岐阜、今季松本加入のMF塚川孝輝を期限付き移籍で獲得「この決断を正しかったと思えるように」2019.07.10 09:40 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
FC岐阜は10日、松本山雅FCからMF塚川孝輝(24)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2020年1月まで。なお、同選手は松本と対戦する全ての公式戦に出場することができない。塚川は2019年にファジアーノ岡山から松本に完全移籍。今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグに3試合出場していた。

岐阜は公式サイトで塚川の特徴を「中盤とセンターバックでプレー可能な選手。ボール奪取に長け、切り替えが速く、攻守において起点となる」と説明している。

岐阜への期限付き移籍が決定した塚川は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆FC岐阜
「はじめまして。松本山雅FCから期限付き移籍で加入することになりました塚川孝輝です。覚悟を持ってきたので、それをピッチで表現できるように頑張ります。よろしくお願いします」

◆松本山雅FC
「このたび、FC岐阜に期限付き移籍することになりました。今のチーム状況で山雅から出ることが正しいのかどうかを考えましたが、今の自分の力ではチームの力になることが難しいと思い、しっかり成長してもっとチームの力になれるようになり戻って来るという決断をしました。この決断を正しかったと思えるように努力し、結果を出して帰ってきます!」
コメント
関連ニュース
thumb

大分FW馬場賢治、FC岐阜に期限付き移籍! 「最年長であり副キャプテンという立場でありながら…」

FC岐阜は18日、大分トリニータからFW馬場賢治(34)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2020年1月31日まで。背番号は「39」に決定している。なお、同選手は大分と対戦する全ての公式戦に出場することができない。 これまでヴィッセル神戸や湘南ベルマーレ、水戸ホーリーホックでプレーしてきた馬場は、2018年にカマタマーレ讃岐から大分に完全移籍。昨シーズンは明治安田生命J2リーグに12ゴールを記録し、クラブのJ1昇格に貢献した。だが、今シーズンは出場機会を減らし、J1リーグでの出場が2試合に留まっていた。 クラブは、馬場のプレーの特徴として「献身的なプレーが特徴のアタッカー。得点力が高く、チャンスメイクも出来る経験豊富な選手」と期待を寄せている。 岐阜への期限付き移籍が決定した馬場は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆FC岐阜 「はじめまして、大分トリニータから移籍してきました馬場賢治です。僕を必要としてくれて、チャンスをいただいたことに本当に感謝しています。自分のサッカー人生をかけて最大の覚悟と決意を持ってきました。FC岐阜と岐阜県のことを沢山知れるように努力することと、1日でも早く選手、スタッフ、応援してくれる皆さんに認めてもらえるように日々全力で取り組んでいきます」 「僕はうまい選手でもないし、足も遅いし身体能力もないけど、みんなの想いを背負ってどんな時もどんな状況でも全力で闘うことだけは自信があります。自分はその想いでチームの成長と勝利に貢献できると信じています。笑ってシーズンを終えれるようにFC岐阜に関わるみんなで団結して、熱く熱く闘っていきましょう。よろしくお願いします」 ◆大分トリニータ 「FC岐阜に移籍することになりました。最年長であり副キャプテンという立場でありながら、シーズン途中での移籍になり本当に申し訳なく思っています。大分トリニータは本当に素晴らしいメンバーが揃っていて、これからもっともっと強くなれる可能性をたくさん秘めている最高に後押ししがいのあるチームです。どんな時も今までと変わらず熱く熱く後押ししてあげてください。どうかよろしくお願いします」 「僕もそのチームの中で少しでも力になりたかったですが、残念ながら僕が力になれることはありませんでした。それが本当に本当に悔しいけど、これもまた自分の人生なんでしょうがないかなと思っています。だからこそサッカー選手として、馬場賢治として必要としてくれているところに自分のサッカー人生をかけて最大の覚悟と決意を持って向かいます。後悔しないように僕らしい道を進みます。1年半という短い間でしたが本当にありがとうございました」 2019.07.18 11:26 Thu
twitterfacebook
thumb

岐阜のルーキーDF会津雄生が左アキレス腱断裂…今季絶望に

FC岐阜は17日、DF会津雄生が負傷したことを発表した。 クラブの発表によれば、会津は12日の練習で負傷。左アキレス腱断裂と診断され、全治6カ月程度になるようだ。 今シーズン、筑波大学から岐阜に加入した会津。明治安田生命J3リーグではここまで13試合に出場していた。 2019.07.17 17:00 Wed
twitterfacebook
thumb

福岡が新体制リーグ初勝利で7戦ぶりの白星! 岐阜vs千葉の下位対決は土壇場ドロー《J2》

明治安田生命J2リーグ第22節の3試合が14日に各地で行われた。 町田市立陸上競技場で行われたFC町田ゼルビアvsアビスパ福岡は、アウェイの福岡が2-0で勝利した。 公式戦連敗中の16位町田と、リーグ戦3連敗で降格圏の21位に低迷する福岡による浮上のキッカケを探る後半戦初戦。 立ち上がりは出足で勝る町田が幾度か相手陣内深くに侵攻していく。これに対して身体を張った守備で何とか凌いだ福岡は29分にビッグチャンス。ハーフウェイライン付近で裏に抜け出した森本がボックス付近まで運んで並走するフリーの松田にラストパスも、ここはGK増田の好守に遭う。絶好機を逃した福岡だったが、直後の34分に得たFKの場面でキッカーの鈴木惇の正確な左足クロスに反応した松田がダイビングヘッドで流し込み、アウェイチームが先手を奪った。 1点リードで試合を折り返した福岡は後半立ち上がりの51分、森本の中央突破から右サイドでスルーパスを受けた松田がグラウンダーで折り返すと、これを中央に走り込んだ木戸がスライディングシュートで合わせ、貴重な2点目を奪い切った。 一方、ホームで負けられない町田は積極的に交代カードを切ってリスクを冒した攻めでゴールを目指すが、引いてブロックを敷く福岡を前になかなか効果的な攻撃を見いだせず、試合はこのままタイムアップ。敵地で町田に完勝の福岡は久藤新体制のリーグ戦初勝利を飾ると共に7戦ぶりの白星を手にした。 石川県西部緑地公園陸上競技場で行われたツエーゲン金沢vs東京ヴェルディは、1-1のドローに終わった。 直近1勝6分けで7戦無敗の7位金沢と、直近の天皇杯で法政大学に敗れる屈辱を味わった公式戦連敗中の14位東京Vによる後半戦初戦。試合は東京Vが前半に70パーセント近いボール支配率を記録するも、アタッキングサードで仕事をさせない金沢が効果的にカウンターを繰り出してペースを握る。すると、後半立ち上がりの49分にはセレッソ大阪から育成型期限付き移籍で加入の山根が長谷川の右クロスのこぼれ球を冷静に蹴り込んで金沢デビュー戦でJ2リーグ初ゴールを奪う。 ハーフタイム明けに投入した若武者の活躍で先手を奪った金沢はその後も畳み掛ける攻めで東京Vを押し込むが、再三の決定機を決め切れない。すると、ここまでほとんどチャンスを作れなかったアウェイチームは前回対戦で2ゴールを記録した林が金沢キラーぶりを発揮。74分に左サイドの永田からのクロスをダイビングヘッドで合わせ、貴重な同点ゴールを奪った。その後は再び金沢が猛攻を仕掛ける展開も加藤や垣田らが再三の決定機逸に終始し、試合は1-1のドローに終わった。 また、岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われたFC岐阜vsジェフユナイテッド千葉は、2-2のドローに終わった。 前節、福岡との裏天王山を制して北野新体制移行後、初白星を飾ると共に連敗を「8で止めた最下位の岐阜と、直近の公式戦3敗1分けと不振に喘ぐ18位の千葉による下位対決。試合は立ち上がりから動く。4分、ライアン・デ・フリースの丁寧なポストプレーから前田が技ありの左足ミドルシュートを突き刺しホームチームが先制。しかし、千葉も攻勢を仕掛けた中で25分には堀米の左サイドからのクロスをクレーベがワンタッチで合わせ、前半は1-1のイーブンで終了した。 迎えた後半立ち上がりの52分、岐阜が右CKの場面でキッカーの市丸が意表を突いてボックス手前でフリーの宮本にグラウンダーのパスを出すと、宮本が見事なダイレクトシュートを突き刺し、ホームチームが勝ち越す。その後は一進一退の攻防が続く中、最後まで諦めない千葉は90分にゴール前の混戦のこぼれ球に反応した安田がエリア外から抑えの利いたミドルシュート。ゴール前の佐藤寿人がわずかに触ってコースを変えると、これが劇的な同点ゴールとなった。 ◆明治安田生命J2リーグ第22節 結果 ▽7/14(日) FC町田ゼルビア 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 アビスパ福岡</span> FC岐阜 2-2 ジェフユナイテッド千葉 ツエーゲン金沢 1-1 東京ヴェルディ ▽7/13(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">水戸ホーリーホック 2</span>-1 V・ファーレン長崎 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 1</span>-0 愛媛FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">栃木SC 2</span>-1 レノファ山口FC アルビレックス新潟 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 横浜FC</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">大宮アルディージャ 6</span>-0 鹿児島ユナイテッドFC モンテディオ山形 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 京都サンガF.C.</span> 徳島ヴォルティス 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 柏レイソル</span> FC琉球 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ファジアーノ岡山</span> 2019.07.14 21:42 Sun
twitterfacebook
thumb

大宮、新潟に逆転負けで17試合ぶり黒星…岐阜は福岡との裏天王山に勝利で連敗を「8」でストップ《J2》

明治安田生命J2リーグ第21節の4試合が6日に各地で行われた。 デンカビッグスワンスタジアムで行われた12位・アルビレックス新潟(勝ち点26)vs2位・大宮アルディージャ(勝ち点36)は、2-1で新潟が勝利した。 ここまで16戦無敗の大宮は17分、敵陣中央左サイドでボールを受けた河面がクロス。ニアサイドのシモヴィッチがヘディングでコースを変えるとそのままゴールに突き刺さり、先制に成功した。 追いかける展開となった新潟は32分、敵陣中央右サイドでボールを受けた高木が対峙したDFを一人かわしてからクロス。このボールにゴール前のレオナルドが頭で合わせて同点に追いつく。 迎えた59分、新潟が逆転に成功する。カウエのスルーパスにフランシスが反応。GK大谷との一対一の局面も冷静にゴールへ流し込んだ。 79分には奥井に決定的なシュートを許した新潟だったが、最後まで大宮の猛攻を耐えて2-1で勝利。今シーズン2度目の連勝を達成した。一方、敗れた大宮は第4節のモンテディオ山形戦以来の敗戦となった。 レベルファイブスタジアムで行われた21位アビスパ福岡(勝ち点17)vs22位・FC岐阜(勝ち点12)、3-1で岐阜が勝利した。 裏天王山となった試合はアウェイチームが先攻する。市丸からの縦パスを受けた敵陣中央でボールを受けた川西が反転してから右足を一閃。これがゴール左に突き刺さり先制に成功した。 勢いに乗る岐阜は23分、ボックス左を打開したライアン・デ・フリースがインスイングのクロスを供給。ニアサイドに走り込んだ前田がヘディングシュートを放つと、ゴール右に決まりリードを広げた。 91分に木戸にゴールを許した岐阜だったが、94分にカウンターから川西が3点目を奪い勝負あり。連敗を「8」でストップした。敗れた福岡は久藤清一体制でリーグ戦初白星が未だ遠い。 ◆明治安田生命J2リーグ第21節 東京ヴェルディ 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 横浜FC</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アルビレックス新潟 2</span>-1 大宮アルディージャ アビスパ福岡 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 FC岐阜</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC琉球 3</span>-0 栃木SC 2019.07.06 22:00 Sat
twitterfacebook
thumb

東京Vが井上プロ初弾にレアンドロ劇的弾で8連敗の岐阜撃破! 福岡は山口に打ち負け新体制初白星ならず…《J2》

明治安田生命J2リーグ第20節の2試合が30日に行われた。 岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われたFC岐阜vs東京ヴェルディは、アウェイの東京Vが1-2で逆転勝利した。 前節、北野誠新監督の初陣となったレノファ山口戦に0-4で大敗した最下位のFC岐阜は泥沼の7連敗中。対する12位の東京Vは2位の大宮アルディージャとゴールレスドローに終わったものの、2戦連続クリーンシートと復調の気配を見せる。 新体制のホーム初陣となった岐阜は最終ラインに4人のセンターバックを配し、守備時には2トップの前田、ライアン・デ・フリースも落ちて中盤に吸収される形で守る守備的な入りを見せる。 そのため、立ち上がりから相手陣内でハーフコートゲームを展開する東京Vだったが、中央のスペースを消されてフィニッシュまで持ち込めない。すると、アウェイチームが焦れ始めた前半半ば過ぎの29分に岐阜がワンチャンスを生かす。ロングボールのこぼれ球を拾ったデ・フリースがDFを引き付けてボックス右から浮き球のクロスを入れると、これに反応したフリーの山岸にダイビングヘッドで流し込んだ。 岐阜の思惑通りの展開に持ち込まれた東京Vだったが、前半終了間際に追いつく。45分、ボックス内で端戸が倒されて得たPKをキッカーの井上が冷静に右隅へ決め、プロ4年目にして待望の公式戦初ゴールとした。 1-1のイーブンで折り返した試合は後半も同様の試合展開に。立ち上がりには佐藤、林と東京Vに2点目のチャンスが訪れるが、左ポストとGKビクトルの好守に阻まれる。すると、その後は蒸し暑い厳しいコンディションに攻め疲れたアウェイチームの勢いが徐々に失われる。 それでも、最後まで勝ち点3を諦めない東京Vは90分、ボックス右で藤本が浮き球で入れたクロスをファーに飛び込んだレアンドロが相手とポストと交錯しながらも泥臭く押し込み、途中出場の2選手の連係から土壇場で逆転ゴールを奪取。岐阜との難しいアウェイゲームを逆転で制した東京Vは2戦ぶりの白星で10位に浮上。敗れた岐阜は泥沼の8連敗となった。 また、レベルファイブスタジアムで行われたアビスパ福岡vsレノファ山口は、。 久藤清一新監督の下、1分け2敗と未勝利が続く21位の福岡が2勝2分けで4戦負けなしの17位の山口をホームで迎え撃った下位対決。 試合は立ち上がりから打ち合いの展開に。まずは7分、右サイドからのクロスのこぼれ球にボックス中央で反応した森本が抑えの利いた見事な左足のダイレクトボレーを突き刺し、福岡が先制に成功。しかし、福岡は28分に得たPKをキッカーの森本がGK吉満に止められて流れを失うと、32分には吉濱の右CKを楠本に頭で叩き込まれて同点に追いつかれる。 それでも、37分にはショートカウンターから右サイドの松田が折り返したボールを中央の石津が冷静に右足のボレーで合わせ、再び勝ち越して試合を折り返した。 しかし、迎えた後半は立ち上がりから攻勢を強めた山口が押し込む。すると、59分にはボックス内でうまくルーズボールをコントロールした山下の巧みな反転シュートが決まり、山口が試合を振り出しに戻す。 これで完全に流れを掴んだ山口は足が止まり始めたホームチームを押し込み、79分には左サイドをえぐった瀬川のクロスに対してDFのクリアが甘くなったところを高木が拾い、ボックス右から強烈なシュートを突き刺す。さらに、試合終了間際には山口のロングカウンターからボックス付近まで持ち込んだ山下がボックス外でのGKセランテスの手を使ったセーブをモノともしないシュートでゴールネットを揺らし、試合を決定付ける4点目とした。 そして、福岡との打ち合いを4-2で制した山口が2連勝で5戦無敗に。一方、拙攻、拙守の福岡は痛恨の連敗でまたしても新体制初白星を逃した。 ◆明治安田生命J2リーグ第20節 結果・日程 ▽6/30 FC岐阜 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 東京ヴェルディ</span> アビスパ福岡 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 レノファ山口</span> ▽6/29 栃木SC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 愛媛FC</span> 大宮アルディージャ 0-0 ツエーゲン金沢 ジェフユナイテッド千葉 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 FC町田ゼルビア</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">横浜FC 5</span>-1 ファジアーノ岡山 ヴァンフォーレ甲府 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 徳島ヴォルティス</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">V・ファーレン長崎 3</span>-2 琉球FC モンテディオ山形 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 柏レイソル</span> 京都サンガF.C. 2-2 水戸ホーリーホック 鹿児島ユナイテッドFC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 アルビレックス新潟</span> 2019.06.30 21:25 Sun
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース