【J1参入プレーオフプレビュー】昨季の失敗を糧にできるか、3連勝の一歩を踏み出せるか《大宮vs山形》

2019.11.30 23:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
明治安田生命J2リーグ3位〜6位のチームと明治安田生命J1リーグ16位のクラブが争うJ1参入PO。1回戦ではJ2・3位の大宮アルディージャと J2・6位のモンテディオ山形が大宮のホーム・NACK5スタジアム大宮で対戦する。

◆残り1枠をかけた昇格への1stラウンド
J2全42試合の長いシーズンを終え、プレーオフへの進出権を獲得した両チーム。大宮は、自動昇格の可能性を残した最終節でツエーゲン金沢に1-1のドロー。横浜FCが勝利したため、2年連続でのJ1参入PO挑戦となった。

一方の山形は、4位で最終節を迎えたが、J2残留を目指すFC町田ゼルビアを前に1-2で敗戦。さらにさらに8位の水戸ホーリーホックがファジアーノ岡山に1-0で勝利したために勝ち点、そして得失点差で並ぶこととなったが、総得点で上回り、滑り込みでPO進出を決めた。

J1昇格までは3つ。まずは、J1・16位への挑戦権を掴みたいところだ。

◆2年連続のPO、昨年の反省を生かせるか~大宮アルディージャ~
©︎J.LEAGUE

2年目のJ2でも優勝候補の一角に挙げられていた大宮。選手、監督が入れ替わる中、シーズン立ち上がりで思うような勝ち点を伸ばせなかった。

それでも、高木琢也監督が採用した[3-4-2-1]のシステムに選手たちが慣れ始めると第5節から第20節までは12勝8分けの無敗。シーズン途中には攻守にケガ人が相次ぎ、苦しい時期を過ごした。

それでも、夏に加入したDF櫛引一紀(←名古屋グランパス/期限付き移籍)やMFイッペイ・シノヅカ(←横浜F・マリノス/完全移籍)がチームに早々にフィットすると、第39節では首位の柏レイソルに勝利した。

終盤に逆転優勝の可能性、そして自動昇格の可能性が見えた中、ラスト3試合は勝ちきれずに3連続ドロー。シーズンを通して7敗と最も“負けない”チームだったが、リーグ2番目の「15」引き分けが響く結果となった。

それでも、高木監督の下で積み上げて来たものは計り知れず、チームは確実に強化の道を歩んだ。最後は同じ状況に陥ったが、1年前と同じ轍は踏みたくないはず。今季たった1敗のNACK5スタジアム大宮で、J1への挑戦権を掴む。

◆一時は首位も…2015年以来のJ1へ~モンテディオ山形~
©︎J.LEAGUE

対する山形は木山隆之監督が率いて3シーズン目。昨シーズンを12位で終えたチームは、多くの選手を入れ替えてシーズンに臨んだ。

開幕戦こそ敗れたものの、第2節から3連勝。前半戦はわずか3敗と好調を維持し、水戸ホーリーホックを首位を争う時期が続いていた。

しかし、後半戦に入ると最初の5試合で1勝4敗と出遅れると、終盤も負けが込み、終わってみれば6位とギリギリの状態でPOへと進出して来た。

今シーズンの山形は、特別得点が少ないわけでも、失点が多いわけでもないチーム。しかし、夏場以降は勝ち点が伸び悩み、徐々に順位を下げていった。

その要因は、チャンスの数の少なさだろう。しっかりとゴールを決めているイメージはあるが、チャンスの数が極端に少ない。シュート数もあまり多くないが、チャンスが生まれた時の攻撃の早さは特徴だ。手数をかけずに、一気に相手ゴールに襲いかかる攻撃は強み。また、セットプレーからの得点も多く、失点を我慢しながら少ないチャンスを着実に決めて来た結果が、この6位という成績に表れている。

それでも今季加入したFW大槻周平がチーム最多の12ゴール、ルーキーのMF坂元達裕が2位タイの7ゴール。また、夏に加入したFW山岸祐也(←FC岐阜/完全移籍)も4ゴールを記録するなど、攻撃陣は力がある。

ただし、ここからの3試合で3連勝しなければJ1昇格が叶わない山形。最も厳しい条件下で挑むJ1参入POだが、まずは大宮という壁を越える必要がある。

【予想スタメン&フォーメーション】
◆大宮アルディージャ[3-4-2-1]
️️©️CWS Brains,LTD.
GK:笠原昂史
DF:櫛引一紀、河本裕之、河面旺成
MF:イッペイ・シノヅカ、石川俊輝、三門雄大、渡部大輔
MF:茨田陽生、奥抜侃志
FW:フアンマ・デルガド
監督:高木琢也

42試合で積み上げて来たものを出す残りの3試合。目の前の試合を1つずつ戦っていく大宮は、シーズン終盤に起用した11名がピッチに立つと予想する。山形も3バックを敷いて来るため、いかに相手の背後を取るか。また、ここ数試合でできていないセカンドボールの回収をシャドーの2人とボランチ、WBの2人ができるかが、カギとなりそうだ。

◆モンテディオ山形[3-4-2-1]
©️CWS Brains,LTD.
GK:櫛引政敏
DF:熊本雄太、栗山直樹、松本怜大
MF:柳貴博、本田拓也、中村駿、山田拓巳
MF:坂元達裕、山岸祐也
FW:大槻周平
監督:木山隆之

山形も大宮と同じ[3-4-2-1]のシステム。ミラーゲームとなるが、シーズン終盤の主力がそのまま起用されるだろう。前述の大槻、坂元、山岸の攻撃ユニットに、正確なキックが売りの中村駿のセットプレー、熊本雄太、松本怜大の攻撃参加と、山形スタイルで必勝を掲げる。

【注目選手】
◆MF三門雄大(大宮アルディージャ)
©︎J.LEAGUE

大宮の注目選手は、チームの舵取り役である三門雄大だ。今シーズンはシーズン序盤を欠場。しかし、復帰後はチームに安定感が出て結果を残せるようになると、再び離脱していた期間は3敗を喫するなどチームは低迷した。

しかし、復帰後は持ち前の運動量と危険察知能力を活かし、大宮の中盤を支え、チームに安定感をもたらせた。最終ラインまで戻っての守備、最前線までプレスを掛けるスタイルと、ピッチを縦横無尽に走り回る。

アグレッシブに戦い続けるスタイルにおいて、欠かせないピースとなっている三門が機能すれば、攻守にわたって他の選手にも相乗効果が生まれる。三門の働きが、チームを活性化させ、自ずと結果につながるだろう。

◆MF中村駿(モンテディオ山形)
©︎J.LEAGUE

対する山形の注目選手は、MF中村駿だ。今シーズンはリーグ戦38試合に先発。好調時も不調時もチームを中盤で支えた。

今シーズンは6ゴールと結果も残して来た中村だが、チームの攻撃を大きく支えている。それが正確なキックだ。

山形の得点パターンの多くはセットプレーであり、そのキッカーを務めるのが中村。流れの中でのパスだけでなく、プレースキックでの正確なクロスは、大宮にとっても警戒したいところだ。

大宮はセットプレーからの失点は少ないが、何が起こるかわからないのもセットプレー。ケガからジェフェルソン・バイアーノも復帰するだけに、中村のキックが山形をJ1へ導く可能性があるだろう。

◆天国か地獄か…下剋上への第一歩

今シーズン、両チームの対戦成績は1勝ずつの五分。互いにホームで勝利を収めている。

山形は第4節でホームに大宮を迎え、ジェフェルソン・バイアーノのPKで1-0と勝利。対する大宮は、第26節でホームに迎え、シーソーゲームの末に3-2で勝利した。

今回の舞台は大宮のホーム。大宮は引き分けでも勝ち上がれる状況なだけに、山形としては勝たなければいけない試合となる。

守備を固めつつ、しっかりとセカンドボールを拾って一気に攻め込み大宮の牙城を崩せるか。先手を奪った方が優位に試合を進めるだろう。

一方の大宮は、ホームでは2敗を喫しているものの、NACK5スタジアム大宮ではわずかに1敗。ホームに集まるサポーターの後押しを受けて、厳しい試合でも引き分けに持ち込むなど、負けない試合を続けて来た。

シーズン途中には逆転勝ちも増え、チームとして落ち着いてプレーできることも証明した。昨シーズンの失敗を1年越しに糧にしていることを証明できるか。真価が問われる。

J1昇格への切符を掴む第1ラウンド。大宮アルディージャvsモンテディオ山形は12月1日の13時5分にキックオフを迎える。

関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第29節:名古屋vs横浜FM】無失点記録かかる名古屋、抜群の攻撃力誇る横浜FMとのホコタテ対決

【明治安田生命J1リーグ第29節】 2021年9月18日(土) 19:00キックオフ 名古屋グランパス(4位/50pt) vs 横浜F・マリノス(2位/65pt) [豊田スタジアム] ◆19戦無失点なるか? 新エースにも注目【名古屋グランパス】 前節はホームに徳島ヴォルティスを迎えて3-0と快勝。3位のサガン鳥栖に勝ち点で並んでいる状況だ。 その名古屋は14日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の大邱FC戦をホームで戦い、4-2で勝利。2度先行される苦しい展開となったが、そのチームを救ったのが新ストライカーだった。 今夏加入したシュヴィルツォクは現役ポーランド代表FW。ユーロ2020にも出場した選手だが、チームへのフィットを徐々に果たすと、大邱FC戦では圧巻のゴールショー。個人の力で3ゴールを奪いきりハットトリックを達成し、チームのベスト8進出に貢献した。 今季の名古屋にとってのボトルネックだったのは得点力。堅守を売りとしながらも、得点が奪えずに負けることも多く、全く改善が見られなかったが、シュヴィルツォクの加入で改善を見せている。 Jリーグでは5試合で1得点とまだまだ力を見せていないが、ここからの躍動に期待。また、守備陣はここまで18試合をクリーンシート。今節も無失点で終えれば、対戦相手の横浜FMが持つJ1記録を塗り替えるだけに、勢いそのままに達成したいところだ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:ランゲラック DF:成瀬竣平、中谷進之介、キム・ミンテ、吉田豊 MF:稲垣祥、長澤和輝 FW:マテウス、前田直輝、森下龍矢 FW:シュヴィルツォク 監督:マッシモ・フィッカデンティ ◆首位を追いかけるためには負けられない【横浜F・マリノス】 8月最後の試合で無敗を止められた横浜FMだが、前節はアウェイでのサンフレッチェ広島戦で1-3と勝利を収め、連敗を避けた。 現在2位。見た目上は首位の川崎フロンターレと勝ち点差1だが、消化試合が違うため「4」と考えた方が良い。最終節での直接対決があるが、このままでは逆転は不可能。自力での優勝はない状況だ。 しかし、ここにきて川崎Fは2つのタイトルを続けて逃すことが確定。チームとして取りこぼしがないとは言えず、横浜FMは勝ち続けてチャンスをうかがいたいところだ。 苦手の鹿島戦では鳴りを潜めた攻撃陣だが、前節は3得点と問題はない。名古屋の強力なFWを守備陣が押さえる必要はあるが、攻撃力なら一枚も二枚も上手。チームとして名古屋を攻略し、上位対決をしっかりと制したい。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:小池龍太、チアゴ・マルチンス、實藤友紀、ティーラトン MF:喜田拓也、マルコス・ジュニオール、扇原貴宏 FW:エウベル、レオ・セアラー、前田大然 監督:ケヴィン・マスカット 2021.09.18 16:25 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第29節:徳島vs川崎F】2冠を失った王者・川崎Fは立ち直るか、無得点5連敗の徳島はどう戦う

【明治安田生命J1リーグ第29節】 2021年9月18日(土) 18:30キックオフ 徳島ヴォルティス(17位/23pt) vs 川崎フロンターレ(1位/66pt) [鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム] ◆どん底の苦境を抜け出せるか【徳島ヴォルティス】 前節はアウェイでの名古屋グランパス戦で3-0と惨敗。リーグ戦5連敗となった。 後半戦に入ってから徳島はわずかに1勝。1分け7敗と全くもって結果が出ず。さらに、この5連敗中は無得点に加え、3試合で3失点を喫するなど、攻守にわたって良いところがない状況だ。 順位も17位と降格圏に転落してから抜け出せずにいる状況。徐々に残留圏との勝ち点差が開いていることもあり、この辺りで結果を残したいところだ。 とはいえ相手は首位の川崎F。簡単な相手ではない。上位陣との連戦となるが、チームとして一丸となり戦えるか。相手は韓国から戻ったばかりで移動もあり、叩くチャンスとも言えるだおる。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:長谷川徹 DF:藤田征也、カカ、石井秀典、ジエゴ MF:藤田譲瑠チマ、岩尾憲 MF:浜下瑛、渡井理己、杉森考起 FW:垣田裕暉 監督:ダニエル・ポヤトス 出場停止:岸本武流 ◆失意の敗戦から立ち直れるか【川崎フロンターレ】 9月に入っての川崎Fはどこかおかしい。リーグ戦は日程が変更されたことでここまで戦っていないが、YBCルヴァンカップ、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)と2つのカップ戦で敗退となった。 リーグ戦では開幕から無敗を続けていた川崎Fだが、8月25日にアビスパ福岡に敗れて初黒星。8月28日に北海道コンサドーレ札幌に0-2で勝利したものの、浦和レッズとのルヴァンカップでは2試合連続ドローとなり、第2戦は勝ち抜け目前での失点で追いつかれ敗退となった。 その敗退を引きずったわけではないと思うが、14日に行われたアウェイでのACL蔚山現代戦は、攻撃が機能せずゴールレス。PK戦では長谷川竜也、ジョアン・シミッチと外すと、家長昭博はGKに止められ、敗退となった。 短期間で2つのタイトルを失った川崎F。リーグタイトルも横浜F・マリノスの追い上げの前に余裕はなく、ここまで逃すわけにはいかない。しっかりとリバウンドメンタリティを見せ、徳島相手に勝利できるかが注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、ジェジエウ、山村和也、登里享平 MF:橘田健人、ジョアン・シミッチ、脇坂泰斗 FW:家長昭博、レアンドロ・ダミアン、小林悠 監督:鬼木達 2021.09.18 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第29節:神戸vs札幌】ボージャンが遂にデビューか!? 強力な神戸の攻撃ユニットに札幌が立ち向かう

【明治安田生命J1リーグ第29節】 2021年9月18日(土) 18:00キックオフ ヴィッセル神戸(5位/48pt) vs 北海道コンサドーレ札幌(10位/39pt) [神戸総合運動公園ユニバー記念競技場] ◆ついにカルテットが揃う!?【ヴィッセル神戸】 前節は日程が後ろ倒されたことで2週間前と1週間多く調整期間を得た神戸。サンフレッチェ広島相手に1-1のドローに終わった試合からしっかりと準備する時間を取れた。 チーム合流から連続出場、そして日本代表とフル稼働していた大迫勇也もしっかりとチームに溶け込む時間が取れたはず。さらに、今節はもう1人の助っ人のデビューが予想されている。 それは元スペイン代表FWボージャン・クルキッチ。今夏神戸に加入した新たなバルセロナ戦士だ。アンドレス・イニエスタ、セルジ・サンペールともチームメイトとしてプレー。同じカンテラ出身の3人がJリーグのピッチで揃う可能性がある。 チームとして3位争いをする中でどんな化学反応をピッチ上で見せるのか。チームを加速させる力になることが期待される。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:飯倉大樹 DF:酒井高徳、菊池流帆、トーマス・フェルマーレン、初瀬亮 MF:セルジ・サンペール、山口蛍 MF:武藤嘉紀、アンドレス・イニエスタ、ボージャン・クルキッチ FW:大迫勇也 監督:三浦淳寛 ◆上位を諦めない札幌、全力で立ち向かう【北海道コンサドーレ札幌】 前節はアウェイでセレッソ大阪と対戦し0-2で快勝。リーグ戦の連敗を3でストップさせることに成功した。 中2日で同じチームとの連戦となったなか、しっかりとリバウンドメンタリティを示したチーム。中位から少しでも上位に浮上するためにはここからの試合で勝利しなければならない。 この先は残留を争うチームとの対戦が多く、シビアな戦いが強いられるはず。その中でも勝利を収めていくための力をチームとして見せなければいけない。 混沌としている3位争いに加われる可能性もゼロではない。しっかりと連勝を収めれば一気にチャンスも広がるだけに、強大な相手にしっかりと立ち向かえるか。札幌が全力を出して立ち向かう姿に期待だ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:菅野孝憲 DF:田中駿汰、宮澤裕樹、高嶺朋樹 MF:金子拓郎、駒井善成、荒野拓馬、ルーカス・フェルナンデス MF:小柏剛、青木亮太 FW:ミラン・トゥチッチ 監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ 2021.09.18 15:20 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第29節:浦和vsC大阪】3カ月ぶりの埼スタ期間、充実の浦和が失意のC大阪を迎え撃つ

【明治安田生命J1リーグ第29節】 2021年9月18日(土) 19:00キックオフ 浦和レッズ(6位/48pt) vs セレッソ大阪(12位/36pt) [埼玉スタジアム2002] ◆勢いに乗る浦和、3位へ負けられない戦い【浦和レッズ】 前節はアウェイで横浜FCと対戦し0-2で勝利。リーグ戦は5戦無敗とし、3位争いの中でも好位置につけている。 中断期間中に多くの選手を獲得してきた浦和にとっては、選手たちがチームに馴染むまでの時間も必要だったが、酒井宏樹や江坂任、アレクサンダー・ショルツらはしっかりフィット。また平野佑一もボランチのポジションで気の利いたプレーを見せている。 徐々にメンバーと戦い方が固まりつつある浦和。結果も出ており、メンタル面も充実していると言って良いだろう。 その浦和は約3カ月ぶりに埼玉スタジアム2002に戻ることとなる。終盤戦には上位陣との直接対決も5試合残っており、そこまではしっかりと勝利を収めていきたいところだ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:西川周作 DF:酒井宏樹、岩波拓也、アレクサンダー・ショルツ、明本考浩 MF:平野佑一、伊藤敦樹 MF:関根貴大、小泉佳穂、汰木康也 FW:江坂任 監督:リカルド・ロドリゲス ◆悔やまれるACL敗退【セレッソ大阪】 対するC大阪は前節はホームで北海道コンサドーレ札幌に0-2で惨敗。アウェイゲームでの勝利を生かすことなく敗れた。 そして迎えた15日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)ラウンド16の浦項スティーラーズ戦では、相手の圧に押された前半は全く何もできず。後半もプレスがハマらず、終盤に押し込むも時すでに遅し。0-1で敗れて敗退となった。 国際試合という点では経験のなさも浮き彫りとなった一戦だが、その敗戦をしっかりと生かせるかどうかが非常に重要になる。 相手の浦和は国際経験のある選手も多く、強度は高い。主導権を握られると苦しい戦いとなるが、しっかりとACLの反省を活かせるか。短い時間だが、選手たちの変化に注目だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、西尾隆矢、瀬古歩夢、小池裕太 MF:坂元達裕、喜田陽、藤田直之、乾貴士 FW:山田寛人、加藤陸次樹 監督:小菊昭雄 2021.09.18 14:45 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第29節:鹿島vsG大阪】状態は良くない両者、終盤戦に向けて意地を見せるのは

【明治安田生命J1リーグ第29節】 2021年9月18日(土) 18:00キックオフ 鹿島アントラーズ(7位/47pt) vs ガンバ大阪(14位/30pt) [県立カシマサッカースタジアム] ◆公式戦3連敗&無得点から脱せるか【鹿島アントラーズ】 前節はアビスパ福岡をホームに迎えた一戦だったが、チームは0-3と惨敗。力なく敗れ去った。 インターナショナルマッチウィークによる中断期間は、YBCルヴァンカップの準々決勝で名古屋グランパスと2試合を戦い、2-0、0-2とどちらも完封負け。9月に入り公式戦3試合連続で無得点&複数失点と、チームは急下降している。 8月の最後に得意とする2位の横浜F・マリノスに勝利したものの、その後は急降下。3位争い真っ只中とあって、早急にチームとして浮上しておきたいところだ。 この数試合で問題となるのはボール奪取のところ。プレスがあまりかからず、チームとしてショートカウンターは仕掛けられていない。効果的に相手を押し込めないことが続き、得点を重ねられるという悪い流れから脱していない。 今節の相手はG大阪。順位としてみれば負けてはいけない相手だが、しっかりとホームのファンに勝利を届けられるだろうか。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK沖悠哉 DF:常本佳吾、林尚輝、町田浩樹、安西幸輝 MF:ディエゴ・ピトゥカ、三竿健斗 MF:ファン・アラーノ、荒木遼太郎、和泉竜司 FW:上田綺世 監督:相馬直樹 ◆リーグ戦4連敗を回避できるか【ガンバ大阪】 前節は残留争いのライバルであるベガルタ仙台を相手にまさかの3失点。2-3で敗れ、リーグ戦3連敗と再び絶不調に陥っている。 チームとして久々に複数得点を記録したものの、3失点していては勝てるものも勝てない。 特に、この3連敗は残留を争う横浜FCと仙台、そしてライバルのセレッソ大阪。さらにYBCルヴァンカップではそのC大阪に惨敗を喫しており、メンタル面でもさらに落ち込む結果となってしまった。 問題は未だに見えてこない攻撃の形とプレスの連動性だろう。良い守備ができずにボールを奪えず、ズルズルと攻め込まれる悪さ。一方、その前の攻撃がしっかりと完結できないことで、準備不足にもなっている。 抜け出しかけた残留争いも、下位チームが少しずつ勝ち点を重ねており、再び足を突っ込んでしまう可能性もあるだけに、この辺りでしっかりと勝利し、自身を掴みたい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:東口順昭 DF:柳澤亘、昌子源、キム・ヨングォン MF:小野瀬康介、井手口陽介、山本悠樹、藤春廣輝 MF:矢島慎也、宇佐美貴史 FW:パトリック 監督:松波正信 2021.09.18 14:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly