シント=トロイデンで主力を張ったU-21ベルギー代表MFデ・サートがアントワープに完全移籍2019.07.11 12:50 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©STVV
ジュピラー・プロ・リーグのロイヤル・アントワープは11日、シント=トロイデンのU-21ベルギー代表MFアレクシス・デ・サート(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は5年間とのことだ。デ・サートはスタンダール・リエージュの下部組織出身で、2015年7月にトップチームへと昇格。2016年1月にシント=トロイデンに完全移籍で加入した。

シント=トロイデンでは、公式戦97試合に出場し11ゴール9アシストを記録。2018-19シーズンはジュピラー・プロ・リーグで29試合に出場し3ゴール5アシスト、プレーオフ2では10試合に出場し3ゴールを記録するなど、主力としてプレーしていた。

ジュピラー・プロ・リーグでは通算61試合に出場し5ゴール7アシストを記録。プレーオフ2では30試合に出場し6ゴール1アシストを記録している。

また、U-21ベルギー代表としても13試合に出場し1ゴールを記録。2019年6月に行われていたU-21欧州選手権でも1試合に出場していた。
コメント
関連ニュース
thumb

元レアルMFサムエル・サイスが2部降格ジローナに移籍

リーガエスパニョーラ2部に降格したジローナは18日、リーズのスペイン人MFサムエル・サイス(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。 レアル・マドリーのカンテラで育った攻撃的MFのサムエル・サイスは、2015年夏に移籍したウエスカで頭角を現し、2017年夏にリーズへ完全移籍。2018-19シーズンは前半戦をリーズで過ごし、チャンピオンシップ(イングランド2部)で19試合に出場して4アシストを記録。後半戦はヘタフェにレンタル移籍し、リーガエスパニョーラで10試合に出場して1ゴールを決めていた。 2019.07.19 00:03 Fri
twitterfacebook
thumb

ヒホンMFモイ・ゴメスがビジャレアルに復帰

ビジャレアルは18日、スポルティング・ヒホンのスペイン人MFモイ・ゴメス(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ビジャレアルのカンテラ出身であるセントラルMFのモイ・ゴメスは、2011年にトップチームデビュー。ビジャレアルでは公式戦94試合に出場し、7ゴールを記録していた。その後、ヘタフェにレンタル移籍後、2016年夏にスポルティング・ヒホンに完全移籍。そして2018年1月からウエスカにレンタル移籍し、ウエスカのリーガエスパニョーラ1部昇格に貢献していた。2018-19シーズンはウエスカでリーグ戦36試合に出場して2ゴール9アシストと活躍したが、チームは19位に終わり降格していた。 ビジャレアルは今夏、ナポリからDFラウール・アルビオル、リバプールからDFアルベルト・モレーノらを獲得している。 2019.07.18 23:39 Thu
twitterfacebook
thumb

パウ・ロペス流出のベティス、ヒホンのU-21スペイン代表GKダニ・マルティンを獲得

ベティスは18日、スポルティング・ヒホンのU-21スペイン代表GKダニ・マルティン(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。移籍金は500万ユーロ(約6億円)とのことだ。 2017年9月にヒホンでトップチームデビューを飾ったダニ・マルティンは2018-19シーズン、リーガエスパニョーラ2部で4試合に出場、コパ・デル・レイで5試合に出場していた。世代別の代表ではU-17からスペイン代表に選出され、現在はU-21に選ばれている。 ベティスでは昨季守護神を務めていたスペイン代表GKパウ・ロペスがローマに引き抜かれていた。 2019.07.18 23:10 Thu
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、エスパニョールからエルモソ獲得! 移籍金総額は35億円!

アトレティコ・マドリーは18日、エスパニョールからスペイン代表DFマリオ・エルモソ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの5年となる。 なお、エスパニョールの発表によると、移籍金は2500万ユーロとなり、選手のパフォーマンス、クラブの戦績次第で最大400万ユーロのボーナスが支払われるため、移籍金の総額は最大2900万ユーロ(約35億円)となる。 さらに、エスパニョールはアトレティコがエルモソを他クラブに売却した際、移籍金の20パーセントを受け取ることができる。そのため、エスパニョールが最終的に受け取る金額は4000万ユーロ(約48億4000万円)に設定されていた契約解除金と大きくは変わらないものとなった。 レアル・マドリーの下部組織出身のエリートDFは、昨季加入したエスパニョールで出場機会を得ると、今季に入って完全にブレイク。184cmとサイズには恵まれていないが、守備センスの高さと左サイドバックでもプレー可能なアジリティを武器に総合力の高い守備を披露。 また、高精度の左足を生かしたビルドアップ能力、フィードが評価されて昨年11月にスペイン代表デビューを飾ると、ここまで3試合に出場している。 なお、新シーズンに向けて最終ラインの刷新が行われているアトレティコ。すでにポルトからブラジル代表DFフェリペ、アトレチコ・パラナエンセからブラジル人DFレナン・ロディ、トッテナムからイングランド代表DFキーラン・トリッピアーの3選手をすでに確保していた。 2019.07.18 21:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ビルバオ、DFジェライ・アルバレスと新契約締結! 2度の精巣ガン乗り越えた不屈の男

アスレティック・ビルバオは18日、スペイン人DFジェライ・アルバレス(24)と2026年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。契約解除金は7000万ユーロ(約84億7000万円)に設定されている。 13歳でビルバオの下部組織に加入したジェライは、ビルバオのサードチームにあたるCDバスコニアでプロデビュー。その後、セカンドチームのビルバオ・アスレティックを経て2016年にトップチームデビューを飾った。 高い身体能力と守備センスを武器にすぐさまセンターバックの主力に定着したジェライは、アトレティコ・マドリーやバルセロナ、レアル・マドリーなど国内の強豪の関心を集める存在に。 しかし、2016年の年末を境に思わぬ形でキャリアが暗転する。ジェライは2016年12月に精巣ガンの摘出手術を受けて、一度は戦列に復帰しながらも、再発の疑いがあり2017年6月から化学療法での治療をスタート。その後、同年9月に化学療法の治療が完了した。 そして、ジェライは2018年2月4日に行われたリーガエスパニョーラ第22節のジローナ戦で先発フル出場し、9ケ月ぶりの戦列復帰を果たした。 2度に渡る精巣ガンを乗り越えてピッチに舞い戻った不屈の男は、昨シーズンのリーグ戦30試合に出場し、完全復活をアピールしていた。 2019.07.18 19:39 Thu
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース