中島翔哉にライバル出現! ポルトがコロンビア代表FWルイス・ディアスを獲得!2019.07.11 12:05 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ポルトは11日、コロンビアのフニオールFCからコロンビア代表FWルイス・ディアス(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年までの5年間とのことだ。ルイス・ディアスは、コロンビアのバランキージャでキャリアをスタート。2017年7月にフニオールFCへと移籍した。コロンビア1部リーグではこれまで26試合に出場し5ゴール3アシスト、コパ・リベルタドーレスでは14試合に出場し2アシスト、コパ・スダメリカーナでは14試合に出場し4ゴール1アシストを記録していた。

また、2018年9月にコロンビア代表デビューを果たすと、2019年3月の日本代表戦にも途中出場。先日まで開催されていたコパ・アメリカのメンバーにも選ばれ、3試合でプレーしていた。

ルイス・ディアスは、スピードとテクニックを持ったウインガー。左ウイングを主戦場とし、先日アル・ドゥハイルから加入した日本代表MF中島翔哉とポジションを争うことになりそうだ。なお、背番号は「7」を着用する。
コメント
関連ニュース
thumb

ポルト移籍の中島翔哉、背番号「10」に変更!

ポルトに移籍した日本代表FW中島翔哉の背番号が「10」に変わった。 今夏、アル・ドゥハイル(カタール)からポルトガルの名門ポルトに完全移籍加入を果たした中島。入団会見時に背番号「8」がお披露目された。 だが、ポルトは18日、公式ツイッター(@FCPorto)で「我々の10番」として、中島を紹介。公式サイトのプロフィール欄も背番号「10」に変更されている。 その中島は、16日に行われたフルアムとのプレシーズンマッチに先発。背番号「10」を背負い、61分までピッチに立ち、チームの勝利(1-0)に貢献している。 加入早々の背番号変更を明かしたクラブのツイートに対して動揺するサポーターの反応も相次いでいるが、ポルトガル『O Jogo』によれば、ポルトはすでに中島の背番号「8」入りユニフォームを購入した者への対応として、交換を受け付けるという。 なお、背番号「10」は、昨シーズンまでスペイン人MFオリベル・トーレスが着用。だが、今夏のセビージャ移籍が決定したため、空き番になっていた。 2019.07.19 08:45 Fri
twitterfacebook
thumb

セビージャ、オリベル・トーレスの獲得を発表! 今夏9人目はロペテギの元教え子に

セビージャは15日、スペイン人MFオリベル・トーレス(24)をポルトから獲得したことを発表した。2024年までの5年契約となる。 アトレティコ・マドリー下部組織出身のオリベル・トーレスは、2014-15シーズンにレンタルでポルトに加わると、当時のポルトを指揮したフレン・ロペテギ現セビージャ監督の下で主力として活躍。2015-16シーズンはアトレティコにレンタルバックしたが、2016年夏から再びポルトに貸し出された。その後、2017年2月にポルトへの完全移籍が決定。昨シーズンも公式戦39試合2ゴール7アシストを記録するなど地位を築き、公式戦通算146試合12ゴール21アシストの成績を収めた。 セビージャにとってオリベル・トーレスは今夏9人目の補強となる。これまでにFWルーク・デ・ヨングやDFセルヒオ・レギロンをはじめ、FWルーカス・オカンポス、MFフェルナンドの獲得を成功させており、3月に復任したモンチSD(スポーツ・ディレクター)の手腕が存分に発揮された夏を過ごしている。 なお、スペイン『アス』によると、移籍金1200万ユーロ(約14億6000万円)程度になるとのことだ。 2019.07.15 20:54 Mon
twitterfacebook
thumb

カシージャス、体調回復のため現役を一時退く…今後はポルトでコーチに

ポルトは15日、元スペイン代表GKイケル・カシージャス(38)が体調回復に努めている間、コーチングスタッフとしての役割を任せることを発表した。 カシージャスは5月初日の練習中に心臓発作を起こし病院へ緊急搬送された。その後、無事退院し今月初日には新シーズンに向けたトレーニングに参加することが伝えられたが、まだ激しい練習や試合に出られるほど回復には至っていないようだ。 カシージャスは今回の決定について以下のようにコメントしている。 「いつもとは違ったやり方を取る。これまではピッチの上にいたけど、これからはチームとクラブを繋げる橋渡し役をこなしていく。私にあのようなことが起こった時、ミスターはクラブに残って選手たちの近くにいて欲しいと言ってくれた。多くの変化が起きるかもしれないが、チームメイトをサポートするために全力を尽くすよ」 ポルトと2020年までの契約を結んでいるカシージャス。現役引退ではなく、体調が回復次第再びピッチに戻るとのことだ。 2019.07.15 19:54 Mon
twitterfacebook
thumb

オリベル・トーレス、ロペテギのセビージャ移籍間近に

セビージャが、ポルトに所属するスペイン人MFオリベル・トーレス(24)の獲得が迫っているようだ。スペイン『アス』が報じた。 アトレティコ・マドリー下部組織出身のオリベル・トーレスは、2014-15シーズンにレンタルでポルトに加わると、当時のポルトを指揮したフレン・ロペテギ現セビージャ監督の下で主力として活躍。2015-16シーズンはアトレティコにレンタルバックしたが、2016年夏から再びポルトに貸し出された。2017年2月にポルトへの完全移籍が決定。昨シーズンも公式戦39試合2ゴール7アシストを記録するなど地位を築き、公式戦通算146試合12ゴール21アシストの成績を収めた。 ポルトとセビージャは、そのスペイン人MFに関して、移籍金1200万ユーロ(約14億6000万円)でクラブ間合意。選手は14日の現地到着後、翌15日にメディカルチェックを受ける見込みであり、問題なければ16日からセビージャのプレシーズンに合流する模様だ。 なお、セビージャは、今夏にレアル・マドリーからスペイン人DFをレンタルで獲得するなど、すでに8選手を獲得。オリベル・トーレスの加入が決まれば、9人目の新戦力であり、ロペテギ監督とっても再会となる。 2019.07.14 22:45 Sun
twitterfacebook
thumb

アルナウトビッチらFW陣退団のウェストハム、マレガ獲得にリベンジ 昨季ポルトで21G11A

ウェストハムがポルトに所属するマリ代表FWムサ・マレガ(28)を狙っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 マレガは、アミアンなど複数のフランスクラブでプレーし、チュニジアのエスペランス、ポルトガルのマリティモを経て、2016年1月にポルトに加入。半年間で期待されていたような活躍を残すことができず、翌年はヴィトーリアへのレンタルを経験すると、2017-18シーズンから主力に接近し、昨シーズンは公式戦47試合21ゴール11アシストを記録した。 また、現在行われている2019アフリカネイションズカップ(ANC)では、ここまで4試合1ゴールを記録。チームのベスト16進出に貢献した。 ウェストハムは今夏、元イングランド代表FWアンディ・キャロルが退団し、オーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチが上海上港に、スペイン人FWルーカス・ペレスがアラベスに移籍した。そのため、新ストライカーの獲得が急務となっており、昨夏にも獲得に動いていたマレガに再びオファーを提示したようだ。 マレガとポルトの現行契約は2021年6月まで。伝えられるところによれば、3000万ユーロ(約36億5000万円)の契約解除金が設定されており、選手本人はプレミアリーグへの移籍に前向きだという。 なお、ウェストハムは現在、マレガの他にフランクフルトのフランス人FWセバスティアン・アラー(25)、WBAのベネズエラ代表FWホセ・サロモン・ロンドン(29)の獲得にも動いている。 2019.07.13 09:55 Sat
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース