ペップの下で急成長…スターリング、指揮官について言及し「彼に自分自身を証明したくなる」2019.07.04 13:40 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティに所属するイングランド代表FWラヒーム・スターリングが、指揮官のジョゼップ・グアルディオラ監督について言及した。イギリス『ミラー』が『GQ』でのインタビューを引用して伝えている。若くしてその才能が認められ、2015年夏にリバプールからシティに加入したスターリング。加入初年度こそ公式戦46試合11ゴールだったが、翌シーズンにグアルディオラ監督が就任すると、劇的に成長。2017-18シーズンは公式戦46試合で23ゴール17アシストを記録し、プレミアリーグとEFLカップの優勝に貢献した。昨シーズンも公式戦51試合25ゴール18アシストでプレミア連覇を含む国内3冠の力になった。

近年大きく飛躍を遂げたスターリングだが、グアルディオラ監督の存在は大きいようだ。同監督について以下のように答えている。

「彼は僕に試練を与えてくれる。僕が決して安心しないようにね。毎年新しいウインガーを獲得してくるんだ」

「だから僕は『クールだ。オーケー。ちゃんとやるさ』と言ったんだ。そしたら昨シーズンもまたウインガーを連れてきたよ」

「彼は要求が多いんだ。でもそれは良いことだよ。良くならなくてはいけないと思わせてくれるからね。なんて説明すれば良いか分からないけど、ピッチに立つ度、彼には自分自身を証明したくなるんだ」
コメント
関連ニュース
thumb

プレミア王者シティがハマーズに4発快勝でウルブズとの決勝へ!《プレミアリーグ・アジアトロフィー》

プレミアリーグ・アジアトロフィー2019準決勝、マンチェスター・シティvsウェストハムが中国で行われ、4-1でシティが快勝した。 昨季プレミアリーグ王者のシティはシルバやラポルテ、新戦力のロドリらがスタメンとなった。そのシティがシルバを軸に攻勢に出るも、26分にアンへリーニョがPKを献上してしまう。このPKをノーブルに決められ、シティは先制されてしまった。 それでも33分、右サイドからのベルナベのインスウィングのクロスをファーサイドで受けたシルバが見事な胸トラップからボレーシュートを叩き込み、シティが試合を振り出しに戻した。さらに3分後、エンメチャがボックス右で仕掛けたところでオグボンナに倒されてPKを獲得。これをエンメチャ自ら決めてシティが逆転に成功し、前半を終えた。 後半からデ・ブライネやベルナルド・シルバ、スターリングにザネといった主力を投入したシティは、59分に3点目を奪う。ザネのスルーパスに抜け出したスターリングがGKとの一対一を制した。 さらに72分、スターリングが2点目を奪う。デ・ブライネのラストパスをボックス右のスターリングが難なくゴールに蹴り込んだ。終わってみれば4-1と圧勝したシティが、ニューカッスルを4-0と粉砕したウォルバーハンプトンと20日に決勝を戦う。 マンチェスター・シティ 4-1 ウェストハム 【マンチェスター・シティ】 ダビド・シルバ(前33) ルーカス・エンメチャ(前36)[PK] ラヒーム・スターリング(後14、後27) 【ウェストハム】 マーク・ノーブル(前26)[PK] 2019.07.17 23:25 Wed
twitterfacebook
thumb

エバートン、イングランド代表MFデルフを獲得…3年契約、推定移籍金13億円

エバートンは15日、マンチェスター・シティに所属するイングランド代表MFファビアン・デルフ(29)の獲得を発表した。イギリス『BBC』によれば、移籍金は推定1000万ポンド(約13億4000万円)。デルフは3年契約でのエバートン加入となる。 デルフはリーズ・ユナイテッド、アストン・ビラを経て、2015年夏からシティでプレー。本職の中盤だけでなく、左サイドバックをこなすマルチロールな働きを見せ、昨シーズンのプレミアリーグ連覇など計7個のタイトル獲得に貢献した。また、イングランド代表としても2014年にデビュー。通算20キャップを記録している。 エバートン入りのデルフは移籍決定を受け、「ここに来ることができて、本当に幸せだ。絶対に全てを捧げたい。100%以外ないよ。ファンと一緒に何か特別なことを成し遂げられることを願う」とコメントしている。 2019.07.16 08:00 Tue
twitterfacebook
thumb

コシエルニー退団迫るアーセナル、オタメンディに関心?

アーセナルが、マンチェスター・シティに所属するアルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディ(31)の獲得に動いているようだ。スペイン『Super Deporte』が伝えている。 バレンシアの地元紙である『Super Deporte』は、クラブが今夏の移籍市場でオタメンディの復帰を画策していると主張。しかし、以前から関心が噂されるパリ・サンジェルマン(PSG)とアトレティコ・マドリーに加えて、アーセナルが同選手の獲得に動いていると伝えている。 アーセナルに関しては元フランス代表DFローラン・コシエルニーが今夏の移籍を巡ってプレシーズンツアー不参加の実力行使に出るなど、去就が不透明となっている。さらに、幾つかのセンターバック候補の交渉も難航しており、豊富な経験に加えて3バック、4バックのいずれでもプレー可能なオタメンディへの関心を強めている模様だ。 その一方で、同メディアはオタメンディが仮にシティ退団を選択した場合、唯一の移籍先候補はバレンシアだと主張している。同選手の代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏はバレンシアと深い関係にあり、すでに移籍に向けたコンタクトも取っているようだ。 2015年夏に3500万ユーロ(約42億6000万円)でバレンシアからシティに加入したオタメンディ。加入初年度から主力として活躍したが、昨シーズンは序列が4番手に下がったこともあり、プレミアリーグ18試合出場と思うように出場機会を得られていなかった。 2019.07.14 18:57 Sun
twitterfacebook
thumb

マンチェスター・シティがアジアツアー参加メンバーを発表! コパ&ANC組は不参加

マンチェスター・シティは13日、アメリカツアーに参加する27名を発表した。同クラブの公式サイトが伝えている。 今回のメンバーにはFWラヒーム・スターリングやMFダビド・シルバ、MFベルナルド・シウバ、MFケビン・デ・ブライネといった主力に加え、新加入のMFロドリゴ・エルナンデスやPSVから買い戻したDFアンヘリーニョもメンバーに入った。 一方、コパ・アメリカ2019に出場していたアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロやブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスらに加え、現在開催中のアフリカネーションズカップ2019に参加しているアルジェリア代表MFリヤド・マフレズらも招集外に。また、エバートンへの移籍が濃厚なMFファビアン・デルフも招集外となっている。 シティは、17日から中国で行われる“プレミアリーグ・アジアトロフィー”に参加。その後、香港で傑志と対戦し、日本で横浜F・マリノスと対戦する。今回発表されたメンバーは以下の通り。 ◆アジアツアー参加メンバー27名 GK クラウディオ・ブラーボ ギャビン・バズヌ DF カイル・ウォーカー ダニーロ ジョン・ストーンズ アンヘリーニョ アイメリク・ラポルテ テイラー・ハーウッド・ベリス MF イルカイ・ギュンドアン オレクサンドル・ジンチェンコ ロドリゴ・エルナンデス ケビン・デ・ブライネ レロイ・ザネ ベルナルド・シウバ ダビド・シルバ リアム・グリムショー イケル・ポソ トミー・ドイル アレイクス・ガルシア アドリアン・ベルナベ イアン・ポブダ ベン・ナイト フィル・フォーデン※香港遠征から参加 FW ラヒーム・スターリング ルーカス・エンメチャ ナビル・トゥアイジ ルーク・ボルトン 2019.07.14 04:52 Sun
twitterfacebook
thumb

エバートン、約11億円でデルフ獲得合意か?

エバートンが、マンチェスター・シティに所属するイングランド代表MFファビアン・デルフ(29)の獲得に迫っている。イギリス『テレグラフ』が伝えている。 2015年7月にアストン・ビラからシティ入りしたデルフ。セントラルMFを本職としながら、サイドハーフ、サイドバックもこなすユーティリティ性を武器に貴重なバックアッパーとして活躍。ただ、昨シーズンは公式戦20試合の出場に留まった。 そのデルフとシティの契約は2020年6月まで。さらに、シティは今夏の移籍市場で守備的MFのMFロドリゴ・エルナンデスの獲得に成功しており、負傷明けのDFバンジャマン・メンディの存在、新契約を締結したMFオレクサンドル・ジンチェンコの残留を考えれば、更なる出場機会の減少が見込まれる。そのため、選手、クラブ双方は今夏の移籍を考慮している。 『テレグラフ』が伝えるところによれば、現在デルフにはエバートンが強い関心を示しており、800万ポンド(約10億8000万円)の金額で合意間近と伝えている。 マルコ・シウバ監督とフットボール・ディレクターを務めるマルセル・ブランズ氏は、インテンシティの高いフットボールに合う若手中心のスカッド構築を優先しているが、デルフの経験や手ごろな移籍金を理由にデルフの獲得を熱望しているようだ。 2019.07.13 14:35 Sat
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース