サッスオーロ、ドルトムントからSBトルヤンを買い取りOP付きレンタルで獲得2019.07.12 01:01 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッスオーロは11日、ドルトムントのドイツ人DFジェレミー・トルヤン(24)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。オプションを行使する際にかかる移籍金は800万ユーロ(約9億7000万円)とのことだ。2017年夏にホッフェンハイムからドルトムントに加入した右サイドバックを主戦場に、左サイドバックでもプレー可能なユーティリティプレーヤーのトルヤンは、ドルトムントでの移籍初年度は公式戦27試合に出場したが、2018-19シーズンはルシアン・ファブレ監督の構想外となり、公式戦出場がない状況だった。

そんな中、今年1月に出場機会を求めてセルティックに武者修行し、リーグ戦やヨーロッパリーグなど公式戦14試合に出場していた。
コメント
関連ニュース
thumb

サッスオーロ、インテルから若手CBを買い取りOP付きのレンタルで獲得!

サッスオーロは17日、インテルからグアドループ人DFアンドリュー・グラヴィジョン(21)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 インテルの下部組織出身の188cmのセンターバックであるグラヴィジョンは、トップチームでの出場機会はなく、2017年夏に完全移籍したベネヴェントでセリエAデビュー。その後、2018年1月にペスカーラに完全移籍しセリエBの舞台で活躍をみせると、2019年1月にはインテルが買い戻し、そのままペスカーラにレンタルで放出。昨シーズンは公式戦31試合に出場していた。 なお、『フットボール・イタリア』によれば、サッスオーロが来夏に買い取りオプションを行使する場合、900万ユーロ(約10億9000万円)を支払うことになる。 2019.07.17 22:38 Wed
twitterfacebook
thumb

サッスオーロ、U-20イタリア代表MFフラッテーシをエンポリへレンタル

サッスオーロは15日、U-20イタリア代表MFダヴィデ・フラッテーシ(19)をセリエBのエンポリへレンタル移籍で放出したことを発表した。 ローマの下部組織出身のフラッテーシは、2017年夏にサッスオーロへ移籍すると、同年12月に行われたコッパ・イタリアのアタランタ戦でトップチームデビュー。2018-19シーズンはアスコリへレンタルで加入すると、セリエBで32試合に出場し2アシストを記録した。 また、イタリアの世代別代表チームの常連であるセントラルMFは、FIFA U-20ワールドカップ2019で6試合に出場し2ゴールをマーク。チームの4位躍進に貢献していた。 2019.07.16 04:59 Tue
twitterfacebook
thumb

サッスオーロ、逸材FWスカマッカをアスコリへレンタル

サッスオーロは14日、U-21イタリア代表FWジャンルカ・スカマッカ(20)をセリエBのアスコリへ1年間のレンタルで放出したことを発表した。 ローマの下部組織出身のスカマッカは、ユース時代から将来を嘱望されていたが、トップチームに昇格せず、2015年1月にオランダの名門PSVへ移籍。リザーブチームのヨングPSVで経験を積むと、2017年1月にサッスオーロへ完全移籍。 サッスオーロでは、2018年10月のナポリ戦でセリエAデビューを飾ったが、2018年1月にセリエBのクレモネーゼに武者修行に出されるなど、なかなかリールのトップチームに定着できず。ズウォレへレンタル加入した今シーズンは、エールディビジで8試合の出場に留まっていた。 また、U-21イタリア代表は19歳の頃から飛び級で選出。5月にポーランドで行われたU-20ワールドカップのイタリア代表にも選ばれており、5試合で2ゴールを記録していた。 2019.07.14 23:50 Sun
twitterfacebook
thumb

サッスオーロ、降格エンポリから昨季16発のFWカプートを獲得!

サッスオーロは13日、エンポリからイタリア人FWフランチェスコ・カプート(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約に関する詳細は明かされていない。 キャリアを通じてバーリやヴィルトゥス・エンテッラ、サレルニターナなどセリエBを主戦場にプレーを続けてきた苦労人のストライカーは、2017年に加入したエンポリでリーグ戦26ゴールの大活躍をみせ、同クラブのセリエB優勝と昇格に貢献。 2010-11シーズンのバーリ時代以来のセリエAでのプレーとなった昨シーズンは、クラブが最終節での降格を味わった中、自身は全試合出場で16ゴールを挙げる大活躍を見せた。 180cm前後の標準的な体躯に身体能力に関して特筆すべきストロングポイントは持っていないものの、サンプドリアのイタリア代表FWファビオ・クアリアレッラを髣髴とさせる多彩なゴールパターンに決定力を併せ持つ生粋のイタリア人ストライカーは、セリエA個人残留を果たすことになった。 なお、サッスオーロは前日にもエンポリからU-20コートジボワール代表MFハメド・トラオレ(19)を獲得していた。 2019.07.13 19:20 Sat
twitterfacebook
thumb

サッスオーロ、エンポリからU-20コートジボワール代表MFトラオレを2年レンタルで獲得

サッスオーロは12日、エンポリからU-20コートジボワール代表MFハメド・トラオレ(19)を買い取り義務付きのレンタル移籍で獲得した。レンタル期間は2年間となる。 2015年にエンポリのプリマヴェーラに入団したハメド・トラオレは、2017年10月にトップチームデビューを飾ると、昨シーズンはセリエBで10試合に出場。今季は開幕からコンスタントに出場機会を得ると、セリエAで32試合で2ゴール2アシストを記録していた。 なお、ハメド・トラオレは1月にフィオレンティーナへの完全移籍が発表されていたが、今シーズンの終了後にエンポリのファブリツィオ・コルシ会長からこの取引が成立していなかったことが発表されていた。 2019.07.13 00:33 Sat
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース