法政大がJ2・東京Vにジャイアントキリング達成! C大阪は延長戦の末、和歌山に辛勝《天皇杯》2019.07.10 22:05 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
第99回天皇杯全日本サッカー選手権大会の2回戦の3試合が10日に各地で行われた。 ヤンマースタジアム長居で行われたセレッソ大阪vsアルテリーヴォ和歌山は3-1でC大阪が勝利した。序盤から主導権を握るC大阪は38分に奥埜博亮のスルーパスに反応した高木俊幸がGKとの一対一を冷静に沈めて先制に成功。しかし、52分に角南裕太にクロスを許すと、ボックス内でパスを回され、最後は林祥太にゴールを献上した。

試合終盤には猛攻を仕掛けるC大阪だったが、和歌山の粘り強い守りを攻略できず延長戦に突入したが、それでも98分に、藤田の右CKから山下が頭で合わせて勝ち越しに成功。試合終了間際の120分には柿谷曜一朗のクロスから安藤瑞季が加点し、勝負を決めた。

東京ヴェルディは味の素フィールド西が丘で法政大学と激突。ゴールレスで試合を折り返すと法政大は57分、関口正大のアーリークロスから松澤彰が頭で合わせて先制に成功。さらに、79分には佐藤大樹のクロスから橋本陸が押し込んで、シャイアントキリングを達成した。

横浜FCはニッパツ三ツ沢球技場で仙台大学と対峙。かつてFC東京やベガルタ仙台などで活躍した平山相太氏が監督を務める仙台大に、49分に藤岡優也の一発を浴び先行されるも、75分に松井大輔のボレーシュートで同点に。さらに81分に戸島章のヘディングシュートが決まり、逆転勝利を収めている。

◆天皇杯2回戦 結果・日程
▽7月10日(水)
東京ヴェルディ(J2) 0-2 法政大学(アマチュアシード)
横浜FC(J2) 2-1 仙台大学(宮城)
セレッソ大阪(J1) 3-1 アルテリーヴォ和歌山(和歌山)

◆天皇杯3回戦日程
▽8月14日(水)
川崎フロンターレ vs ファジアーノ岡山
ジュビロ磐田 vs ヴァンラーレ八戸
清水エスパルス vs アビスパ福岡
ガンバ大阪 vs 法政大学(アマチュアシード)
Honda FC(静岡) vs 徳島ヴォルティス
ヴィアティン三重(三重) vs V・ファーレン長崎
浦和レッズ vs 水戸ホーリーホック
横浜F・マリノス vs 横浜FC
サンフレッチェ広島 vs ツエーゲン金沢
鹿屋体育大学 vs 大分トリニータ
セレッソ大阪 vs レノファ山口
ヴィッセル神戸 vs 大宮
鹿島アントラーズ vs 栃木SC
サガン鳥栖 vs 柏レイソル
FC東京 vs ヴァンフォーレ甲府
ベガルタ仙台 vs カターレ富山
コメント
関連ニュース
thumb

天皇杯2回戦でのジャイキリに思うこと/六川亨の日本サッカー見聞録

昨日3日は天皇杯の2回戦29試合が行われ、J1リーグの4チーム(名古屋、札幌、湘南、松本)が姿を消した。なかでも衝撃的だったのは、名古屋が鹿屋体育大に0-3で完敗したことだ。 名古屋だけでなく、FC東京は桐蔭横浜大に、川崎Fは明治大に1-0の辛勝スタートで、浦和と横浜FMもそれぞれ流通経済大と立命館大に2-1と苦戦を強いられた。 昨日はFC東京対桐蔭横浜大の試合を取材したが、改めて大学勢のレベルアップを痛感した。過去にも大学勢や高校勢がジャイアントキリングを演じたことはあるが、それは堅守速攻での快挙だった。 しかし昨日の桐蔭横浜大は、安武監督が試合後に「私たちは大学生で、相手はJ1で、誰が出てくるのかわからなかったので、普段通り我々のサッカーをしよう。選手も個人個人がこの試合で評価されたかったので、自分たちのサッカーをした」と説明したように、4-4-2の布陣からボールポゼッションによる“普段通り”のサッカーで互角に渡りあった。 もちろんFC東京はリーグ戦から10人を入れ替えるターンオーバーを採用したし、名古屋も外国籍選手はマテウスひとりで、リーグ戦から大幅にメンバーを入れ替えたため本来のチーム力ではなかった面は否めない。 にもかかわらず苦戦を余儀なくされたのは、大学サッカーのレベルアップに他ならないと言っていい。桐蔭横浜大で言えば、創部は1998年と歴史は浅いものの、初代監督は風間八宏氏が務め、FC東京戦にも出場した4年生のMFイサカゼインは来シーズンの川崎F入団が内定しているし、過去にもJリーガーを輩出している。 対戦相手だったFC東京のCB渡辺とFW矢島はいずれも中央大出身で、FC東京の下部組織で育ったものの、ユースやトップに昇格できず、高校サッカーや大学サッカーで頭角を現し、プロ契約にこぎつけた。 近年の高校選手権では東京や埼玉のチームがなかなか上位に勝ち進めないが、優秀な選手はJクラブの下部組織を選択し、そこで揉まれてもトップに昇格できなければ大学に進学してプロを目指す。いわば大学サッカーは違った意味でプロ予備軍となっている精鋭揃い。このためJクラブのセカンドチームでは苦戦を余儀なくされても当然と言える。 ただ、「日本最古のカップ戦」とうたう天皇杯が、それもプロリーグのトップチームが“ベストメンバー”を出さずにアマチュアに敗れていいのかという疑問も残る。 Jクラブとしては、最優先すべきはリーグ戦での優勝争いであり残留争いというのが本音なのも理解できる。大学勢にしてもトップ選手はイタリア・ナポリで開催中のユニバーシアードに参加しているため2回戦はベストメンバーとは言えないチームもあった。 お互いに“それぞれの事情”を抱えての天皇杯2回戦だったが、選手が疲弊しないよう、J1クラブの出場は4回戦からにするとか、年間の試合数を減らしてクオリティーの高い試合になるよう再検討してはいかがだろうか。 このままでは天皇杯へのJ1クラブのモチベーションは下がる一方だろう。ルヴァン杯も含めて大会の見直しが必要だと感じた昨日の取材だった。 <hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2019.07.04 16:30 Thu
twitterfacebook
thumb

G大阪、讃岐戦後にチームバスと乗用車が接触事故…双方ケガなし

ガンバ大阪は4日、3日に行われた第99回天皇杯全日本サッカー選手権大会の試合後にチームバスが交通事故を起こしたことを発表した。 クラブによれば、3日に行われた天皇杯2回戦のカマタマーレ讃岐戦(7-1で勝利)後、チームバスがスタジアムから外周道路へ向かっている途中、万博公園・南駐車場出口から出てきた自動車がチームバスの左側面・前方に接触したとのこと。 また、この事故にてチームバスに乗車していた選手・チームスタッフ、ならびに自動車運転手にケガはなく、事故発生後、速やかに警察等、関係各所に連絡をして対応したという。 2019.07.04 05:30 Thu
twitterfacebook
thumb

鹿屋体育大学がJ1名古屋を3発粉砕でジャイアントキリング達成! 湘南、札幌、松本が金星献上…《天皇杯》

第99回天皇杯全日本サッカー選手権大会の2回戦が3日に各地で行われた。 今ラウンドからJ1リーグとJ2リーグに所属するチームが参加する中、前大会王者の浦和レッズやJ1王者の川崎フロンターレは、いずれも大学勢との対戦となった。 ディフェンディングチャンピオンの浦和レッズは浦和駒場スタジアムで流通経済大学と対戦。2分に山田直輝の右CKから鈴木大輔がヘディングで合わせて幸先よく先制する。しかし、流経大の菊地泰智に強烈な左足シュートを浴びてしまい同点に。それでも75分に汰木康也のクロスを途中出場のエヴェルトンが頭で合わせて勝ち越し、辛くも2-1で逃げ切っている。 また、Jリーグ王者の川崎フロンターレは等々力陸上競技場に明治大学を迎え入れ、15分に生まれたオウンゴールを守りきり辛勝。その他、大学生と対戦した鹿島アントラーズ、FC東京、横浜F・マリノスは苦戦を強いられながらも順当に勝利している。 一方、今大会の名物でもある下部カテゴリー所属チームによる下刻上によってJ1所属の4チームがジャイアントキリングを許すことに。 名古屋グランパスはパロマ瑞穂スタジアムで鹿屋体育大学と激突。ゴールレスで折り返した名古屋だったが、46分に鹿体大の伊藤龍生に失点を許してしまう。さらに、67分に根本凌、81分に藤本一輝にゴールを決められて、まさかの0-3で敗戦。大学生相手に屈辱のジャイアントキリングを許した。 湘南ベルマーレは、Shonan BMW スタジアム平塚でヴィアティン三重と対峙。22分に坂井将吾に先制を許す展開に。続く50分、58分にも立て続けに坂井将吾に得点され、ハットトリックを献上。71分にも北野純也にゴールを許し、JFL所属の三重に大金星を献上した。 コンサドーレ札幌は札幌厚別公園競技場にJFL所属のHonda FC迎え入れた。31分までに遠野大弥に2点を先行される苦しい展開に。その後33分に中村桐耶、55分に藤村怜のゴールで同点に追いついた札幌だったが、65分に古橋達弥、86分に池松大騎にゴールネットを揺らされ、2-4で敗戦している。 サンプロ アルウィンでJ3のヴァンラーレ八戸と対戦した松本山雅FCは24分に飯田真輝のゴールで先制。後半終了間際の89分に中村太一にゴールを献上すると、試合終了間際の119分に谷尾昂也の一発を浴び2-3で逆転負けを喫している。 その他では鈴木秀人新監督の初陣となったジュビロ磐田はヤマハスタジアムでホンダロックSCと対峙。2度追い付かれたものの中山仁斗のハットトリックなどで5-2の勝利を収めている。また、久藤清一監督体制で未勝利が続いていたアビスパ福岡は、鹿児島ユナイテッドFCとの九州ダービーに臨み、延長戦の末に2-1で競り勝ってこちらも新体制での公式戦初白星を手にしている。なお、同日行われたその他の試合結果は以下の通り。 ◆天皇杯2回戦 結果・日程 ▽7月3日(水) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">川崎フロンターレ(J1) 1</span>-0 明治大学(東京) ジェフユナイテッド千葉(J2) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ファジアーノ岡山(J2)</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ジュビロ磐田(J1) 5</span>-2 ホンダロックSC(宮崎) 松本山雅FC(J1) 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ヴァンラーレ八戸(青森)</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">清水エスパルス(J1) 1</span>-0 AC長野パルセイロ(長野) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アビスパ福岡(J2) 2</span>-1 鹿児島ユナイテッドFC(J2) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ガンバ大阪(J1) 7</span>-1 カマタマーレ讃岐(香川) 北海道コンサドーレ札幌(J1) 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 Honda FC(静岡)</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">徳島ヴォルティス(J2) 0-</span>0(PK:5-3) 愛媛FC(J2) 湘南ベルマーレ(J1) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 ヴィアティン三重(三重)</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">V・ファーレン長崎(J2) 2-</span>1 高知ユナイテッドSC(高知) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">浦和レッズ(J1) 2</span>-1 流通経済大学(茨城) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">水戸ホーリーホック(J2) 1</span>-0 京都サンガF.C.(J2) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">横浜F・マリノス(J1) 2</span>-1 立命館大学(京都) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">サンフレッチェ広島(J1) 4</span>-0 沖縄SV(沖縄) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ツエーゲン金沢(J2) 1</span>-0 アルビレックス新潟(J2) 名古屋グランパス(J1) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 鹿屋体育大学(鹿児島)</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">大分トリニータ(J1) 4</span>-1 ガイナーレ鳥取(鳥取) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">レノファ山口FC(J2) 2</span>-1 FC琉球(J2) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヴィッセル神戸(J1) 4</span>-0 ギラヴァンツ北九州(福岡) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">大宮アルディージャ(J2) 2-</span>1 ザスパクサツ(群馬) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">鹿島アントラーズ(J1) 3</span>-1 北陸大学(石川) モンテディオ山形(J2) 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 栃木SC(J2)</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">サガン鳥栖(J1) 1-</span>1(PK:4-3) ロアッソ熊本(熊本) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">柏レイソル(J2) 4</span>-0 いわてグルージャ盛岡(岩手) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC東京(J1) 1</span>-0 桐蔭横浜大学(神奈川) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府(J2) 2-</span>2(PK:4-3) FC岐阜(J2) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ベガルタ仙台(J1) 4</span>-1 FC大阪(大阪) FC町田ゼルビア(J2) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 カターレ富山(富山)</span> ▽7月10日(水) 《19:00》 東京ヴェルディ(J2) vs 法政大学(アマチュアシード) 横浜FC(J2) vs 仙台大学(宮城) セレッソ大阪(J1) vs アルテリーヴォ和歌山(和歌山) ◆天皇杯3回戦日程 川崎フロンターレ vs ファジアーノ岡山 ジュビロ磐田 vs ヴァンラーレ八戸 清水エスパルス vs アビスパ福岡 ガンバ大阪 vs 東京ヴェルディと法政大学(アマチュアシード)の勝者 Honda FC(静岡) vs 徳島ヴォルティス ヴィアティン三重(三重) vs V・ファーレン長崎 浦和レッズ vs 水戸ホーリーホック 横浜F・マリノス vs 横浜FCと仙台大学(宮城)の勝者 サンフレッチェ広島 vs ツエーゲン金沢 鹿屋体育大学 vs 大分トリニータ セレッソ大阪とアルテリーヴォ和歌山(和歌山)の勝者 vs レノファ山口 ヴィッセル神戸 vs 大宮 鹿島アントラーズ vs 栃木SC サガン鳥栖 vs 柏レイソル FC東京 vs ヴァンフォーレ甲府 ベガルタ仙台 vs カターレ富山 2019.07.03 23:00 Wed
twitterfacebook
thumb

J1&J2クラブが登場…2回戦組み合わせが決定! 前回王者・浦和は流経大、秋田撃破の明治大はJ王者・川崎Fと《第99回天皇杯》

5月25日、26日に第99回天皇杯1回戦が行われ、2回戦進出チームが決定した。 1回戦では、都道府県予選を勝ち抜いてきたチームが対戦。明治安田生命J3リーグを戦うクラブも登場し、ヴァンラーレ八戸(青森)やザスパクサツ群馬(群馬)、ギラヴァンツ北九州(福岡)、ロアッソ熊本(熊本)らが順当に1回戦突破を決める中、ブラウブリッツ秋田が明治大学に0-3で屈するなど、早くも下剋上が起きている。 その他、インカレ王者の法政大学、元日本代表FW髙原直泰が代表兼監督兼選手を務める沖縄SVらも2回戦進出を決めた。 この結果、2回戦の組み合わせが決定。2回戦は7月3日と10日に開催され、同ステージから明治安田生命J1リーグ、J2リーグのクラブが登場する。組み合わせは以下の通り。 ◆天皇杯2回戦組み合わせ ▽7月3日(水) 《19:00》 川崎フロンターレ(J1) vs 明治大学(東京) ジェフユナイテッド千葉(J2) vs ファジアーノ岡山(J2) ジュビロ磐田(J1) vs ホンダロックSC(宮崎) 松本山雅FC(J1) vs ヴァンラーレ八戸(青森) 清水エスパルス(J1) vs AC長野パルセイロ(長野) アビスパ福岡(J2) vs 鹿児島ユナイテッドFC(J2) ガンバ大阪(J1) vs カマタマーレ讃岐(香川) 北海道コンサドーレ札幌(J1) vs Honda FC(静岡) 徳島ヴォルティス(J2) vs 愛媛FC(J2) 湘南ベルマーレ(J1) vs ヴィアティン三重(三重) V・ファーレン長崎(J2) vs 高知ユナイテッドSC(高知) 浦和レッズ(J1) vs 流通経済大学(茨城) 水戸ホーリーホック(J2) vs 京都サンガF.C.(J2) 横浜F・マリノス(J1) vs 立命館大学(京都) サンフレッチェ広島(J1) vs 沖縄SV(沖縄) ツエーゲン金沢(J2) vs アルビレックス新潟(J2) 名古屋グランパス(J1) vs 鹿屋体育大学(鹿児島) 大分トリニータ(J1) vs ガイナーレ鳥取(鳥取) レノファ山口FC(J2) vs FC琉球(J2) ヴィッセル神戸(J1) vs ギラヴァンツ北九州(福岡) 大宮アルディージャ(J2) vs ザスパクサツ(群馬) 鹿島アントラーズ(J1) vs 北陸大学(石川) モンテディオ山形(J2) vs 栃木SC(J2) サガン鳥栖(J1) vs ロアッソ熊本(熊本) 柏レイソル(J2) vs いわてグルージャ盛岡(岩手) FC東京(J1) vs 桐蔭横浜大学(神奈川) ヴァンフォーレ甲府(J2) vs FC岐阜(J2) ベガルタ仙台(J1) vs FC大阪(大阪) FC町田ゼルビア(J2) vs カターレ富山(富山) ▽7月10日(水) 《19:00》 東京ヴェルディ(J2) vs 法政大学(アマチュアシード) 横浜FC(J2) vs 仙台大学(宮城) セレッソ大阪(J1) vs アルテリーヴォ和歌山(和歌山) 2019.05.26 20:07 Sun
twitterfacebook
thumb

J3の秋田、明治大に3発で屈する! 沖縄SVは元日本代表FW髙原直泰のゴール含む2発で2回戦へ《第99回天皇杯》

26日、第99回天皇杯1回戦の15試合が全国各地で行われた。 都道府県予選を勝ち抜いてきたチームが戦う1回戦。明治安田生命J3リーグを戦うチームも登場した。 J3で12位に位置する秋田県代表のブラウブリッツ秋田は、東京代表の大学サッカー屈指の強豪・明治大学と対戦。J3クラブとして意地を見せたかったが、前半30分に明治大学の森下龍矢にゴールネットを揺らされると、40分には小柏剛、後半にも佐藤亮にゴールを許し、0-3で敗れた。J3クラブの秋田を撃破した明治大学が2回戦進出を決めている。 J3で首位に立つ福岡県代表のギラヴァンツ北九州は、中国大学サッカーリーグ1部で首位に立つ山口県代表の徳山大学と対戦。序盤こそ徳山大は北九州の攻撃にうまく対応していたが、北九州は19分に福森健太のゴールで先制点を奪取する。さらに42分にも福森が追加点を奪うと、ここからゴールラッシュ。45分、47分に町野修斗が立て続けに加点すると、73分には福森がハットトリックとなるチームの5点目を記録する。試合終了間際には池元友樹もゴールを決めて、北九州が6-0で勝利して2回戦に駒を進めた。 その他、AC長野パルセイロ、ロアッソ熊本、いわてグルージャ盛岡、カターレ富山が順調に勝利。ガイナーレ鳥取も環太平洋大学に2-2の苦戦を強いられたが、PK戦の末に1回戦突破を決めている。 また、初出場となった沖縄県代表の沖縄SVは、愛媛県代表の松山が大学と対戦。すると6分、沖縄SVは元日本代表FW髙原直泰のゴールで先制する。その後、80分にも山内達朗が追加点を奪い、沖縄SVが2回戦に進出している。 2回戦は7月3日と10日に開催。同ステージから明治安田生命J1リーグ、J2リーグのクラブが登場する。 ◆天皇杯1回戦 ▽5月26日(日) ブラウブリッツ秋田(秋田) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 明治大学(東京)</span> 【明治大】 森下龍矢(前30) 小柏剛(前40) 佐藤亮(後34) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">AC長野パルセイロ(長野) 1</span>-0 新潟医療福祉大学(新潟) 【長野】 三上陽輔(後38) ブリオベッカ浦安(千葉) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 法政大学</span> 【法政大】 竹本大輝(前35) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヴィアティン三重(三重) 3</span>-2 関西学院大学(兵庫) 【三重】 坂井将吾(前10) 西村仁志(前23) 塩谷仁(後47) 【関学大】 山見大登(前4) 中村匡克(後19) MD長崎(長崎) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 高知ユナイテッドSC(高知)</span> 【高知】 村上魁(後47) 北海道教育大学岩見沢校(北海道) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 流通経済大学(茨城)</span> 【流経大】 齋藤聖七(後26、後42) 奈良クラブ(奈良) 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 立命館大学(京都)</span> 【奈良】 島田拓海(後39) 【立命館】 田中康介(前17) 延祐太(前47) 松山大学(愛媛) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 沖縄SV(沖縄)</span> 【沖縄SV】 髙原直泰(前6) 山内達朗(後35) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ガイナーレ鳥取(鳥取)</span> 2-2(PK:<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4</span>-3) 環太平洋大学(岡山) 【鳥取】 ヴィートル・ガブリエル(前15、前45) 【IPU】 赤木直人(後8、後11) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ギラヴァンツ北九州(福岡) 6</span>-0 徳山大学(山口) 【北九州】 福森健太(前19、前42、後28) 町野修斗(前45、後2) 池元友樹(後48) 岐阜協立大学(岐阜) 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 北陸大学(石川)</span> 【岐協大】 横山智也(後28) 田中洸太朗(後37) 【北陸大】 長島グローリー(前7、前18、後20) 東出壮太(後16) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ロアッソ熊本(熊本) 2</span>-0 ヴェルスパ大分(大分) 【熊本】 高瀬優孝(後12) 小谷祐喜(後31) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">いわてグルージャ盛岡(岩手) 1</span>-0 山梨学院大学ペガサス(山梨) 【岩手】 谷口海斗(後21) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">カターレ富山(富山) 2</span>-0 FC刈谷(愛知) 【富山】 ルーカス・ダウベルマン(前30) 田中智大(後33) SRC広島(広島) 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 鹿屋体育大学(鹿児島)</span> 【SR広島】 OG(前30) 【鹿体大】 木橋朋暉(前7) 小屋原尚希(後51) ▽5月25日(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ホンダロック(宮崎) 5</span>-1 FC徳島(徳島) 栃木シティFC(栃木) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ヴァンラーレ八戸(青森)</span> 松江シティFC(島根) 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2</span>(2 PK <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4</span>) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">カマタマーレ讃岐(香川)</span> 福井ユナイテッドFC(福井) 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 Honda FC(静岡)</span> いわきFC(福島) 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 仙台大学(宮城)</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アルテリーヴォ和歌山(和歌山) 3</span>-0 佐賀LIXIL FC(佐賀) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ザスパクサツ群馬(群馬) 1</span>-0 東京国際大学(埼玉) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">桐蔭横浜大学(神奈川) 8</span>-0 山形大学医学部(山形) MIOびわこ滋賀(滋賀) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 FC大阪(大阪)</span> 2019.05.26 19:30 Sun
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース