カンブール退団のDFファン・ウェルメスケルケン際、中山雄太所属のズウォレに加入が決定!2019.07.10 02:23 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ズウォレは9日、エールステ・ディヴィジ(オランダ2部相当)のカンブールを退団した日本人DFファン・ウェルメスケルケン際(25)を獲得した。契約期間は2021年6月30日までの2年間で、1年間の延長オプションが付随している。オランダのマーストリヒトで、オランダ人の父と日本人の母の間に生まれたファン・ウェルメスケルケン・際は、2歳の時に一家で来日し、ヴァンフォーレ甲府の下部組織に所属。2013年に再びオランダに戻ると、ドルトレヒトのセカンドチームに所属し、2015年にはトップチームデビューを飾ると、2シーズンでリーグ戦62試合に出場。

2016年にはリオデジャネイロ五輪代表候補としてU-23日本代表で5試合に出場すると、2017年の夏にカンブールへ移籍。攻撃的な右サイドバックとして着実に実績を積み重ねると、今シーズンはリーグ戦全試合に出場し1ゴール2アシストを記録し、チームのプレーオフ進出に貢献。個人としてもエールステ・ディヴィジのベストイレブンに選出された。

ズウォレへの加入が決定したファン・ウェルメスケルケン・際は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「代理人からズウォレが自分に興味を持っていると聞いて、すぐに僕たちは話し合いを始めた。ドルトレヒトとカンブールでのプレーを経て、ステップアップの準備はできていると感じていていたよ

「僕の最大の目標は日本代表としてワールドカップでプレーすることで、隠してはいない。そのためにも、このステップは僕にとって正しいものだと思っているよ」

なお、ズウォレには現在、U-23日本代表MF中山雄太が所属している。
コメント
関連ニュース
thumb

リバプールの今夏補強第1号! 中山雄太同僚の逸材DFゼップ・ファン・デン・ベルグを獲得「夢が実現した」

リバプールは27日、日本代表MF中山雄太が所属するズウォレのU-19オランダ代表DFゼップ・ファン・デン・ベルグ(17)を獲得したことを発表した。正式加入は7月1日となる。契約期間など詳細などについては明かされていない。 昨シーズンにズウォレでトップチームデビューを飾ったS・ファン・デン・ベルグは、身長189㎝の右サイドバックもこなす大型センターバック。今シーズンはエールディビジに15試合出場し、17歳ながらU-19オランダ代表にも選出されている。 リバプールへの加入が決定したS・ファン・デン・ベルグは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ただただ驚きしかないよ。リバプールは僕にとって世界最大のクラブだ。つまり夢が実現したということさ。本当興奮しているよ」 「アカデミーからどんな選手がトップチームに上がっているかは知っている。もちろん、監督のユルゲン・クロップも素晴らしい人間で、リバプールが成功している理由の一つさ。そして、それは僕がここに来た理由の一つでもあるんだ」 「僕にとって、成長するために最適な場所だと思っているよ」 また、先日、イギリス『BBC』が伝えた情報によれば、リバプールはS・ファン・デン・ベルグを将来的な戦力として計算しているものの、加入直後からトップチームで過ごす可能性があると見ている。 2019.06.27 18:35 Thu
twitterfacebook
thumb

中山雄太同僚の逸材DFにリバプールが熱視線 加入なら来季からトップ帯同の可能性

リバプールが、日本代表MF中山雄太が所属するズウォレのU-19オランダ代表DFゼップ・ファン・デン・ベルグ(17)に熱視線を送っている。イギリス『BBC』が伝えた。 昨シーズンにズウォレでトップチームデビューを飾ったS・ファン・デン・ベルグは、身長189㎝の右サイドバックもこなす大型センターバック。今シーズンはエールディビジに15試合出場し、17歳ながらU-19オランダ代表にも選出されている。 そんなオランダの俊英にはアヤックス、PSVといった国内強豪クラブに加え、バイエルン、サンプドリアも注目しているが、リバプールにとって今夏最初の契約選手になる可能性があるという。 リバプールはS・ファン・デン・ベルグを将来的な戦力として計算しているものの、加入直後からトップチームで過ごす可能性があると見ている。ただし、まずは同選手の成長と適応に焦点をおいて見ていくようだ。 2019.06.26 11:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ボランチ希望もDF中山雄太「与えられたポジションで特徴を出す」《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表は7日、9日にひとめぼれスタジアム宮城で行われるキリンチャレンジカップ2019のエルサルバドル代表戦に向け、トレーニングを実施した。 5日のトリニダード・トバゴ代表戦ではメンバー外となったDF中山雄太(ズヴォレ/オランダ)。ボランチでのプレーを希望しながらも与えられたポジションで特長を出すことを約束した。 ◆DF中山雄太(ズヴォレ/オランダ) ──エルサルバドル代表をどう捉えていけるか 「僕のプレースタイルであったり、前の試合の課題を注意されています。そこを次に生かせるようにしたいです。チャンスが来れば、自分の色を出していきたいと思います」 ──招集されたがスタンドから見たA代表の試合は 「ベンチ外だったということに対しては悔しいという気持ちはもちろんあります。その中でも自分が選ばれてから初めてスタンドから試合を見ました」 「試合はドローでしたけど、みんな勝利を掴むための雰囲気だったりというのは入ってから気付くことも沢山あったので、そういうことが感じられたと思います」 ──森保一監督体制でのボランチの役割 「守備であったらセンターバックの前で相手の攻撃の芽をつぶしたりすることです。攻撃の面でもスイッチを入れられるようにするのが僕の考えではあります」 ──ボランチから縦パスを素早く供給することについては 「シャドーだったりFWの選手にボールが入ってからのクオリティーは徐々に上がってきていると思います。パスを出した後にボランチのどちらかがサポートに行くことは、意識する部分だと思います」 ──チャンスがあればボランチでプレーしたいか 「ボランチかまだ分からないですけど、自分の立場を考ると、与えられたポジションで特長を出しつつチームの勝利を第一優先に考えたいです」 2019.06.07 20:31 Fri
twitterfacebook
thumb

初選出のDF中山雄太、持ち味発揮のみならず「チームが良くなるようなプレーができれば」《キリンチャレンジカップ》

日本代表は2日、5日に行われるトリニダード・トバゴ代表とのキリンチャレンジカップ2019に向けて、試合会場となる豊田スタジアムでトレーニングを実施した。 トレーニング終了後、DF中山雄太(ズウォレ/オランダ)がメディア陣の取材に応対し、海外生活を振り返った。また、日本代表に対しては、「チームが良くなるようなプレーがしたい」と周囲を助けることを誓った。 ◆DF中山雄太(ズウォレ/オランダ) ──海外挑戦を決断し、試合に出場できない日々もあったが、どう向き合っていたか 「ある意味、新鮮でした。こういう状況もない方がベストですけど、こういう時もありますし、こういう時に何ができるかというのを自分の中で得ることができました。試合に出れなかったですけど、出れないながらもしっかりと自分の中で充実させることができました」 ──出るためにしていた工夫は? 「練習はもちろんそうですけど、気持ちの面では準備をしていて、いつスタメンの時が来てもという準備をしていました」 ──こうして日本に戻ってきてわかる、海外のクラブに行って得たものとは 「個人の能力で解決というのが多かったです。そこは日本と違って得られるものは多かったです。あとは環境が日本とは全く違います。メンタルというのは、日本にいた時とは違うなと思います」 ──ストロングポイントを伸ばしたいと思うか 「もちろんストロングな部分もそうですけど、ウィークポイントもしっかりと底上げしていきたいというのはあります。全体的にしっかりとレベルアップできるかということを考えながらやりたいです」 ──縦パスや左足での展開は期待されていると思うが 「(その持ち味を)出さなければいけないと思います。それだけではないですけど、いろいろな場面で、チームが良くなるようなプレーができればと思います」 2019.06.03 21:00 Mon
twitterfacebook
thumb

そんなバカな…東京五輪世代のズヴォレDF中山雄太、痛恨のミスをクラブに暴露される

柏レイソルからズヴォレへと移籍した中山雄太が、痛恨のミスを犯していたことが発覚した。クラブが公式インスタグラム(peczwolle)で明かした。 今年1月にズヴォレに加入した中山は、ベンチ入りを果たすもなかなか出場機会が得られないでいた。3月31日のエメン戦に途中出場しエールディビジデューを果たすと、7日に行われたフォルトゥナ・シッタート戦にも途中出場。22分間プレーし、チームは5-0で勝利していた。 ズヴォレのインスタグラムでは、試合後にゴール裏に集まったサポーターの下へ向かう中山の様子を写した動画が投稿。自身のスマートフォンで自撮りをしながら、サポーターと勝利を分かち合う姿が映されていた。 しかし、クラブが投稿した動画に付けられたコメントに思わぬ真実が隠されていた。 「ユウタは、残念ながら間違ったボタンを押してしまっていた。でも、この動画をここで見せましょう」 なんと、サポーターを煽りながら自撮りをしていた中山は、まさかの失敗に終わっていたとのこと。自撮りをしていたので、画面には自身やサポーターの姿は映っていたと考えられるため、録画ボタンを上手く押せていなかったと推測される。 中山は、自身のインスタグラム(y_5_nakayama)を更新。「+3ポイント。本当に良いゲームでした。ボールを持っているときは、いつでもサポーターの大きな歓声を聞くことができました。本当に幸せでした。来場ありがとうございます」とメッセージを投稿したが、そこには自撮りした動画ではなくクラブの写真を投稿。クラブが明かしたように、本当に自撮りに失敗していたのかもしれない。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Bv9U878hQjl/?utm_source=ig_embed&amp;utm_medium=loading" data-instgrm-version="12" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Bv9U878hQjl/?utm_source=ig_embed&amp;utm_medium=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div><div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> View this post on Instagram</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div></a> <p style=" margin:8px 0 0 0; padding:0 4px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Bv9U878hQjl/?utm_source=ig_embed&amp;utm_medium=loading" style=" color:#000; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none; word-wrap:break-word;" target="_blank"> Yuta drukte helaas op het verkeerde knopje (), maar deze beelden mogen er ook zijn! #pecfor #peczwolle #eredivisie #samenpeczwolle #onsblauwwithart #desespereertnimmer #zwolle</a></p> <p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/peczwolle/?utm_source=ig_embed&amp;utm_medium=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px;" target="_blank"> PEC Zwolle</a>さん(@peczwolle)がシェアした投稿 - <time style=" font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px;" datetime="2019-04-07T14:50:42+00:00">2019年 4月月7日午前7時50分PDT</time></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2019.04.08 21:21 Mon
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース