パルマ、ゼニトからMFエルナニを買い取り義務付きのレンタルで獲得2019.07.13 04:20 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パルマは12日、ゼニトからブラジル人MFエルナニ(25)買い取り義務付きのレンタル移籍で獲得した。ブラジルのアトレティコ・パラナエンセ出身のエルナニは、2017年1月に5年契約でゼニトに加入。188cmという恵まれた体格と屈強なフィジカルを生かした守備を特長とするボランチは、今シーズンのロシア・プレミアリーグで14試合に出場し1ゴール2アシストを記録した。

なお、『フットボール・イタリア』によれば、パルマはシーズン終了後に移籍金600万ユーロ(約7億3000万円)をゼニトに支払うとようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

パルマがアタランタからFWコーネリウスら2選手獲得!

パルマは18日、アタランタからデンマーク代表FWアンドレアス・コーネリウス(26)、U-21スウェーデン代表MFデヤン・クルゼフスキ(19)の2選手を獲得したことを発表した。 母国の名門コペンハーゲンでプロデビューを飾った193cmのセンターフォワードであるコーネリウスは、2017年にアタランタに加入。加入初年度は公式戦31試合に出場し6ゴールを記録も、昨シーズンはボルドーにレンタル移籍していた。 なお、コーネリウスは買い取り義務付きの2年間のレンタル移籍でパルマに加入する。 一方、スウェーデンのストックホルム出身のクルゼフスキは、2016年にアタランタの下部組織に加入。今年1月のフロジノーネ戦でセリエAデビューを飾り、同シーズンに4試合出場している。ただ、攻撃センスに長けたセントラルMFは、昨季のプリマヴェーラで17試合8ゴール10アシストの数字を残し、優勝の立役者となっていた。 なお、クルゼフスキは買い取りオプションが付かない1年間のレンタル移籍での加入となる。 2019.07.18 20:04 Thu
twitterfacebook
thumb

パルマ、買い取り義務付きレンタルでインテルFWカラモーを獲得

パルマは17日、インテルのU-21フランス代表FWヤン・カラモー(21)を買い取り義務付きのレンタルで獲得したことを発表した。買い取る際の移籍金は1300万ユーロ(約15億7000万円)とのことだ。 カラモーはカーンの下部組織出身のウイングを本職とするアタッカー。2016-17シーズンにトップチームへ昇格し、2017-18シーズンから買い取り義務付きでインテルへレンタル移籍。2018-19シーズンはレンタルでボルドーに加入しリーグ戦22試合で3得点という成績を残していた。 世代別フランス代表の常連で19歳にしてインテルと契約を結んだ俊英はパルマでさらなる飛躍を目指す。 なお、パルマは既にカラモーと2023年6月30日までの4年契約を結んでいるとのことだ。 2019.07.17 23:41 Wed
twitterfacebook
thumb

パルマがベテランDFバリッラと2022年まで契約延長

パルマは12日、イタリア人MFアントニーノ・バリッラ(31)と2022年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 U-21イタリア代表への招集歴を持つバリッラは、レッジーナの下部組織出身で2005年にトップチームへ昇格。レッジーナでは在籍8シーズンで公式戦189試合で13ゴール12アシストをマーク。その後、トラーパニでのプレーを経て、2017年の夏にパルマに加入。 パルマでは、これまで在籍2シーズンで公式戦56試合に出場し7ゴール3アシストを記録。今シーズンはセリエAで31試合に出場し3ゴール2アシストをマークしていた。 2019.07.13 02:15 Sat
twitterfacebook
thumb

パルマ、ナポリから2選手買い取り

パルマは10日、ナポリからイタリア人MFアルベルト・グラッシ(24)と、同GKルイージ・セペ(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。両選手とも契約は2024年6月30日までとなる。 昨シーズンはナポリからパルマにレンタルしていたグラッシとセペ。2016年にアタランタからナポリに移籍したグラッシは2シーズン連続でアタランタとSPALにレンタルされ、昨季もパルマへ。しかし、2度の大ケガでシーズンの大半を棒に振り、出場したのはわずか7試合だった。 一方、ナポリの下部組織出身のセペは2009年1月にトップチームデビューを果たすも、その後は毎シーズンのようにレンタルに出されていた。パルマでの昨シーズンはリーグ戦37試合に出場し守護神の座を確保。完全移籍で更なる活躍を誓った。 なお、ここまでパルマはフィオレンティーナのフランス人DFヴァンサン・ローリーニや、ラツィオのMFマッティア・スプロカティらの獲得に成功している。また、先日にはセリエCからセリエA昇格に導いたロベルト・ダヴェルサ監督との契約延長も発表している。 2019.07.10 22:01 Wed
twitterfacebook
thumb

パルマ、ダヴェルサ監督と2022年まで契約延長! セリエCからの連続昇格に昨季は余裕の残留に導く

パルマは8日、ロベルト・ダヴェルサ監督(43)との契約を2022年6月30日まで延長したことを発表した。 2014年に古巣ヴィルトゥス・ランチャーノで指導者キャリアをスタートしたダヴェルサ監督は、2016年12月に当時セリエCに所属していたパルマの新指揮官に就任。2016-17シーズンにセリエB昇格プレーオフを制してセリエB昇格に導くと、就任2年目には再びセリエA昇格プレーオフを制して2シーズン連続の昇格に導き、悲願のセリエA復帰の立役者となった。 また、昨シーズンは序盤戦に快進撃をみせ、シーズン後半戦は失速したものの勝ち点41の14位フィニッシュに導き余裕のセリエA残留を果たしていた。 2019.07.09 13:45 Tue
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース