なでしこジャパンがベスト16敗退…土壇場のPK被弾でオランダに惜敗…《女子W杯》2019.06.26 06:11 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
なでしこジャパン(女子日本代表)は25日、女子ワールドカップ(W杯)2019ラウンド16でオランダ女子代表と対戦し、1-2で敗戦。ベスト16での敗退となった。イングランド、スコットランド、アルゼンチンと同居したグループDを1勝1敗1分けの戦績で2位通過したなでしこ。今回のラウンド16ではグループEを3連勝で首位通過した強豪オランダと対戦。

高倉麻子監督は0-2で敗れた19日のグループ最終節のイングランド戦から先発3人を変更。横山久美、小林里歌子、遠藤純に代えて菅澤優衣香、三浦成美、長谷川唯を起用。システムは[4-4-2]を継続も中島依美を右サイドハーフに戻し、菅澤と岩渕真奈を最前線で並べた。

相手の強力3トップを警戒してか、やや後ろに重心を置いた入りとなったなでしこ。開始直後の5分には左サイド深くでマルテンスが上げたクロスをボックス右のミーデマにボレーで合わせられるが、DF鮫島彩が何とか身体に当てるとボールは右ポストを掠めて枠の右に外れた。

立ち上がりのピンチを凌いだものの、フィジカルで勝るオランダを相手になかなかセカンドボールを拾えず、押し込まれる状況が続く。すると17分には警戒していたセットプレーから先制点を許す。左CKの場面でキッカーのスピッツェがニアに入れたボールに対して、中央からフリーで走り込んだマルテンスにワンタッチで合わせられると、菅澤にディフレクトしたボールがゴール右隅に決まった。

守備的に入りながらも序盤にリードを許したなでしこだったが、20分に最初の決定機を作り出す。相手陣内中央左でボールを持った岩渕がペナルティアーク付近に走り込んだ長谷川にクサビのパスを入れると、長谷川がこれをワンタッチでボックス中央の菅澤に繋ぐ。菅澤は相手をうまくブロックし体勢を崩しながらも右足のシュートを放つが、これは惜しくも右ポストを叩いた。

前半半ばを過ぎて徐々に相手陣内でボールを動かす時間を増やすなでしこだが、アタッキングサードでのプレー精度を欠きなかなかフィニッシュまで持ち込めない。逆に、強力3トップを背後のスペースに走らせるオランダのカウンターに手を焼くが、GK山下杏也加が果敢なエリア外への飛び出しでピンチを未然に阻止する。

すると、このままハーフタイム突入と思われた43分に同点ゴールが生まれる。相手陣内左サイドから切り込んだ杉田妃和がグラウンダーのパスを入れる。これをペナルティアーク付近の菅澤が短く落とすと、ボールを受けた岩渕が巧みなターンでDFをかわしてすかさずゴール前にスルーパス。これに抜け出した長谷川が飛び出したGKの頭上を抜く冷静なシュートを流し込んだ。その後、ミーデマの決定機をGK山下の好守で凌ぎ、追いついたなでしこが良い形で試合を折り返した。

互いに選手交代なしで臨んだ後半。立ち上がりは前からの圧力を強めたオランダがペースを掴む。立ち上がりにはボックス手前で得たFKをスピッツェが枠の左に飛ばすが、ここはGK山下が好守で凌ぐ。

立ち上がりの劣勢を凌いだなでしこは岩渕のドリブル突破を軸に反撃を試みる。57分にはボックス手前で杉田からパスを受けた菅澤が思い切ってミドルシュートを狙うが、枠を大きく外す。さらに64分には右サイドへの大きな展開から味方をオトリに内へ切り込んだ中島が左足のミドルシュートを枠の左隅に飛ばすが、ここは相手GKのファインセーブに阻まれた。

徐々に流れを掴み始めたなでしこは70分にもボックス左で浮き球を収めた岩渕のヒールパスを受けた長谷川が右足のシュートを放つが、これはわずかに枠の右に外れた。攻勢を強めたいなでしこは72分、中島を下げて負傷明けの籾木結花を今大会初めてピッチに送り出す。

この交代をキッカケにボール支配率を高めて相手を押し込むなでしこ。79分にはボックス内での岩渕とのパス交換から杉田が左足を振り抜くが、このシュートは惜しくもクロスバーを叩く。直後の80分には左サイドの長谷川のクロスの流れから菅澤の頭での折り返しからゴール前で混戦を作り、最後は籾木が左足のシュートを枠に飛ばすが、今度は相手GKのビッグセーブに阻まれる。

再三の決定機を作りながらも決め切れないなでしこは、試合最終盤にそのツケを払うことに。88分、ボックス内でミーデマが放ったシュートをDF熊谷紗希がブロック。すると、微妙な判定ながら左腕に当たったとしてオランダにPKが与えられる。これをキッカーのマルテンスに決められて土壇場で勝ち越しを許した。

その後、岩渕を下げて宝田沙織を投入し、長身の熊谷を前線に上げるパワープレーでゴールを目指すが、最後までゴールをこじ開けることはできずに無念の終戦。後半に入ってより多くの決定機を作り出したなでしこだったが、課題の決定力不足を克服できず。東京オリンピックでの金メダル獲得を目指す中で重要な試金石となる今大会は無念のベスト16敗退となった。

なお、この試合に勝利したオランダは準々決勝でイタリアと対戦する。
コメント
関連ニュース
thumb

アメリカが欧州王者オランダを下し最多4度目のW杯制覇! 史上2カ国目の大会連覇を達成!!《女子W杯》

女子ワールドカップ(W杯)2019決勝のアメリカ女子代表vsオランダ女子代表が7日に行われ、2-0でアメリカが勝利した。この結果、アメリカが2大会連続4度目のW杯王者に輝いた。 準決勝でイングランド女子代表に勝利し大会連覇に王手をかけたアメリカと、延長戦までもつれた激闘の末にスウェーデン女子代表を下したヨーロッパ王者オランダが激突した決勝戦。 [4-3-3]のミラーゲームとなった一戦は、コンパクトな守備陣形で集中した守りを見せるオランダに対して、ボール奪取からの素早いカウンターで打開を図るアメリカの攻防は一進一退の展開が続く。そんな中、先に決定機を迎えたのはアメリカ。 28分、ラピノーの左CKをニアサイドに走り込んだエルツがフリックすると、相手DFにディフレクトした浮き球に再び反応したエルツがジャンピングボレーで合わせたが、このシュートはGKフェーネンダールの好セーブに阻まれた。 徐々にボールを握れるようになったアメリカは、38分にもラピノーの左クロスからニアに走り込んだモーガンが決定機を迎えたが、ワンタッチシュート。さらに40分には、モーガンのミドルシュートがゴール右隅を捉えたが、共にシュートはGKフェーネンダールの好セーブに阻まれた。 守護神の好守に応えたいオランダは、前半終了間際にアメリカゴールへ迫る場面を見せたが、前半は枠内シュート0本で終えた。 迎えた後半、アメリカは前半終了間際に相手選手と接触したオハラを下げてクリーガーを投入。すると59分、ヒースの右クロスをボックス内で収めようとしたモーガンがファン・デル・グレースの高く上げた足裏がヒット。ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の検証の結果、アメリカにPKが与えられる。このPKをラピノーがゴール右下に決め、アメリカが先制に成功した。 さらにアメリカは、69分にもドリブルで中央を切り裂いたラベルがボックス内まで持ち上がり、ゴール右隅にシュートを突き刺した。 リードを広げられたオランダは、70分にマーテンズを下げてロードを、73分にデッカーを下げてファン・デ・サンデンをピッチに送り出した。すると77分、左サイドからドリブルで切り込んだベーレンスタインがミドルシュートでゴールを狙うが、これは相手GKが正面でキャッチ。 最後まで追加点は奪えなかったアメリカだが、危なげない試合運びでオランダに完封勝利。アメリカが最多4度目のW杯優勝を飾るとともに、史上2カ国目となる大会連覇を達成した。 アメリカ女子代表 2-0 オランダ女子代表 【アメリカ】 ラピノー(後16[PK]) ラベル(後24) 2019.07.08 02:07 Mon
twitterfacebook
thumb

前半の2発でスウェーデンが2大会ぶりの3位フィニッシュ! イングランドはVARに涙を呑む《女子W杯》

女子ワールドカップ(W杯)2019・3位決定戦のイングランド女子代表vsスウェーデン女子代表が6日に行われ、1-2でスウェーデンが勝利した。 準決勝でアメリカ女子代表に1-2と惜敗したイングランドと、オランダ女子代表に延長戦の末に0-1で敗れたスウェーデンの一戦。 開始直後からハイテンションの攻防が続く中、スウェーデンはが11分にスコアを動かす。ロルフォの左クロスをゴール前でグリーンウッドがクリアするも、こぼれ球に反応したアスラニがボックス中央からダイレクトシュートをゴール右隅に流し込んだ。 先制したスウェーデンは、22分にも左サイド高い位置でボールを受けたブラックステニウスのパスからボックス左に侵入したヤコブソンがコントロールショットをゴール右に突き刺した。 2点を追うイングランドは31分、ジル・スコットのスルーパスで右サイドを突破したカービーがボックス右から侵入。カービーは鋭いカットインからシュートコースを作るとゴール左隅にシュートを流し込んだ。 さらにイングランドは、33分にもミードの左クロスをボックス内のホワイトが胸で収めると相手DFを背負いながらも反転シュート。これがゴールネットを揺らしたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の検証の結果、ホワイトのハンドを取られノーゴールの判定となった。 後半は立ち上がりから一進一退の膠着状態が続く。そんな中、先に決定機を迎えたのはイングランド。36分、カーニーの左クロスにホワイトが飛び込むがシュートは相手DFがブロック。さらに、こぼれ球に反応したテイラーの繋ぎから再びホワイトにチャンスが訪れたが、これは相手DFが先にクリアした。 1点を追うイングランドは、試合終了間際の90分にも右CKのセカンドボールをボックス中央のブロンズがボレーシュート。しかし、このシュートはゴールカバーに入ったフィッシャーにライン手前でクリアされた。 結局、試合はそのまま1-2で終了。前半の2ゴールで逃げ切ったスウェーデンが、2大会ぶり3度目の3位で大会を終えた。 2019.07.07 01:57 Sun
twitterfacebook
thumb

延長戦のグルーネン弾でスウェーデンを撃破したオランダが初の決勝進出!《女子W杯》

女子ワールドカップ(W杯)2019準決勝のオランダ女子代表vsスウェーデン女子代表が3日に行われ、0-0で90分が終了。その後に行われた延長戦の結果、1-0でオランダが勝利した。 準々決勝でイタリア女子代表に2-0と完勝したオランダと、準々決勝でドイツ女子代表を2-1と下したスウェーデンの一戦。 試合は立ち上がりから一進一退の展開となる中、先にチャンスを迎えたのはスウェーデン。13分、カウンターから持ち上がったヤコブソンのパスで相手DFの裏に抜け出したブラックステニウスがボックス右からシュート。GKの弾いたボールにヤコブソンが詰めるも、これは先に相手GKがキャッチした。 対するオランダは、前半半ばを過ぎて徐々に相手陣内でボールを動かす時間を増やすも、集中したスウェーデンの守備ブロックを崩し切れず、スコアに動きのない戦況に。 スウェーデンは37分、左CKのこぼれ球をボックス中央のルベンソンがシュート。これが相手DFに当たると、こぼれ球に反応したフルティグが右足で押し込んだが、シュートは相手GKの好セーブに阻まれた。 迎えた後半、オランダはマルテンスを下げてロードを投入。しかし、後半も先にチャンスを迎えたのはスウェーデン。57分、右CKの流れからボックス内でボールが繋がると、相手DFのディフレクトしたボールをボックス右に走り込んだフィッシャーがシュート。しかし、これは相手GKがわずかに触り、左ポストに弾かれた。 対するオランダは、64分にスピッツェの右CKからファーサイドのミーデマが狙いすましたヘディングシュートを放つが、こちらも相手GKがわずかに触り、クロスバーを直撃した。 オランダは71分、ベーレンスタインを下げてファン・デ・サンデンを投入。対するスウェーデンは、79分ルベンソンとフルティグを下げてジギオッティとヤノギーを投入する2枚替えを敢行した。 しかし、互いに最後までゴールネットを揺らすことはできず。決勝進出を懸けた一戦は延長戦に突入。 迎えた延長戦はオランダが主導権を握る展開となる。すると99分、オランダはファン・デ・ドンクの縦パスがパスカットに入ったセンブラントに当たると、こぼれ球を拾ったグルーネンがボックス手前まで持ち上がりミドルシュート。これがゴール左隅に吸い込まれ、オランダが待望の先制点を奪った。 結局、これが決勝点となり、オランダが1-0で勝利。グルーネンの決勝弾で逃げ切ったオランダが初の決勝進出に駒を進めた。 オランダ女子代表 1-0 スウェーデン女子代表 【オランダ】 グルーネン(延前9) 2019.07.04 06:40 Thu
twitterfacebook
thumb

モーガン決勝弾にPKストップの王者アメリカがイングランドに競り勝って初連覇に王手!《女子W杯》

女子ワールドカップ(W杯)2019準決勝、イングランド女子代表vsアメリカ女子代表が2日に行われ、1-2でアメリカが勝利した。 準々決勝でノルウェー女子代表に3-0と快勝したイングランドと、準々決勝で開催国のフランス女子代表を2-1と下した前回王者アメリカの一戦。 主軸のラピノーを負傷の影響かベンチスタートとしたアメリカが、立ち上がりから攻勢に出る。まずは開始4分、ボックス右で仕掛けたラベルがGKを強襲するシュートを浴びせると、勢いそのまま10分に先制した。ヒースのスルーパスをラベルがスルーして右サイド高い位置まで駆け上がったオハラが受けてクロス。ファーサイドへのボールをプレスがヘディングシュートでゴールに押し込んだ。 ラピノーの代役プレスのゴールで先手を取ったアメリカがその後も右ウイングのヒースのスピードを生かした攻撃で圧力をかけると、16分にはラベルがミドルシュートで牽制。 しかし19分、イングランドがワンチャンスで同点とした。左サイドからのミードのクロスをホワイトがボレーで流し込んだ。 失点したアメリカは25分にチャンス。ルーズボールをペナルティアーク中央のラベルが強烈なボレー。だが、GKの正面を突いた。それでも31分、アメリカが勝ち越す。左サイド絞った位置からのホーランの正確なクロスをモーガンがヘディングで流し込んだ。 主将モーガンのグループステージ・タイ戦以来のゴールでリードしたアメリカは、自陣に引きながらショートカウンターを狙い、主導権を握ったまま前半を終えた。 迎えた後半もカウンターを狙うアメリカが流れを引き寄せる中、イングランドは58分に10番を背負うカービーを投入。 しかし1分後、アメリカはイングランドGKテルフォードのミスパスをカットしたプレスが決定的なシュートを浴びせて牽制する。 チャンスを作れずにいたイングランドだったが、67分に試合を振り出しに戻しかけた。スコットのワンタッチパスに抜け出したホワイトがGKとの一対一を制したが、VARの末にホワイトのポジションが僅かにオフサイドでノーゴールに覆った。 さらに79分にもイングランドに同点のチャンス。カービーのスルーパスで左サイド高い位置まで上がったストークスのクロスにホワイトが合わせにかかったが、僅かに届かなかった。しかしVARの末、ソーアブランの足がホワイトにかかっていたとしてPK判定となった。 ところがこのPKを蹴った主将のホートンのシュートはGKネーハーがセーブ。アメリカがリードを守ると、86分にイングランドに退場者が出てしまう。モーガンに対するスライディングタックルでブライトに2枚目のイエローカードが提示され、退場となった。 そして数的優位となったアメリカが7分の追加タイムを危なげなく進めてタイムアップ。3大会連続で決勝に進出し、初の2連覇へ王手をかけている。 2019.07.03 05:53 Wed
twitterfacebook
thumb

ドイツに逆転勝利のスウェーデンが2大会ぶりのベスト4進出! 欧州上位3カ国に入ったスウェーデンは東京五輪の出場も決定《女子W杯》

女子ワールドカップ(W杯)2019準々決勝のドイツ女子代表vsスウェーデン女子代表が29日に行われ、1-2でスウェーデンが勝利した。 ラウンド16でそれぞれナイジェリア、カナダを破ったドイツとスウェーデンによるベスト4進出を懸けた一戦。試合は立ち上がりからドイツがボールを保持すると5分、ボックス手前でダルマンがフィッシャーに倒されでFKを獲得。このFKをマグルが直接狙ったが、シュートは相手GKにキャッチされた。 対するスウェーデンは12分、ロルフォのスルーパスで相手DFの裏抜け出したヤコブソンがボックス左からシュート。しかし、このシュートは相手GKの好セーブに阻まれた。 ドイツは16分、敵陣中盤で相手のパスをカットしたデェブリツがドリブルで持ち上がりラストパスを供給。これをボックス中央で受けたマグルが、トラップでボールを浮かせると右足のジャンピングボレーシュートをゴールに突き刺した。 先制を許したスウェーデンだが、すぐに反撃に出る。22分、最終ラインのロングフィードに反応したヤコブソンがボックス内まで持ち上がると、飛び出したGKの脇を抜くシュートをゴール左隅に流し込んだ。さらに36分には、ロルフォのスルーパスで相手DFの裏に抜け出したブラックステニウスがボックス右から右足を振り抜いたが、このシュートは相手GKの好守に阻まれた。 迎えた後半、ドイツはダルマンを下げてマロザンを投入。しかし、先にスコアを動かしたのはスウェーデン。48分、ボックス右から仕掛けたヤコブソンのクロスをファーサイドのロルフォがヘディングシュート。これは相手GKが左手で弾くも、こぼれ球をゴール前のブラックステニウスが押し込み、逆転に成功した。 後半立ち上がりの追加点で主導権を握ったスウェーデンは78分、中盤でボールを受けた10がドリブルでボックス内まで持ち上がると、ボックス右からニアサイドへシュートを放ったが、これは相手GKに弾かれた。 1点を追うドイツは88分、マロザンの右FKからファーサイドのヘゲリングがヘディングシュートで合わせたが、これはわずかにゴール左。後半アディショナルタイムにも猛攻を続けたドイツだったが、スウェーデンの集中した守りを最後まで崩せず。 結局、試合は2-1でスウェーデンが勝利。2大会ぶりのベスト4進出を決めたスウェーデンは、今大会の欧州上位3カ国に入ったため来年行われる東京オリンピックの出場権も同時に獲得した。 なお、スウェーデンは7月3日に行われる準決勝でオランダ女子代表と対戦する。 ドイツ女子 1-2 スウェーデン女子 【ドイツ】 マグル(前16) 【スウェーデン】 ヤコブソン(前22) ブラックステニウス(後3) 2019.06.30 03:28 Sun
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース