ハインケスがクロースの今季活躍に期待! 「重要な役割を果たせる」2019.07.05 16:45 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
かつてバイエルンやレアル・マドリーの監督を歴任したユップ・ハインケス氏が元教え子であるドイツ代表MFトニ・クロースのさらなる活躍に期待を寄せた。スペイン『マルカ』が報じた。2014年夏にマドリー入りして以降、3度のチャンピオンズリーグ(CL)制覇や、リーガエスパニューラ優勝など、数々のトロフィーの獲得に貢献してきたクロース。だが、昨シーズンはチームの不調もあり、個人のパフォーマンス内容に関して近年を下回るものとの見方も集まった。

ハインケス氏は、バイエルン時代に指導したクロースについて次のようにコメント。チームとして覇権奪回が期待される新シーズン、今年5月にレアル・マドリーとの新契約締結に至ったクロースがジネディーヌ・ジダン監督の下で再び輝くことに自信をのぞかせた。

「あのような経験豊富な選手を最大限に活用するためには、ジダンのようなコーチが必要だ」

「トニであれば、今後数年間のレアル・マドリーで重要な役割を果たせる。私は確信しているよ」

「チームはジダンの下で安定性を取り戻さなければならない」

「プロジェクト全体を再び調和性を持ってデザインする必要がある」

「容易なことではないがね」

先日、33歳での現役引退プランを明かしたクロース。来年1月に30歳の誕生日を迎える新シーズン、ジダン監督の下でどのような立ち回りをみせ、どのような形でチームを高みに導くのか。必見だ。
コメント
関連ニュース
thumb

ミラン、モドリッチ獲りに関心? 代理人と接触

ミランが、レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチ(33)の獲得に関心を示しているようだ。イタリア『gianlucadimarzio.com』が伝えている。 マルコ・ジャンパオロ新監督の下で新たなシーズンに臨むミランは、中盤の補強を画策。ここまではエンポリからボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFラデ・クルニッチ(25)を獲得しているが、さらにエンポリのアルジェリア代表MFイスマエル・ベナセル、フィオレンティーナのフランス人MFジョルダン・ヴェレトゥといったイタリア国内のタレントへの触手を伸ばしている。 その一方でクラブは、新生ミランの象徴となるようなスーパースターの獲得にも関心を示しており、レアル・マドリーの背番号10に接触を図ったようだ。ミランはモドリッチや多くの若手タレントを顧客に持つセルビア人代理人のブラド・レミッチ氏と16日に会談を行い、その際にモドリッチの近況に関して問い合わせをしていたようだ。 ミランにとってモドリッチをマドリーから引き抜くことは非常に困難なオペレーションとなるが、フロンティーノ・ペレス会長はスカッドの刷新に動いており、1250万ユーロ(約15億1000万円)+ボーナスと言われるクロアチア代表MFの高額な年俸を残り2年間支払い続けることに前向きではないようだ。そのため、オファー次第で放出に動く可能性は十分に模様だ。 ただ、財政面に問題を抱えるミランにとってモドリッチの獲得はあくまで夢であり、今回の代理人との接触に関しては今後獲得のチャンスがある場合に備えた下調べ程度とのことだ。 2019.07.17 20:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ベイル代理人、スパーズ復帰の噂を一蹴 「ゴミみたいな噂にコメントしない」

レアル・マドリーに所属するウェールズ代表MFガレス・ベイル(30)の代理人が古巣トッテナム復帰の噂を一蹴した。同選手の代理人を務めるジョナサン・バーネット氏が、イギリス『talkSPORT』で語った。 今夏、ジネディーヌ・ジダン監督の放出候補筆頭として注目を集めるベイル。本人は残留の意思を示しているが、それに反して売却を望むマドリーは他クラブからのオファーを待っている状況とみられる。 だが、ベイルの高額給与や移籍金がネックとなり、現時点で上海申花からの関心にとどまっている様子。スペイン『マルカ』はそのベイルに対して、以前にも移籍先として浮上したトッテナムが再び誘いの手を差し伸ばしていると報じた。 同記事はトッテナムが、マドリーにベイルの移籍金として5000万~6000万ユーロ(約60億7000万~72億9000万円)を支払う意思を表明し、ベイルもトッテナム復帰に肯定的だと伝えていた。 さらに、トッテナムは同時にベイルの年俸1700万ユーロ(約20億6000万円)を支払う難しさを選手の代理人に伝え、給与の減額を売れ入れる必要性があるとも伝えていた。 同選手の代理人を務めるバーネット氏は、『talkSPORT』で前述の噂に関してのコメントを求められると、「ゴミみたいな噂にコメントしない」と『マルカ』の報道が根拠のない憶測であることを主張した。 また、イギリス『デイリー・メール』の取材に対して、「これまでと何ら変化はない」と、以前から主張しているようにベイルがマドリーに残留する見込みであることを改めて強調している。 なお、トッテナムの地元メディア『ロンドン・イブニング・スタンダード』も現時点でトッテナムがベイル獲得の意思がないことを確認している。 2019.07.17 17:10 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナル、セバージョス獲得に迫る! 買取OPなしの1年レンタルか

アーセナルが、レアル・マドリーに所属するスペイン代表MFダニ・セバージョス(22)の獲得に迫っているようだ。スペイン『アス』やイギリス『タイムズ』が伝えている。 今夏の移籍が決定的と見られるセバージョスに関してはトッテナム、アーセナル、ミランの3クラブが獲得に関心を示している。 一時は完全移籍での獲得を目指すトッテナム行きが有力視されたものの、トッテナムがここにきてデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンに残留の可能性が強まってきたこと、セバージョスが将来的にマドリーでプレーを望んでいる事情もあり、アーセナルへのレンタル移籍の可能性が濃厚となっているようだ。 同胞ウナイ・エメリ監督との仕事に興味を示しているセバージョスの移籍形態に関しては、買い取りオプションが付かない1年間のレンタル移籍となる見込みだ。 なお、スペイン『マルカ』によると、アーセナルは300万ユーロ(約3億6000万円)といわれるセバージョスの年俸を全額負担することになる。 2017年にベティスからマドリーへ加入したセバージョスは2年目となった昨シーズン、公式戦34試合に出場。しかし、ジネディーヌ・ジダン監督の下では構想外と見られており、先日に「40試合は出場したい」と移籍をほのめかすコメントを残していた。 2019.07.17 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ジダン監督、17日からマドリー再合流へ

レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督が、カナダへ再び出発したようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。 新シーズンに向けたプレシーズンツアーのため、カナダのモントリオールでトレーニングキャンプを行っているマドリー。新加入のベルギー代表MFエデン・アザールのほか、日本代表FW久保建英も参加しているため、日本ではいつも以上に注目度の高いツアーとなっている。 ところが12日、ジダン監督がチームを急きょ離脱し帰国したことが伝えられた。その後の情報によると、理由は兄ファリド氏の死。享年54歳。クラブは練習前に黙とうを捧げたことを発表した。 突然の凶報に揺れたマドリーだったが、ジダン監督は17日からチーム再合流するようだ。 なお、マドリーはこれから開催されるインターナショナル・チャンピオンズカップにて、21日にバイエルン、24日にアーセナル、27日にアトレティコ・マドリーとの試合が控えている。 2019.07.16 21:20 Tue
twitterfacebook
thumb

マルセロ、新シーズンに向けて意気込む 「全てを勝ち取る」

レアル・マドリーに所属するブラジル代表DFマルセロが新シーズンに向けて意気込んだ。スペイン『マルカ』が報じた。 無冠に終わった昨シーズンからの復権を期するマドリー。覇権奪還の期待がかかる新シーズンについて、マルセロがマドリー公式チャンネル『レアル・マドリーTV』でコメントした。 「僕たちは一生懸命に取り組んでいるし、ベストを尽くしている。全てを勝ち取ることが目標なんだ」 「僕たちのコンディションが良い状態であり続けたのなら、それはシーズンを戦い抜く力になる。今の僕らはファンに喜びを与えるためにプレシーズンを過ごしているところだよ」 また、リヨンからフランス代表DFフェルラン・メンディが加入したことにより、一部メディアから退団を希望しているとの報道が浮上しているマルセロだが、残留を明言した。 「いつも言っているけど、僕は世界最高のクラブにいることで夢を叶えている」 「マドリーに在籍して14年目だけど、加入した当時と同じ熱量でプレーしている。それは決して変わっていない」 2019.07.16 17:48 Tue
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース