ソシエダFWバウティスタ、豊川所属のオイペンにレンタルで加入2019.07.12 02:37 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・ソシエダは11日、スペイン人FWジョン・バウティスタ(24)が1年間のレンタルでベルギーのオイペンに移籍することを発表した。ソシエダの下部組織出身で、2014年8月にトップチームデビューを飾ったストライカーのバウティスタは、ソシエダでこれまで公式戦56試合に出場し、7ゴール1アシストを記録。2018-19シーズンはリーガエスパニョーラ18試合に出場して1ゴールを決めていた。

日本人FW豊川雄太の所属するオイペンは昨季、12位でフィニッシュ。シーズン9ゴールを挙げてチーム内得点王となった豊川にとってはエースの座を争う存在になるかもしれない。
コメント
関連ニュース
thumb

ソシエダ、グリーズマンのバルサ移籍で大金ゲット!

先日発表されたフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンのバルセロナ移籍に関して、大金をゲットしたようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 今夏でのアトレティコ・マドリー退団の意思を表明していたグリーズマン。バルセロナ移籍に関する情報が連日のように報道されていたが、12日にようやく公式発表された。バルセロナによれば、アトレティコとの契約解除金1億2000万ユーロ(約146億4000万円)を支払ったとのこと。 そして、この移籍でグリーズマンの古巣であるソシエダが大きな利益を得たようだ。2014年にソシエダからアトレティコに移籍した際に、両クラブはグリーズマンがアトレティコから移籍する場合、その移籍金の20%を譲渡する契約を結んでいた模様。今回それが適用され1億2000万ユーロを20%、2400万ユーロ(約29憶2300万円)をソシエダは無条件で手にすることになったようだ。 ソシエダは今夏、MFクリスティアン・ポルトゥ(28)、FWアレクサンダー・イサク、DFモディボ・サニャン、そしてローンでMFマルティン・ウーデゴールを獲得しているが、それらの移籍金総額は2150万ユーロ(約26億1800万円)となっており、グリーズマン移籍の臨時収入だけでカバーできたようだ。 この解除金を巡ってバルセロナとアトレティコは現在いがみ合っているようだが、もしかするとソシエダが貰える額がもう少し増えるかもしれない。 2019.07.13 15:53 Sat
twitterfacebook
thumb

ウーデゴール、ソシエダを選んだ理由とは 「ほかにも選択肢はあったが…」

レアル・ソシエダにレンタル移籍したノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール(20)がその経緯を明かした。スペイン『マルカ』が伝えている。 弱冠15歳でノルウェー代表デビューの“神童”として、いち躍脚光を浴び、2015年にレアル・マドリー入りしたウーデゴール。そのレアル・マドリーで才能を示すチャンスを掴めず、レンタル生活が続いているが、レンタル生活3年目の昨シーズンはフィテッセで公式戦39試合11ゴール12アシストの成績を収め、複数クラブの関心が囁かれるなか、5日にソシエダでのさらなる武者修行が決まった。新たな活躍先として同クラブを選択した理由をクラブ公式サイトで次のように説明している。 「ほかにも選択肢があったのは事実だ。だけど、ソシエダは若手選手を信頼してくれるクラブだから、僕にとってパーフェクトだったんだ」 「僕の決断をレアル・マドリーも後押ししてくれた。そういうわけで、僕自身のキャリアのためにここで2年間プレーする計画を立てたのさ」 2019.07.09 17:10 Tue
twitterfacebook
thumb

マドリーの“神童”ウーデゴールがソシエダへレンタル移籍で合意

レアル・ソシエダは5日、レアル・マドリーのノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール(20)がレンタル移籍で加入することで合意したことを発表した。 ウーデゴールは、2015年1月に鳴り物入りでマドリーへと入団。しかし、トップチームでは目立った活躍ができず、2017年1月から2018年6月はヘーレンフェーンへ、2018年8月からはフィテッセへとレンタル移籍していた。 エールディビジでは2シーズン半プレーし、69試合に出場し10ゴール15アシストを記録。2018-19シーズンは31試合に出場し8ゴール11アシストと結果を残していた。 なお、正式な契約の発表は7日に行われるとのことだ。 2019.07.05 23:31 Fri
twitterfacebook
thumb

マドリー、レンタル移籍前にウーデゴールと契約延長へ

レアル・マドリーのノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール(20)がマドリーと契約を延長するようだ。スペイン『アス』が報じた。 2015年1月に鳴り物入りでマドリーへと入団したウーデゴール。しかし、トップチームでは目立った活躍ができず、2017年1月から2018年6月はヘーレンフェーンへ、2018年8月からはフィテッセへとレンタル移籍していた。 エールディビジでは2シーズン半プレーし、69試合に出場し10ゴール15アシストを記録。2018-19シーズンは31試合に出場し8ゴール11アシストと結果を残していた。 しかし、新シーズンもマドリーの構想には入っておらず、レンタル移籍することが濃厚。しかし、マドリーとの契約は2019年6月30日までとなっており、マドリーとしてはレンタルに出す前に契約を更新するようだ。 レンタル先の有力候補は、レアル・ソシエダかレバークーゼンと見られており、興味を持っていたアヤックスは2000万ユーロ(約24億4700万円)のオファーを出すも撤退した様子。ソシエダには買い取りオプション無しの2年ローンの可能性が報じられているが、マドリーはレバークーゼン行きを支持しているとも言われている。 何れにしてもマドリーに残ることはないと見られるウーデゴール。かつて”ノルウェーの神童”と呼ばれた男はどうなるのだろうか。 2019.06.28 11:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ウーデゴール新天地はソシエダorレバークーゼンの2択か

レアル・ソシエダが、レアル・マドリーに所属するノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール(20)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 かつて"神童"と呼ばれたウーデゴールは、2015年1月に16歳でマドリーと6年契約を締結。しかし、各国のスターが揃うトップチームでは出場機会が得られず、レンタル移籍を繰り返し、今シーズン加入したフィテッセでは公式戦39試合11ゴール12アシストをマークした。 そのウーデゴールは来シーズンも武者修行することが確実となっており、既報によればレバークーゼン加入が迫っていると見られている。しかし、今回伝えられるところによれば、同選手は21日にソシエダを訪問し、交渉を行ったという。 そうしたことからミランも関心を寄せていると報じられたウーデゴールの去就ソシエダかレバークーゼンの2択に絞られたようだ。後者はチャンピオンズリーグ出場権というアドバンテージを持っているが、最終判断は選手当人に委ねる意向とのことだ。 2019.06.23 15:28 Sun
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース