長友佑都、後輩・冨安健洋のボローニャ移籍に「イタリアで日本人選手を見れるのは嬉しい」2019.07.10 09:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
シント=トロイデンからボローニャへの移籍が決定した日本代表DF冨安健洋(20)に、先輩のDF長友佑都がエールを送った。2018年1月にアビスパ福岡からシント=トロイデン入りし、昨シーズンは主力として活躍した冨安。2018年8月にデビューを飾った日本代表でも、すでに欠かせない存在となっている。

冨安は9日、元日本代表MF中田英寿氏も過去に在籍したボローニャへの完全移籍が決定。日本の将来を担う若きセンターバックが守備の国・イタリアに挑戦することとなった。

そんな冨安に向けて、過去にチェゼーナやインテルに在籍し、約8年間、セリエAでプレーしてきたガラタサライの長友がツイッター(@YutoNagatomo5)でメッセージを送っている。

「冨安ボローニャ決まったね」

「イタリアで日本人選手を見れるのは嬉しい。戦術の国イタリアでより一層ディフェンダーとしてのスキルが磨かれると思う」

「批判やバッシングも強烈なので、メンタル面も間違いなく強くなれる。頑張れ冨安!」
コメント
関連ニュース
thumb

ボローニャ主将ジェマイリ、ミハイロビッチ監督の白血病告白に「彼のために戦いたい」

ボローニャでカピターノを務めるスイス代表MFブレリム・ジェマイリが、シニシャ・ミハイロビッチ監督の急性白血病発症の告白を受けてコメントした。イタリア『スカイ・スポルト』が伝えた。 13日に自身の健康問題に関する公式会見に出席したミハイロビッチ監督は、「急性白血病と診断された。相手は強力だが決して倒せないものではない。家族のため、子供たちのため、私を愛してくれている人たちのためにこの白血病との戦いに勝利する」と、急性白血病発症を告白すると共に完治に向けた強い意気込みを語った。 ジェマイリは、白血病の治療と並行してボローニャの指揮官続投を宣言したセルビア人指揮官に対する率直な想いを語っている。 「監督は僕たちのためにもこの戦いに勝ってくれる。僕たちは彼の家族の一員だと感じているからね」 「これまでの6カ月間で彼が僕たちに与えた影響はとても大きかった。通常、これほどの短い期間でそのような影響を与えられる監督はそうはいないものだよ。それに僕たちは監督がどんなタイプの人間で、どれほど強い男であるかをよく知っているんだ。そして、微力ながら僕たちの力を監督に渡したいと思っているよ」 「彼のスタッフは彼の一部だと思っているし、僕たちはコーチングスタッフ全員が常に傍にいるように感じているよ。そして、僕たちは今後もしっかりとやるべきことをこなすことを監督に誓った。特に、僕自身はカピターノとしてもね」 「正直なところ、今朝はショックを受けていたよ。だけど、監督と話してからは、彼がすぐに僕たちのもとに戻ってきてくれることを確信したし、そのためにいつも通り仕事を続けるべきであることを理解したんだ」 「シニシャはいつも通りの笑顔で僕たちにやるべき仕事を続けて欲しいと話してくれた。だから、僕たちは監督の望み通りに仕事を続けたいと思っているんだ」 「監督は僕たちに進むべき道を示してくれた。僕たちはこの半年間、その道を彼に続いて歩んでいるところだ。彼は目標を達成するために僕たちを導いてくれる本物のリーダーなんだ」 「もちろん、今回の出来事は誰もが予期していなかったことだけど、僕たちはいつでも彼の傍にいる。ミハイロビッチは僕たちにとって父親のような存在なんだ。そして、僕たちは彼が自分たちのために戦ってくれるように、彼のために戦いたいと思っている」 今年1月末に降格圏の18位に低迷していたボローニャを引き継ぎ、規律と闘争心を植え付けて余裕の残留に導いた闘将と、選手たちの結束は家族のように固い。そして、強い父親が愛する息子たちのために困難な戦いに臨むように、息子たちも愛する父親のために戦うという強い意志を示している。 2019.07.14 14:50 Sun
twitterfacebook
thumb

冨安加入のボローニャを率いるミハイロビッチ監督が白血病を告白

ボローニャを率いるシニシャ・ミハイロビッチ監督(50)が記者会見で白血病であることを明かした。 ミハイロビッチ監督は体調不良を理由にプレシーズンのキャンプに同行しておらず、イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』は病状は不明なものの深刻な病であると報じていた。 そんな中、現地時間13日16時半から公式会見を行ったミハイロビッチ監督は、自身の病状について以下のように語った。 「急性白血病と診断された。相手は強力だが決して倒せないものではない。(監督として)選手達にいつも話しているように、攻撃して勝ちに行く。ただ守るだけではすぐに負けてしまうだろう。私はあらゆる戦術を使いきりこの戦いに勝利できると確信している」 「私は家族のため、子供たちのため、私を愛してくれている人たちのためにこの白血病との戦いに勝利する」 現役時代に闘争心溢れる守備と正確且つパワフルな左足のプレースキックを武器にラツィオやサンプドリア、インテルで活躍した元ユーゴスラビア代表DFのミハイロビッチ監督は、指揮官転身後にカターニャやフィオレンティーナ、サンプドリア、ミラン、トリノの監督を歴任。 ボローニャでは今年1月末に降格圏の18位に低迷していたチームを引き継ぐと、規律と闘争心を植え付けて最終的に10位まで浮上させ、余裕の残留に導いた。 なお、ボローニャのチームドクターは、ミハイロビッチ監督が16日から白血病の治療を開始することを明かしている。 2019.07.14 02:05 Sun
twitterfacebook
thumb

レンジャーズ、ボローニャからスウェーデン代表CB獲得!

グラスゴー・レンジャーズは13日、ボローニャからスウェーデン代表DFフィリップ・ヘランデル(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの4年となる。 母国の名門マルメでプロデビューを飾った192cmの長身センターバックは、2015年にヴェローナに移籍。その翌年にはボローニャに加入し、在籍3シーズンで公式戦63試合に出場し1ゴールを記録。昨シーズンは序盤戦をレギュラーとしてプレーし、セリエAで20試合に出場していた。 また、2017年にデビューを飾ったスウェーデン代表ではここまで8キャップを記録している。 2019.07.13 22:41 Sat
twitterfacebook
thumb

ボローニャ、ミハイロビッチ監督に健康問題浮上…深刻な病との噂も…

ボローニャを率いるシニシャ・ミハイロビッチ監督(50)に健康上の問題が浮上しているようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。 今夏の移籍市場で日本代表DF冨安健洋が加入したこともあり、俄然日本でも注目を集めるクラブとなったボローニャ。 しかし、新シーズンを前に指揮官の健康問題というデリケートな問題が浮上しているようだ。 『コリエレ・デッロ・スポルト』が伝えるところによれば、ミハイロビッチ監督は今週から始まったプレシーズンのキャンプに同行していなかったという。 その理由に関して当初、インフルエンザの疑いがあったものの、クラブのメディカルスタッフはより深刻な病の可能性を疑い、同監督に対して精密検査を受けることを勧めていたようだ。 この検査の結果、病状は不明なものの深刻な病であることが明らかになったようだ。そして、ミハイロビッチ監督はしばらく休養を行い、完治後にボローニャのベンチに復帰するか、治療に専念するために指揮官の座を下りるという2つの選択肢を持っているとのことだ。 なお、ボローニャはミハイロビッチ監督の一件に関して現地時間13日16時半から公式会見を行う予定だ。 現役時代に闘争心溢れる守備と正確且つパワフルな左足のプレースキックを武器にラツィオやサンプドリア、インテルで活躍した元ユーゴスラビア代表DFのミハイロビッチ監督は、指揮官転身後にカターニャやフィオレンティーナ、サンプドリア、ミラン、トリノの監督を歴任。 ボローニャでは今年1月末に降格圏の18位に低迷していたチームを引き継ぐと、規律と闘争心を植え付けて最終的に10位まで浮上させ、余裕の残留に導いた。そして、先月8日には2022年までの新たな3年契約にサインしたばかりだった。 2019.07.13 17:12 Sat
twitterfacebook
thumb

ボローニャ移籍の冨安に「先輩」中田英寿もエール!「良い可能性を持っている」

今月9日にベルギー1部のシント=トロイデンからイタリアセリエAのボローニャへの移籍が発表された日本代表DF富安健洋(20)に対し、同クラブのOBで元日本代表MFの中田英寿氏からエールが送られている。 中田氏は2003-04シーズンの冬にパルマから期限付き移籍でボローニャへ加入し、すぐさまセンターハーフのレギュラーに定着。同クラブでは半年間のプレーでリーグ戦17試合2得点という結果を残した。 冨安の移籍後、イタリア最大の一般紙『ラ・レプッブリカ』のボローニャ版に中田氏のコメントが掲載された。 「冨安は確かに良い可能性を持っています。ベルギーで出来た様にイタリアのサッカーに適応することが出来れば、大きく成長することができます」 同クラブの先輩であり、日本サッカー界のレジェンドである中田氏からも熱いエールを受けた冨安。日本人CB初となるセリエA挑戦を大いに期待したい。 2019.07.11 21:02 Thu
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース