柏U-18のGK佐々木&鳥栖U-18のDF中野がU-17日本代表辞退 2選手を追加招集《国際ユースサッカー》2019.07.08 17:10 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本サッカー協会(JFA)は8日、新潟で行われる第23回国際ユースサッカーに臨むU-17日本代表の選手変更を発表した。今回、柏レイソルU-18に所属するGK佐々木雅士がケガのため、サガン鳥栖U-18のDF中野伸哉がコンディション不良のため不参加に。代わって、鹿児島城西高校のGKヒル袈依廉(カイレン)、セレッソ大阪U-18のDF下川太陽が追加招集されることとなった。

U-17日本代表は、9日からトレーニングを行い、11日にU-17北信越選抜とトレーニングマッチ。その後、大会を迎え、13日にU-17メキシコ代表、14日にU-17ボスニア・ヘルツェゴビナ代表、15日にU-17新潟県選抜と対戦する。
コメント
関連ニュース
thumb

日本は欧州王者オランダと同組! 10月開幕《U-17W杯》

U-17ワールドカップ(W杯)の組み合わせが決定した。 今年10月26日にブラジルで開幕するU-17W杯。AFC U-16選手権王者の日本代表は6回目の出場となる今大会、欧州王者のオランダ代表や、北中米カリブ海予選2位のアメリカ代表、ギニア代表の規定違反で代替出場のセネガル代表と同居のグループDに入った。 過去最高位ベスト8以上の成績を目指す日本は、10月27日にオランダと大会初戦。その後、アメリカ(同月30日)、セネガル(11月2日)と続く。グループステージは4チーム総当り戦。各組2位以上と、各組3位の上位4カ国が決勝トーナメントに進む。 ◆組み合わせ 【A】 ブラジル カナダ ニュージーランド アンゴラ 【B】 ナイジェリア ハンガリー エクアドル オーストラリア 【C】 韓国 ハイチ フランス チリ 【D】 アメリカ セネガル 日本 オランダ 【E】 スペイン アルゼンチン タジキスタン カメルーン 【F】 ソロモン諸島 イタリア パラグアイ メキシコ 2019.07.12 10:00 Fri
twitterfacebook
thumb

山形ユースDF半田陸&FC東京U-18GK野澤大志ブランドンらが選出! U-17日本代表メンバーを発表《国際ユースサッカー》

日本サッカー協会(JFA)は2日、新潟で行われる第23回国際ユースサッカーU-17日本代表の19名を発表した。 今回のメンバーには、6月のアルゼンチン遠征から佐々木雅士(柏レイソルU-18)ら11選手を引き続き招集。Jリーグ勢からは2種登録選手としてJ2リーグにも出場しているモンテディオ山形ユースのDF半田陸やU-23チームとして明治安田生命J3リーグで経験を積むFC東京U-18のGK野澤大志ブランドンらが選出。高体連からは畑大雅(市立船橋高)ら2選手が選出された。 9日からトレーニングを行い、11日にU-17北信越選抜とのトレーニングマッチを実施予定して大会を迎える。13日にU-17メキシコ代表、14日にU-17ボスニア・ヘルツェゴビナ代表、15日にU-17新潟県選抜と対戦する。 <span style="font-weight:700;">◆U-17日本代表メンバー</span> GK 1.<span style="font-weight:700;">野澤大志ブランドン</span>(FC東京U-18) 12.<span style="font-weight:700;">佐々木雅士</span>(柏レイソルU-18) DF 2.<span style="font-weight:700;">鈴木海音</span>(ジュビロ磐田U-18) 3.<span style="font-weight:700;">半田陸</span>(モンテディオ山形ユース) 4.<span style="font-weight:700;">畑大雅</span>(市立船橋高) 5.<span style="font-weight:700;">中野伸哉</span>(サガン鳥栖U-18) 15.<span style="font-weight:700;">村上陽介</span>(大宮アルディージャU18) 16.<span style="font-weight:700;">藤田譲瑠チマ</span>(東京ヴェルディユース) MF 6.<span style="font-weight:700;">横川旦陽</span>(湘南ベルマーレU-18) 7.<span style="font-weight:700;">三戸舜介</span>(JFAアカデミー福島U18) 8.<span style="font-weight:700;">山内翔</span>(ヴィッセル神戸U-18) 9.<span style="font-weight:700;">相良竜之介</span>(サガン鳥栖U-18) 10.<span style="font-weight:700;">成岡輝瑠</span>(清水エスパルスユース) 13.<span style="font-weight:700;">田中聡</span>(湘南ベルマーレU-18) 14.<span style="font-weight:700;">中野桂太</span>(京都サンガF.C.U-18) 17.<span style="font-weight:700;">中野瑠馬</span>(京都サンガF.C.U-18) FW 11.<span style="font-weight:700;">唐山翔自</span>(ガンバ大阪ユース) 18.<span style="font-weight:700;">杉浦力斗</span>(興国高) 19.<span style="font-weight:700;">武内翠寿</span>(名古屋グランパスU-18) 2019.07.02 18:20 Tue
twitterfacebook
thumb

チリ遠征に臨むU-17日本代表メンバーが発表《チリ遠征》

日本サッカー協会(JFA)は12日、2月17日から26日にかけてチリ遠征を行うU-17日本代表メンバーを発表した。 今回のメンバーには、今年の全国高校サッカー選手権大会で優勝を果たした青森山田高校のMF藤原優大や帝京長岡高校のメンバーとして出場したMF田中克幸など高校から4名が選出された。 今回の遠征では、チリでトレーニングをした後、スポーツ・フォー・トゥモロー(SFT)プログラム 南米・日本U-17サッカー交流としてU-17パラグアイ代表、U-17チリ代表と対戦する。 ◆U-17日本代表メンバー GK 1.野澤大志(FC東京U-18) 12.鈴木彩艶(浦和レッズユース) DF 2.角昂志郎(FC東京U-18) 3.鈴木海音(ジュビロ磐田U-18) 4.山田奈央(浦和レッズユース) 5.下川太陽(セレッソ大阪U-18) 6.畑大雅(市立船橋高校) 15.鷲見星河(名古屋グランパスU-18) MF 7.藤原優大(青森山田高校) 8.成岡輝瑠(清水エスパルスユース) 9.中野桂太(京都サンガF.C.U-18) 13.有田恵人(川崎フロンターレU-18) 14.三戸舜介(JFAアカデミー福島U18) 16.田中克幸(帝京⾧岡高校) 17.田中聡(湘南ベルマーレU-18) FW 10.唐山翔自(ガンバ大阪ユース) 11.津久井匠海(横浜F・マリノスユース) 18.若月大和(桐生第一高校) 2019.02.12 21:55 Tue
twitterfacebook
thumb

日本、南アフリカに6発大勝でトーナメント進出に大手! 次戦メキシコとの首位攻防へ《U-17女子W杯》

▽U-17日本女子代表は16日、ウルグアイで開催中のU-17女子ワールドカップ(W杯)グループB第2節U-17南アフリカ女子代表戦に臨み、6-0で快勝した。 ▽U-17日本女子代表、U-17メキシコ女子代表、U-17南アフリカ女子代表、U-17ブラジル女子代表の属するグループB。初戦のブラジル戦をゴールレスで終えた日本は、勝ち点3を手にするべく第2節の南アフリカ戦に臨んだ。 ▽この試合は、日本が序盤から南アフリカを圧倒。4分にフィードをボックス内で収めた大澤が右足を一振りしてネットを揺らすと、23分にも富岡の右サイドからのクロスに反応した大澤がボレーシュートで自身の2得点目を決め、リードを広げる。 ▽さらに、37分に獲得したPKを田中が豪快に蹴り込み、南アフリカを突き放す。前半終了間際の41分に大澤のシュートのこぼれ球を拾った伊藤がボックス右から決め切り、スコアを4-0としたところで試合を折り返す。 ▽後半に入っても、日本の優勢は揺るがない。55分、またしてもPKを獲得すると、今度のキッカーは伊藤。きっちりとゴール左下を射抜き、大澤に続いて今日2得点目とする。 ▽そして、試合終了間際の91分に田中の左サイドからのグラウンダーのクロスに山本が合わせて、日本のゴールショーは閉幕。6-0という圧倒的なスコアで試合を終えた。 ▽また、同組のメキシコvsブラジルではメキシコが1-0で勝利。この結果、日本(勝ち点4/+6)は得失点差で2位メキシコ(勝ち点4/+1)を上回り、首位に立っている。 ▽日本は、20日に第3節でメキシコと対戦。その試合で引き分け以上の場合は無条件で決勝トーナメント進出が決まり、敗北した場合でも3位ブラジル(勝ち点1/-1)と4位南アフリカ(勝ち点1/-6)の試合が引き分けに終わるか、得失点差で抜かれることがなければ、勝ち抜けることができる。 U-17日本女子代表 6-0 U-17南アフリカ女子代表 【日本】 大澤春花(前4分) 大澤春花(前23分) 田中智子(前37分[PK]) 伊藤彩羅(前41分) 伊藤彩羅(後10分[PK]) 山本柚月(後46分) 2018.11.17 20:50 Sat
twitterfacebook
thumb

U-17女子W杯開幕! 2大会ぶり女王目指す日本は初戦ブラジルにゴールレスドロー《U-17女子W杯》

▽U-17日本女子代表は13日、ウルグアイで開催中のU-17女子ワールドカップ(W杯)グループB第1節U-17ブラジル女子代表戦に臨み、0-0で引き分けた。 ▽2大会ぶりの優勝を狙う日本は、グループBでU-17メキシコ女子代表、U-17南アフリカ女子代表、U-17ブラジル女子代表と同居。まずはグループ上位2チームのみが進める決勝トーナメントに到達すべく、初戦のブラジル代表戦を迎えた。 ▽試合の序盤、攻勢に出るブラジルがヴィトーリアらを中心として積極的にシュートを放っていくが、GK大場が幾度のも好守を披露。苦しい展開を耐えた日本はその後、FKの流れから後藤がボックス内でシュートを放つなど惜しいシーンを生み出し始める。 ▽ゴールレスで迎えた後半、日本に千載一遇のチャンスが到来。左サイドからのクロスに対し前に出てキャッチしに行ったGKマヤラがボールを取りこぼす。しかし、ボックス手前で反応した瀧澤の落としに駆け込んだ木下のシュートは左に外れ、先制点は奪えない。 ▽結局、試合は両者ともに譲らず0-0で決着。また、同組のメキシコvs南アフリカも0-0の引き分けに終わっており、グループBは混戦模様となった。 ▽日本は、16日に第2節で南アフリカと対戦する。 U-17日本女子代表 0-0 U-17ブラジル女子代表 2018.11.14 14:55 Wed
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース