柴崎岳、公式SNS開設…真野恵里菜との2ショット公開2019.07.12 07:50 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヘタフェに所属する日本代表MF柴崎岳が11日、『インスタグラム(official_gaku)』と『ツイッター(@GakuShibasaki_)』の公式アカウントを開設した。柴崎は2017年1月に鹿島アントラーズから海外挑戦。テネリフェを経て、2017-18シーズンからヘタフェに加わった。だが、昨シーズンは公式戦9試合に出場したのみ。今夏移籍の見方が浮上している。

記念すべき初投稿は、いずれも先日に挙式を行ったという女優として活躍する妻の真野恵里菜さんとのツーショット写真。2人は昨年7月16日、同月に結婚したことを発表した。

柴崎はツイッターを通じて、「いつも応援してくださる皆様へ。先日、妻と挙式を行いました。自分が思った以上に素晴らしい式となり、やってよかったと思いました。これからもよろしくお願い致します。柴崎岳」と綴っている。

◆インスタグラム
◆ツイッター

コメント
関連ニュース
thumb

柴崎岳がデポルティボ移籍 4年契約締結

デポルティボは14日、ヘタフェに所属する日本代表MF柴崎岳(27)の完全移籍加入を正式発表した。契約期間は4年となる。 日本代表の主力に定着する柴崎は、2017年1月に鹿島アントラーズからテネリフェに加入後、2017-18シーズンからヘタフェでプレー。初年度こそ公式戦23試合の出場数を記録したが、2018-19シーズンは序列が下がり、公式戦9試合の出番にとどまった。 そうした状況もあり、柴崎を巡っては今年1月にも移籍の可能性が取り沙汰され、その当時からデポルティボの関心が浮上。最終的に実現しなかったが、今夏の移籍市場でもデポルティボが再び獲得に乗り出していることが指摘されている状況だった。 1度のリーガエスパニューラ優勝歴を持つデポルティボは、2017-18シーズンに2部降格。昨シーズンは1部昇格プレーオフまで勝ち上がったが、決勝でマジョルカに2戦合計スコアで敗れ、1部復帰を逃している。 なお、スペイン『マルカ』が報じたところによれば、デポルティボはヘタフェと2年契約を残していた柴崎の移籍金として200万ユーロ(約2億4000万円)程度を支払うものとみられる。 2019.07.14 19:55 Sun
twitterfacebook
thumb

柴崎岳、デポルティボ移籍の可能性が再び

ヘタフェに所属する日本代表MF柴崎岳(27)に対して、デポルティボ移籍の可能性が再浮上した。スペイン『アス』が取り上げた。 2018-19シーズンの柴崎は、日本代表の主力として存在感を示したが、所属先のヘタフェで信頼を掴み取れず、公式戦9試合に出場したのみ。そのヘタフェと2年契約を残しているが、今夏移籍の見方が強まっている状況だ。 その柴崎を巡って、デポルティボが今年1月に続き、今夏も獲得に乗り出しており、両者の協議はかなり進展。リーガエスパニューラ1部や、国外のクラブも関心を抱いているが、デポルティボは手応えを掴んでいるという。 1度のスペイン1部優勝歴を持つデポルティボは、2017-18シーズンに2部降格。昨シーズンは1部昇格プレーオフまで勝ち上がったが、決勝でマジョルカに2戦合計スコアで敗れ、1部復帰を逃した。 先のコパ・アメリカ2019で東京五輪世代中心のチームのなかで、司令塔として出色の存在感を解き放った柴崎。今夏の動向から目が離せない。 2019.07.11 08:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ヘタフェ、ウエスカからベテランFWギャレゴを獲得

ヘタフェは8日、ウエスカからスペイン人FWエンリク・ギャレゴ(32)を完全移籍で獲得した。契約期間は2022年6月30日までとなる。 コルネジャやエストレマドゥーラなどのスペイン下部リーグでプレーしてきたギャレゴは、2019年の1月に2年半契約でウエスカに加入。ウエスカではリーグ戦19試合に出場し5ゴール1アシストを記録していた。 なお、公式では移籍金を発表していないが、スペイン『マルカ』は600万ユーロ(約7億3000万円)と伝えている。 2019.07.09 03:51 Tue
twitterfacebook
thumb

柴崎岳のメキシコ移籍は破談か TV番組にて監督が獲得を否定

ヘタフェの日本代表MF柴崎岳(27)のメキシコ移籍の可能性はなくなったようだ。『dale pumas』がメキシコのTV番組を引用して伝えている。 先日、柴崎に対して、メキシコのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルが数カ月前から獲得に興味を持っていることが伝えられていた。しかし、ミチェル・ゴンザレス監督が今月1日にメキシコのTV番組に出演し、柴崎の獲得を否定した。 ゴンザレス監督によると、チームの選手保有数が埋まっており、柴崎との交渉も破談に終わるという。同監督は「今の選手構成に満足をしているし、今後も必要とあれば補強に動ける態勢にある」と話した。 しかし、「今の在籍選手が去らなければ近々の大きな補強はないだろう。現体制でチャンピオンを狙う十分なチームを持っている」と語り、直近での柴崎ら即戦力選手の補強について否定している。 所属先のヘタフェではホセ・ボルダラス監督の構想から完全に外れ、昨シーズンはリーグ戦でわずか7試合の出場にとどまっている柴崎。日本代表では「心臓」ともいえる重要な存在なだけに、来季も同選手がこれまで同様ベンチを温め続ける様だと代表チームにとって大きな痛手となり得るが果たして… 2019.07.02 18:32 Tue
twitterfacebook
thumb

EL参戦のヘタフェに攻守の新戦力が加入!

ヘタフェは1日、スペイン人DFラウール・ガルシア・カルネロ(30)の加入を発表した。契約期間は2022年6月30日までの3年となる。 デポルティボ・ラ・コルーニャでプロデビューを飾った左サイドバックのラウール・ガルシア(写真)は、これまでアルメリアやアラベス、レガネスでプレー。そして、今冬にはジローナに半年間の契約で加入し、公式戦12試合に出場していた。 また、ヘタフェは同日、マラガからスコットランド人FWジャック・ハーパー(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの5年となる。 スコットランド人両親の下、マラガで生まれ育ったハーパーはアカデミー時代にレアル・マドリー、イングランドのブライトンに在籍。その後、2017年に故郷のマラガに帰還を果たした185cmの長身ストライカーは、2018年8月にマラガでトップチームデビュー。 2018-19シーズンはセグンダA(スペイン2部)で25試合に出場し4ゴール2アシストの数字を残していた。 2019.07.01 19:44 Mon
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース