ハイネルが広島と期限付き移籍期間延長延長! 昨季は24試合2G2A

2020.01.05 13:40 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
サンフレッチェ広島は5日、MFハイネル(29)の期限付き移籍期間を延長したことを発表した。

かつて川崎フロンターレでもプレーした経験のあるハイネルは、2019年2月にブラジルのトンゼンベから期限付きで広島に加入。シーズン序盤は同時期に加入したDFエミル・サロモンソンの後塵を拝していたが、同選手の負傷離脱をきっかけに出番が回ってくると、スピードと運動量を武器に右ウイングバックで躍動した。

加入1年目は明治安田生命J1リーグで24試合2ゴール2アシストの活躍を残し、広島の上位フィニッシュに貢献。契約更新に際し「監督、そしてクラブ関係者の皆さまの信頼に感謝します。クラブと広島が本当に好きです。ファン・サポーターの皆さま、来年も共に戦い、サンフレッチェ広島のためにタイトルを獲りましょう!!」と、来季に向けた意気込みを語った。

関連ニュース
thumb

広島ドウグラス・ヴィエイラが2発! 最少失点の福岡から3点奪い4連勝!【明治安田J1第18節】

明治安田生命J1リーグ第18節、アビスパ福岡vsサンフレッチェ広島が25日にベスト電器スタジアムで行われ、1-3で広島が勝利した。 ミッドウィークに行われた天皇杯では、それぞれグルージャ盛岡と横浜FCを下してベスト16入りを決めた両チーム。ただ、リーグ戦に目を向けてみると、福岡はここ6試合でわずか1勝、広島は直近5試合で4勝1分けと、調子の差は如実に表れている。 しかし、天皇杯でターンオーバーした福岡に対し、広島はジュニオール・サントスを除く10名が同じメンバー。疲労が懸念されるなか、11人全員入れ替えた福岡の勝機はそこにあるか。 リーグ最少の13失点と14失点の堅守を誇るチーム同士による一戦。立ち上がりから互いに素早い攻守の切り替えで強度の高い試合を見せる中、3分に福岡の山岸がファーストシュート。山岸はその直後にも、味方のパスからゴール前に侵入するが、ここはシュートを許してもらえず。 対する広島は11分、満田とのコンビネーションで左サイドのスペースを突いた森島がニアにグラウンダーのクロスを供給。東がダイレクトで合わせたが、ミートしきれず右に逸れた。 見応えのある中盤の攻防が続く中、ホームの福岡は16分、中村が右足で上げた右CKをニアに飛び込んだ山岸がヘディングシュート。マークを外して上手く合わせたが、惜しくも枠の左に外れた。 互いにポストを掠める際どいシュートを放ったが、先にネットを揺らしたのはアウェイチームだった。28分、敵陣中央で野津田がボールを奪い、ショートカウンターを発動。ベン・カリファが持ち運びボックス右にパスを出すと、走り込んだ満田が右足ダイレクトで鋭いシュートをゴール左下に突き刺し、先制点を挙げた。 最少失点の相手から先手を取った広島。その後もボールを握りながら試合を進めていくが、福岡もコンスタントにゴールに迫っていく。すると37分、左サイドから志知が右足でクロスを入れると、今季リーグ戦初出場の渡が頭で合わせ、古巣から点を奪った。 同点で迎えた後半、広島はイエローカードを貰っていたベン・カリファをドウグラス・ヴィエイラに変更。ポストプレーやセットプレーで見せ場を作る。対する福岡は57分、今季のリーグ戦初出場で初ゴールを挙げ、さらには今日が29歳の誕生日だった渡を下げて、クルークスを投入した。 前半に引き続いてタイトな試合が展開されている後半は、中盤での潰し合いが目立ち、両チームともになかなかシュートシーンまで運べない時間が続く。 そんな中、ドウグラス・グローリが満田に与えたファウルを巡って野津田が主審に異議。グローリは満田に躱されたところでユニフォームを引っ張り、バランスが崩れたところに身体をぶつけるプレーに及んだ。故意ではないにせよ危険な行為だったと、怒りを露わにした野津田はここでグローリを押し倒してしまっていた。 結果として2人にイエローカードが提示され、両者ともに累積により次節出場停止となった。 だが、その直後に野津田は次節出場停止となってしまった責任を果たす。77分、相手が押し込んできたところを野津田が味方とのパス交換でひっくり返すと、すかさず前線へ浮き球のスルーパスを供給。これに抜け出したドウグラス・ヴィエイラがGKの頭上を狙ったループシュートを流し込んだ。 今季のリーグ戦初出場となった前節のセレッソ大阪戦から、天皇杯の横浜FC戦を含めてドウグラス・ヴィエイラは3試合連続得点に。復活の兆しを見せるエースの活躍で勝ち越した広島は、直後にフアンマに脅かされるも、ここはGK大迫がしっかりセーブ。 守護神も光る広島は86分、機を見てボックス左に侵入した佐々木がクルークスに倒されPKを獲得。横浜FC戦で失敗しているドウグラス・ヴィエイラがキッカーを務めたが、今回はきっちり決めて追加点。これで1-3とした。 その後、広島は野上を投入。福岡は一挙3人替えで一矢報いに掛かるが、試合はこのままタイムアップ。苦しみながらも勝利した広島が今季初の4連勝を収めた。 アビスパ福岡 1-3 サンフレッチェ広島 【福岡】 渡大生(前37) 【広島】 満田誠(前28) ドウグラス・ヴィエイラ(後32) ドウグラス・ヴィエイラ(後41) 2022.06.25 20:35 Sat
twitterfacebook
thumb

29日にプライムステージ抽選会のルヴァンカップ、出席選手が決定!

Jリーグは23日、JリーグYBCルヴァンカップ・プライムステージ組み合わせ抽選会に出席する選手8名決定を発表した。 今季のルヴァンカップはプレーオフステージまでの戦いが終わり、サンフレッチェ広島、アビスパ福岡、セレッソ大阪、名古屋グランパスが勝ち残り。そこに川崎フロンターレ、横浜F・マリノス、ヴィッセル神戸、浦和レッズのAFCチャンピオンズリーグ組をプラスした計8チームでプライムステージの戦いが始まる。 プライムステージに向けては29日15時30分からオープンドローを予定。川崎FのMF橘田健人、横浜FMのFW宮市亮、神戸のFW小田裕太郎、浦和のGK鈴木彩艶がチームの代表選手として出席が決定済みだったが、残る4チームは未定だった。 そして、新たに広島のFW鮎川峻、福岡のFW金森健志、C大阪のDF山中亮輔、名古屋のMF甲田英將が参加決定。その模様はJリーグの公式Youtubeチャンネルでライブ配信される。 2022.06.23 16:15 Thu
twitterfacebook
thumb

「異論なし」J1第17節のベストゴールは“レフティモンスター”野津田岳人のスーパーミドルに

Jリーグは21日、明治安田生命J1第17節のTOP5ゴールを発表した。サンフレッチェ広島のMF野津田岳人の鮮烈なミドルシュートが栄えある1位に輝いた。 全31ゴールが生まれた今節。5位には湘南ベルマーレのFW町野修斗のヘディング、4位には柏レイソルのMF椎橋慧也のコントロールショット、3位には川崎フロンターレのFW小林悠のバイシクル同点弾、2位には川崎FのFWマルシーニョの一人旅が選ばれている。 「ぶっちゃけ全部凄い」との声も上がる中で、1位に選ばれたのが野津田の鮮烈な一撃だ。 上位争いに生き残るため、互いに負けられないセレッソ大阪との一戦は、54分に広島が失点を喫し、追い掛ける展開となった。直後にFWナッシム・ベン・カリファがネットを揺らしたものの、VARチェックの結果、オフサイドに。 攻勢を強める中での78分、ボックス付近で横パスを繋ぐと、受けた野津田はボックス手前右のやや離れた位置から左足を一閃。ボックス手前右のやや離れた位置から放たれたシュートは、弾丸の如く一気にネットに突き刺さった。 世界レベルの一撃には「ホントにズドンと刺さった!」と驚きの声が。紫のハートとともに「ガクトのゴラッソ」、「誰もが「異論なし」と言うと思う」、「野津田が点とると泣けてくる」、「this is レフティモンスター!」などのコメントも寄せられた。 試合後には自身の今季初ゴールを振り返った野津田は、押し込んだ展開の中で狙える感覚はあったと残している。 「相手のラインが下がったので、自分のところでミドルを打てる感覚はありました。監督からも、ハーフタイムに、「ふかすのではなく、抑えて打つことを意識しろ」と言われていました。そこを意識して、強いシュートを打とうと思って打った結果、入って良かったです」 <span class="paragraph-title">【動画】this is レフティモンスター、ワールドクラスと称賛された野津田のミドルシュート</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">レフティーモンスター発動<br>1位はあの華麗な無回転ゴラッソ<br><br>J1リーグ先週のTOP5ゴール<br>多くのスーパーゴールが生まれた明治安田生命J1リーグ<br><br>6月18日の試合の中からランキング <a href="https://t.co/xhtPEae7uI">pic.twitter.com/xhtPEae7uI</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1539209012331175937?ref_src=twsrc%5Etfw">June 21, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.22 18:45 Wed
twitterfacebook
thumb

「ゲームみたい」“レフティーモンスター”野津田岳人のワールドクラスの一撃に話題沸騰「エグすぎる」

レフティーモンスターが本領を発揮。とんでもないゴールを決めた。 そのゴールが決まったのは、18日に行われた明治安田生命J1リーグ 第17節のサンフレッチェ広島vsセレッソ大阪だ。 互いに上位争いに生き残るためには負けられない一戦。試合は硬い入りとなると前半はゴールレスで終わるが、54分にブルーノ・メンデスがネットを揺らしてアウェイのC大阪が先制する。 先制を許した広島はその後直後の55分にナッシム・ベン・カリファが満田誠の落としを蹴り込んだものの、VARのチェックが入りオフサイド。ゴールは認められない。 それでも攻勢を止めない広島。72分には野津田岳人が右サイドからインスイングのクロス。ドウグラス・ヴィエイラに僅かに合わないも、そのままゴールにボールが向かうが、GKキム・ジンヒョンの好セーブに阻まれる。 ゴールに迫るも得点にならない広島だったが、衝撃のシュートでゴールをこじ開ける。 78分、横パスをボックス付近で繋ぐと、野津田が左足を一閃。ボックス手前右のやや離れた位置から放たれたシュートは、弾丸の如く一気にネットに突き刺さるスーパーミドル。広島が同点に追いついた。 ワールドクラスの衝撃的なミドルシュートには、「ミドル半端ないって」、「アンカーが強烈なミドル持ってるの強いわ」、「ゲームみたいなシュート」、「本田圭佑みたい」、「くそゴラッソ」と称賛の声が相次いだ。 なお、試合は終盤に広島がPKを獲得。ドウグラス・ヴィエイラがしっかりと決めて広島が2-1で逆転勝利を収めている。 <span class="paragraph-title">【動画】世界でも引けを取らないスーパーミドル!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="jk2wVfGw840";var video_start = 289;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.06.19 10:55 Sun
twitterfacebook
thumb

野津田のスーパーミドル弾とD・ヴィエイラの今季初ゴールで広島がC大阪に逆転勝利!【明治安田J1節17節】

明治安田生命J1リーグ第17節、サンフレッチェ広島vsセレッソ大阪が18日にエディオンスタジアムで行われ、2-1で広島が勝利した。 2週間ぶりの再開となるリーグ戦。広島はここ4試合で3勝1分け無敗、C大阪は3連勝と、互いに好調の中で中断期間に入った。 継続力が問われる今回の一戦。ホームの広島は前節からスタメンを2人変更。C大阪は3人変更し、敵地に乗り込んだ。 試合はボールを回しながら隙を探す広島と、守備を基本に速攻に好機を見出すC大阪という構図に。ただ、その中でC大阪の堅守を前になかなかシュートシーンを作れないホームチームが初めて好機を迎えたのは、ジュニオール・サントスがシュートを放った33分のことだった。 一方、C大阪は34分、奥埜が相手の最終ラインの背後を突いてチャンスメイク。ブルーノ・メンデスがフィニッシュに持ち込んだが、代表帰りのGK大迫の好セーブに遭った。 ゴール前の守備が堅いC大阪に対し、広島は東がボックス手前左からミドルシュートを狙うが、こちらもGKキム・ジンヒョンが立ちはだかる。 ゴールレスで迎えた後半立ち上がりには、為田が左サイドから右足で上げたクロスを毎熊が頭で合わせて、C大阪がいきなりチャンスを迎える。 すると54分、広島のパスミスをから攻撃に出たアウェイチームは、左サイドの為田にボールを展開。同様の形から今度はニアにクロスを入れると、ブルーノ・メンデスが頭で合わせて先制に成功した。 その直後、広島は塩谷が右サイドから入れたクロスをボックス左の東が頭で折り返し、ベン・カリファが押し込んで同点に。しかし、オフサイドラインから半身出ていたとして、VARでの確認の結果、取り消しとなってしまった。 ただ、ここでネガティブにならないのが現在の広島。71分にジュニオール・サントスを下げてドウグラス・ヴィエイラを投入すると攻撃が加速していく。 一方的に相手を押し込む展開が続く中迎えた78分、ボックス手前右で野津田がボールを受けると、ここから左足を一閃。ほぼ無回転のシュートがゴール左上に突き刺さり、同点に追いついた。 野津田の2戦連発弾で試合を振り出しに戻した広島。今度は逆転に向けて攻勢を続ける中、85分にドウグラス・ヴィエイラがマテイ・ヨニッチに倒されてPKを獲得。これを自ら決めて逆転に導くとともに、今季初ゴールを挙げた。 そして、長かった7分のアディショナルタイムも攻めの姿勢を崩さないまま勝ち切った広島。見事な逆転勝利で3連勝を収めた。C大阪は4試合ぶりの黒星となった。 サンフレッチェ広島 2-1 セレッソ大阪 【広島】 野津田岳人(後34) ドウグラス・ヴィエイラ(後40) 【C大阪】 ブルーノ・メンデス(後9) 2022.06.18 21:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly