デンマーク2部で詐欺被害…経歴詐称選手と契約も練習初日でばれる…

2019.11.29 13:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
デンマーク2部のヴィボーFFがプロでのプレー経験がない経歴詐称の選手と契約する詐欺被害に遭った。『ESPN』が伝えている。

今回、経歴詐称が疑われているのは、スリナム生まれでオランダ国籍を持つFWベルニオ・ヴェルハーゲン(25)。ヴィボーは今年10月にチリのアウダックス・イタリアーノからヴェルハーゲンをフリートランスファーで獲得。その際、事前に同選手のプレーを確認することはなかったという。

しかし、ヴェルハーゲンが初めて練習に参加した際、プロとは思えないあまりのレベルの低さが明らかになり、クラブは初めて同選手のこれまでの経歴を調査。すると、前所属先のアウダックス・イタリアーノを始め、同選手が過去に所属していたとされる南アフリカのケープタウン・シティなど複数のクラブでプレー経験がないことが発覚した。

そして、クラブはヴェルハーゲンとの契約を即刻打ち切ると共に、今回の詐欺事件の被害を公式背声明として明らかにした。

ヴィボーの通報を受けて、デンマークの地元警察はヴェルハーゲンの詐欺、文書偽造、個人情報の盗難の容疑で捜査を開始。その捜査の過程で同選手が過去にガールフレンドへの暴行、強盗、脅迫などの前科があることが判明したという。

また、ヴィボーはヴェルハーゲンと契約した背景についても説明。レアル・マドリーのウェールズ代表FWガレス・ベイルやアトレティコ・マドリーのスペイン代表MFサウール・ニゲスらヨーロッパでプレーする200名以上といわれる選手を顧客に持つ、世界屈指のフットボールエージェンシー『Stellar Football Ltd』の代理人を名乗る人物から今年7月に接触があり、ヴェルハーゲンが来年1月の中国移籍に向けて短期間プレーするクラブを探しているとの相談があり、その流れでプレー動画などを確認することなく契約に至ったという。

なお、今回のヴェルハーゲンとの契約によってヴィボーに生じた被害額などの詳細は明らかになっていない。

現在、テクノロジーの発展によって世界中の選手のプレー動画などを確認できる世の中にあって1度もプレーする姿を確認することなく、世界屈指のエージェンシーという看板に騙されたヴィボーの脇が甘すぎたことは確かだが、練習初日にレベルの低さを露呈したヴェルハーゲンのプレーは少し観てみたい気もする。


関連ニュース
thumb

家族の撮影中に起きた悲劇…25mの崖から海に飛び込んだオランダ人FWが死去

オランダの複数クラブでプレー経験のあるオランダ人FWムラド・ランバラテ(31)が死去した。オランダ『テレグラーフ』が伝えている。 ランバラテは、NECやAGOVV、ゴー・アヘッド・イーグルスやフィテッセの下部組織でプレー経験があるストライカー。家族とスペインのマジョルカ島に観光で訪れていたが、約25mの崖から海に飛び込んだ際、海面下の岩にぶつかり意識を失い、その後溺死したという。その様子は家族がスマートフォンで撮影していた。 この訃報を受け、かつて所属したフィテッセは哀悼の意を表している。 「フィテッセはムラド・ランバラテが亡くなったという悲しいニュースを受け取りました。ヨング・フィテッセの元ストライカーは31歳でした」 「ランバラテは2010-11シーズンにフィテッセのシャツを着ており、U-23チームの一員でした。当時のチームはそのシーズンにU-23カップで優勝しました。2010年7月、ストライカーは最初の試合でゴールを決めました。ヨング・フィテッセのシーズンに加えて、アルンヘム・ボーイズといくつかのプロクラブでのキャリアがあります」 「フィテッセはラムラバテの家族や友人が大きな痛みに対処するために多くの力を持つことを願っています」 <span class="paragraph-title">【写真】亡くなったランバラテと現場となった約25mの崖</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Tourist killed doing cliff stunt is ex-footballer Mourad Lamrabatte <a href="https://t.co/QPJzf0estI">https://t.co/QPJzf0estI</a> <a href="https://t.co/18d7YI5Qs5">pic.twitter.com/18d7YI5Qs5</a></p>&mdash; New York Post (@nypost) <a href="https://twitter.com/nypost/status/1526075244590555136?ref_src=twsrc%5Etfw">May 16, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.18 06:45 Wed
twitterfacebook
thumb

「何事も下積みが大事!!」大久保嘉人が“バイト”に挑戦も「サッカーボールではなくゴルフボールとは…」と驚きの声

元日本代表FWの大久保嘉人氏が下積みを重ねているようだ。 大久保氏は、国見高校からセレッソ大阪へと入団。国内ではヴィッセル神戸や川崎フロンターレ、ジュビロ磐田、東京ヴェルディでプレー。海外でもマジョルカ、ヴォルフスブルクでプレー。J1通算で474試合に出場し、歴代最多となる191得点を挙げたストライカーは、惜しまれながらも2021シーズン限りで現役を引退した。 引退会見では「ゴルフがしたい」と語っていた大久保氏だが、15日に自身のインスタグラムを更新。「新しいバイトきちーーー何事も下積みが大事!!まずはボール拾いから」とゴルフボール収集機を操縦しながらコースを疾走する動画を投稿した。 サッカーで鍛えられた足腰を生かし、散乱した白球を拾いながら縦横無尽に駆け回った大久保氏だが、その様子にはファンも「サッカーボールではなく、ゴルフボールとは・・・」、「もはやトレーニングですね笑」、「バイト始められたんですね(笑)」と驚いたようだ。 引退会見では、スコア90切りを目指したいと目標を口にしていた大久保氏だが、下積みを実を結ぶだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】大久保嘉人がゴルフボール収集機で疾走</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/tv/CdkqJZJJG40/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/tv/CdkqJZJJG40/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/tv/CdkqJZJJG40/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">大久保 嘉人(@yoshito13)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.16 21:45 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサ下部組織出身の27歳MFが母国で交通事故死

かつてバルセロナの下部組織で育ったアルゼンチン人FWマキシ・ロロンが交通事故で命を落としたようだ。27歳だった。 アルゼンチン『ラ・カピタル』によると、14日、ロサリオから約50km離れた国道33号戦で交通事故が発生したとのことだ。 車は午前8時ごろ、車線を横切り、料金所から約600m離れた路肩の大木に激突したとのこと。車に乗っていた2人はその場で死亡が確認されたとのことだ。 2人とは、マキシ・ロロン(27)と兄弟の1人であるアリエル・エルナン・ロロン(30)とのこと。ロサリオの街に向かっていたという。 マキシ・ロロンは、若くしてバルセロナのカンテラに入団。Bチームまで昇格したが、ファーストチームに昇格はできず、2016年2月にサントスへと完全移籍。その後は、ルーゴ(スペイン)、アルセナル・サランディ(アルゼンチン)、コキンボ・ウニド(チリ)などでプレーしていた。 近年はイラクのアル・ディワニヤに所属するも、2021年7月に退団して以降は無所属だった。 U-20アルゼンチン代表歴があり、3試合に出場し1ゴールを記録。2015年のU-20ワールドカップでは、FWジョバンニ・シメオネ(エラス・ヴェローナ)やMFアンヘル・コレア(アトレティコ・マドリー)らとともにメンバー入りしたが出番はなかった。 2022.05.15 17:55 Sun
twitterfacebook
thumb

6カラット超えダイヤの輝きが凄い…ベッカム家長男の「婚約指輪」の価値は2億6000万円

サッカー界のスーパースターである元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏の長男ブルックリン・ベッカムが、恋人に捧げた結婚指輪がさすがだと話題になっている。 現役時代には“貴公子”とも呼ばれたベッカム氏と元スパイスガールズで妻のヴィクトリアさんの長男であるブルックリン。2017年にアメリカで行われたコーチェラ・フェスティバルという野外音楽祭で女優のニコラ・ペルツさんと出会い、2019年末から交際をスタートさせた。 ペルツさんは2014年公開の『トランスフォーマー/ロストエイジ』でメインヒロイン役として脚光を浴びていたほか、父親は実業家として知られるネルソン・ペルツ氏。ブルックリンの両親であるデイビッド&ヴィクトリアよりも資産を持っている億万長者ということで、セレブ同士のカップルということでも話題となった。 2人は2020年夏に婚約すると、今年4月にはついに挙式。両親の前で愛を誓っていた。 新婚ほやほやの2人だが、ニコラさんは10日にインスタグラムを更新。その左手薬指には、巨大なダイヤモンドが目を惹く結婚指輪が輝いていた。 なお、アメリカのゴシップサイトである『PageSixStyle』にプラチナ・ギルド・インターナショナル社長のジェニー・ルーカー氏が語ったところによると、この指輪はプラチナのリングに約6〜8カラットにダイヤモンドが付いており、ダイヤモンドだけで約200万ドル(約2億6000万円)の価値があるとのことだ。 <span class="paragraph-title">【写真】これが6カラットの輝き!爪より大きいダイヤモンドの婚約指輪</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CdWm-ttPEPF/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CdWm-ttPEPF/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CdWm-ttPEPF/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">(@nicolaannepeltzbeckham)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.12 20:45 Thu
twitterfacebook
thumb

元アビスパ福岡指揮官がクレモネーゼを26年ぶりセリエA昇格に導く! ペッキア監督を名将ベニテス氏が祝福「おめでとう、ファビオ」

7日に行われたセリエB最終節に勝利し、2位で来季のセリエA昇格を決めたクレモネーゼ。 1995-96シーズン以来、実に26年ぶりのセリエA昇格という大仕事をやってのけたのが、就任2シーズン目のファビオ・ペッキア監督だ。 ペッキア監督は、2019年2月から6月までは、当時J2のアビスパ福岡で指揮。その後は、ユベントスU-23を指揮してコッパ・イタリア セリエC優勝を果たすと、2021年1月からクレモネーゼの監督に就任していた。 就任2シーズン目でチームのセリエA昇格を果たしたペッキア監督に、かつて自身がアシスタントコーチとして支えた名将ラファエル・ベニテス氏から祝福のメッセージが届いた。 ペッキア監督は、2013-14シーズンにベニテス氏がナポリの監督に就任した際に、自身もナポリのアシスタントコーチに就任したことを皮切りに、レアル・マドリーやニューカッスルでもベニテス氏を支えていた関係だ。 ベニテス氏は自身の公式サイトで「おめでとう、ファビオ」と題し、以下のように祝福している。 「大きな喜びをもって、友人であるファビオを祝福しなければならない。おめでとう」 「まず最初に、ファビオの家族や友人、次にコーチングスタッフの全てのメンバー、クラブ、そしてクレモネーゼを愛するファンの皆さんにお祝い申し上げる」 「シーズンの最初から若いチームが素晴らしい仕事をし、ファビオは巧みに管理し、素晴らしい指導をした。最後の試合で苦しみながらも偉大な目標を達成できたことは、あなたたち全員にとって大きな自信となるだろう」 「ですから、大いに喜び、今は少しの間休むと良い。新しい挑戦はすぐにやってくる。この先もあなたは成功し続けると確信している。ラファより」 2022.05.12 17:12 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly