“天才レフティー”中村俊輔、横浜FCに完全移籍 キングカズ、松井大輔と共演へ2019.07.11 15:35 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
横浜FCは11日、ジュビロ磐田に所属する元日本代表MF中村俊輔(41)の完全移籍加入を正式発表した。背番号は「46」に決定している。1997年に桐光学園から横浜F・マリノスに入団してプロキャリアをスタートした中村は、レッジーナ、セルティック、エスパニョールで海外挑戦。2010年に横浜FM復帰を果たすと、7シーズンにわたってプレーした後、2017年に磐田へ完全移籍した。

磐田加入1年目は明治安田生命J1リーグ30試合5ゴール10アシストの成績を収め、6位躍進に貢献。だが、昨シーズンから長期離脱のケガに悩まされ、今シーズンもここまでリーグ戦2試合の出場にとどまっている状況だった。

地元の横浜市をホームタウンとする横浜FCに加わり、元日本代表FW三浦知良や、元同代表MF松井大輔らとの共演が決定した中村。両クラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。

◆横浜FC
「このたび、横浜FCに加入することになりました。今まで培った経験を生かして、ひとつでも多くの勝利をクラブ、そしてファンサポーターの皆様と共有できるように頑張ります。よろしくお願い致します」

◆ジュビロ磐田
「このたび、横浜FCに移籍することになりました。リーグ戦で苦しい時期にこのような決断をした事、また怪我が多くピッチでプレーする時間も少なく、
本当に申し訳なく思っています」

「この2年半は、自分のサッカー人生の中でもとても思い出深いものとなりました。ジュビロに加入した直後にも関わらず、サポーターの方々がチャントを作って応援して頂き、またサックスブルーでも10番をつけプレーした事など、感謝しかありません」

「チームメイト、スタッフ、スポンサー、会社の方々、ファンサポーターの皆様に心より感謝致します。ありがとうございました」

横浜FCは現在、明治安田生命J2リーグで8勝5分け8敗の12位。中村は最短で7月20日のJ2第23節の栃木SC戦から出場が可能となる。
コメント
関連ニュース
thumb

横浜FC、明治大MF瀬古樹が来季加入内定! 「チームの勝利のために謙虚に、ひたむきに」

横浜FCは18日、明治大学のMF瀬古樹(21)が2020シーズンより加入することが内定したと発表した。 東京都出身の瀬古は、三菱養和SCのアカデミーで育ち2015年にはU-18日本代表にも選出。その後、2016年に明治大に進学した。 横浜FCは瀬古の加入内定に際して、「技術レベルが高く、長短の正確なフィードでゲームを組み立てられる。攻守においてハードワークでき、チームが苦しい状況でも、勝利のために最後まで全力で戦うことができる選手」と、そのプレースタイルを紹介している。 また、瀬古はクラブ公式サイトを通じて以下のようなコメントを残している。 「来シーズンから横浜FCへの加入が決まりました瀬古樹です。伝統ある素晴らしいクラブの一員になれることを大変嬉しく思います。また、これまで支えていただいた全ての皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。チームの勝利のために謙虚に、ひたむきにプレーし横浜FCに関わる全ての皆様に多くの喜びと感動を届けたいと思います。応援よろしくお願いします」 2019.07.18 16:40 Thu
twitterfacebook
thumb

中村俊輔に続き…横浜FC、広島から元日本代表FW皆川祐介を完全移籍で獲得!

横浜FCは14日、サンフレッチェ広島から元日本代表FW皆川祐介(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号「16」に決定している。 2014年に中央大学から広島に入団し、プロキャリアをスタートさせた皆川。同年7月頃からJ1リーグでの出場機会を掴み始めると、当時、就任したばかりのハビエル・アギーレ監督に見出されて、同年9月に行われたキリンチャレンジカップのウルグアイ代表戦でいきなり日本代表デビューを飾った。 しかし、その後は代表に定着するには至らず、クラブでも徐々に出場機会を減らしていった。昨シーズンは期限付き移籍先のロアッソ熊本で明治安田生命J2リーグで11ゴール6アシストを記録。だが、復帰した今シーズンはここまで公式戦11試合1ゴールに留まっていた。 横浜FCへの完全移籍が決定した皆川は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆横浜FC 「初めまして。サンフレッチェ広島から移籍しました皆川佑介です。J1昇格に向けて自分の持てる力の全てを注ぎ、頑張ります。応援よろしくお願いします!」 ◆サンフレッチェ広島 「この度、サンフレッチェ広島から離れることになりました。期限付き移籍から戻り、シーズン中の半年という短い期間での移籍となり申し訳なく思います」 「プロになって初めて在籍させてもらったチームで、サッカーに集中できる環境や常に高みを目指す仲間、スタッフに囲まれてサッカーができたことは幸せでした」 「個人的にはチームの力になれず、ファン・サポーターの皆さんの期待に応えられず悔しい思いばかりでしたが、そんな中でも僕を応援し、支えてくれたすべての方々には感謝しています。」 「今後は新しい環境でチャレンジしたいという気持ちが強く、大きな決意をもって横浜FCに移籍します。5年半ありがとうございました」 横浜FCは11日にもジュビロ磐田から元日本代表MF中村俊輔(41)を完全移籍で獲得。皆川は同クラブのJ1昇格に向けた2枚目の切り札として活躍が期待される。 2019.07.14 12:35 Sun
twitterfacebook
thumb

横浜FC、ルーキーのFW草野侑己が左ハムストリング筋損傷で離脱

横浜FCは7日、FW草野侑己が左ハムストリング筋損傷と診断されたことを発表した。全治は約8週間。 草野は6月29日に行われた明治安田生命J2リーグ第20節のファジアーノ岡山戦で負傷した。 草野は2019年に阪南大学から横浜FCに入団。今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグに7試合出場し1得点を記録している。 2019.07.07 17:50 Sun
twitterfacebook
thumb

横浜FCが駒澤大学DF星キョーワァンの加入内定を発表

横浜FCは2日、駒澤大学のDF星キョーワァン(22)が2020シーズンから加入することが内定したと発表した。 コンゴ人の父を持つ星は栃木県出身で、矢板中央高校から駒澤大学へと進学。栃木県選抜や日本高校選抜、U-20全日本大学選抜などにも選出された経験がある。2018年はセンターバックのレギュラーとして全日本大学選手権(インカレ)準優勝にチームを導いた。また、同大会でベストディフェンダー賞も受賞している。 横浜FCは星の特徴について「身体的に強く、空中戦で力を発揮しセットプレーでも相手の脅威となれる選手。最終ラインでのラインコントロールと統率力に優れ、気持ちも強くチームが苦しい状況でも、仲間を鼓舞し、勝利のために全力で戦うことが出来る」と紹介。星はクラブを通じてコメントしている。 「2020シーズンから横浜FCへの加入内定が決まりました星キョーワァンです。多くの方のサポートがありプロサッカー選手としてのスタートラインに立つことが出来ました。本当にありがとうございます。現状に満足せず人として、選手としても成長していきたいと思います。横浜FCに関わる全ての方のために熱く闘いますのでサポーターの皆さん応援よろしくお願いします」 2019.07.02 19:20 Tue
twitterfacebook
thumb

横浜FC、仙台大MF松尾佑介の来季加入内定を発表「多くの喜びを共にできるように」

横浜FCは12日、仙台大学に所属するMF松尾佑介(21)の来シーズン加入内定を発表した。 松尾は浦和レッズU-18から仙台大学に進学。2018年から2年間はデンソーカップに出場する東北選抜にも選出された。 クラブは同選手の特徴を「相手のDFの状況を見ながら、スペースを見つけ、スピードに乗った緩急のあるドリブルでチャンスを作り出し、精度の高いクロス、シュートで多くの決定機を作り出せる選手」と紹介している。 横浜FCへの加入が内定した松尾は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントした。 「横浜FCへの加入内定が決まりました松尾佑介です。この横浜FCという素晴らしいクラブでプロキャリアをスタートできることに大変感謝しています。本当に多くの人に支え、そして助けていただき今の自分があると感じています」 「これまで支えていただいた方々に恩返しをすると同時に横浜FCのファン・サポーターの皆様と多くの喜びを共にできるように努力していきます。応援よろしくお願いします」 2019.06.12 12:55 Wed
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース