ビジャレアルの右SBミゲルが2部降格のウエスカにレンタル移籍2019.07.12 03:42 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ビジャレアルは11日、スペイン人DFミゲロン(23)がリーガエスパニョーラ2部に降格したウエスカへ1年間のレンタルで移籍することを発表した。2006年からビジャレアルの下部組織でプレーする右サイドバックのミゲロンは、2015年12月にトップチームデビュー。2018-19シーズンに出場機会を増やし、リーガエスパニョーラで8試合、ヨーロッパリーグで5試合、コパ・デル・レイで3試合に出場していたが、シーズン後半は負傷により欠場が続いていた。
コメント
関連ニュース
thumb

ヒホンMFモイ・ゴメスがビジャレアルに復帰

ビジャレアルは18日、スポルティング・ヒホンのスペイン人MFモイ・ゴメス(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ビジャレアルのカンテラ出身であるセントラルMFのモイ・ゴメスは、2011年にトップチームデビュー。ビジャレアルでは公式戦94試合に出場し、7ゴールを記録していた。その後、ヘタフェにレンタル移籍後、2016年夏にスポルティング・ヒホンに完全移籍。そして2018年1月からウエスカにレンタル移籍し、ウエスカのリーガエスパニョーラ1部昇格に貢献していた。2018-19シーズンはウエスカでリーグ戦36試合に出場して2ゴール9アシストと活躍したが、チームは19位に終わり降格していた。 ビジャレアルは今夏、ナポリからDFラウール・アルビオル、リバプールからDFアルベルト・モレーノらを獲得している。 2019.07.18 23:39 Thu
twitterfacebook
thumb

マルセイユ、ビジャレアルDF加入迫る! 今夏最初の新戦力補強に

マルセイユがビジャレアルのスペイン人DFアルバロ・ゴンサレス(29)を獲得することが決定的となった。フランス『レキップ』は17日、同選手が18日に正式加入する見込みであると伝えた。 昨シーズン、ヨーロッパのコンペティション出場圏外の5位フィニッシュとなったマルセイユは、今夏の緊縮財政を強いられている。 その中でアンドレ・ビラス=ボアス新監督を招へいしたクラブは、今夏最初の補強選手としてビジャレアルの主力センターバックの獲得に漕ぎ着けたようだ。 『レキップ』が伝えるところによれば、マルセイユとビジャレアルはアルバロ・ゴンサレスの移籍に関して買い取り義務付きのレンタル移籍という条件で合意に至ったようだ。 一方、フランス『RMC sport』はマルセイユとアルバロ・ゴンサレスが4年契約ですでに個人間での合意に至っていると主張しており、移籍金に関しては850万ユーロ(約10億3000万円)をビジャレアル側が要求していると伝えている。 ラシン・サンタンデールでプロキャリアをスタートしたアルバロ・ゴンサレスは、サラゴサ、エスパニョールを経て2016年にビジャレアルに加入した。同クラブではセンターバックのレギュラーとして在籍3年間で公式戦111試合に出場。昨シーズンも公式戦41試合に出場し1ゴールを挙げていた。 2019.07.18 14:20 Thu
twitterfacebook
thumb

ベティス、ビジャレアルから左のスペシャリストDFペドラサをレンタルで獲得

ベティスは16日、ビジャレアルからスペイン人DFアルフォンソ・ペドラサ(23)をレンタル移籍で獲得した。契約期間は1年間で、買い取りオプションが付随している。 ビジャレアルの下部組織出身のペドラサは、184cmの恵まれた体躯と爆発的なスピード、攻撃センスに優れたレフティ。2015年4月にトップチームデビューを飾ると、その後は、ルーゴやリーズ・ユナイテッド、アラベスへ武者修行に。 ビジャレアルへ復帰した昨シーズンは、本職の左ウイング以外にもDFジャウメ・コスタ不在時に左サイドバックを務めるなど、左サイドのスペシャリストぶりを発揮。公式戦45試合に出場し4ゴール5アシストをマークした。 また、代表キャリアでは19歳の頃からは飛び級でU-21スペイン代表に招集され、これまで14キャップを記録。先月に開催されたU-21欧州選手権2019にも出場していた。 なお、ベティスで左サイドバックを務めるU-21スペイン代表DFジュニオール・フィルポ(22)には、スペイン代表DFジョルディ・アルバの後継者を探すバルセロナが獲得に動いており、今回の発表で今夏のバルセロナ行きが濃厚となった。 2019.07.17 03:54 Wed
twitterfacebook
thumb

バレンシア、チェリシェフの獲得を正式発表! 3年契約を締結

バレンシアは12日、ビジャレアルからロシア代表MFデニス・チェリシェフ(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日の3年間で、契約解除金は8000万ユーロ(約97億円)に設定されている。 レアル・マドリーの下部組織出身のチェリシェフは2016年夏にビジャレアルに移籍。加入1年目はケガでリーグ戦出場は11試合にとどまったものの、2年目となった昨季はリーグ戦24試合に出場し2ゴール2アシストを記録。その活躍からロシア代表として出場したロシア・ワールドカップ(W杯)では、初戦の2ゴールを含む5試合4ゴールでロシアの攻撃を牽引。大会前の下馬評を覆し、スペイン代表を破るなどベスト8進出に貢献した。 2016年2月から半年間バレンシアにレンタル移籍した経歴を持つチェリシェフ。二度目のレンタル加入となった今シーズンは公式戦41試合の出場で4ゴール5アシストを記録。クラブの上位進出に大きく貢献した。 2019.07.12 22:30 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプール退団のアルベルト・モレーノがビジャレアル加入!

ビジャレアルは9日、リバプールを退団した元スペイン代表DFアルベルト・モレーノ(27)の獲得を発表した。契約期間は2024年6月30日までの5年間となっている。 2014年夏に1800万ユーロでセビージャからリバプールに加入したモレーノ。移籍後2シーズンは主力の左サイドバックとしてプレーしたが、ユルゲン・クロップ監督の就任と、スコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンの加入に伴い、大幅に出場機会を失っていった。2018-19シーズンは5試合の出場に留まり、6月4日にリバプール退団が発表されていた。 そのモレーノはセビージャやアーセナル行きも噂されていたが、ビジャレアル加入となった。ビジャレアルは新シーズンに向けて、ナポリから元スペイン代表DFラウール・アルビオルを、エイバルから右サイドバックをこなすスペイン人MFルベン・ペーニャを補強。バックラインに新戦力を獲得している。 2019.07.10 01:42 Wed
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース