アトレティコがベンフィカからフェリックスに続きシャポニッチを獲得!2019.07.12 05:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレティコ・マドリーは11日、ベンフィカに所属するU-21セルビア代表FWイヴァン・シャポニッチ(21)の獲得を発表した。契約期間は2022年6月30日までの3年間となっている。母国の強豪パルチザンの下部組織出身のシャポニッチは身長192㎝の長身FW。2013年11月に16歳でトップチームデビューを飾った有望株だ。2016年1月からベンフィカのリザーブチームであるベンフィカBでプレーし、2017-18シーズンにはベルギーのズルテ・ワレヘムへレンタル。昨シーズンはベンフィカBに復帰してポルトガル2部リーグで28試合6ゴール2アシストを記録した。

なお、U-21セルビア代表には18歳の頃から飛び級で選出。先月に開催されたU-21欧州選手権2019にも出場していた。

アトレティコは今夏、ベンフィカからポルトガル代表FWジョアン・フェリックス(19)を獲得しており、シャポニッチはベンフィカから2人目の新加入選手となった。
コメント
関連ニュース
thumb

アラベス、アトレティコ育ちの若手CBを獲得!

アラベスは19日、昨季限りでアトレティコ・マドリーBを退団したスペイン人DFアルベルト・ロドリゲス(21)の加入を発表した。契約期間は2023年6月30日までの4年となる。 ヘタフェの下部組織を経てアトレティコのカンテラに加入したアルベルト・ロドリゲスは、184cmのセンターバック。2016年にアトレティコ・マドリーBに昇格すると、直近2シーズンでセグンダB(スペイン3部)で通算57試合に出場し3ゴールを記録していた。 2019.07.19 20:33 Fri
twitterfacebook
thumb

ミランがアトレティコの「10」番に関心? 移籍金は約67億円!

ミランが、アトレティコ・マドリーに所属するアルゼンチン代表FWアンヘル・コレア(24)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『gianlucadimarzio.com』が伝えている。 2014年12月に母国サン・ロレンソからアトレティコへ加入したコレア。昨シーズンも右サイドハーフのレギュラーとして公式戦49試合で5ゴール4アシストを記録した。 しかし、スペイン『アス』は先日、コレアがクラブの大型補強による出場機会の減少を危惧し、退団を希望していると報道。そのコレアに対して、アトレティコは5500万ユーロ(約66億6000万円)のプライスタグを付けたようだ。 そのコレアを狙うミランは、選手売却での資金調達を検討。イタリア代表FWパトリック・クトローネ(21)と、ポルトガル代表FWアンドレ・シウバ(23)の現金化を企てているという。 クトローネに対しては現在、ウォルバーハンプトンが関心。アンドレ・シウバを巡っては、モナコ移籍が取り沙汰されている。 良好な関係を築く敏腕代理人のジョルジュ・メンデス氏の力を借りて、上記計画を進めたいと考えているとみられるミランだが、うまくいくのだろうか。 2019.07.19 19:33 Fri
twitterfacebook
thumb

ハメス、21日までにナポリ移籍が決まらなければアトレティコ行きか

レアル・マドリーのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(28)について、21日までにナポリ移籍が決まらない場合、新天地にアトレティコ・マドリーを選ぶのではないかとイタリア『トゥットナポリ』が伝えている。 ハメスの移籍問題においては早くから恩師カルロ・アンチェロッティ監督率いるナポリが有力視されてきたが、移籍金の面で交渉が難航。話し合いが長期化しているうちにアトレティコも本格的に獲得に乗り出し、獲得交渉は一騎打ちの様相を呈していた。 保有元のマドリーは本来であればライバルのアトレティコには売りたくないようだが、マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバ(26)を獲得する為に資金調達を急ぐ動きを見せている。そのため、ナポリに対して21日までに移籍金を払う意思がなければ交渉を打ち切る姿勢を伝えているという。 また、ハメスはアトレティコのディエゴ・シメオネ監督に対して興味を持っており、ナポリ移籍が破談となった場合、同クラブへの移籍となる見通しだと伝えている。 二転三転の様相を見せてきたハメス移籍騒動だがここにきて決着を迎えるのか。今後数日の動きに注目が集まる。 2019.07.19 13:50 Fri
twitterfacebook
thumb

パルマ、アトレティコのU-20ウルグアイ代表MFスキアッパカッセのレンタルを延長

パルマは18日、アトレティコ・マドリーのU-20ウルグアイ代表MFニコラス・スキアッパカッセ(20)のレンタル延長を発表した。期間は2020年6月30日までとなっている。 2016年にアトレティコ・マドリーの下部組織に入団したアタッカーのスキアッパカッセは、2019年1月にパルマにレンタル移籍。パルマではセリエAで3試合に出場した。世代別の代表ではU-20ウルグアイ代表に選出されており、これまで47試合に出場して21ゴールを挙げている。今年5月に行われていたU-20ワールドカップでは全4試合に出場し、1ゴール1アシストを記録していた。 2019.07.19 02:23 Fri
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、エスパニョールからエルモソ獲得! 移籍金総額は35億円!

アトレティコ・マドリーは18日、エスパニョールからスペイン代表DFマリオ・エルモソ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの5年となる。 なお、エスパニョールの発表によると、移籍金は2500万ユーロとなり、選手のパフォーマンス、クラブの戦績次第で最大400万ユーロのボーナスが支払われるため、移籍金の総額は最大2900万ユーロ(約35億円)となる。 さらに、エスパニョールはアトレティコがエルモソを他クラブに売却した際、移籍金の20パーセントを受け取ることができる。そのため、エスパニョールが最終的に受け取る金額は4000万ユーロ(約48億4000万円)に設定されていた契約解除金と大きくは変わらないものとなった。 レアル・マドリーの下部組織出身のエリートDFは、昨季加入したエスパニョールで出場機会を得ると、今季に入って完全にブレイク。184cmとサイズには恵まれていないが、守備センスの高さと左サイドバックでもプレー可能なアジリティを武器に総合力の高い守備を披露。 また、高精度の左足を生かしたビルドアップ能力、フィードが評価されて昨年11月にスペイン代表デビューを飾ると、ここまで3試合に出場している。 なお、新シーズンに向けて最終ラインの刷新が行われているアトレティコ。すでにポルトからブラジル代表DFフェリペ、アトレチコ・パラナエンセからブラジル人DFレナン・ロディ、トッテナムからイングランド代表DFキーラン・トリッピアーの3選手をすでに確保していた。 2019.07.18 21:00 Thu
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース