンチェスはケガがあった中、公式戦19試合の出場で1ゴール4アシストを記録していた。 その両選手についてユナイテッドは「スモーリングとサンチェスの両選手に関するレンタル契約が、セリエAのシーズン終了となる8月の第1週まで延長された」と発表。 一方でセリエAのシーズン終了後に行われるELを前に両選手がユナイテッドに復帰することが決まった格好だ。 ローマとインテルはそれぞれEL決勝トーナメント2回戦に進出しており、ローマはセビージャとの対戦を、インテルはヘタフェとの対戦を控えているが、スモーリングとサンチェスを起用できないこととなった。 2020.07.02 00:30 Thu
twitterfacebook