新潟がDF渡邊泰基、MF森俊介と契約更新

2020.01.06 12:48 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
アルビレックス新潟は6日、DF渡邊泰基(20)、MF森俊介(25)との契約更新を発表した。

渡邊は新潟の下部組織出身で、前橋育英高校から2018年に入団。2019シーズンは明治安田生命J2リーグで16試合、天皇杯で1試合に出場していた。

森は関西学院大学から2017年に新潟へ入団。2018年は東京ヴェルディへ期限付き移籍し、2019シーズンは新潟に復帰。しかし、公式戦の出場はなかった。両選手はクラブを通じてコメントしている。

◆DF渡邊泰基
「今シーズンもアルビレックス新潟という素晴らしいクラブでプレーできることを心から感謝しています。昨シーズンの悔しい経験を糧に、目標であるJ1昇格に少しでも力添えできるように頑張ります!サポーターの皆様の応援がチームの力になっています!引き続き応援よろしくお願いいたします!」

◆MF森俊介
「来季もアルビレックス新潟でプレーできることを嬉しく思います。今シーズンは個人としてチームに貢献できなかったので、来季は必ず結果を出してJ1昇格という目標を達成できるように努力します。応援よろしくお願いします!」

関連ニュース
thumb

新潟MF秋山裕紀が鹿児島に育成型レンタル 「真摯にサッカーと向き合い、結果を」

鹿児島ユナイテッドFCは13日、アルビレックス新潟からMF秋山裕紀(20)の育成型期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2022年1月31日まで。背番号「25」を着用する。 秋山は前橋育英高校から2019年に新潟入りすると、昨年9月から10月までアスルクラロ沼津に育成型期限付き移籍。今季はここまで明治安田生命J2リーグで出番に恵まれず、天皇杯1試合の出場にとどまっていた。移籍を受け、両クラブを通じて次のようにコメントしている。 ◆鹿児島ユナイテッドFC 「アルビレックス新潟から育成型期限付き移籍で加入しました、秋山裕紀です。チームのスタイルや雰囲気を早くつかみ、J3リーグ優勝とJ2リーグへの再昇格に向けて、誰よりも強い気持ちをプレーに表しながら、全身全霊で戦います。応援をよろしくお願いいたします」 ◆アルビレックス新潟 「鹿児島ユナイテッドFCに育成型期限付き移籍することとなりました。新潟でプレーを続けて成長することも考えましたが、試合に出たい気持ちやチャレンジしたいという想いから、このたびの決断をしました。鹿児島で真摯にサッカーと向き合い、結果を残したいと思います」 「今、新潟にいる選手たちはレベルが高く、J1に昇格することを信じていますし、サポーターの皆さんも後押しを続けてほしいです。皆さんの耳に、自分が活躍するニュースを届けられるように一生懸命に頑張ってきます」 2021.08.13 10:30 Fri
twitterfacebook
thumb

新潟DF岡本將成が水戸にレンタル 「試合に出たい想いが強く…」

水戸ホーリーホックは12日、アルビレックス新潟からDF岡本將成(21)の期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2022年1月31日まで。背番号は「35」を着用する。 岡本は新潟の下部組織出身で、2020年8月から鹿児島ユナイテッドFCに育成型期限付き移籍。今季から新潟に復帰したが、天皇杯1試合のみの出番にとどまっていた。 出場機会を求めて移籍を決断した岡本は水戸を通じて「初めまして! 新潟から期限付き移籍で加入しました、岡本將成です。いち早くチームに慣れ、試合に出場して皆さんと勝利を喜び合えるように頑張ります! よろしくお願いします」とコメントした。 一方、新潟を通じては「水戸ホーリーホックへ期限付き移籍することになりました」と移籍の報告とともに、新天地での活躍を誓った。 「チームが昇格争いをしている中、期限付き移籍という決断をしていいのかすごく迷いました。しかし、一人のサッカー選手として試合に出たい想いが強く、移籍を決めました」 「再びシーズンの半ばでの移籍となりましたが、後悔はありません。アルビレックス新潟のJ1昇格を応援しています。僕も頑張ってきます! 半年間ありがとうございました!」 2021.08.12 10:35 Thu
twitterfacebook
thumb

J1昇格目指す新潟が大分FW髙澤優也を期限付きで獲得「昇格のために全力を尽くします」

アルビレックス新潟は3日、大分トリニータのFW髙澤優也(24)が期限付き移籍で加入することを発表した。 期限付き移籍期間は2022年1月31日まで。背番号は「11」をつける。 髙澤は東京都出身で、流通経済大学付属柏高校から流通経済大学へと進学。2019年に当時J3のザスパクサツ群馬へと入団した。 群馬ではルーキーながら明治安田生命J3リーグで27試合に出場し17得点を記録。2020年に大分へと完全移籍すると、大分では明治安田生命J1リーグで24試合に出場し6得点を記録していた。 今シーズンはJ1で15試合、YBCルヴァンカップで6試合に出場し1得点、天皇杯で2試合に出場し2得点を記録していたが、FW呉屋大翔の加入もあり、ポジション争いが激化していた。 髙澤は両クラブを通じてコメントしている。 ◆アルビレックス新潟 「大分トリニータから期限付き移籍してきました髙澤優也です。J1昇格のために全力を尽くしますので、必ず皆さんで昇格しましょう!よろしくお願いします」 ◆大分トリニータ 「この度、アルビレックス新潟へ期限付き移籍することになりました。今年はなかなか結果が出せず、申し訳なく思います」 「新潟で必ず結果を出して成長したいと思います。大分ファミリー大好きです。引き続き応援をよろしくお願いします」 2021.08.03 10:22 Tue
twitterfacebook
thumb

新潟の選手1名が新型ウイルス感染症で陽性判定

アルビレックス新潟は27日、トップチーム選手1名が新型ウイルス感染症の陽性判定を受けたことを発表した。 新潟は26日、クラブ独自のPCR検査を実施。その際に選手1名が陽性判定疑いとなっていた。 27日に医療機関でPCR検査を実施したところ、正式に陽性判定となったとのことだ。 当該選手は発熱や症状がない状態が続いていたが、26日に37.3度と熱が上昇。PCR検査の結果陽性判定疑いとなった。27日も37.2度の発熱のほか、喉の痛みもあったという。 なお、当該選手は自宅待機。濃厚接触者については所轄の保健所に行動履歴全てを提出・報告し、特定を進めるとのことだ。 新潟は28日にトレーニング再開を予定していたが、延期するとのことだ。 2021.07.27 21:07 Tue
twitterfacebook
thumb

新潟、トップチーム選手1名に新型ウイルス感染症陽性判定の疑い…翌27日に医療機関によるPCR検査実施へ

アルビレックス新潟は26日、トップチーム選手1名に新型ウイルス感染症の陽性判定の疑いが確認されたことを報告した。 新潟は同日、トップチームの練習再開を前に全選手・スタッフを対象としたクラブ独自のPCR検査を実施。その際にトップチーム選手1名に新型ウイルス感染症の陽性判定の疑いが確認されたため、当該選手は翌27日に医療機関によるPCR検査を受けることになったという。 これを受け、クラブはトレーニング再開を1日延期する決定を下すと共に、万全を期すため27日に専門業者によるクラブハウスの消毒を実施する予定だ。 なお、当該選手のPCR検査の結果および28日以降の予定に関しては、改めてアナウンスされる。 2021.07.26 21:20 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly