【J1参入プレーオフプレビュー】昨季の失敗を糧にできるか、3連勝の一歩を踏み出せるか《大宮vs山形》

2019.11.30 23:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
明治安田生命J2リーグ3位〜6位のチームと明治安田生命J1リーグ16位のクラブが争うJ1参入PO。1回戦ではJ2・3位の大宮アルディージャと J2・6位のモンテディオ山形が大宮のホーム・NACK5スタジアム大宮で対戦する。

◆残り1枠をかけた昇格への1stラウンド
J2全42試合の長いシーズンを終え、プレーオフへの進出権を獲得した両チーム。大宮は、自動昇格の可能性を残した最終節でツエーゲン金沢に1-1のドロー。横浜FCが勝利したため、2年連続でのJ1参入PO挑戦となった。

一方の山形は、4位で最終節を迎えたが、J2残留を目指すFC町田ゼルビアを前に1-2で敗戦。さらにさらに8位の水戸ホーリーホックがファジアーノ岡山に1-0で勝利したために勝ち点、そして得失点差で並ぶこととなったが、総得点で上回り、滑り込みでPO進出を決めた。

J1昇格までは3つ。まずは、J1・16位への挑戦権を掴みたいところだ。

◆2年連続のPO、昨年の反省を生かせるか~大宮アルディージャ~
©︎J.LEAGUE

2年目のJ2でも優勝候補の一角に挙げられていた大宮。選手、監督が入れ替わる中、シーズン立ち上がりで思うような勝ち点を伸ばせなかった。

それでも、高木琢也監督が採用した[3-4-2-1]のシステムに選手たちが慣れ始めると第5節から第20節までは12勝8分けの無敗。シーズン途中には攻守にケガ人が相次ぎ、苦しい時期を過ごした。

それでも、夏に加入したDF櫛引一紀(←名古屋グランパス/期限付き移籍)やMFイッペイ・シノヅカ(←横浜F・マリノス/完全移籍)がチームに早々にフィットすると、第39節では首位の柏レイソルに勝利した。

終盤に逆転優勝の可能性、そして自動昇格の可能性が見えた中、ラスト3試合は勝ちきれずに3連続ドロー。シーズンを通して7敗と最も“負けない”チームだったが、リーグ2番目の「15」引き分けが響く結果となった。

それでも、高木監督の下で積み上げて来たものは計り知れず、チームは確実に強化の道を歩んだ。最後は同じ状況に陥ったが、1年前と同じ轍は踏みたくないはず。今季たった1敗のNACK5スタジアム大宮で、J1への挑戦権を掴む。

◆一時は首位も…2015年以来のJ1へ~モンテディオ山形~
©︎J.LEAGUE

対する山形は木山隆之監督が率いて3シーズン目。昨シーズンを12位で終えたチームは、多くの選手を入れ替えてシーズンに臨んだ。

開幕戦こそ敗れたものの、第2節から3連勝。前半戦はわずか3敗と好調を維持し、水戸ホーリーホックを首位を争う時期が続いていた。

しかし、後半戦に入ると最初の5試合で1勝4敗と出遅れると、終盤も負けが込み、終わってみれば6位とギリギリの状態でPOへと進出して来た。

今シーズンの山形は、特別得点が少ないわけでも、失点が多いわけでもないチーム。しかし、夏場以降は勝ち点が伸び悩み、徐々に順位を下げていった。

その要因は、チャンスの数の少なさだろう。しっかりとゴールを決めているイメージはあるが、チャンスの数が極端に少ない。シュート数もあまり多くないが、チャンスが生まれた時の攻撃の早さは特徴だ。手数をかけずに、一気に相手ゴールに襲いかかる攻撃は強み。また、セットプレーからの得点も多く、失点を我慢しながら少ないチャンスを着実に決めて来た結果が、この6位という成績に表れている。

それでも今季加入したFW大槻周平がチーム最多の12ゴール、ルーキーのMF坂元達裕が2位タイの7ゴール。また、夏に加入したFW山岸祐也(←FC岐阜/完全移籍)も4ゴールを記録するなど、攻撃陣は力がある。

ただし、ここからの3試合で3連勝しなければJ1昇格が叶わない山形。最も厳しい条件下で挑むJ1参入POだが、まずは大宮という壁を越える必要がある。

【予想スタメン&フォーメーション】
◆大宮アルディージャ[3-4-2-1]
️️©️CWS Brains,LTD.
GK:笠原昂史
DF:櫛引一紀、河本裕之、河面旺成
MF:イッペイ・シノヅカ、石川俊輝、三門雄大、渡部大輔
MF:茨田陽生、奥抜侃志
FW:フアンマ・デルガド
監督:高木琢也

42試合で積み上げて来たものを出す残りの3試合。目の前の試合を1つずつ戦っていく大宮は、シーズン終盤に起用した11名がピッチに立つと予想する。山形も3バックを敷いて来るため、いかに相手の背後を取るか。また、ここ数試合でできていないセカンドボールの回収をシャドーの2人とボランチ、WBの2人ができるかが、カギとなりそうだ。

◆モンテディオ山形[3-4-2-1]
©️CWS Brains,LTD.
GK:櫛引政敏
DF:熊本雄太、栗山直樹、松本怜大
MF:柳貴博、本田拓也、中村駿、山田拓巳
MF:坂元達裕、山岸祐也
FW:大槻周平
監督:木山隆之

山形も大宮と同じ[3-4-2-1]のシステム。ミラーゲームとなるが、シーズン終盤の主力がそのまま起用されるだろう。前述の大槻、坂元、山岸の攻撃ユニットに、正確なキックが売りの中村駿のセットプレー、熊本雄太、松本怜大の攻撃参加と、山形スタイルで必勝を掲げる。

【注目選手】
◆MF三門雄大(大宮アルディージャ)
©︎J.LEAGUE

大宮の注目選手は、チームの舵取り役である三門雄大だ。今シーズンはシーズン序盤を欠場。しかし、復帰後はチームに安定感が出て結果を残せるようになると、再び離脱していた期間は3敗を喫するなどチームは低迷した。

しかし、復帰後は持ち前の運動量と危険察知能力を活かし、大宮の中盤を支え、チームに安定感をもたらせた。最終ラインまで戻っての守備、最前線までプレスを掛けるスタイルと、ピッチを縦横無尽に走り回る。

アグレッシブに戦い続けるスタイルにおいて、欠かせないピースとなっている三門が機能すれば、攻守にわたって他の選手にも相乗効果が生まれる。三門の働きが、チームを活性化させ、自ずと結果につながるだろう。

◆MF中村駿(モンテディオ山形)
©︎J.LEAGUE

対する山形の注目選手は、MF中村駿だ。今シーズンはリーグ戦38試合に先発。好調時も不調時もチームを中盤で支えた。

今シーズンは6ゴールと結果も残して来た中村だが、チームの攻撃を大きく支えている。それが正確なキックだ。

山形の得点パターンの多くはセットプレーであり、そのキッカーを務めるのが中村。流れの中でのパスだけでなく、プレースキックでの正確なクロスは、大宮にとっても警戒したいところだ。

大宮はセットプレーからの失点は少ないが、何が起こるかわからないのもセットプレー。ケガからジェフェルソン・バイアーノも復帰するだけに、中村のキックが山形をJ1へ導く可能性があるだろう。

◆天国か地獄か…下剋上への第一歩

今シーズン、両チームの対戦成績は1勝ずつの五分。互いにホームで勝利を収めている。

山形は第4節でホームに大宮を迎え、ジェフェルソン・バイアーノのPKで1-0と勝利。対する大宮は、第26節でホームに迎え、シーソーゲームの末に3-2で勝利した。

今回の舞台は大宮のホーム。大宮は引き分けでも勝ち上がれる状況なだけに、山形としては勝たなければいけない試合となる。

守備を固めつつ、しっかりとセカンドボールを拾って一気に攻め込み大宮の牙城を崩せるか。先手を奪った方が優位に試合を進めるだろう。

一方の大宮は、ホームでは2敗を喫しているものの、NACK5スタジアム大宮ではわずかに1敗。ホームに集まるサポーターの後押しを受けて、厳しい試合でも引き分けに持ち込むなど、負けない試合を続けて来た。

シーズン途中には逆転勝ちも増え、チームとして落ち着いてプレーできることも証明した。昨シーズンの失敗を1年越しに糧にしていることを証明できるか。真価が問われる。

J1昇格への切符を掴む第1ラウンド。大宮アルディージャvsモンテディオ山形は12月1日の13時5分にキックオフを迎える。

関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第30節:神戸vsG大阪】残留争いを占う大一番! 関西決戦の“シックスポインター”

【明治安田生命J1リーグ第30節】 2022年9月18日(日) 19:00キックオフ ヴィッセル神戸(17位/28pt) vs ガンバ大阪(16位/29pt) [ノエビアスタジアム神戸] ◆勝って残留争いで一歩前に【ヴィッセル神戸】 前節はホームにFC東京を迎えた中で、2-1で勝利。3試合ぶりの勝利を収めた。 名古屋グランパス戦は0-0のドロー、FC東京戦での勝利と、徐々に復調の可能性を見せているが、現在地は降格圏だ。 残りは6試合。1つ勝てば大きな勝ち点3となる一方で、負ければ突き放されてしまうのがこの試合。負けることだけは絶対に許されない。 ただ、大迫勇也、アンドレス・イニエスタらコンディションに問題がある選手はまだいる状況。前節も3名が負傷して交代しているだけに、誰がピッチに立てるかは不透明。ただ、気持ちの面が大事だ。 相手も復調気味の中、ここで勝って1つ前に出ることができるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-4-1-1] GK:飯倉大樹 DF:飯野七聖、菊池流帆、マテウス・トゥーレル、酒井高徳 MF:郷家友太、山口蛍、大﨑玲央、汰木康也 MF:小林祐希 FW:武藤嘉紀 監督:吉田孝行 ◆絶対に負けられない一戦【ガンバ大阪】 前節はFC東京を相手に0-0のドロー。連勝後にサガン鳥栖に完敗を喫したが、ひとまず踏ん張った。 そして迎える今節は、神戸との決戦。勝ち点差は「1」であり、絶対に負けられない状況。相手よりも試合数が1試合多いだけに、ここで負けたら命取りとなる。 混戦となっている残留争いを勝ち抜くためには勝利が必要だが、負けることは一番避けなければいけない。松田浩監督の下で復調気味なだけに、安定し戦いで勝利を目指したい。 そして今節の出場はなさそうだが、シーズン序盤で重傷を負い長らく離脱していたFW宇佐美貴史が復帰。大事な最終盤に大きな戦力が戻ってきた。チームの雰囲気にも影響するだけに、良い流れで神戸に勝ちたいところだ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:東口順昭 DF:髙尾瑠、三浦弦太、クォン・ギョンウォン、黒川圭介 MF:フアン・アラーノ、齊藤未月、山本悠樹、食野亮太郎 FW:鈴木武蔵、パトリック 監督:松田浩 2022.09.18 16:30 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第30節:FC東京vs京都】国立決戦! スタイルを見せつけ、白星を掴むのは

【明治安田生命J1リーグ第30節】 2022年9月18日(日) 19:00キックオフ FC東京(9位/40pt) vs 京都サンガF.C.(15位/30pt) [国立競技場] ◆入りに注目。リズムを掴めるか【FC東京】 前節はミッドウィークの試合となった中、ヴィッセル神戸を相手に2-1で敗戦。降格圏に沈む相手に白星を献上してしまった。 残るところ6試合。上位に行ける可能性もある中での痛恨の敗戦となってしまったが、その理由は試合の入りにある。 前々節のガンバ大阪戦も同様、スタートに失敗しペースを握れないでいると、ずるずると時間が経過。リズムを掴めずに終わってしまった。 今回は3戦連続関西勢、京都を迎えるが、場所は今季2度目の国立競技場。あいにくの悪天候となるが、燃えるサポーターたちの後押しを受けて、天候に負けないサッカーを見せたい。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:ヤクブ・スウォビィク DF:長友佑都、木本恭生、森重真人、バングーナガンデ佳史扶 MF:塚川孝輝、東慶悟、松木玖生 FW:紺野和也、ディエゴ・オリヴェイラ、渡邊凌磨 監督:アルベル ◆迫る降格圏も自信を持って戦えるか【京都サンガF.C.】 気がつけば、降格圏が迫っている状況の中、ミッドウィークには首位の横浜F・マリノスに2-1で敗戦となった。 残すところ6試合。降格圏とは勝ち点差わずかに「2」となっており、正念場と言える状況。なんとしても残留を勝ち取りたい。 アグレッシブに運動量を持ってプレーすることが京都のスタイル。即時奪回からの攻撃という点ではここ数試合見せられているが、決定力に乏しい部分が結果に繋がっていない。 内容は上がってきており、後は結果だけ。降格するようなサッカーはしていないだけに、しっかりと残り試合で勝ち点を重ねていきたい。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:上福元直人 DF:白井康介、井上黎生人、麻田将吾、佐藤響 MF:武富孝介、川崎颯太、武田将平 FW:豊川雄太、山﨑凌吾、松田天馬 監督:曺貴裁 2022.09.18 15:45 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第30節:柏vs川崎F】逆転優勝へ勝ち続けるしかない川崎F、柏は守備の立て直しで6戦ぶり白星へ

【明治安田生命J1リーグ第30節】 2022年9月17日(土) 19:00キックオフ 柏レイソル(6位/44pt) vs 川崎フロンターレ(2位/53pt) [三協フロンテア柏スタジアム] ◆守備を立て直し6試合ぶり勝利へ【柏レイソル】 前節はアウェイで浦和レッズと対戦し、4-1で完敗を喫した。 自分たちよりも下位にいるチームだったが、相手はファン・サポーターの大きな後押しを手にした試合。力の差を見せつけられてしまった。 リーグ戦は5戦未勝利。そして、失点が「16」と、守備陣が崩壊。その結果、勝ち点を伸ばすことができていない。その理由は前からのプレスの強度という部分にも出ている。 プレスを剥がされると崩れ、後手に回れば苦しむことは必死。ポゼッションしてくる川崎F相手に効果的なプレスがかかれば勝機はありそうだ。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:佐々木雅士 DF:染谷悠太、上島拓巳、古賀太陽 MF:戸嶋祥郎、椎橋慧也、三丸拡 MF:マテウス・サヴィオ、ドッジ FW:細谷真大、武藤雄樹 監督:ネルシーニョ 出場停止:大南拓磨 ◆正念場。意地を見せられるか【川崎フロンターレ】 前節はミッドウィークに延期となっていた名古屋グランパス戦を行い1-1の引き分けに終わった。 不当に試合を延期させられ、その影響で過密日程となり、首位との勝ち点差も「5」に広がった。 残りは6試合。ここで勝ち点差が開くようでは、厳しさは増す。また、連戦が続き、コンディション面の調整が不安視される中で、しっかりと乗り越えて勝ち点3を獲得できるかがポイントだ。 コンディションが悪ければプレーの精度を欠き、苦しい戦いとなっている今季。勝ち続けて朗報が舞い込むのを待つしかない。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、ジェジエウ、谷口彰悟、佐々木旭 MF:遠野大弥、橘田健人、チャナティップ FW:家長昭博、知念慶、マルシーニョ 2022.09.17 16:33 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第30節:名古屋vs広島】名古屋30周年記念試合、上位争う広島は大敗から立ち直れるか

【明治安田生命J1リーグ第30節】 2022年9月17日(土) 19:00キックオフ 名古屋グランパス(10位/38pt) vs サンフレッチェ広島(3位/50pt) [豊田スタジアム] ◆30周年記念試合【名古屋グランパス】 ミッドウィークに行われた前節。物議を醸す虚偽の報告で延期となった試合だったが、川崎フロンターレとの戦いは1-1のドローに終わった。 チームは中位。上にも下にも行く可能性を残しているが、モチベーションとしては難しいところもある状況。また中2日での戦いとなり、コンディション面も問題を抱えていると言える。 ただ、選手の気持ちとしてあるとすれば、クラブ創設30周年を記念した試合であるということ。ホームに集まるサポーターの前で、無様な試合はできない。 相手は上位を争う広島。しっかりと叩いて、勝利を届けることができるのか注目だ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:ランゲラック DF:中谷進之介、藤井陽也、丸山祐市 MF:森下龍矢、稲垣祥、レオ・シルバ、相馬勇紀 MF:重廣卓也、仙頭啓矢 FW:永井謙佑 監督:長谷川健太 ◆どこまでくらいついていけるか【サンフレッチェ広島】 前節は川崎Fとの上位決戦だったが、結果は4-0で惨敗。優勝から遠ざかり、ライバルに勝ち点を与えることとなってしまった。 首位の横浜F・マリノスとの勝ち点差は「8」。残り5試合で追いつくことは非常に困難だが、勝ち続けていれば可能性は残っていると信じて良いだろう。 5連勝と波に乗っていたが、その流れもストップ。あとは、もう一度立ち上がり、逆転での優勝、そして3位以内の死守を果たせるかだ。 川崎F戦でハマらなかったプレスをどう改善するのか。ピッチ上での修正も重要になる。あとは、プレスを引っ張る前線に満田誠が復帰したことも大きい。再び広島が勢いに乗れるか注目だ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:大迫敬介 DF:塩谷司、荒木隼人、佐々木翔 MF:藤井智也、野津田岳人、松本泰志、柏好文 MF:森島司、満田誠 FW:ナッシム・ベン・カリファ 監督:ミヒャエル・スキッベ 2022.09.17 16:20 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第30節:磐田vsC大阪】最下位・磐田は正念場、C大阪は3位入りに負けられない戦い

【明治安田生命J1リーグ第30節】 2022年9月17日(土) 18:00キックオフ ジュビロ磐田(18位/23pt) vs セレッソ大阪(4位/47pt) [ヤマハスタジアム(磐田)] ◆最下位にのしかかる重圧【ジュビロ磐田】 前節はアウェイで北海道コンサドーレ札幌と対戦し、4-0で完敗。成す術なく敗れ、リーグ戦5戦未勝利となった。 後半戦は11試合を戦いわずかに1勝。監督交代もここまで効果は見て取れず、勝ち点も詰められていない。残り6試合で残留圏のガンバ大阪とは勝ち点差「6」となっており、勝利がなければ残留は不可能と言って良いだろう。 その上で、DFリカルド・グラッサ、FWファビアン・ゴンザレスの助っ人2人が出場停止。今節のC大阪をはじめ、鹿島アントラーズ、横浜F・マリノスと上位との対戦が亜ある一方で、清水エスパルス、G大阪、京都サンガF.C.と残留争い中の相手とも3試合がある。 その3試合でしっかりと勝利を収めれば大きく状況は変わるが、上位相手にも勝ち点を拾いたいところ。最低でも勝ち点1、もちろん3を目指し、残留に向けての一戦必勝で臨む。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:三浦龍輝 DF:山本義道、伊藤槙人、大井健太郎 MF:鈴木雄斗、遠藤保仁、上原力也、松本昌也 MF:金子翔太、大津祐樹 FW:杉本健勇 監督:渋谷洋樹 出場停止:リカルド・グラッサ、ファビアン・ゴンザレス ◆3位を争う熾烈なレース【セレッソ大阪】 前節はミッドウィークに浦和レッズと対戦し、0-1で勝利。アウェイで貴重な勝ち点3を獲得した。 現在4位、首位の横浜FMには勝ち点差「11」と離されているが、2位の川崎フロンターレとは「6」、3位のサンフレッチェ広島とは「3」という状況。たが、5位の鹿島とは並び、6位の柏レイソルとは「3」と競争が激化している。 中2日でのアウェイ連戦ということで、選手のコンディション面がどうなのか。大幅に選手を入れ替えて戦うのか、それとも結果を残しているチームを軸に戦うのか。小菊昭雄監督の判断も注目される。 手詰まりになっても打開できるだけのメンバーはベンチにいる。チーム一丸となって、勝利を目指すのみだ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、マテイ・ヨニッチ、西尾隆矢、山中亮輔 MF:毎熊晟矢、奥埜博亮、鈴木徳真、ジェアン・パトリッキ FW:アダム・タガート、清武弘嗣 監督:小菊昭雄 2022.09.17 15:50 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly