鳥栖MF松岡大起や湘南MF柴田壮介、FC東京DF中村拓海らU-18日本代表メンバーが発表!《AFC U-19選手権2020予選》

2019.10.23 15:56 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
日本サッカー協会(JFA)は23日、AFC U-19選手権2020予選に臨むU-18日本代表メンバーを発表した。AFC U-19選手権2020は11月6日(火)からベトナムで開催。日本はベトナム代表、モンゴル代表、グアム代表とグループJで同居している。

今回のメンバーは、ユース所属選手が多く招集され、トップチーム所属選手はサガン鳥栖のMF松岡大起、FC東京のDF中村拓海、湘南ベルマーレのMF柴田壮介となった。また、ベンフィカのGK小久保玲央ブライアンが招集されている。

その他、大学生、高校生ともに3名が招集。来季から浦和レッズに加入が内定しているMF武田英寿(青森山田高校)や鹿島アントラーズへの加入が内定しているFW染野唯月(尚志高校)、FC町田ゼルビアに加入が内定しているFW晴山岬(帝京長岡高校)が招集された。

11月6日にグアム、同8日にモンゴル、同10日にベトナムと対戦する。

◆U-18日本代表メンバー
GK
1.小久保玲央ブライアン(ベンフィカ/ポルトガル)
23.小畑裕馬(鹿島アントラーズユース)
12.山田大樹(鹿島アントラーズユース)

DF
3.山﨑大地(順天堂大学)
4.中村拓海(FC東京)
2.西尾隆矢(セレッソ大阪 U-18)
17.三原秀真(愛媛FC U-18)
19.井出敬大(柏レイソル U-18)
20.林田魁斗(セレッソ大阪 U-18)
14.加藤聖(JFAアカデミー福島 U18)
15.バングーナガンデ佳史扶(FC東京 U-18)

MF
6.岩本翔(筑波大学)
16.川本梨誉(清水エスパルスユース)
7.柴田壮介(湘南ベルマーレ)
10.松岡大起(サガン鳥栖)
5.松本凪生(セレッソ大阪 U-18)
8.鮎川峻(サンフレッチェ広島ユース)
22.武田英寿(青森山田高校)
21.石浦大雅(東京ヴェルディユース)

FW
18.大森真吾(順天堂大学)
13.晴山岬(帝京長岡高校)
11.櫻川ソロモン(ジェフユナイテッド千葉 U-18)
9.染野唯月(尚志高校)
関連ニュース
thumb

日本の前に立ちはだかった数々の壁、阻まれ続けた“あと一歩”を踏み出し歴史を変えられるか

3日、U-24日本代表が東京オリンピックの準決勝でU-24スペイン代表と対戦する。 1968年のメキシコ・オリンピック以来、53年ぶりのメダル獲得を目指す日本。ここでスペインに勝利すればメダル獲得は決定。目標である金メダルを獲得するにも勝利は必要だ。 対戦相手のスペインは、ユーロ2020に出場したメンバーを含め、ヨーロッパのビッグクラブでプレーする選手たちが多数呼ばれており、市場価値にして7倍もの差があるという状況だ。 実力的に見ても、日本よりスペインが優位な戦いであることは認めざるを得ないが、ここの勝負に勝てるかどうかが、日本サッカーの今後を大きく変えると言っても過言ではない。 日本代表はこれまでここぞという勝負で勝ち切れない歴史を繰り返してきた。その歴史をストップするチャンスが再びやってきた。ワールドカップでのベスト8以上を目指す上でも、乗り越えておきたい壁と言える。今回はこれまで日本が惜しくも越えられなかったいくつかの壁を紹介する。 ◆2002年 日韓ワールドカップ ラウンド16 vsトルコ代表 日本が初めてワールドカップでグループステージを突破した大会。ラウンド16の相手はこの当時は警戒されていなかったトルコだった。 雨が降る中での試合は12分にウミト・ダバラのゴールで失点。日本はしっかりと攻め込み、勝ち上がりに向けてプレー。三都主アレサンドロのFKがポストを直撃するなど、惜しいシーンもいくつかあった中、結局そのまま0-1でトルコに敗れた。 初めて世界と渡り合えたと感じられた大会。ここから、日本の惜しくも難しい歴史がスタートしていく。 ◆2010年 南アフリカ・ワールドカップ ラウンド16 vsパラグアイ代表 ワールドカップで2度目のグループステージ突破を果たした日本。その前に立ちはだかったのは、同じくワールドカップ常連国ながら、なかなかベスト16の壁を越えられなかったパラグアイだった。 堅守が特徴の南米の実力国を相手に、日本は攻勢をかけるが、堅い守備を崩すことができない。パラグアイもリスクを冒さずに試合を進めるとゴールレスのままPK戦に。互いに成功を重ねるが、日本は3人目の駒野友一が失敗し、ラウンド16で敗退となった。 堅守の前にゴールを奪えず、それを打破する策も当時は持ち合わせていなかった。パラグアイの作戦勝ちとも言えるだろう。 ◆2012年 ロンドン・オリンピック 準決勝 vsU-23メキシコ代表 9年前のロンドン五輪。グループステージではスペインを下すなど好スタートを切った日本。今回と同じ準決勝まで勝ち進むと、メキシコと対戦する。 この試合では12分で大津祐樹がネットを揺らして日本が幸先良く先制。メダルの期待が高まった中31分に失点。後半も粘っていたが、65分、そして後半アディショナルタイムと失点を重ね、3-1で敗戦を喫した。 先制して勢いづいた日本だったが、逆転を目指すメキシコの圧に負け押されると、失点してからは浮き足立ってしまい盛り返すことができなかった。 なお、この準決勝の敗戦を引きずったチームは、3位決定戦でU-23韓国代表を相手に為す術なく2-0で完敗。メダルを逃すこととなった。今回はこのパターンだけは避けてもらいたい。 ◆2018年 ロシア・ワールドカップ ラウンド16 vsベルギー代表 最も直近で日本が越えられなかった壁。それはロシアW杯のラウンド16だ。誰もが記憶にある試合だろう。壁を半分越えかけた中で、最後は弾き返されてしまった試合だ。 FIFAランキングで1位に立つベルギーを相手に、難しい試合が予想された日本だったが、原口元気、乾貴士のゴールでまさかの2点を先行するスタートとなった。 この試合も慎重に入ると、前半は0-0とスコアが動かず。しかし、後半の立ち上がりに2点を奪い、リードを広げた。 しかし、明暗を分けたのは采配だった。ロベルト・マルティネス監督は日本のウィークポイントである高さをチームに与えると、それを生かしてヤン・フェルトンゲン、マルアン・フェライニと連続ゴール。2-2とすると、延長戦に入ると思われた中で後半アディショナルタイムに日本のCKからカウンター。ナセル・シャドゥリが仕留めて、ベルギーが大逆転勝利を収めた。 悲願のベスト8に近づきかけた中で引き摺り下ろされた試合。今の日本が生まれたキッカケとなった試合だけに、今回こそはしっかりとスペインの壁を越えてもらいたい。 振り返れば、1993年のアメリカ・ワールドカップ アジア最終予選で起きた“ドーハの悲劇”も、ある種越えられなかった壁の1つだ。 一方で、1998年のフランス・ワールドカップ出場を決めたジョホールバルの歓喜、2004年のアジアカップ準々決勝のヨルダン代表とのPK戦、2011年のアジアカップ決勝のオーストラリア代表戦など、乗り越えられた壁がないわけではない。ただ、いずれも越えたのはアジアの壁。世界の壁を越えられるか。歴史が変わる瞬間を、東京五輪で見られるか注目だ。 2021.08.03 19:45 Tue
twitterfacebook
thumb

運命の準決勝、スペイン戦の日本代表スタメン発表! 久保&堂安のコンビに1トップはFW林大地

3日、東京オリンピックの準決勝でU-24スペイン代表と対戦するU-24日本代表のスターティングメンバーが発表された。 グループステージを唯一の3連勝で勝ち上がった日本は、準々決勝では延長戦、そしてPK戦までもつれ込み、U-24ニュージーランド代表を下して準決勝進出した。 日本のスターティングメンバーは、出場停止のDF冨安健洋(ボローニャ)の代役にDF板倉滉(フローニンヘン)を起用。1トップにはFW林大地(サガン鳥栖)が入った。また2列目の左はDF旗手怜央(川崎フロンターレ)が起用された。 ◆スタメン[4-2-3-1] GK:谷晃生 DF:酒井宏樹、吉田麻也、板倉滉、中山雄太 MF:遠藤航、田中碧 MF:堂安律、久保建英、旗手怜央 FW:林大地 監督:森保一 ◆サブ GK:大迫敬介 DF:橋岡大樹、瀬古歩夢 MF:三好康児、相馬勇紀 FW:前田大然、上田綺世 2021.08.03 19:02 Tue
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.82】準決勝・U-24スペイン戦の隠し玉はこの男?爆発的スピードで攻守両面のスイッチ役に!/前田大然(横浜F・マリノス/FW)

「グループリーグが始まる前から、普通に行けば準決勝はスペインだと考えていた」 7月31日の東京五輪準々決勝・U-24ニュージーランド戦(カシマ)をPK戦で何とか勝ち切った直後、久保建英(レアル・マドリード)がこう語ったように、日本が53年ぶりのメダルを確定させたいのであれば、今日8月3日の準決勝・U-24スペイン戦(埼玉)で勝つしかない。 主導権を握られようが、シュートの雨嵐を浴びせられようが、とにかく結果さえ出せばいい。それは、2012年ロンドン五輪の準決勝でメキシコに1-3の苦杯を喫し、悪いリズムを立て直せないまま、3位決定戦で韓国にも0-2で敗れたキャプテン・吉田麻也(サンプドリア)が誰よりもよく分かっていること。彼はこれまで以上に気合を入れて、チーム全体の意思統一を図るはずだ。 ご存じの通り、スペインとは7月17日の五輪直前テストマッチで対戦。1-1で引き分けている。が、マルコ・アセンシオ(レアル・マドリー)やダニ・オルモ(RBライプツィヒ)ら主力が出ていた前半の25分間は一方的に押し込まれた。同じ轍を踏まないためにも高い位置からプレスをかけ、相手のボール回しを封じたいところ。その重要ピースになりえるのが、快足FW前田大然(横浜F・マリノス)だろう。 今季Jリーグでも毎試合のように50回以上のスプリントを記録する男は走力では誰にも負けない。しかも前からの守備意識がひと際高い。その原点は問題を起こして1年近くサッカー部を離れた山梨学院高校時代に遡るというが、「チームのために走る重要性」を叩き込みながらプロになった。そして最初のクラブ・松本山雅で師事した反町康治監督(現JFA技術委員長)も前線からのプレスを重視。彼もその要求に誠心誠意、応えることで、森保一監督や横内昭展コーチの目に留まり、東京五輪代表のコアメンバーの座を手にした。こうして長年、積み上げてきたものを発揮するとしたら今しかない。本人もウズウズしているに違いない。 森保監督が前田を頭から使うのか。それともこれまで通り、ジョーカー的に起用するのか。そこはスペイン戦の大きな注目点と言っていい。 仮に前者であれば、前田がイメージすべきなのが、ロンドン五輪初戦でスペインを驚かせた永井謙佑(FC東京)の一挙手一投足だ。9年前の大一番を振り返ると、日本は右CKから大津祐樹(磐田)がいち早く先制弾をゲット。その後も永井がハイプレスをかけ続け、DFのイニゴ・マルティネス(アスレティック・ビルバオ)を退場に追い込むという大仕事をやってのけた。前田ならこういったプレーはお手の物。スペインも中2日ペースの連戦の著しい疲労困憊状態に陥っているだけに、より大きな効果が期待できそうだ。 今大会に入ってから、指揮官が一度も彼を1トップで使っていないのも「秘策隠し」の匂いがプンプンする。ここまでは林大地(鳥栖)と上田綺世(鹿島)を最前線に併用することで乗り切ってきたが、スペインのパウ・トーレス(ビジャレアル)とエリック・ガルシア(バルセロナ)の両センターバックはやはり屈強で、日本のFW陣がボールを収めようとしても苦労するのは目に見えている。 となれば、最初から相手にボールを持たせて、高い位置で奪いに行き、スピーディーな攻めからゴールを狙う戦術に切り替えた方がベターではないか。そういう思惑があるからこそ、森保監督はここまで「1トップ・前田」を温めていたのだろう。 「日本が五輪で優勝するために戦わないといけない。僕も海外でやった経験があるし、欧州、アフリカや南米といろんな選手と戦ってきましたけど、絶対に負けたらいけない。しっかり金メダルを取れるように全力を出したいと思います」と大会前に語気を強めていた前田。彼ならば、日本のメダルを左右する決戦で確実にタスクを果たしてくれるはず。爆発的な速さを全面に押し出し、ビッグチャンスを演出することができれば、チームは確実に勢いづく。久保や堂安律(PSV)も躍動感を取り戻すだろう。今回は本当に彼の一挙手一投足が大きなポイントになりそうだ。 すでに7月28日のU-24フランス戦(横浜)で1得点を奪い、2歳の愛娘と一緒に考えたというゴールパフォーマンスを披露した。が、間もなく生まれる第2子のためにも、もっともっとインパクトを残しておく必要がある。 「『パパは東京五輪で活躍したんだよ』と子供が大きくなったら言いたい」とポルトガル1部のマリティモでプレーしていた2019年秋、彼はしみじみこう語っていたが、スペイン戦勝利の立役者になれれば、堂々とそう発言できる。頼もしいパパになり、これを機にA代表へとステップアップするためにも、人生最大のビッグチャンスを逃す手はない。 背番号9をつける弾丸ストライカーが前へ前へと突き進む姿を、改めて多くの人に焼き付けてほしいものである。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2021.08.03 16:30 Tue
twitterfacebook
thumb

浦和のR・ロドリゲス監督が母国紙で日本vsスペインを展望! 「スペインの方がやや有利だが…」

浦和レッズのリカルド・ロドリゲス監督が、3日に行われる東京オリンピックの男子サッカー準決勝、U-24日本代表vsU-24スペイン代表について展望を語った。 大会前のフレンドリーマッチでは1-1の引き分けに終わった両者。日本は史上初、対するスペインは2000年のシドニーオリンピック以来21年ぶりの決勝進出を目指し、再び相まみえる。 スペイン『アス』のインタビューに答えたリカルド・ロドリゲス監督は、拮抗した試合になると予想した上で、スペインがやや優勢だとコメント。しかし、過去最高レベルの選手が揃った日本にも勝つ可能性はあると言及した。 「互角の戦いになるだろう。スペインの方がやや有利だが、日本はスペインを退けて決勝戦に進出する歴史的なチャンスと捉えている。住んでいてそれを日々感じるよ」 「彼らはスペインと戦ったことがあるので、勝つことは可能だと思っている。歴史の中でもトップレベルの選手が揃った最高のチームだと感じているはずだ」 「それに、遠藤、酒井、吉田という3人のオーバーエイジの選手がチームにプラス要素をもたらした。そのおかげで若い選手たちがより頼もしい存在になったね」 「歴史的なチャンスに直面しているが、自分たちが劣っているとは考えていないだろう。決勝に行くチャンスはあると思っているはずだ。ホームで戦い、日本中からのサポートを受けているしね」 また、今回の日本代表の強みを分析。浦和に加入した酒井宏樹らによって構成されるDFラインに言及しつつ、2列目の選手が違いを見せてくれると答えた。 「日本はディフェンス面が強みだ。とても信頼できる」 「マルセイユから獲得した酒井は今私の選手であり、アジアのチームが最も苦手とする守備の局面に安定をもたらしているね」 「そして前線では、3人のMFが違いを見せてくれる。特に堂安と久保のコンビは別格だ」 「さらに、縦に速い前田によって相手を驚かせることもできる。監督としての意見だがね」 2021.08.03 15:15 Tue
twitterfacebook
thumb

日本代表にU-24メキシコ代表監督を招へい? 関心示すと現地で噂が急浮上

東京オリンピックに臨んでいるU-24メキシコ代表。ベスト4に進出しメダルが懸かる戦いを控える中、驚きの情報をメキシコ『レコルド』が報じた。 『レコルド』によると、U-24メキシコ代表を率いている、ハイメ・ロサーノ監督に対して、日本サッカー協会(JFA)が代表監督就任を検討しているというものだ。 日本では、現在A代表と東京オリンピックに臨んでいるU-24日本代表に関しては森保一監督が兼任している。2018年のロシア・ワールドカップ後に西野朗前監督から引き継ぐ形で監督に就任した森保監督は、元々東京オリンピック世代を率いていたこともあり兼任に。その結果、A代表との1チーム2カテゴリーで強化を進め、東京オリンピックではベスト4に駒を進めた。 U-24日本代表は、金メダルを目指して準決勝でU-24スペイン代表と対戦。勝っても負けても、残り2試合でその活動が終了する。 一方でA代表は9月からカタール・ワールドカップ アジア最終予選がスタート。来年12月の本大会の出場権確保を目指す。 そんな中で突如浮上した噂。具体的な動きはないものの、JFAがロサーノ監督を森保監督の後任に検討しているという。 U-24メキシコ代表は日本とグループステージで同居。試合は2-1で日本が勝利したが、グループステージでは一番苦しめられた相手。準々決勝ではU-24韓国代表に対して6-3で勝利するなど、メダル候補の1つだ。 『レコルド』によるとロサーノ監督を候補としている理由はメキシコと日本の選手がスピードと強さではなく、フィジカル的に似ており、体格なども似ているからだとしている。 ロサーノ監督は、現役時代はメキシコ国内でプレーしプーマスやティグレス、クルス・アスルなど名門でプレー。引退後はプーマスやケレタロのU-20チームを率いた後、ケレタロのファーストチームの監督に就任。2019年1月からU-24メキシコ代表を率いている。 あくまでも現地で浮上した噂であり、A代表なのか、パリ・オリンピックを目指す世代の代表なのか、また時期など詳細も何もない状況。しかし、東京オリンピックで見せている手腕が高いことは実証済みなだけに、興味を持つ可能性がないとは言えないだろう。 2021.08.03 11:08 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly