山形、C大阪から秋山大地をレンタル…木山隆之監督と愛媛以来のタッグに2019.07.11 16:55 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
モンテディオ山形は11日、セレッソ大阪に所属するMF秋山大地(24)の期限付き移籍加入を発表した。期間は2020年1月31日までで、背番号は「39」に決定。同期間中、C大阪との全公式戦に出場できない。大阪府出身の秋山はC大阪の下部組織出身で、2013年にトップチーム昇格後、2015年途中に愛媛FCにレンタル移籍。2016シーズンからC大阪に復帰した。今シーズンはC大阪U-23の一員として明治安田生命J3リーグ8試合に出場したが、トップチームでJ1リーグ出場がなかった。

山形を率いる木山隆之監督と愛媛移籍以来のタッグとなる秋山。両クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。

◆モンテディオ山形
「セレッソ大阪から来ました秋山大地です。少しでも早くチームになれてJ1昇格のためにチームの力になれるように全力で頑張ります。よろしくお願いいたします」

◆セレッソ大阪
「このたび、モンテディオ山形に期限付き移籍することになりました。この半年間、チームの力になれず、悔しい気持ちでいっぱいでした。モンテディオ山形にチャンスを与えていただいたので、しっかりJ1昇格に向けて力になれるように精一杯頑張ってきたいと思います。ひとまわり、ふたまわりも大きくなって、またこのチームでプレーできるように力をつけてきたいと思います。ありがとうございました」

山形は現在、J2リーグ11勝7分け3敗の首位。13日に行われる次節、2位の京都サンガF.C.をホームに迎え撃つ。
コメント
関連ニュース
thumb

J1残留争いの松本に今夏2人目の新戦力! 山形から阪野豊史を獲得

松本山雅FCは16日、モンテディオ山形に所属するFW阪野豊史(29)の完全移籍加入を発表した。背番号「50」を着用する。 埼玉県出身の阪野は、浦和レッズユース、明治大学を経て、2013年に浦和入団。栃木SC、愛媛FCを渡り歩き、2017年に山形入りした。加入後は主力として活躍。チームがJ2優勝争いを繰り広げる今シーズンもここまで明治安田生命J2リーグ21試合に出場して、チームトップの7ゴールを記録している状況だった。移籍を受け、両クラブの公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 ◆松本山雅FC 「松本山雅FCのファン・サポーターの皆様、はじめまして。大きな決意を持ってここに来ました。自分の持っている力を全て出し、松本山雅FCと共に成長していきたいと思います。一つでも多くの勝利をサポーターの皆様と分かち合えることを楽しみにしています。よろしくお願いします!」 ◆モンテディオ山形 「モンテディオのファン、サポーターの皆さまへ。はじめに2年半の間本当にありがとうございました。山形ではフロント、監督、スタッフ、最高のチームメイトに支えられて頑張ることが出来ました。そしてどんなときも背中を押してくれる皆様に大きな力をもらいました。ホームはもちろん、アウェイでも沢山の方に来て頂きました。初めて山形に来て、山形県民の地元愛とモンテディオを応援しようという強い気持ちに後押しされ、感動を受けたのを今でも覚えています」 「次にシーズン途中という大切な時期に、チームを離れることになってしまい大変申し訳ありません。大きな決断でしたが、自分で選んだ道を全力で走って行きたいと思います。山形県で生活をし、山形の温泉・自然・さくらんぼ・お肉・お米など数えきれないほどの良さを知り、この土地が大好きになりました。ここを離れるのはつらいですが、悔いが残らないよう、これからも頑張りたいと思います。山形で戦った108試合は僕の宝物です。山形で得たたくさんの経験を胸に今後のサッカー人生を戦って行きたいと思います」 J1昇格初年度の松本は現在、最下位のサガン鳥栖や16位のジュビロ磐田に勝ち点で並ぶ4勝5分け10敗の17位。松本にとって、阪野は柏レイソルから加入したDF高木利弥に続く2人目の今夏新戦力となる。 2019.07.16 09:05 Tue
twitterfacebook
thumb

上位陣が軒並み足踏み…首位山形を下した柏が5位浮上《J2》

明治安田生命J2リーグ第20節の9試合が29日に行われた。 モンテディオ山形vs柏レイソルは、1-0で柏が勝利した。 前節千葉ダービーを制した6位の柏(勝ち点31)が立ち上がりから仕掛ける。6分、カウンターから江坂のパスを受けたクリスティアーノが右サイドを進撃。ボックス右に侵入し右足でシュートを放ったが、GK櫛引に触られ枠の外に。その直後のFKはクリスティアーノが直接狙ったがGKの正面に飛んだ。 その後は一進一退の攻防を見せた両者だが前半アディショナルタイムに試合の均衡が破れる。柏のCKの場面、菊池が入れたクロスをニアの鎌田が頭で逸らすと、これがゴール右に吸い込まれ柏が先制。 後半は互いに決定機を作れずこのまま試合終了。柏が首位の山形を破り連勝を収めた。一方の山形は第10節以来の敗戦で今季3敗目を喫した。 京都サンガF.C.vs水戸ホーリーホックは2-2の痛み分けに。 5位の京都(勝ち点33)と3位の水戸(勝ち点34)の上位対決は開始僅か3分に動く。敵陣中央でボールを持った水戸の浅野がドリブルでボックス左へ。ゴール右を狙ったシュートはGKに防がれるも、こぼれ球を清水が押し込んで水戸が先制に成功する。 そこからは京都にボールを握られる展開となった水戸は、22分に裏を取られたンドカ・ボニフェイスが後ろから一美を倒してしまい一発退場に。 これで流れが悪くなったか、37分に自陣で奪ったボールをクリアし損ねると、ボールを持った京都の一美にボックス手前からGKの手を弾く強烈なシュートを決められ同点とされる。 一方、一美の3試合連続ゴールで試合を振り出しに戻した京都は、相手が一人少ないこともあり押し込む時間帯が続く。迎えた61分、CKの流れから庄司が中央からボックス右の仙頭に浮き球のパスを送ると、その落としを受けた金久保が絶妙なヒールパスで仙頭にリターン。仙頭は左足で丁寧に流し込んで京都が逆転した。 しかし、10人の水戸も粘り強さを見せる。80分、ボックス手前左でパスを受けた村田がドリブルで仕掛けると、DFに阻まれたこぼれ球を前が拾ってシュートを流し込んだ。 その後、一気に2枚の交代カードを使った京都だったが試合は2-2のまま終了。上位対決は痛み分けに終わった。 ◆明治安田生命J2リーグ第20節 結果・日程 ▽6/29 栃木SC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 愛媛FC</span> 大宮アルディージャ 0-0 ツエーゲン金沢 ジェフユナイテッド千葉 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 FC町田ゼルビア</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">横浜FC 5</span>-1 ファジアーノ岡山 ヴァンフォーレ甲府 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 徳島ヴォルティス</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">V・ファーレン長崎 3</span>-2 琉球FC モンテディオ山形 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 柏レイソル</span> 京都サンガF.C. 2-2 水戸ホーリーホック 鹿児島ユナイテッドFC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 アルビレックス新潟</span> ▽6/30 FC岐阜 vs 東京ヴェルディ アビスパ福岡 vs レノファ山口 2019.06.29 21:26 Sat
twitterfacebook
thumb

天王山制した山形が首位浮上! 大宮は2位に《J2》

明治安田生命J2リーグ第18節の9試合が15日に行われた。 天王山となったモンテディオ山形vs水戸ホーリーホックは、1-0で山形がモノにしている。 序盤からホームで守勢を強いられた山形は再三相手に決定機を許してしまう。それでも何とかGK櫛引の活躍で無失点に抑えていると、後半からは何とか持ち直していく。 すると迎えた66分、右サイドの柳が上げた低弾道のクロスを阪野がダイレクトで流し込み先制に成功。 その後は水戸に危ない場面を作られるも、追加点の雰囲気を漂わせながら試合終了。水戸の攻撃を耐え抜いた山形が1-0で逃げ切り、首位に浮上した。 また、大宮アルディージャvsFC岐阜は、2-1大宮が勝利を収めた。 試合が動いたのは15分、大宮は岐阜のペナルティエリア前で奥抜が引っかけてボールを奪うと、こぼれ球を拾ったフアンマ・デルガドがボックス右からシュート。GKに防がれるも、弾いたボールが奥抜に当たってゴールイン。大宮が先制した。 だが岐阜も30分に、敵陣左サイドでボールを奪って粟飯がクロスを供給。ボックス中央で受けた山岸が反転からシュートを流し込んで同点とした。 後半に入ると、大宮が主導権を握るもなかなかシュートチャンスを作れない。だが後半アディショナルタイム、右サイドでボールを持った小島が中に運んでボックス手前から横に流すと、三門がこれをダイレクトで決めて土壇場で勝ち越しに成功。大宮はそのまま白星を手にし、2連勝で2位に浮上した。 ◆明治安田生命J2リーグ第18節 結果・日程 ▽6/15(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">大宮アルディージャ 2</span>-1 FC岐阜 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ジェフユナイテッド千葉 2</span>-1 鹿児島ユナイテッド 横浜FC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ヴォルティス徳島</span> ヴァンフォーレ甲府 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 東京ヴェルディ</span> ツエーゲン金沢 0-0 愛媛FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">モンテディオ山形 1</span>-0 水戸ホーリーホック <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アルビレックス新潟 2</span>-0 栃木SC 京都サンガF.C. 2-2 FC琉球 ファジアーノ岡山 1-1 レノファ山口 ▽6/16(日) FC町田ゼルビア vs V・ファーレン長崎 アビスパ福岡 vs 柏レイソル 2019.06.15 22:35 Sat
twitterfacebook
thumb

山形MF坂元達裕がプロA契約!

モンテディオ山形は13日、MF坂元達裕(22)とプロA契約を結んだことを発表した。 山形によると、坂元は2019年5月12日に行われた明治安田生命J2リーグ第13節 ジェフユナイテッド千葉戦の出場により、プロA契約締結条件となる公式戦通算出場時間の条件を満たし、このたびプロC契約からプロA契約となったとのこと。 同選手は今シーズン、ここまで先発14試合を含む17試合に出場し3得点を記録している。 2019.06.13 18:56 Thu
twitterfacebook
thumb

大宮、奥抜のプロ初ゴールなどで京都に3発快勝…13戦無敗で2位浮上! 甲府と山形の首位決戦は痛み分けに《J2》

明治安田生命J2リーグ第16節の7試合が8日に各地で行われた。 NACK5スタジアム大宮で行われた5位・大宮アルディージャ(勝ち点28)vs4位・京都サンガF.C.(勝ち点29)は、3-1で大宮アルディージャが勝利した。 上位対決となった試合はホームの大宮が先に動かす。12分、茨田のスルーパスに反応した奥抜がボックス右からスライディングシュート。これがゴール左に突き刺さり先制に成功する。なお、これが奥抜にとってプロ初ゴールとなった。 対する京都は25分、敵陣中央左サイドからカットインしてきた仙頭がボックス中央手前の一美にパス。一美からの落しを受けた仙頭が右足を振り抜くと、グラウンダーの鋭いシュートが突き刺さり同点に追いついた。 一進一退の攻防が続く中、大宮は39分、右サイドの攻撃の流れからこぼれ球を三門が回収すると、パスを受けた河面が左足を一閃。これがゴール左上に突き刺さり勝ち越しに成功する。 さらに大宮は畳みかける。62分、敵陣ハーフウェイライン付近から奥抜がスルーパス。DFとの駆け引きを制したファンマがボックス内に侵攻すると、GK清水と一対一を冷静にゴールへ流し込み、京都を突き放す。 後半終盤にかけては京都が猛攻を仕掛ける。85分にはボックス右で田中マルクス闘莉王からのパスを受けた福岡がシュートを放つも、GK塩田に防がれてしまう。 その後もパワープレーで反撃を試みた京都だったが、詰め寄ることはできず3-1で試合は終了。勝利した大宮が4試合ぶりの勝利で暫定2位に浮上。一方、7試合ぶりに敗れた京都は5位に転落した。 山梨中銀スタジアムで行われた3位・ヴァンフォーレ甲府(勝ち点29)vs1位・モンテディオ山形(勝ち点32)は、2-2で引き分けた。 首位攻防戦となった一戦は甲府が先にチャンスを作る。9分、クイックスタートからボックス右に抜け出したドゥドゥがGK櫛引との一対一の局面を迎える。しかし、ここは櫛引に軍配が上がった。 対する山形は16分、ボックス内で細かく繋ぎ、最後は南のパスを柳が合わせてゴールネットを揺らしたが、オフサイドの判定となってしまう。 そうした中で甲府にアクシデント。ドゥドゥが相手との接触で負傷してしまい、宮崎との交代を余儀なくされた。 ゴールレスで折り返しとなった試合は山形が先に動かした。51分、中村の右CKを甲府DFがクリアミス。このボールに反応した阪野が右足で押し込み、甲府が先制に成功する。 追いかける展開となった甲府は62分、ボックス右から宮崎がクロスを供給。このボールをファーサイドで受けた内田がボックス内に折り返すと、DFの背後から宮崎が角度のないところから押し込み同点に追いつく。 宮崎にプロ初勝利ゴールを許した山形は65分、ボックス左でボールを奪った山田が橋爪に倒されてPKを獲得。キッカーの阪野が冷静に流し込み再びリードを奪った。 その後は甲府が攻勢に出るが、山形GK櫛引が立ちはだかりゴールを奪えない。それでも後半アディショナルタイム、バイタルエリア左から内田がクロスを送ると、ファーサイドの佐藤が打点の高いヘディングシュートを叩き込み土壇場で同点に追いついた。 試合は直後に終了。山形は勝ち点を33に積み上げて首位をキープした。対する甲府も3位をキープしている。 ◆明治安田生命J2リーグ第17節 ▽6/8(土) ヴァンフォーレ甲府 2-2 モンテディオ山形 V・ファーレン長崎 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 ファジアーノ岡山</span> FC岐阜 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 アルビレックス新潟</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">大宮アルディージャ 3</span>-1 京都サンガF.C. <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">徳島ヴォルティス 1</span>-0 FC町田ゼルビア レノファ山口 1-1 横浜FC FC琉球 1-1 ツエーゲン金沢 ▽6/9(日) 《13:00》 鹿児島ユナイテッドFC vs 東京ヴェルディ 《14:00》 水戸ホーリーホック vs アビスパ福岡 栃木SC vs ジェフユナイテッド千葉 《17:00》 愛媛FC vs 柏レイソル 2019.06.08 21:30 Sat
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース