G大阪主砲のファン・ウィジョ、ボルドー移籍か…仏紙報じる2019.07.11 18:40 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
ガンバ大阪に所属する韓国代表FWファン・ウィジョ(26)にヨーロッパ挑戦のときが迫っているのかもしれない。今やG大阪の主砲として絶対的地位を確立するファン・ウィジョは、2017年夏に城南FCから加入。公式戦34試合21得点をマークした2018シーズンの明治安田生命J1リーグで得点ランキング3位の16得点を挙げてチームを残留に導き、個人としても初のベストイレブンに輝いた。

また、近年の韓国代表にも定着を遂げており、通算27試合8ゴールをマーク。2018シーズン途中にG大阪を一時離脱してオーバーエイジ枠で出場したアジア競技大会で得点王となるハイパフォーマンスを見せつけ、大会優勝に貢献するとともに、個人としても兵役免除を勝ち取った。

G大阪在籍3年目の今シーズンこそJ1リーグ4得点(18試合出場)にとどまっているが、本人の欧州挑戦希望が長らく指摘され続けており、まことしやかに海外クラブの関心報道も加熱。そうしたなか、11日付のフランス『レキップ』が韓国人ストライカーのボルドー行きを報じた。

その記事によれば、新たなストライカーを探しているリーグ・アンのボルドーがG大阪の韓流ストライカーに白羽の矢。すでにG大阪とクラブ間合意に達しており、選手本人と4年契約を結ぶ見込みだというのだ。

G大阪は現在、J1リーグ14位だが、6月を無敗で切り抜けるなど戦い方の方向性が定まりつつあり、上昇ムード。日本代表FW宇佐美貴史の今夏復帰も決まり、ここからギアを上げたいタイミングだけに、ファン・ウィジョの移籍が決まれば痛い。

なお、ファン・ウィジョは今冬も移籍の可能性が指摘されたが、G大阪との契約を延長する形で残留。その際、契約解除条項が設定されたものとみられる。
コメント
関連ニュース
thumb

ボルドー移籍のファン・ウィジョ、SNSで思い綴る「ガンバ大阪は私にとって宝のような存在」

ガンバ大阪からボルドーへの移籍が決定した韓国代表FWファン・ウィジョが、SNSでクラブに別れを告げた。 G大阪のエースとしてチームをけん引してきたファン・ウィジョは14日、ボルドーへの移籍が発表された。ラストマッチとなった発表直前の13日にホームで行われたJ1第19節の清水エスパルス戦では、勝利で飾り、試合後にはチームメイトからの胴上げ、ファン・サポーターからの声援で送り出された。 そのファン・ウィジョは自身のインスタグラム(hwang_uijo)を更新し、ファン・サポーターに感謝と別れの言葉を日本語で綴っている。 「こんにちは。ファン・ウィジョです。まず、ガンバ大阪での2年間、たくさんの応援をしていただき、ありがとうございます」 「ガンバ大阪は私にとって宝のような存在だと思います。ガンバ大阪に来て多くのことを学び、楽しい思い出とたくさんの経験をすることが出来たので、これからもずっと良い記憶であり続けると思います」 「日本一のスタジアムで最高の選手、スタッフそしてサポーターの方々と一緒にサッカーを出来て嬉しかったですし、幸せでした」 「これからもガンバ大阪との幸せな思い出を忘れず、私もより良い姿をお見せできるよう努力します。ガンバ大阪にも私にもたくさんの応援よろしくお願いします。ありがとうございます」 ファン・ウィジョは2017年夏に城南FCから加入。今シーズンの明治安田生命J1リーグこそ4得点にとどまったが、得点ランキング3位の16得点を挙げた2018シーズンは残留の救世主として輝き、個人としても初のベストイレブンを受賞した。韓国代表としても近年、主力として定着しており、通算27試合8ゴール。2018シーズン途中にG大阪を一時離脱してオーバーエイジ枠で出場したアジア競技大会で得点王に輝き、大会優勝とともに、兵役免除を勝ち取っている。 2019.07.15 18:05 Mon
twitterfacebook
thumb

G大阪エースのファン・ウィジョが欧州挑戦! ボルドーに完全移籍

ガンバ大阪は14日、韓国代表FWファン・ウィジョ(26)がボルドーに完全移籍することを正式発表した。 ファン・ウィジョは2017年夏に城南FCから加入。今シーズンの明治安田生命J1リーグこそ4得点にとどまったが、得点ランキング3位の16得点を挙げた2018シーズンは残留の救世主として輝き、個人としても初のベストイレブンを受賞した。韓国代表としても近年、主力として定着しており、通算27試合8ゴール。2018シーズン途中にG大阪を一時離脱してオーバーエイジ枠で出場したアジア競技大会で得点王に輝き、大会優勝とともに、兵役免除を勝ち取っている。 そのファン・ウィジョは、13日にホームで行われた第19節の清水エスパルス戦にフル出場。ゴールこそなかったが、得意の形である左サイドからのカットインで右ポスト直撃弾を放つなど見せ場を作り、G大阪でのラストマッチをチームの勝利で飾った。G大阪在籍2年間で公式戦通算70試合31得点を記録した韓流ストライカーは移籍発表を受け、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「韓国人という立場でしたが、たくさんの方が応援をしてくださって本当に感謝しています。サポーターの方々には深い愛情で見守っていただいたので、その分しっかりとスタジアムでもお返し出来たのではないかと思っています。ガンバはこの順位にいるクラブではないので、これから順位を上げてくれることを期待しています。本当に2年間有難うございました」 リーグ・アン6度の優勝を誇るボルドーは、かつてはジネディーヌ・ジダン氏(現レアル・マドリー監督)が在籍したことでも知られる1881年創設の名門。今年3月からパウロ・ソウザ監督が率いており、昨シーズンのリーグ・アンを14位でフィニッシュした。 2019.07.14 18:05 Sun
twitterfacebook
thumb

“ガラスの天才”グルキュフが現役引退を決断か…

元フランス代表MFヨアン・グルキュフ(33)が現役引退を決断したようだ。フランス『Ouest-France』が伝えている。 今年1月にディジョンとの契約を双方合意の下で解消したグルキュフは、以降フリーの状況が続いている。先日には同胞ベノワ・コウエ監督が率いるフランス3部のUSコンカルノーからオファーが届いたものの、同選手はこの申し出を断っていたという。 そして、『Ouest-France』が伝えるところによれば、今月11日に33歳の誕生日を迎えたばかりのグルキュフは現役引退を決断し、不動産業への転身を図る考えのようだ。 元サッカー選手でロリアンやスタッド・レンヌ、アルジェリア代表などを率いた経験を持つクリスティアン・グルキュフ氏を父親に持つグルキュフは、2003-04シーズンにレンヌでプロデビューを飾る。 卓越したテクニック、戦術眼、ゴールセンスを武器にフランス国内で“プティ・ジダン”の愛称を冠した神童は2006年に加入したミランでは、ケガや内向的な性格が災いし、思うような活躍を見せられず。それでも、2008年に加入したボルドーでは、圧巻のパフォーマンスを披露し10シーズンぶりのリーグ・アン制覇を含む国内2冠に貢献した。 しかし、2010年に加入したリヨンではこれまで以上にケガに悩まされると、思うような活躍を見せられず、2015年には古巣レンヌに復帰。その後、2018年夏にディジョンに加入したが、リーグ戦8試合の出場にとどまり、半年での退団となっていた。 フランスの世代別チームでの活躍を経て2008年にデビューを飾ったフランス代表では、ジネディーヌ・ジダンの後継者として大きな期待を集めたが、クラブ同様に一部選手たちとの確執なども伝えられた中、思うような活躍を見せられず、代表32試合4ゴールと平凡な成績に終っていた。 2019.07.12 15:41 Fri
twitterfacebook
thumb

セビージャがボルドーのU-20フランス代表CBクンデを獲得!

セビージャは3日、ボルドーからU-20フランス代表DFジュール・クンデ(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの5年となる。 なお、フランス『レキップ』が伝えるところによれば、移籍金は2500万ユーロ(約30億円)となったようだ。 ボルドーの下部組織出身のクンデは2017-18シーズンにトップチームデビューを飾ると、快足を生かした守備範囲の広さと優れたタックル技術を武器にすぐさまセンターバックのレギュラーに定着。昨シーズンはリーグ戦37試合に出場し、昨年3月にはU-20フランス代表デビューも飾っていた。 正確なフィード能力にも定評があるフランス産CBに関してはプレミアリーグやセリエAからの関心も伝えられていたが、これまで3度に渡って公式オファーを掲示してきたセビージャが粘りの交渉で最終的に獲得に漕ぎ着けた。 2019.07.03 22:51 Wed
twitterfacebook
thumb

コシエルニーが母国のボルドー移籍へ! アーセナルに対してフリーでの移籍を要求か

アーセナルに所属する元フランス代表DFローラン・コシエルニー(33)が、今夏のボルドー移籍を目指しているようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 コシエルニーは2010年7月にロリアンからアーセナルに加入。加入当初はそのネームバリューの低さもあって期待されていなかったものの、同胞アーセン・ヴェンゲル監督の信頼を勝ち取って主力に定着。ここまで公式戦373試合に出場し27ゴールを記録し、近年はキャプテンを務めている。 しかし、昨年5月にアキレス腱を断裂する重傷を負うと、長期離脱明けとなった2018-19シーズンは、最終的に公式戦31試合3ゴールとシーズン終盤に入って本来のパフォーマンスを取り戻したものの、パフォーマンスの低下を指摘する声も上がっていた。 また、ウナイ・エメリ監督は高齢化しつつある最終ラインの刷新を今夏の優先事項の一つとしており、条件次第ではキャプテンの放出を辞さない構えだ。 そのコシエルニーに関しては以前にインテルやトルコ方面からの関心が伝えられるなど、幾つかの国外のクラブが獲得に興味を示していると言われているが、ここにきてボルドー行きの可能性が浮上している。 ボルドーでは昨季のレギュラーを担ったU-20フランス代表DFジュール・クンデ(20)のセビージャ移籍が決定的となっており、クラブはその後釜として百戦錬磨の元フランス代表DFの獲得を希望しているようだ。 アーセナルは2020年6月まで契約を残すコシエルニーの移籍金を1000万ユーロ(約12億1000万円)程度に設定しているが、資金難のボルドーはその支払いに二の足を踏んでいる模様。 この状況を受けて、コシエルニーはアーセナルに対して今夏のタイミングでの契約解消を要求し、フリーでのボルドー行きを目指しているようだ。 2019.07.03 14:25 Wed
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース