ユベントス、総額38億円でアルゼンチン人DFロメロを獲得! 新シーズンはジェノアへレンタル2019.07.13 03:50 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスは12日、ジェノアからアルゼンチン人DFクリスティアン・ロメロ(21)を完全移籍で獲得した。クラブの発表によれば、ユベントスは移籍金2600万ユーロ(約31億6000万円)+最大530万ユーロ(約6億4000万円)のボーナスを3年間の分割払いで支払うようだ。なお、ロメロとの契約期間は2024年6月30日までとなるが、2019-20シーズンはジェノアへレンタルされることが併せて発表された。

アルゼンチンのベルグラーノから2018年7月にジェノアに加入したロメロは2018-19シーズン、セリエAで27試合に出場し2ゴールを挙げていた。世代別のアルゼンチン代表ではU-20まで選出されてきた経歴を持っている。
コメント
関連ニュース
thumb

トレゼゲが飲酒運転で免許剥奪と罰金

ユベントスのクラブ大使を務めるダビド・トレゼゲ氏(41)が飲酒運転の末、免許剥奪と罰金を科されたようだ。『フットボール・イタリア』が報じている。 トレゼゲ氏は自車のジープを運転中、トリノ警察に検問を迫られたところ、1時間にわたって呼気検査を拒んだとのことだ。それでも最終的には検査に応じ、その結果飲酒運転が認められ、免許剥奪と罰金の処分を受けたようだ。 現役時代にストライカーとしてモナコやユベントス、フランス代表で活躍したトレゼゲ氏は、キャリア通算294ゴールをマーク。ユベントスでは10年間で171ゴールを挙げ、外国人選手における最多得点者となっている。また、フランス代表では自国開催の1998年ワールドカップと、ユーロ2000で優勝メンバーの一員となっていた。 2019.07.18 22:38 Thu
twitterfacebook
thumb

ユベントス、デ・リフト獲得を公式発表! 移籍金総額は103億円!

ユベントスは18日、アヤックスからオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの5年となる。 ユベントスはデ・リフトの獲得費用に関して、7500万ユーロ(約90億7000万円)を5年の分割でアヤックスに支払うと発表。さらに、追加費用として1050万ユーロ(約12億7000万円)を支払うことを併せて伝えており、移籍金の総額は8550万ユーロ(約103億5000万円)となる見込みだ。 なお、この追加費用に関してはデ・リフトの代理人を務めるミーノ・ライオラ氏がコミッションとして受け取るようだ。 また、複数のイタリアメディアが伝えるところによれば、デ・リフトは1シーズンあたり750万ユーロ+ボーナス450万ユーロの最大1200万ユーロ(約14億5000万円)の給与を受け取ることになるようだ。 オランダ屈指の名門アヤックスの下部組織で育ったデ・リフトは、2016年11月にトップチームデビュー。2017-18シーズンにセンターバックのレギュラーポジションを掴むと、2018-19シーズンにはクラブ史上最年少となる19歳でキャプテンに就任。同シーズンはエールディビジとKNVBベーカーの国内2冠に加え、チャンピオンズリーグ(CL)でベスト4進出を果たした若きチームを攻守両面でけん引した。アヤックスでは在籍3年間で公式戦117試合に出場し13ゴールの数字を残した。 また、2017年3月のロシア・ワールドカップ欧州予選のブルガリア代表でデビューを果たしたオランダのフル代表では、すでに17キャップを刻んでいる。 強靭なフィジカルと抜群の判断力、テクニックを武器に、近未来の世界最高のセンターバックと評される同選手にはバルセロナやマンチェスター・ユナイテッド、パリ・サンジェルマン(PSG)、バイエルン、リバプールなどのメガクラブが争奪戦を繰り広げてきたが、その新天地はセリエAの盟主となった。 なお、ユベントスの発表によると、デ・リフトはユベントスにとって5人目のオランダ人プレーヤーとなる。同選手以前にはGKエドウィン・ファン・デル・サール、MFエドガー・ダーヴィッツ、FWエルイェロ・エリア、DFワシム・ブーイの4選手が在籍している。 2019.07.18 16:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ユベントス、リヨンから逸材MFを獲得!

ユベントスがリヨンからフランス人MFハムザ・ラフィア(20)を完全移籍で獲得した。リヨンが16日に同選手の移籍を認めた。 リヨンが伝えるところによれば、ラフィアはリヨンとプロ契約を締結した後に40万ユーロ(約4850万円)でユベントスに移籍することになる。さらに、リヨンは最大500万ユーロ(約6億円)のボーナスに加え、今後の移籍時に20パーセントのインセンティブを受け取る契約になっている。 チュニジア生まれのラフィアは、リヨンの下部組織で育った攻撃的MF。トップチームデビューこそ果たせなかったものの、相手の逆を突く巧みなドリブルと高精度の右足を生かしたパスセンスに優れたプレーメーカーとして高い評価を集めてきた。 昨シーズンはUEFAユースリーグで7試合に出場し3ゴール4アシストを記録。また、フランスのU-17、U-18チームでプレーした経験もある。 なお、ユベントスではセリエCに所属するU-23チームでプレーすることになる。 2019.07.17 14:14 Wed
twitterfacebook
thumb

コナミがユベントスと長期パートナーシップを独占契約! 9月発売のウイイレ2020には本拠地やレジェンド選手が搭載予定

株式会社コナミデジタルエンタテインメントは、イタリアの名門サッカークラブ「ユベントスFC」と長期パートナーシップを締結したことを発表した。このパートナーシップは独占契約となる。 「ビアンコネロ(イタリア語で白と黒の意味)」の愛称で親しまれるユベントスは、セリエAで通算35度の優勝を誇っており、2018-19シーズンは欧州5大リーグで史上初となる8連覇を達成している。 <div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190717_17_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div> また「eFootball ウイニングイレブン」シリーズのmyClubレジェンドであり、欧州年間最優秀選手にも輝いたパベル・ネドヴェドや、中盤で攻守を司ったパトリック・ヴィエラがかつて活躍していたクラブでもある。 <div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190717_17_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 9月12日発売予定の家庭用ゲーム『eFootball ウイニングイレブン 2020(以下、ウイニングイレブン 2020)』では、ピッチからスタンドとの距離が非常に近く、臨場感のある試合を味わえるユベントスFCのホームスタジアム「アリアンツ・スタジアム」が細部に至るまで美麗に再現されるほか、高精度3Dスキャンで撮影された計17名の選手がリアルフェイスで搭載される。 <div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190717_17_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> さらに、FKの名手で、精度の高いキックで攻撃のタクトを振るうプレーメイカー、ミラレム・ピャニッチがアンバサダーに就任。公開中のユベントスFCのトレーラーにもミラレム・ピャニッチをはじめ、クリスティアーノ・ロナウド、パウロ・ディバラ、レオナルド・ボヌッチ、フェデリコ・ベルナルデスキなどユベントスFCで活躍する選手が多数登場する。 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/rlho7itOuzc" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> 2019.07.17 13:50 Wed
twitterfacebook
thumb

インシーニェが主張! サッリのユーベ就任は「裏切りだ」

ナポリのイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェ(28)が、かつての恩師であるマウリツィオ・サッリ監督のユベントス就任について口を開いた。『フットボール・イタリア』が伝えている。 2015-16シーズンから2017-18シーズンまでナポリを指揮したサッリ監督は、チェルシーでの1年間の指揮を経て、イタリア復帰。しかし、そのクラブはナポリが覇権を争い、現在、8シーズン連続で頂点に立つ“絶対王者”ユベントスだった。 以前、サッリ監督のライバルクラブへの就任について、ナポリのブラジル代表MFアランは「特に何も思わないよ。彼の決断だ。僕らはそれを尊重しなければならない。僕らはナポリであり、今や彼は敵だ。僕らは彼を倒そうとするだけだよ」とコメントしていたが、インシーニェは「裏切り」だと見なしているようだ。 「何度も言うけど、僕らナポリの人間にとって、それは裏切りだ。今、僕らは自分自身に集中しなくてはならない。そして、彼(ユベントス)を倒さなくてはいけないね」 「スクデットは僕ら全員の夢なんだ。もう一度、チャレンジするよ」 2019.07.17 10:50 Wed
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース