昇格組ブレシア、フィンランド代表GKヨロネンを獲得2019.07.12 00:15 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブレシアは11日、コペンハーゲンのフィンランド代表GKイェッセ・ヨロネン(26)を獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの3年間となっている。フルアムでプロデビューを飾ったヨロネンは、2018年夏にデンマークのホーセンスからコペンハーゲンに移籍。2018-19シーズンはデンマークリーグで23試合に、優勝決定プレーオフリーグで8試合に出場し、コペンハーゲンの2季ぶり13度目のリーグ優勝に貢献していた。また、ヨーロッパリーグ予選ではプレーオフでアタランタをPK戦の末に撃破し、本選出場に導いていた。

8シーズンぶりにセリエAへの昇格を決めたブレシアは今夏、クレルモン・フットからフランス人FWフロリアン・エイ(22)らを獲得している。
コメント
関連ニュース
thumb

昇格組ブレシア、リーグ・ドゥで17Gのフランス人FWエイを獲得

8シーズンぶりのセリエA昇格を決めているブレシアは5日、リーグ・ドゥのクレルモン・フットに所属するフランス人FWフロリアン・エイ(22)を獲得したことを発表した。 契約期間は2022年6月30日までの3年間で、移籍金は『フットボール・イタリア』によれば200万ユーロ(約2億4000万円)とのことだ。 オセールの下部組織出身で、2018年夏にクレルモン・フットに移籍したストライカーのエイは2018-19シーズン、リーグ・ドゥで38試合に出場して18ゴールを挙げブレイクした。 世代別代表ではこれまでU-20フランス代表まで選出されてきた経歴を持っている。 2019.07.06 02:51 Sat
twitterfacebook
thumb

PSG、“NEXTピルロ”に約36億円を用意か

パリ・サンジェルマン(PSG)が、ブレシアに所属するイタリア代表MFサンドロ・トナーリ(18)の獲得に興味を示しているようだ。フランス『レキップ』が報じている。 “NEXTピルロ”との呼び声も高いトナーリは、今シーズンのセリエBで34試合に出場し3ゴール7アシストを記録。ビッグクラブが挙って獲得に興味を示している逸材だ。 PSGの新スポーツ・ディレクター(SD)に復任したレオナルド氏はミラン時代から注視しており、2012年夏にペスカーラからイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティを引き抜いたときと同様にイタリアでのパイプを駆使して獲得に動くようだ。 移籍金として3000万ユーロ(約36億6000万円)を用意しているというが、ブレシアのマッシモ・チェッリーノ会長はトナーリを非売品だと放出を固辞。だが、イタリア『カルチョ・メルカート』によれば慰留は難しいと推測している。 2019.06.22 17:07 Sat
twitterfacebook
thumb

本田圭佑、セリエA復帰か…8季ぶりセリエA昇格のブレシアが興味?

元日本代表MF本田圭佑(32)にイタリア復帰の可能性が浮上している。イタリア『Brescia Oggi』が伝えた。 21日に今シーズン限りでのメルボルン・ビクトリー退団を発表した本田。将来については2020年に開催される東京五輪への出場を目標としている他、新天地を海外に絞っていることを明かしていた。 そんな本田に対して、今シーズンのセリエBを制し、8シーズンぶりのセリエA復帰を決めたブレシアが獲得に興味を抱いているという。 名古屋グランパスでデビューし、VVVフェンロ、CSKAモスクワでプレーした本田は、2013年12月から2017年7月までミランで10番を背負ってプレー。その後、パチューカを経て、昨シーズンにメルボルン・Vに加入し、カンボジア代表の実質的指揮官としての二足の草鞋を履きつつも、公式戦23試合8ゴール7アシストの成績を残していた。 2019.05.30 08:10 Thu
twitterfacebook
thumb

セリエA昇格の原動力となったブレシアの“NEXTピルロ”はチームに残留か

セリエA昇格を決めたブレシアのイタリア代表MFサンドロ・トナーリ(18)だが、来シーズンはブレシアに残ってプレーするようだ。イタリア『Tuttomercatoweb』が伝えた。 ブレシアは1日、セリエB第36節でアスコリをホームに迎え、1-0で勝利。このん結果、自動昇格圏内の2位以内を確定させ、2010-11シーズン以来のセリエA復帰を決めていた。 “NEXTピルロ”との呼び声も高いトナーリは、今シーズンのセリエBで32試合に出場し3ゴール7アシストを記録。ビッグクラブがこぞって注視する中、ブレシアに残ることになる模様だ。 トナーリとブレシアの契約は2021年6月までとなるが、現在の契約には2022年6月まで交渉なしで延長できるオプションがあるとのこと。ブレシアもセリエA定着のため、トナーリをチームに残す術を持っていたようだ。 なお、トナーリにはローマやミランの他、リバプールも獲得に興味を示していた。 2019.05.02 21:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ブレシア、8季ぶりのセリエA昇格が決定! 欧州ビッグクラブ関心の“NEXTピルロ”が在籍《セリエB》

ブレシアが、8シーズンぶりにセリエA昇格を決めた。 前節終了時点、セリエBで首位に立っているブレシア(勝ち点63)は1日、同リーグ第36節でアスコリをホームに迎え、MFダニエレ・デッセーナのゴールにより、1-0で勝利。勝ち点3を積み上げたブレシアは、2試合を残した状態で3位・バレルモ(勝ち点59)との勝ち点差を「7」とし、自動昇格圏の2位以内が確定し、2010-11シーズン以来のセリエA昇格が決定した。 なお、現在、同リーグの2位はレッチェ(勝ち点63)ブレシアは残り2試合で、クレモネーゼとベネヴェントと対戦し、セリエB優勝を目指す。 2010-11シーズンにセリエAで19位となり、降格したブレシア。2012-13シーズンには6位となり、昇格プレーオフに進出したが、以降は中位や下位をさまよっていた。欧州ビッグクラブが関心を示す“NEXTピルロ”イタリア代表MFサンドロ・トナーリ(18)が在籍するブレシアだが、セリエAに定着することはできるだろうか。 2019.05.02 14:15 Thu
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース