バジャドリー守護神マシプ、2022年まで契約延長2019.06.29 23:26 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バジャドリーは29日、スペイン人GKジョルディ・マシプ(30)と2022年6月30日まで契約を延長したことを発表した。現行の契約から2年更新した格好だ。2017年夏にバルセロナからバジャドリーに加入したマシプは、加入初年度から正GKに定着して1部昇格に貢献すると、今季もリーガエスパニョーラで35試合に出場して45失点に抑え、16位で残留したチームの守護神として活躍していた。
コメント
関連ニュース
thumb

バジャドリー、降格キエーボからイタリア人DFバルバを買い取りOP付きレンタルで獲得

バジャドリーは6日、セリエBに降格したイタリア人DFフェデリコ・バルバ(25)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 2018年8月にスポルティング・ヒホンからキエーボに加入したセンターバックを主戦場に左サイドバックでもプレー可能なバルバは2018-19シーズン、セリエAで30試合に出場。主力としてプレーしていたが、チームは最下位に終わっていた。 バジャドリーは今夏、エバートンからスペイン人FWサンドロ・ラミレスをレンタルで獲得し、ビジャレアルのトルコ代表FWエネス・ウナルをレンタル延長で残留させている。 2019.07.07 01:32 Sun
twitterfacebook
thumb

バジャドリー、ビジャレアルのトルコ代表FWウナルをレンタル延長

バジャドリーは5日、ビジャレアルのトルコ代表FWエネス・ウナル(22)のレンタル期間を1年延長したことを発表した。 2017年夏にマンチェスター・シティからビジャレアルに加入したストライカーのウナルは、2018年夏にバジャドリーへレンタル移籍。2018-19シーズンはリーガエスパニョーラで33試合に出場して6ゴール3アシストを記録し、16位で残留したチームのストライカーとして奮闘していた。 2019.07.06 02:26 Sat
twitterfacebook
thumb

エバートンFWサンドロ・ラミレスがバジャドリーへレンタル

バジャドリーは2日、エバートンのスペイン人FWサンドロ・ラミレス(23)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 バルセロナでプロデビューを飾ったストライカー兼ウインガーのサンドロ・ラミレスは、マラガでの活躍を経て2017年7月にエバートンへ完全移籍。しかし、エバートンでは結果を残せず2018年1月にセビージャ、そして同8月にレアル・ソシエダへそれぞれレンタルに出されていた。 2018-19シーズンはソシエダでリーガエスパニョーラ24試合に出場したが、ノーゴールに終わっていた。 2019.07.03 05:33 Wed
twitterfacebook
thumb

バジャドリー、レアル・マドリーBから若手FWをレンタル! 3選手と契約更新

バジャドリーは25日、レアル・マドリー・カスティージャからスペイン人FWホルヘ・デ・フルートス(22)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 2018年にラージョ・マハダオンダからカスティージャに加入したデ・フルートスは、スピードと両足のキック精度に長けたアタッカー。今シーズンは右ウイングを主戦場に左ウイング、センターフォワードでもプレーし、セグンダB(スペイン3部)で35試合に出場し7ゴール5アシストの数字を残していた。 また、バジャドリーは同日、スペイン人DFキコ・オリバス(30)とスペイン人MFミチェル(30)、スペイン人DFロベルト・コラル(21)の3選手との契約更新を発表した。 レギュラーセンターバックとしてリーグ戦35試合に出場したキコは2022年、同じく主力MFとしてリーグ戦35試合に出場したミチェルは2020年、リザーブチームの主力を担う若手左サイドバックのコラルは2022年までの契約にサインしている。 2019.06.26 03:31 Wed
twitterfacebook
thumb

スキャンダル! 今季リーガ最終節のバジャドリーvsバレンシアで八百長の可能性!

先日、発覚したスペインでの八百長事件に関連する形で、今シーズンのリーガエスパニョーラ最終節、バジャドリーvsバレンシアで試合操作が行われた可能性が濃厚となっている。スペイン『エル・ムンド』が報じた。 先日、スペイン警察は犯罪組織や汚職、マネーロンダリングに関与している疑いで、元レアル・マドリーのラウール・ブラボ(アリス・テッサロニキ)やレアル・バジャドリーのボルハ・フェルナンデス、リーズからヘタフェへレンタル移籍中のサムエル・サイス、デポルティボ・ラ・コルーニャのイニゴ・ロペス、カルロス・アランダら、元選手と現役選手らを逮捕。 また、ウエスカの会長であるアウグスティン・ラサオサ氏、ウエスカのメディカルサービスの責任者であるフアン・カルロス・ガリンド氏も逮捕されたとのことだ。 この調査では、2016-17、2017-18シーズンの一部の試合で八百長が行われ、スポーツベッティングに影響を与えた可能性が追及されている。 そして、今回『エル・ムンド』は警察によって傍受されていた通話記録などの情報を独占的に公表。その記録の中で前述のバジャドリーvsバレンシアで試合操作が行われた可能性を指摘している。 まず始めに今回のバジャドリーvsバレンシアの一戦に関する状況を説明すると、第37節終了次点でチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位に付けていたバレンシアは、同勝ち点で並ぶ5位のヘタフェと、勝ち点2差の6位セビージャと熾烈な4位争いに巻き込まれていた。一方、16位のバジャドリーは前節で残留が決定していた状況でホーム最終戦に臨んでいた。 この一戦では前半の36分に相手最終ラインでのボール回しにプレッシャーをかけたバレンシアFWロドリゴ・モレノのボール奪取からMFカルロス・ソレール。後半立ち上がりの53分にはバジャドリーGKからのショートパスを受けたボックス手前の相手DFからMFダニエル・パレホがボールを奪い、その流れからロドリゴが追加点と、いずれも相手の不用意なミスをゴールに結びつけての2-0の勝利だった。そして、バレンシアは自力で4位フィニッシュを決めていた。 この一戦に関して『エル・ムンド』は逮捕者の1人であるカルロス・アランダの以下のような通話記録を公表している。 「7人のプレーヤーが賄賂を受け取っていた。それ以上のことはない」 「1万ユーロを賭ければ、2万ユーロ勝てるぞ」 前述の試合展開に加え、カルロス・アランダのこの通話記録によって同試合で八百長が行われた可能性が高まっている。 さらに、『エル・ムンド』は逮捕者の1人であるラウール・ブラボが同試合前にバジャドリーのボルハ・フェルナンデスに接触していた事実、バジャドリーのFWケコの自宅でバジャドリーの一部選手たちが試合操作の段取りを打合せしていた可能性についても指摘している。 また、より決定的な証拠がカルロス・アランダの別の通話記録だ。同選手はバレンシアが前半、後半共にリードを得て前後半に1点ずつを決めることまで友人に伝えていた。 「よく聞けよ。バレンシアは前半も後半も勝つ。わかったか?」 「俺の言うことを聞け。彼らは前半も後半のスコアでも勝つ」 「バレンシアはただ勝つだけじゃなく、2つのゴールを2つのハーフに分けて決めるからな」 一連の出来事を考慮すれば、同試合で試合操作が行われた可能性はほぼ間違いないが、今後警察とリーグ機構がいかなる処分を下すことになるのか。 2019.06.04 14:46 Tue
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース