3連勝の仙台・渡邉晋監督が初受賞! J2は徳島のリカルド・ロドリゲス監督、J3は北九州の小林監督《月間優秀監督賞》2019.07.11 19:05 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
Jリーグは11日、6月度の「月間優秀監督賞」として、J1ではベガルタ仙台の渡邉晋監督、J2では徳島ヴォルティスのリカルド・ロドリゲス監督、J3リーグではギラヴァンツ北九州の小林伸二監督を選出した。同賞は各月のリーグ戦を対象に最も優れた指揮をした監督を表彰する賞。Jリーグの成績などをもとに選考委員が選出する。なお、「月間優秀監督賞」を受賞した監督は12月に開催予定の2019Jリーグアウォーズで表彰される「優秀監督賞」にノミネートされる。

渡邉監督は、6月の選考対象試合3試合で3連勝。渡邉監督のコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。

◆渡邉晋監督(ベガルタ仙台)
「6月における我々ベガルタ仙台の戦いを評価していただいたこと、そして月間優秀監督賞を受賞できたことを大変光栄に思います」

「この賞は、クラブに関わるすべての人を代表して私が受け取りますが、なにより選手たちのひたむきで真摯(しんし)な姿勢と、スタッフ一人ひとりの底知れぬ献身性、そしてファン、サポーターのみなさんの熱い熱い声援がもたらした成果だと思っています。これからも現状に満足することなく、高みを目指し精進していきます」

◆原博実委員
「6月の選考対象試合(第15節以降)3連勝※は文句なし。シマオ・マテを最終ラインに、チームの新しいバランス、組み合わせを見出した」

◆福西崇史委員
「ギリギリの点差で3勝※した」

◆柱谷幸一委員
「下位に沈んでいたチームを、システムを変えて6月の連勝に結びつけた。システムを変えることで、選手をピッチで躍動させることに成功した」

◆北條聡委員
「原点回帰と適材適所で連勝街道へ。再建の見事な手際はまさに長期政権の証」

◆寺嶋朋也委員
「シーズン序盤は出遅れたが、システムを[4-4-2]に戻し、チームとしてやることを整理して6月は3連勝※。コンバートやベテランの起用などでバランスの良い先発メンバーを定め、組織的なサッカーを展開し、首位撃破も見せた」
※6月1日第14節は選考対象外。6月は1日の第14節以降4連勝)

リカルド・ロドリゲス監督は6月の選考対象試合で4連勝。リカルド・ロドリゲス監督のコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。

◆リカルド・ロドリゲス監督(徳島ヴォルティス)
「この度、6月のJ2月間優秀監督賞に選出いただききありがとうございます。それから選手やスタッフ、応援いただいたファン・サポーターの皆さんに感謝しています」

「6月は非常に良い1カ月過ごすことが出来たので、これからも徳島らしいサッカーを続けて勝点を積み重ねていきたいです。今シーズンできるだけ上を目指し、みんなが笑顔でシーズンを終えられるように引き続き頑張っていきたいと思います」

◆原博実委員
「第17節以降4連勝※。次第にチームの調子、勢いを取り戻した」

◆福西崇史委員
「第17節以降4連勝※を評価」

◆柱谷幸一委員
「負けなしの4連勝※。活躍した選手がJ1クラブに移籍してスタートは苦しんだが、ここにきて1点差ゲームをことごとく勝ちに結びつけてきた采配は素晴らしい」

◆北條聡委員
「唯一の4連勝。理想と現実の狭間で落としどころを探り、勝ち点を積み上げた」

◆寺嶋朋也委員
「生きのいい両ワイドのアタッカーを活かしながら、4連勝で急浮上。甲府との一戦はかなり押し込まれながら勝ち点3を得るなど、チームに粘り強さも出てきた」

小林監督は、6月の選考対象試合で負けなし。そのうち3試合がクリーンシートとなっている。小林監督のコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。

◆小林伸二監督(ギラヴァンツ北九州)
「シーズンを通して2回目の賞をいただくというのはなかなかないことなので、大変嬉しく思っています。前回もお話した通り、スタッフの力があって達成できたことだと思いますし、それに伴って選手たちが頑張ってくれた成果だと思うので感謝しています。嬉しい賞ですので、次もいただけるように引き続き努力していきたいと思います」

◆福西崇史委員
「負けなし」

◆柱谷幸一委員
「6月は3勝1分けで負けなし※。安定したゲームで勝ち点を稼いだ」

◆北條聡委員
「負けないチームづくりは現在進行形。4戦中3つがクリーンシートはさすが」
コメント
関連ニュース
thumb

J1は名古屋戦で華麗ドリブル弾の神戸FWダビド・ビジャ! J2は町田MFロメロ・フランク、J3は讃岐FW我那覇和樹が受賞《月間ベストゴール》

Jリーグは11日、6月度の「月間ベストゴール」として、J1ではヴィッセル神戸のFWダビド・ビジャ、J2ではFC町田ゼルビアのMFロメロ・フランク、J3リーグではカマタマーレ讃岐のFW我那覇和樹のゴールが選出された。 同賞は各月のリーグ戦を対象に、最も優れたゴールを表彰する賞。各月のリーグ戦全ゴールから選考委員が選出する。なお、J1の「月間ベストゴール」は、12月に開催予定の2019Jリーグアウォーズで表彰される「年間最優秀ゴール賞」にノミネートされる。 ダビド・ビジャのゴールは、6月30日に行われた明治安田生命J1リーグ第17節、名古屋グランパス戦で決めた27分のゴール。ダビド・ビジャのコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。 ◆FWダビド・ビジャ(ヴィッセル神戸) 「月間ベストゴールに選んでいただいて喜んでいます。自分にとって一番大事なのは、このゴールがチームの勝利に貢献できたことです。これからも沢山のゴールを決められるように頑張ります」 【Jリーグ選考委員会による選考理由】 ◆総評 ストライカーの能力のすべてが詰まったワールドクラスのゴール ◆原博実委員 「スペースに飛び出すタイミング、抜け出した後の1対1の仕掛け、まるでワルツを踊っているよう。最後に右足のアウトサイドの切り返しからのゴールはまさにワールドクラスのゴールだった」 ◆柱谷幸一委員 「相手ディフェンスラインと駆け引きをしてパスを受ける時の動きと、ドリブルに入ってからはDFの重心がどちらの足にかかっているか瞬時に判断して、抜け出した後は飛び出してくるGKの肩越しに浮かせたシュートを冷静に決めた。全ての動きに無駄がなく素晴らしいゴールだった」 ◆寺嶋朋也委員 「ストライカーとしてのすべてが詰まったゴール。スルーパスで抜け出し、追走してきた相手を巧みなステップでかわし、GKが目に入ってもあせらず自分の一番得意な位置にボールをおいて華麗にフィニッシュ」 ロメロ・フランクのゴールは、6月29日に行われた明治安田生命J2リーグ第20節、ジェフユナイテッド千葉戦で決めた87分のゴール。ロメロ・フランクのコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。 ◆MFロメロ・フランク(FC町田ゼルビア) 「J2月間ベストゴール賞をいただき、誠にありがとうございます! このゴールは自分1人でとったゴールではなく、サポーターの皆さんの熱い応援はもちろん、チーム全員が最後まで諦めずに戦い、試合に勝つというみんなの想いがあったからこそ、取れたゴールだと思います。またこういう重要な場面でゴールを決めて、次もチームの勝利に貢献できるように、日々の練習に取り組んでいきたいと思います」 【Jリーグ選考委員会による選考理由】 ◆総評 冷静な判断が生み出したループシュートの傑作 ◆福西崇史委員 「試合終盤でゴールキーパーを確認していいポジションをとり、落ち着いてシュートを決めた。力加減も難しいシュートだった」 ◆北條聡委員 「ワンタッチループの傑作。相手GKの位置を見極め、鮮やかにアーチをかけた」 ◆寺嶋朋也委員 「アイディアと技術の両面で優れた技ありループシュート。パスを呼び込む前に相手GKの位置を見て咄嗟にあのプレーを選択した判断力と、試合終盤に勝利を呼び込むゴールとなった点も高評価」 我那覇のゴールは、6月15日に行われた明治安田生命J3リーグ第12節、Y.S.C.C.横浜戦で決めた34分ゴール。我那覇のコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。 ◆我那覇和樹(カマタマーレ讃岐) 「今回はこのような素晴らしい賞をいただき、大変嬉しく思います。沢山の素晴らしいゴールがある中から自分のゴールを選んでいただき、光栄に思います。自分一人の力ではなく、アシストをしてくれた林選手であったり、また一緒に戦ってくれている全選手、スタッフ、サポーターの皆さんの力があって、取れたゴールだと思っています。またチームの勝利に貢献するゴールを決めるために、これからも頑張っていきたいと思います」 ◆総評 熟練ストライカーの技が光った豪雨を切り裂くロングシュート ◆福西崇史委員 「雨の中、左サイドのロングボールを右足で捉える難しいシュートをしっかり決めた」 ◆寺嶋朋也委員 「土砂降りの悪ピッチの中で、クロスボールを地面に落とさずダイレクトでうちにいった判断がさすが」 2019.07.11 19:30 Thu
twitterfacebook
thumb

仙台のシマオ・マテが月間MVP受賞! J2は徳島の岩尾憲、J3は熊本の北村知也《KONAMI月間MVP》

Jリーグは11日、6月度の「2019明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP」を発表した。J1ではベガルタ仙台のDFシマオ・マテ、J2では徳島ヴォルティスのMF岩尾憲、J3リーグではロアッソ熊本のFW北村知也が選出された。 同賞はYBCルヴァンカップを除く、各月のリーグ戦を対象に選考委員会による選考の上、最も活躍した選手に与えられる。受賞選手には、クリスタルトロフィーの他、J1選手には30万円、J2選手には20万円、J3選手には10万円が授与される。 シマオ・マテは、6月の全4試合にフル出場。同月の全勝に貢献した。シマオ・マテのコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。 ◆DFシマオ・マテ(ベガルタ仙台) 「2019明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVPを受賞し、大変うれしく思います。神さま、チームメート、スタッフ、ファン、サポーターのみなさん、家族に感謝します。まわりの方々の支えがなければ、受賞することはできませんでした。 この賞はクラブに関わるすべての人たち全員の努力の成果だと思います。私たちはさらに強くなれるはずです。力を合わせて、これからも共に戦いましょう。日頃からのみなさんの熱いご声援に感謝いたします。カニマンボ(ありがとうございます)」 【Jリーグ選考委員会による選考理由】 ◆原博実委員 「最終ラインに入り、持ち前の競り合いの強さ、球際の強さ、読みの良さで抜群の存在感でチームの堅守を支えた」 ◆柱谷幸一委員 「強靭な身体能力とビルドアップ能力でチームの連勝に貢献した。特にFC東京戦では、ディエゴ・オリヴェイラを抑え込み完封勝利した」 ◆北條聡委員 「躍進仙台のブラックホール。敵のエースを丸ごと呑み込み、連勝の大立者に」 岩尾は、6月の全5試合にフル出場先発し、1得点を記録。さらにチームの4勝1分けの無敗に貢献した。岩尾のコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。 ◆MF岩尾憲(徳島ヴォルティス) 「徳島ヴォルティス背番号8番の岩尾憲です。この度、J2リーグ6月の月間MVPに選出していただきありがとうございます」 「生まれてからなかなか賞という賞に恵まれない人生ですので、今回選ばれたことを素直に嬉しく思うと同時にコメントに慣れていないなと実感しています。この賞をいただき、ひとつ自分の自信に変わると思います」 「でも何よりも、点を沢山取る選手じゃない僕が選ばれたということはチームがうまくいっていることを象徴していると思うので、みんなで取った賞だと自負してこれからもチームの勝利の為に全力を尽くしたいと思います」 【Jリーグ選考委員会による選考理由】 ◆原博実委員 「徳島のダイナモ。抜群の運動量、身体を張ったプレーで6月の4連勝の立役者に」 ◆柱谷幸一委員 「開幕からフルタイムフル出場。中盤での豊富な運動量とリーダーシップでチームを牽引した。1点差ゲームを勝利に結びつけるゲームコントロールも素晴らしい」 ◆北條聡委員 「4連勝を飾った徳島の心臓にして頭脳。危機回避の守り、良質の配球が光った」 北村は6月の5試合で6ゴール。首位争いに貢献している。北村のコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。 ◆FW北村知也(ロアッソ熊本) 「今回このような素晴らしい賞を受賞することができ、とても嬉しく思います。しかし、自分1人の力ではなく、仲間との日々の練習や試合での素晴らしいパス、そして、サポーターやファンの皆さんの支えがあったからだと思います」 「リーグ終了時に皆さんで喜び合えることが恩返しに繋がると思うので、これからもチームの為に全力で戦っていきたいです」 【Jリーグ選考委員会による選考理由】 ◆原博実委員 「身体は大きくないが、ヘディングも強くアグレッシブなプレーが持ち味。どんな形からも得点を狙う、観ていて気持ちが良いプレーで活躍した」 ◆福西崇史委員 「大事な所で点をとってくれる。シュートのうまさを評価」 ◆柱谷幸一委員 「4試合で5ゴール。特に上位対決の群馬戦では、先制されながらも同点、逆転の2ゴールでチームの勝利に貢献した」 ◆北條聡委員 「逆転の熊本にこの人あり。4戦5発、うち3発が逆転弾。頼もしき小さな巨人」 ◆寺嶋朋也委員 「5月から引き続き、得点を量産中。派手なゴールは少ないが、決定機を冷静に決め切るところに非凡さを感じさせる」 2019.07.11 18:45 Thu
twitterfacebook
thumb

横浜FMの喜田拓也が月間MVP受賞! J2は京都MF仙頭啓矢、J3はG大阪U-23FW髙木彰人《KONAMI月間MVP》

Jリーグは13日、5月度の「2019明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP」を発表した。J1では横浜F・マリノスのMF喜田拓也、J2では京都サンガF.C.のMF仙頭啓矢、J3リーグではガンバ大阪U-23のFW髙木彰人が選出された。 同賞はYBCルヴァンカップを除く、各月のリーグ戦を対象に選考委員会による選考の上、最も活躍した選手に与えられる。受賞選手には、クリスタルトロフィーの他、J1選手には30万円、J2選手には20万円、J3選手には10万円が授与される。 喜田は、5月の全5試合に先発出場。4勝1敗という好成績に貢献した。喜田のコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。 ◆MF喜田拓也(横浜F・マリノス) 「今回、このような賞をいただくことができ、大変光栄に思います。この賞は僕1人の力で得られたものではなく、常に高め合えるチームメイト、監督、コーチ、チームスタッフやファン・サポーターの日々の姿勢、取り組みが評価されてのものだと捉えております。そういった方々への感謝の気持ちを持ち、最後に素晴らしい景色を見るためにこれから先も仲間と協力して突き進んでいきたいと思います」 【Jリーグ選考委員会による選考理由】 ◆原博実委員 「データや数字では現れにくいが、喜田のボールのつなぎが横浜FMの攻撃のリズムを作っている。そして守備面でも喜田がまず相手の攻撃の芽を潰している。まさに横浜FMの攻守の要」 ◆柱谷幸一委員 「5ゲームにフルタイムフル出場。中盤のポジションでバランスを取りながら好守に安定したプレーでチームの勝利に貢献した」 仙頭は、5月の全4試合に先発し、第12節から第14節までは3試合連続ゴールを記録。チームの上位進出に貢献していた。仙頭のコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。 ◆MF仙頭啓矢(京都サンガF.C.) 「このような賞をいただくことができ、すごく嬉しいです。シーズン序盤はなかなか試合に出場できない中、絶対に結果を残したいという気持ちがありましたし、そんな中でも、日々練習に付き合ってくれたコーチングスタッフやチームメイトの支えがあったからこそ受賞できたと思いますので、とても感謝しています」 「チームメイトが自分までつないでくれて、最後に僕が決めるべきところを決めただけなので、これからも自分はチームの為に結果を残して、チームに貢献できるようにしていきたいです」 【Jリーグ選考委員会による選考理由】 ◆福西崇史委員 「ゴールやドリブルの仕掛けでチームの勝利に貢献した」 ◆柱谷幸一委員 「5試合で3ゴール2アシスト。スピード豊かなプレーでチームの勝利に貢献した」 ◆北條聡委員 「3戦連発、どれも値千金。小屋松と鋭い攻撃の両輪に。京都進撃の導火線。 特筆すべきプレーは町田戦の一撃。巧みな裏抜けとコース取り、GK回避のシュートにセンス凝縮」 ◆寺嶋朋也委員 「3試合連続ゴール、そのうち2ゴールが決勝点。5月を4勝1分けで駆け抜けたチームを牽引し、正真正銘の中心選手となった」 髙木は5月の2試合で2戦連続ゴール。その後も好調を維持している。髙木のコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。 ◆FW髙木彰人(ガンバ大阪U-23) 「まず、J3KONAMI月間MVPを受賞できたことはすごく嬉しいですし、この賞を取れたのは自分の力だけでなく、チームメイトの力があってこそ取れたものだと思うので、今の調子を継続しつつ、しっかりこのまま結果を出していきたいと思います」 【Jリーグ選考委員会による選考理由】 ◆原博実委員 「3試合連続ゴールに向かう意欲が出てきた。食野の活躍に刺激をうけているか?」 ◆柱谷幸一委員 「月間4ゴール。チームの勝利に貢献した」 ◆北條聡委員 「食野亮太郎の跡目を継いで3戦4発。得点感覚が冴え、最前線で独り気を吐いた。特筆すべきプレーは藤枝戦の同点ゴール。縦パスから鋭く前を向く足技と反転の妙に感嘆のため息」 2019.06.13 18:20 Thu
twitterfacebook
thumb

J1は名古屋戦で独走弾を魅せた鹿島MFレオ・シルバ! J2は岡山MF仲間、J3は熊本DF高瀬《月間ベストゴール》

Jリーグは10日、4度の「月間ベストゴール」として、J1では鹿島アントラーズのMFレオ・シルバ、J2ではファジアーノ岡山のMF仲間隼斗、J3リーグではロアッソ熊本のDF高瀬優孝のゴールを選出した。 同賞は各月のリーグ戦を対象に、最も優れたゴールを表彰する賞。各月のリーグ戦全ゴールから選考委員が選出する。なお、J1の「月間ベストゴール」は、12月に開催予定の2019Jリーグアウォーズで表彰される「年間最優秀ゴール賞」にノミネートされる。 レオ・シルバのゴールは、4月5日に行われた明治安田生命J1リーグ第6節、名古屋グランパス戦で決めた81分のゴール。レオ・シルバのコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。 ◆FWレオ・シルバ(鹿島アントラーズ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190510_27_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">ⒸJ.LEAGUE PHOTOS<hr></div> 「このゴールが生まれるために協力をしてくれたチームメイト全員と、月間ベストゴールに選んでくれた方々へ感謝したいです。間違いなく、このゴールは自分自身、家族、サポーター、サッカーを愛する人々の心に永遠の記憶として残るだろうと思います。心から感謝しています、ありがとうございました」 【Jリーグ選考委員会による選考理由】 ◆総評 決勝点となった圧巻の長距離ドリブルシュート ◆福西崇史委員 「圧巻のドリブルシュート。スピードが上がっても乱れないボールコントロールと冷静なシュートのテクニック」 ◆柱谷幸一委員 「試合終わりにあの距離のドリブルからのシュートは圧巻」 ◆北條聡委員 「衝撃の単騎突撃。ド真ん中から斬り込み、5人ぶち抜き。J史上空前のゴールか」 ◆寺嶋朋也委員 「派手なテクニックではなく、絶妙なコース取りと緩急で決めた素晴らしいゴール」 仲間のゴールは、4月20日に行われた明治安田生命J2リーグ第10節、徳島ヴォルティスで決めた75分のゴール。仲間のコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。 ◆MF仲間隼斗(ファジアーノ岡山)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190510_27_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">ⒸJ.LEAGUE<hr></div> 「このような賞をいただき、とてもうれしく思っています。こうやって受賞できたのは、チームで積み重ねてきた練習の成果だと思うので、チームメイトに感謝しています。これからもチームとして勝利を重ねられるように、そしてまたこのような賞をいただけるように、練習から全員で頑張っていきたいと思います」 【Jリーグ選考委員会による選考理由】 ◆総評 トップスピードのロングランから繰り出されたゴールに突き刺さる決勝弾 ◆原博実委員 「チェ・ジョンウォンからのロングフィードに抜け出し、トップスピードのまま左足で同サイドのゴールネットに突き刺した。素晴らしいゴール」 高瀬のゴールは、4月28日に行われた明治安田生命J3リーグ第7節、アスルクラロ沼津戦の3分のゴール。高瀬のコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。 ◆DF高瀬優孝(ロアッソ熊本)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190510_27_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">ⒸJ.LEAGUE<hr></div> 「この度は月間ベストゴール賞に選んでいただき、ありがとうございます! 今まで直接フリーキックを決めた事が記憶になく、自分が1番驚いています。そんな自分があのようなゴールを決めることができたのも、ボールにチームメイトやサポーターの勝ちたいという強い想いが込められたからだと思います。そして結果的にチームの勝利に貢献できた事を嬉しく思います。この賞に恥じぬように、これからもサッカーと向き合い、日々精進していきたいです」 【Jリーグ選考委員会による選考理由】 ◆総評 軌道、スピードともに完璧なフリーキック ◆原博実委員 「簡単に蹴ったが、このFKの軌道、スピードは完璧」 2019.05.10 18:30 Fri
twitterfacebook
thumb

首位浮上のFC東京長谷川監督が初受賞! J2は大宮の高木監督、J3は藤枝の石崎監督《月間優秀監督賞》

Jリーグは10日、4月度の「月間優秀監督賞」として、J1ではFC東京の長谷川健太監督、J2では大宮アルディージャの高木琢也監督、J3リーグでは藤枝MYFCの石﨑信弘監督を選出した。 同賞は各月のリーグ戦を対象に最も優れた指揮をした監督を表彰する賞。Jリーグの成績などをもとに選考委員が選出する。なお、「月間優秀監督賞」を受賞した監督は12月に開催予定の2019Jリーグアウォーズで表彰される「優秀監督賞」にノミネートされる。 長谷川監督は、4月の4試合で全勝。首位攻防戦も制し、チームを首位に導いた。長谷川監督のコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。 ◆長谷川健太監督(FC東京)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190510_26_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">ⒸCWS Brains,LTD.<hr></div>「J1月間優秀監督賞を受賞でき大変光栄です。この賞を励みに引き続き今シーズンも頑張っていきたいと思います。代表して私がいただきますが、選手、スタッフ、クラブに関わるみんなで受賞した賞だと思っています。平成最後の月にこのような名誉な賞をいただくことができ、心から嬉しく、みなさんに感謝しています。まだまだ今シーズンは始まったばかりですが、2回目、3回目、4回目と獲れるように、最後までみんなで力を合わせて頑張ります」 【Jリーグ選考委員会による選考理由】 ◆原博実委員 「4連勝。ケガ人やアクシデントがあっても上手くチームをやりくりし、常にチームの状態を安定させた。攻守のバランスが良い」 ◆福西崇史委員 「堅守でチームを首位に導いた手腕を評価」 ◆柱谷幸一委員 「4勝して、しかも首位。負けなし」 ◆北條聡委員 「破竹の4連勝。しかも首位攻防戦制し、内容も充実。もはや異議挟む余地なし」 ◆寺嶋朋也委員 「4月は4戦全勝で首位をがっちりキープ。主力に欠場者が出ても、代わりに出場した選手が穴を埋めながら連勝するなど、見事なマネジメントぶりだった」 高木監督は、3月の5試合で4勝1分け。今シーズンから指揮するチームを上位に押し上げている。高木監督のコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。 ◆高木琢也監督(大宮アルディージャ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190510_26_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">ⒸCWS Brains,LTD.<hr></div>「チームがあっての受賞です。選手、スタッフ、関係者の皆さんに感謝いたします。シーズン開幕直後は波に乗れなかった中で、チームの闘争心が高まっていった月でした。4月の初戦となる4月3日のファジアーノ岡山戦で、ホームで逆転勝ちを飾れたことが大きく、勢いに乗ることができたと思います。私がこの賞をいただくことは、チームが結果を出せている証しですから、また表彰していただけるように取り組んでいきたいと思います」 【Jリーグ選考委員会による選考理由】 ◆原博実委員 「4勝1分 チームをしっかり把握して 安定した戦いを続けている。バランスが良い」 ◆柱谷幸一委員 「4勝して3位(4月終了時点)に浮上してきた」 ◆北條聡委員 「無傷の4勝、勝ち点13はともに最多。大宮をタフな集団に変えた手腕はさすが」 ◆寺嶋朋也委員 「今季からの指揮だが、早くも全体に守備の意識を浸透させ、粘り強いチームを作り、4月は4勝1分で一気に上位に浮上した」 石崎監督は、4月の3試合で2勝1分け。4月終了時点で首位に立っている。石﨑監督のコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。 ◆石﨑信弘監督(藤枝MYFC)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190510_26_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">ⒸJ.LEAGUE<hr></div>「Jリーグから表彰されるということは初めてで、大変光栄に思っています。ただ、この成績も選手の頑張りがあってこそだと思いますし、チームスタッフも含め、全ての結束があったからいただけけた賞だと思います。チームの皆さん、選手に感謝したいと思います。こういう形をもっともっと続けていけるようチーム全体一丸となり、これからも戦っていきたいと思います」 【Jリーグ選考委員会による選考理由】 ◆福西崇史委員 「2勝1分で負けなし。チームを首位(4月終了時点)に導いた」 ◆柱谷幸一委員 「首位(4月終了時点)に導いた」 ◆北條聡委員 「昇格請負人が早くも本領発揮。先月最後の大敗も何のその。(チームは)隙のない集団へ」 ◆寺嶋朋也委員 「今季補強したベテラン選手をチームに組み込み、4月2勝1分で首位(4月終了時点)に浮上。堅い守備がチームのベースとして定着してきた」 2019.05.10 18:20 Fri
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース