「7年半で7つのタイトルを獲得したのに…」シメオネ、アトレティコの評価に不満2019.06.26 19:07 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレティコ・マドリーを指揮するディエゴ・シメオネ監督がクラブの評価に不満を抱いているようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。2011年12月にアトレティコの監督に就任したシメオネ監督は、1年目からヨーロッパリーグ(EL)優勝に導く辣腕を発揮。2013-14シーズンには"2強"であったレアル・マドリーとバルセロナを抑えて18年ぶりのリーガエスパニョーラを制覇しに導いた。

ほかにもチャンピオンズリーグ決勝に2度進出するなどヨーロッパ屈指のチームに成長したアトレティコだが、シメオネ監督は周りのクラブに対する評価が成績に伴っていないことに不満を持っているようだ。

「誰も私たちの成績を見てくれない。我々はラ・リーガで優勝しただけでなくクラブの歴史を変えたんだ」

「この7年半で7つのタイトルを獲得した。決勝にも3回行った。そのうち、2つはチャンピオンズリーグでもう1つはスーペル・コパのバルセロナ戦だ」

「アトレティコ・マドリーは、リバプールやインテル、ユベントスと同じポジションにいるはずなのに…」
コメント
関連ニュース
thumb

ヴェンゲル、愛弟子コシエルニーと古巣アーセナルの対立について言及

一昨シーズンまでアーセナルで長期政権を築いていたアーセン・ヴェンゲル氏が、愛弟子と古巣クラブの間に起きた問題に関して言及した。フランス『レキップ』が同氏のコメントを伝えた。 アーセナルは今月11日、キャプテンを務める元フランス代表DFローラン・コシエルニーがアメリカへのプレシーズンツアー参加を拒否した事実を公表。 クラブはこの一件に関して、「我々はローランの行動に非常に失望しています。それは我々の明確な指示に反するものです。我々はこの問題が解決されることを望んでいます」との声明を発表していた。 一部報道によると、コシエルニーは今夏にボルドーをはじめフランスからのオファーが取り沙汰されており、フリーでの加入を希望する同選手はクラブに契約解消を要求し、これを拒否されたことに対する不満として前述の行動に出たと推測されている。 ヴェンゲル氏は2010年にロリアンから自ら獲得し、後にキャプテンを任せるほど厚い信頼を与えていたコシルニーと古巣との対立に関して言及。全体の事情は知らないものの、同選手が何の理由もなしに規律違反を犯すような人間ではないと擁護している。 「正直なところ、今の状況にとても驚いている。私はこの一件に関するすべてのストーリーを理解しているわけではない。しかし、私と共に仕事をしていた際、ローランの振る舞いに関して非難すべき点はひとつもなかった。そして、私は1人の人間として彼を高く評価している」 また、アーセナルとフランス代表で同僚だったチェルシーFWオリヴィエ・ジルーは、先日にイギリス『BBC』で前述の問題に関して言及。ヴェンゲル氏と概ね同じ見方をしている。 「すべての情報を得ていない段階で判断することはできない。僕を含めて多くの人がこの状況のすべてを把握していないということは確かだ」 「個人的にとても残念な気持ちでいるよ。彼は本当に素晴らしい人間だからね。メディアの人たちには彼に対する悪いイメージを植え付けないことを求めたい」 「今、僕はクラブにいない。だから、彼らの間で何が起きたかはわからない。だけど、ロロ(コシエルニー)は今回の出来事で深く傷付いていることは間違いないよ。彼は感情的な人間なんだ」 今回の騒動に関してアーセナル、コシエルニーのどちらに非があるかは不明だが、両者は来週中にそれぞれ弁護士同席の下で問題解決に向けた話し合いを行うようだ。 2019.07.18 15:42 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナルが白星スタート! 終盤投入エンケティア弾でバイエルン撃破《ICC》

インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2019のアーセナルvsバイエルンが18日にアメリカで行われ、2-1でアーセナルが勝利した。 昨シーズンのプレミアリーグでは5位、ヨーロッパ・リーグ(EL)では決勝戦で敗れてチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃したアーセナルは、ウナイ・エメリ体制2年目を迎える。GKレノ、ナイルズ、パパスタソプーロス、ムスタフィ、モンレアル、ジャカ、ジョー・ウィロック、オーバメヤン、エジル、ムヒタリアン、ラカゼットを起用した。 一方、ブンデスリーガで7連覇、DFBポカールも制し、国内2冠を達成したバイエルンは、ニコ・コバチ体制2年目を迎える。GKにノイアー、ジョナス・ケール、ボアテング、ハビ・マルティネス、アラバ、トリソ、チアゴ・アルカンタラ、R・ヨハンソン、オントゥザン、ミュラー、アルプをピッチに送り出した。 試合はアーセナルが3分にいきなりチャンスを創り出す。ボックス右手前でボールを持ったオーバメヤンがボックス右に走り込んだエジルとのワンツーで中央に切れ込み、右足アウトサイドでシュート。しかし、これは枠を捉えることができない。 その後、アーセナルは自陣ボックス内での守備でバタつくシーンが見られたが、19分には中盤からジョー・ウィロックが左サイドに展開し、ムヒタリアンが頭でボックス左へ。走り込んだエジルがGKとDFの間にクロスを送るが、わずかにオーバメヤンと合わない。しかし、流動的なパスワークでバイエルンを崩しにかかる。 しかし、バイエルンも徐々に反撃態勢へ。32分、チアゴ・アルカンタラのパスを受けたアラバがボックス左外からゴール前に低い弾道のクロスを供給。これをミュラーが右足で合わせるも、GKレノにブロックされた。さらにバイエルンは34分にもボックス右で浮き球のパスを受けたオントゥザンがワントップから右足を力強く振り切るが、ここもGKレノの素早い反応に阻まれてしまう。 立て続けにピンチを迎えたアーセナルは、カウンターからチャンスを迎える。38分、相手の右CKをボックス付近で拾ったオーバメヤンが快速を飛ばして一気にボックス手前までドリブルで持ち込み、ボックス左にラストパスを送る。走り込んだエジルがワントラップから左足でシュートを放つも、これがGKノイアーの正面に飛んでしまい、先制点とはならない。 後半に入ると、バイエルンは終盤に相手選手との接触で足を痛めたオントゥザンに加えて、ミュラー、アラバ、J・ボアテング、ハビ・マルティネス、チアゴらに代えて、ニャブリ、コラシナツ、レヴァントフスキ、コマン、キミッヒら一気に10名を入れ替えた。今夏にシュツットガルトから加わったパヴァールもデビューを飾った。対してアーセナルは、GKレノとモンレアルに代えてGKメイシーとコラシナツを投入している。 後半開始早々、アーセナルがラッキーな形で先制点を奪う。49分、ボックス手前やや左からムヒタリアンがボックス右に浮き球のパスを供給。これをオーバメヤンが折り返すと、ブロックを試みたポズナンスキの足に当たってそのままゴールに吸い込まれた。 バイエルンは56分からGKウルライヒがGKノイアーに代わってプレー。対するアーセナルは64分にムヒタリアンとジョー・ウィロックに代えて、バートンと今夏にホッフェンハイムから加わったネルソンを投入した。 66分、バイエルンにチャンス。ゴレツカのロングフィードをコマンが敵陣左深い位置で収めて対峙した相手をかわし、ボックス左から右足で強烈なシュートを放つ。しかし、GKメイシーが微かに右手でボールに触り、ゴールのわずか上を通過した。 それでもバイエルンは71分、ボックス右外からニャブリがボックス中央へ絶妙なクロス。これをレヴァンドフスキが頭で合わせると、ボールはゴール右隅へ。GKメイシーは一歩も動けず、ゴールネットが揺れた。 その後、追いつかれたアーセナルは終盤、バイエルンに押し込まれる時間帯が続いたが、82分にムスタフィ、オーバメヤン、エジルらに代えてチャンバース、ジョン=ジュールズ、エンケティアを投入。すると88分、CKの流れからボックス左でセカンドボールを拾ったジョン=ジュールズがチャンバースとのワンツーで縦に突破してゴール前にラストパスを送り、最後はエンケティアが押し込んだ。 終盤に投入された3人でゴールを奪い、2-1と勝ち越したアーセナルがバイエルンを下した。 アーセナル 2-1 バイエルン 【アーセナル】 OG(後4) エンケティア(後43) 【バイエルン】 レヴァンドフスキ(後26) 2019.07.18 14:05 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナルが“ノースロンドンダービー”を制し逸材DFサリバ確保か…移籍金分割払い+今季レンタルバック

アーセナルが、サンテチェンヌのU-20フランス代表DFウィリアム・サリバ(18)獲得に大きく近づいたようだ。イギリス『BBC』が報じた。 センターバックの補強を進めているアーセナルは、6月に行われたU-20ワールドカップでも注目を集めたサリバの獲得に早くから動いていた。 そんな中、トッテナムが横槍を入れ、移籍市場でも“ノースロンドン・ダービー”が勃発していた中、アーセナルが3000万ユーロ(約36億3100万円)をサンテチェンヌに分割払いをすることで合意に近づいたとのことだ。 サンテチェンヌの下部組織出身のサリバは、193㎝の長身とパワーを生かした対人の強さに加え、ポジショニングセンスやドリブルでの果敢な持ち出しを得意とする現代型のセンターバックだ。トップチームデビューを果たした昨シーズンは公式戦19試合に出場し、サンテチェンヌの堅守を支えていた。 なお、サリバは2019-20シーズンはサンテチェンヌにレンタル移籍で戻り、2020-21シーズンからアーセナルでプレーすると『BBC』は報じている。 アーセナルは、ブラジルのイトゥアーノからFWガブリエウ・マルティネッリ(18)を獲得。その他には、セルティックのスコットランド代表DFキーラン・ティアニー(22)、レアル・マドリーのスペイン代表MFダニ・セバージョス(22)の獲得を目指している。 2019.07.18 13:37 Thu
twitterfacebook
thumb

RBライプツィヒ、アーセナル関心のエンクンク獲得が決定的に!

RBライプツィヒがパリ・サンジェルマン(PSG)のU-21フランス代表MFクリストファー・エンクンク(21)の獲得を決定的なモノにしたようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 今夏の移籍市場でPSG退団が有力視されるエンクンク。その新天地に関してはPSGで指導を受けたウナイ・エメリ監督が率いるアーセナルが有力視されてきた。しかし、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃した同クラブは緊縮財政を強いられており、その他の補強ポジションを優先し、現時点では同選手から撤退した模様だ。 その間隙を突いて一気に交渉を進めたのは、国内外の若手タレントに触手を伸ばすライプツィヒ。『レキップ』が伝えるところによれば、両クラブは今週初めに移籍金1300万ユーロ(約15億8000万円)+ボーナス、今後他クラブに移籍する際の売却益の一部という条件で合意に至ったという。 また、エンクンク自身も移籍を了承しており、18日にも現地でメディカルチェックを受診し、5年契約にサインする見込みだ。 PSGの下部組織出身のエンクンクは2015年にトップチームに昇格。セントラルMFを主戦場に2列目の複数ポジションもこなせる万能型MFは、その優れたパスセンスとアジリティを武器に直近2シーズンに渡って準主力として活躍。昨シーズンは公式戦29試合に出場し4ゴール2アシストを記録した。 しかし、トーマス・トゥヘル監督との確執も伝えられるエンクンクは2020年6月までの契約を更新する意思を見せず、昨季限りでの退団が有力視されている。 2019.07.17 20:25 Wed
twitterfacebook
thumb

エジルが髪をプラチナカラーに! 米女子代表ラピノーへのオマージュ?

アーセナルの元ドイツ代表MFメスト・エジルが新たなヘアースタイルを公開した。 現在、アメリカでプレシーズンツアーを行っているアーセナルにおいて注目を集めているのが、エジルの新ヘアースタイルだ。 今回明らかになった新ヘアースタイルでは、サイドをツーブロックにし、トップ部分をオールバックにするという髪型自体に変化はなかったものの、髪の色がなんとプラチナカラーに。 今回SNS上に投稿された映像や画像ではエジルがサングラスをかけており、その姿は髪色こそ異なるものの、先日フランスで行われた女子ワールドカップでアメリカの大会連覇の立役者となったアメリカ女子代表FWミーガン・ラピノーにそっくりだった。 そして、チームメートのFWピエール=エメリク・オーバメヤンやFWアレクサンドル・ラカゼットは、両者の画像を並べたSNS上でのイジリを敢行していた。 なお、エジルはプラチナカラーに染めた理由に関して、チームメートのラカゼットらと行ったクロスバーチャレンジゲームで敗れた末の罰ゲームだったと説明している。 ※画像はプラチナカラーに染める数日前のエジルとラピノー ◆ラピノーへのオマージュ? https://twitter.com/COPA90/status/1151282021450301440 2019.07.17 16:45 Wed
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース