清水がDFヴァンデルソンのバイーア完全移籍を発表「日本の文化、組織に触れたことは非常に貴重な経験」2019.07.10 14:40 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
清水エスパルスは10日、ブラジル人DFヴァンデルソン(28)のアトレチコ・パラナエンセからの移籍を解除し、ECバイーアへ完全移籍することを発表した。9日のバイーアの発表によれば、契約期間は2021年12月31日まで。AAフランカナでキャリアをスタートさせたヴァンデルソンは、セントンジーニョFC、SCコリンチャンス・パウリスタ、トレーゼFC、ECサンベント、クリシューマEC、アソシアソン・フェロヴィアリア・ジ・エスポルテスとブラジル国内のクラブを渡り歩き、2016年5月からアトレチコ・パラナエンセに加入。ブラジル1部通算では50試合2ゴールを記録しており、昨シーズンは15試合に出場した。

今冬に加入した清水では、明治安田生命J1リーグの開幕スタメンに名を連ねたが、J1第2節のガンバ大阪戦では自らのパスミスから失点を喫し、ヤン・ヨンソン前監督の信頼を失うと、以降はカップ戦要員としてYBCルヴァンカップ4試合の出場にとどまっていた。

バイーアへの完全移籍が決定したヴァンデルソンは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「自分が来日してからクラブ、選手、サポーターの皆さんが温かく迎えてくれて本当に感謝しています。残念ながら試合にはあまり絡むことができませんでしたが、日本の文化、組織に触れたことは非常に貴重な経験であり、自分自身を成長させてもらったと思います。チームは離れますが、たくさんの仲間もできましたし、エスパルスファミリーの一員として、これからもずっと応援しています」
コメント
関連ニュース
thumb

G大阪が矢島移籍後初ゴールで清水撃破! 欧州行き噂のファン・ウィジョはフル出場《J1》

13日にパナソニック スタジアム 吹田で行われた明治安田生命J1リーグ第19節のガンバ大阪vs清水エスパルスは、ホームのG大阪が1-0で勝利した。 FC東京との前節を落として6試合連続無敗記録がストップした14位のG大阪。仕切り直しとなる今節に向けては、欧州移籍の噂が取り沙汰されるファン・ウィジョが自身公式戦5戦5発の好相性を誇る清水戦のスタメンに入った。一方、シーズン3度目の連勝がかかる12位の清水は、クラブのJ1新記録となる7戦連発中のドウグラスが引き続き先発。出場停止のファン・ソッコに代わるセンターバックの一角に立田を起用した。 勝ち点2差でひしめく両雄の試合は、入りからハイテンションの清水がG大阪を攻め立てる展開になる。16分に三浦のミスパスからドウグラスに決定機を許したG大阪だが、これをGK東口の冷静な対応で凌ぐと、その1分後にファン・ウィジョに見せ場。ボックス右でボールを受け、鋭いターンから右足を振りぬいたが、惜しくも左に外れてしまう。 ドウグラスの脅威に晒されながら攻めに出るG大阪だが、半ば以降もペースを握ったのは、よりチームの特長を出した戦いを披露している清水。G大阪に崩されかける場面もあったが、局面を凌ぎ切り、得点源のドウグラスに効率よくボールを集めていくが、最後の場面で精度を欠いてしまい、なかなか効果的なフィニッシュに持ち込むことができない。 後半スタートからボールポゼッションで優位に立ったG大阪は、ドウグラスや北川にシュートを許すなか、56分にインサイドハーフでプレーした小野瀬を下げて、ゲームメイクに秀でた遠藤をピッチへ。要警戒のドウグラスを押さえ込みながら攻撃の活性化を図り、ファイナルサードでの崩しを増やすが、相手GKの踏ん張りもあり、スコアを動かせない。 ただ、72分にアデミウソンを投入して以降、次第にゴールの匂いを感じさせる攻撃を作り始めたG大阪は、ロングカウンターに転じた80分、左サイドでボールを受けたファン・ウィジョがドリブルを仕掛けて遠目の位置から右足コントロールショット。相手GKの伸ばした手を通過してゴール右を突いたが、惜しくも右ポストに嫌われてしまう。 それでも、細かいパスワークでボックス右を切り崩した88分、ヘナト・アウグストのクリアボールに反応した矢島が冷静に右足シュート。これがゴール左隅に決まり、G大阪が土壇場でスコアを動かした。結局、矢島の移籍後初ゴールを守り抜いたG大阪がホーム初の連勝。ファン・ウィジョのラストゲームとも囁かれる一戦を制して、清水を順位で上回った。 2019.07.13 21:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】欧州行き噂のファン・ウィジョvs絶好調のドウグラス! 輝くのは?《G大阪vs清水》

ガンバ大阪(勝ち点20/14位)にとって、明治安田生命J1リーグ後半戦のホーム初戦となる今週末の第19節。2ポイントで上を行く清水エスパルス(同22/12位)との重要な一戦に挑む。 ◆仕切り直しの一戦〜ガンバ大阪〜 無傷の6月を含めて6試合連続で無敗を継続するなど、ようやく戦い方の方向性が定まりつつある宮本ガンバ。そのなかで迎えた前節、首位に立つFC東京とアウェイで激突した。開始早々に先制する好シチュエーションに持ち込んだが、雨が激しく降るピッチコンディションにも苦しみ、7試合ぶりの複数失点となる3失点で力負け。失点シーンを除けば、内容的に下を向くようなものではなかったが、2002年から勝てていない“鬼門”味の素スタジアムでまたしても躓き、再び降格圏がちらつき始める手痛い敗戦を喫した。 そうしたなかで、藤春廣輝が再離脱となり、オ・ジェソクや田中達也が相次いで移籍。さらに、エースのファン・ウィジョにも海外移籍の噂が再熱しており、周囲がざわつくなかで今節を迎えることになる。その今節は、ドウグラスと北川航也の強力2トップを擁する清水が相手。そこを抑え込めなければ、ディエゴ・オリヴェイラと永井謙佑の2トップにやられた前節の二の舞いになりかねないだけに、三浦弦太ら守備陣の奮起が不可欠になりそうだ。ここ5試合無敗を続ける本拠地パナスタで仕切り直しの勝利なるか。 ◆今季3度目の連勝狙う〜清水エスパルス〜 対する清水は篠田善之体制を発足して以降、ホーム戦3連勝の勢いもあり、4勝2分け1敗と復調。篠田体制初黒星を喫した前々節からの立ち直りが求められた前節は、ドウグラスと北川のアベック弾により、J1屈指のタレントを擁する神戸にホームで競り勝った。そのなかで、クラブのJ1新記録となる7試合連続得点をマークするドウグラスが絶好調。ここ7試合で13失点と守備陣の破錠が顕著なチーム状況のなかで、打ち合いを制して勝ち点を積み重ね続けられているのは、ブラジル人ストライカーの活躍によるものが大きい。 今シーズン3度目の連勝がかかる今節の相手は、清水と同じように復調ムードが漂うG大阪。前回対戦で4-2の打ち合いを落とした上、ルヴァンカップの2試合でも勝てていない相手だけに、“今回こそは!”という並々ならぬ思いがチーム全体にあるはずだ。ただ、ヴァンデルソンの退団が決まった今節は、最も経験豊富で計算の立つファン・ソッコが累積警告で出場できず、守備陣に不安を抱えて臨むことになる。前節の神戸戦と同様、辛抱強い守りからドウグラスら前線の一発攻勢で勝負を仕掛けたいところだが、再現なるか。 【予想&フォーメーション】 ◆ガンバ大阪[3-1-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190712_10_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:東口順昭 DF:高尾瑠、三浦弦太、キム・ヨングォン MF:遠藤保仁、小野瀬康介、矢島慎也、倉田秋、中村敬斗 FW:ファン・ウィジョ、食野亮太郎 監督:宮本恒靖<hr>注目ポイントは2トップの顔ぶれ。移籍報道に揺れるファン・ウィジョが外れるのなら、アデミウソンと食野亮太郎のセットが予想される。 ◆清水エスパルス[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190712_10_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:西部洋平 DF:エウシーニョ、立田悠悟、二見宏志、松原后 MF:河井陽介、ヘナト・アウグスト、竹内涼、西澤健太 FW:ドウグラス、北川航也 監督:篠田善之<hr>出場停止のファン・ソッコが今節を欠場。代わるセンターバックの一角として、コパ・アメリカ帰りの立田悠悟が7試合ぶりに先発の見込みだ。 【注目選手】 ファン・ウィジョ(ガンバ大阪)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190712_10_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>G大阪の注目選手は、ファン・ウィジョだ。今シーズンはここまで4得点。ベストイレブンに輝いた昨年のような爆発力を欠いている。ただ、2得点を記録した前々節でそうだったように、ゴールを決めればチームが活気づく存在であることに変わりはない。フランス挑戦の報道が飛び出してから一発目の試合となる今節、過去3度のリーグ戦でいずれも得点を挙げる清水戦で起用されるか未知数だが、出場となれば、やはりゴールに期待したい。 ドウグラス(清水エスパルス)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190712_10_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>清水の注目選手は、ドウグラスだ。不整脈の影響で出遅れた今シーズンだったが、5月に先発復帰して以降、9試合で8ゴールをマーク。完全復活と言っても良いぐらいの圧倒的な輝きを放っており、個人の勢いだけでいけば、Jリーグ全体でもFC東京の永井と並ぶか、それ以上だ。8試合連続ゴールのJ1記録に王手をかけた今節、乗り込むのは、昨夏の清水加入後初ゴールを決めた思い出の地パナスタ。今節も重戦車ぶりに注目したい。 ◆勝ち点2差の両者 勝ち点2差でひしめく両者の直接対決となる今カード。通算対戦成績で28勝6分け21敗とリードするG大阪が3度対戦した今シーズンも2勝1分けと完勝。しかも、その3試合で8得点を挙げており、強さを見せつけている。堅守を軸に勝負強く勝ち点を積み重ねてきたG大阪と、ドウグラスの爆発力を生かして調子を上げてきた清水の絶対に落とせない一戦の結末はいかに…。G大阪と清水の一戦はパナソニック スタジアム 吹田で13日19時キックオフだ。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1100l3Pqd/adref:innews_j" terget="_blank">ガンバとエスパルス、上昇の勝利を掴むのは?<br />Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2019.07.12 18:15 Fri
twitterfacebook
thumb

バイーア、清水へレンタル中のDFヴァンデルソンを保有元から完全移籍で獲得! 清水ではリーグ戦2試合に出場

ECバイーアは9日、清水エスパルスへ期限付き移籍中のブラジル人DFヴァンデルソン(28)を保有元のアトレチコ・パラナエンセから完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年12月31日までとなる。 AAフランカナでキャリアをスタートさせたヴァンデルソンは、セントンジーニョFC、SCコリンチャンス・パウリスタ、トレーゼFC、ECサンベント、クリシューマEC、アソシアソン・フェロヴィアリア・ジ・エスポルテスとブラジル国内のクラブを渡り歩き、2016年5月からアトレチコ・パラナエンセに加入。ブラジル1部通算では50試合2ゴールを記録しており、昨シーズンは15試合に出場した。 今冬に加入した清水では、開幕スタメンに名を連ねたが、第2節のガンバ大阪戦では自らのパスミスから失点を喫し、ヤン・ヨンソン前監督の信頼を失うと以降はカップ戦要員としてYBCルヴァンカップ4試合の出場にとどまっていた。 2019.07.10 02:56 Wed
twitterfacebook
thumb

清水、重戦車ドウグラスのクラブ新7戦連発弾で神戸撃破! ビジャ得点ランクトップ弾は空砲《J1》

明治安田生命J1リーグ第18節が6日にIAIスタジアム日本平で行われ、清水エスパルスがヴィッセル神戸に2-1で勝利した。 鳥栖との前節、篠田体制初黒星を喫した14位清水。前節のメンバーから1名を変更して挑む今節、金子をベンチに置き、河井を先発起用した。一方、名古屋との壮絶な打ち合いを制して2試合ぶりの白星を掴み、5試合無敗の11位神戸は、トルステン・フィンク体制発足から公式戦4試合負けなし。前節の先発から変更なく、得点ランキングトップタイの9得点を挙げるダビド・ビジャを引き続き起用した。 試合は、神戸が後方からの丁寧なビルドアップでリズムを作りにかかる入りとなる。そのなかで、前からのプレッシングとサイドのスペースを突いた攻撃を転じる清水は、20分にボックス中央で潰れ役を担った北川のプレーから6試合連続得点中のドウグラスにシュートチャンスが巡ってくるが、これを枠に飛ばせない。 ボールの主導権を握る神戸はテンポが上がらないなか、22分にキム・スンギュのロングフィードをウェリントンが頭でフリック。ダビド・ビジャがルーズボールを回収したウェリントンからパスを受けると、マルセイユルーレットを駆使してボックス右に侵攻する。右足シュートに持ち込むが、松原のブロックに遭う。 すると、清水は26分、ダビド・ビジャのトラップミスを突いた二見のクリアボールをドウグラスが回収して単騎のロングカウンター。敵陣右から山口のスライディングをも交わして駆け上がり、体勢を崩しながら北川にラストパスを出す。ボックス左でフリーの北川がこれを押し込み、清水が先制に成功する。 追う展開を強いられた神戸だが、29分に古橋が敵陣浅めの位置から前線のダビド・ビジャにロングフィード。ファン・ソッコの手前でボールを引き取ったダビド・ビジャがボックス中央で飛び出してきた西部をダブルタッチで交わして無人のゴールに流し込み、神戸がすぐさま試合を降り出しに戻してみせる。 ダビド・ビジャのここ6戦6発目となるゴールで追いついた神戸だが、[4-1-4-1]のシステム変更を施した清水も応戦すると、敵陣左サイドでスローインのチャンスを獲得した68分、二見のロングスローにボックス中央のドウグラスがヘディング。ドウグラスのクラブ新記録となるリーグ7戦連発弾で、清水が勝ち越した。 再び追う苦しい展開を強いられた神戸は、小川と田中を立て続けにピッチに送り出して、六平と金子の起用でバランスを整えてきた清水を攻め立てるが、ダビド・ビジャを巧みに消してくる相手の守備網攻略に苦戦。さらなる失点のリスクをおかして前がかる時間が続くが、攻め切れない展開に終始する。 結局、最後の交代カードで立田を起用して守備固めに入ったた清水が神戸に競り勝ち、2試合ぶりの白星。ホーム戦3連勝を飾った。対する神戸は6試合ぶりの黒星。トルステン・フィンク体制初の敗北となっている。 2019.07.06 20:00 Sat
twitterfacebook
thumb

岡山、清水から育成型期限付き移籍でMF西村恭史を獲得

ファジアーノ岡山は5日、清水エスパルスのMF西村恭史(19)を育成型期限付き移籍で獲得したことを発表した。背番号は「37」。 西村は2018年に興國高校から清水に入団。昨シーズンはYBCルヴァンカップに2試合出場。今シーズンはここまで公式戦での出場はない。 岡山への育成型期限付き移籍が決定した西村は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆ファジアーノ岡山 「このたび、清水エスパルスから移籍してきました西村恭史です。シーズンの途中ですが、1試合でも多くチームの勝利に貢献できるよう全力を注ぎますので、応援をよろしくお願いします」 ◆清水エスパルス 「シーズン途中ですが、新たな環境でチャレンジしたいと思い、今回決断しました。岡山で成長して、またエスパルスに戻ってこられるように頑張ってきます。引き続き応援してくれたら嬉しいです」 2019.07.05 15:15 Fri
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース