不可解判定に涙を呑んだ広島…王者鹿島は勝負強さを見せてベスト8進出!!《ACL2019》2019.06.25 21:15 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019決勝トーナメント1回戦2ndレグのサンフレッチェ広島vs鹿島アントラーズが25日に行われた。3-2で広島が勝利し2戦合計3-3としたものの、アウェイゴール差で鹿島がベスト8進出を決めた。運命のセカンドレグをホームで迎える広島はファーストレグで稲垣が2枚のイエローカードを受けて退場に。この試合も出場停止のため代わりに荒木が先発に起用された。

ホームでのファーストレグの1点のアドバンテージを持つ鹿島はスタメンを2人変更。安西と白崎を代えて町田と名古が入った。ファーストレグで決勝点を挙げたセルジ―ニョは土居とツートップを組んだ。

ベスト8進出に2点必要な広島が立ち上がりから積極的に仕掛ける。2分、左CKのこぼれ球を野上がシュート。これは相手にブロックされて枠の外へ流れた。

ここで鹿島にアクシデント。チョン・スンヒョンがCKの競り合いの中で負傷し続行不可能に。代わりにルーキーの関川がピッチに送られた。

鹿島はもう一人のルーキー名古が左サイドからチャンスを作る。切れのあるドリブルで相手を抜き去りゴール前に折り返したが、広島守備陣もそう簡単に決定機を許さない。

14分に広島はFKのチャンス。敵陣左サイドから森島がゴール前にクロスを放り込むと、野上がダイビングヘッドで合わせる。ドンピシャのタイミングだったがシュートはGKクォン・スンテの正面に飛んでしまった。

広島が主導権を握るものの鹿島のペナルティエリア内で悉く跳ね返されてしまう。すると33分、鹿島は左サイドのレオ・シルバが上げたクロスは佐々木にクリアされるも、そのボールを拾った土居がボックス中央から右足を振り抜くと相手DFの股を抜いてゴール左に決まった。

これで逆転突破には3得点が必要になった広島。42分に巧みなパスワークから川辺にゴールチャンスが訪れたが、ゴール一歩手前でクリアされてしまい、2戦合計0-2で試合を折り返した。

後半に向けて広島は清水を下げてパトリックを投入。するとそのパトリックが48分、カウンターから早速シュートに持ち込む。その後は何度かゴール前まで運ぶものの、簡単にはシュートを打たせてもらえない時間が続く。

対して鹿島は少ない手数でチャンスを作る。63分に右サイドバックからピッチ中央のレオ・シルバに渡ると、レオ・シルバはワンタッチで前線のセルジ―ニョへ。セルジーニョはGK中林と一対一になるが、頭上を狙ったループシュートは僅かに左に外れた。

ここを決められていれば万事休すとなっていが広島だったがこのピンチを凌ぐと63分、右サイドにポジションを変えた柏のクロスをパトリックが打点の高いヘディングで合わせると、競り合いに来た相手に当たってゴールイン。これで2戦合計1-2とした。

さらに広島は72分、再び右サイドのクロスからパトリックがヘディングシュートを放つと、こぼれ球を拾って森島から佐々木へ。佐々木はボックス左から左足を振り抜き、これがニアを突いてネットを揺らした。

あとはアウェイゴール分の1点に迫った広島だったが74分、鹿島のカウンターの決定機をGK中林が阻止してしまい一発退場に。これで広島は3枚目の交代カードを使って吉野に代えてGK林を投入した。

それでも広島の猛攻は続く。80分、左サイドでボールを受けたパトリックがドリブルでボックスに侵入したところで関川のスライディングタックルを受け転倒。広島はPKを主張したが主審は抗議したドウグラス・ヴィエイラにイエローカードを提示。

さらに物議を醸すシーンが82分に生まれる。右サイドを突破した柏のグラウンダーのクロスをファーサイドでパトリックが押し込んで逆転…かに思われたが主審の笛。クロスを上げた柏が相手に後ろから倒されPKと思いきや、ここで柏のシミュレーションを取られるという不可解な判定でゴールは認められなかった。

試合も90分を迎えようかという終盤戦。広島はCKの場面でGK林もゴール前へ上がる。しかしこれが裏目に出てしまう。クロスを撥ね返した鹿島は当然のようにカウンターへ。必死に戻る林や広島の選手らを尻目に左サイドでボールを持った土居が無人のゴールへ流し込んで決定的な追加点を挙げた。

絶望的状況に立たされた広島。後半アディショナルタイムが5分与えられた中で、パトリックが関川に倒されPKを獲得。これを自ら決めるも焼け石に水。ゴール直後に試合終了のホイッスルが鳴り響き、鹿島のベスト8進出が決定。不可解な判定で涙を呑んだ広島は試合には勝利したもののここで敗退となった。

なお、ベスト8の対戦相手は抽選で決まる。
コメント
関連ニュース
thumb

中村俊輔に続き…横浜FC、広島から元日本代表FW皆川祐介を完全移籍で獲得!

横浜FCは14日、サンフレッチェ広島から元日本代表FW皆川祐介(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号「16」に決定している。 2014年に中央大学から広島に入団し、プロキャリアをスタートさせた皆川。同年7月頃からJ1リーグでの出場機会を掴み始めると、当時、就任したばかりのハビエル・アギーレ監督に見出されて、同年9月に行われたキリンチャレンジカップのウルグアイ代表戦でいきなり日本代表デビューを飾った。 しかし、その後は代表に定着するには至らず、クラブでも徐々に出場機会を減らしていった。昨シーズンは期限付き移籍先のロアッソ熊本で明治安田生命J2リーグで11ゴール6アシストを記録。だが、復帰した今シーズンはここまで公式戦11試合1ゴールに留まっていた。 横浜FCへの完全移籍が決定した皆川は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆横浜FC 「初めまして。サンフレッチェ広島から移籍しました皆川佑介です。J1昇格に向けて自分の持てる力の全てを注ぎ、頑張ります。応援よろしくお願いします!」 ◆サンフレッチェ広島 「この度、サンフレッチェ広島から離れることになりました。期限付き移籍から戻り、シーズン中の半年という短い期間での移籍となり申し訳なく思います」 「プロになって初めて在籍させてもらったチームで、サッカーに集中できる環境や常に高みを目指す仲間、スタッフに囲まれてサッカーができたことは幸せでした」 「個人的にはチームの力になれず、ファン・サポーターの皆さんの期待に応えられず悔しい思いばかりでしたが、そんな中でも僕を応援し、支えてくれたすべての方々には感謝しています。」 「今後は新しい環境でチャレンジしたいという気持ちが強く、大きな決意をもって横浜FCに移籍します。5年半ありがとうございました」 横浜FCは11日にもジュビロ磐田から元日本代表MF中村俊輔(41)を完全移籍で獲得。皆川は同クラブのJ1昇格に向けた2枚目の切り札として活躍が期待される。 2019.07.14 12:35 Sun
twitterfacebook
thumb

後半2発の広島が鳥栖を撃破!鳥栖は最下位に転落《J1》

明治安田生命J1リーグ第19節のサガン鳥栖vsサンフレッチェ広島が13日に行われ、2-0で広島が勝利した。 前々節に3連敗から脱した16位の鳥栖(勝ち点17)は、前節は川崎フロンターレに引き分けアウェイで勝ち点1を持ち帰った。少しずつ上昇気流が生まれ始めてきている中、今節のスタメンは川崎戦から1人変更。福田に代わり松岡が入った。 一方、8位の広島(勝ち点25)はリーグ戦ここ2戦は先制を許しながらも追いつく粘り強さを見せている。3試合ぶりの白星を狙う今節のスタメンは前節のセレッソ大阪戦から1人変更。吉野に代えて稲垣を起用した。 キックオフ直後仕掛けたのは広島。左サイドで華麗なタッチで相手を躱した森島からのパスで柏が縦に突破。クロスを上げるもクリアされる。そのあとパトリックの仕掛けやFKでゴールに迫るも、鳥栖もこの時間帯での失点は許さない。 互いに締まりのない攻撃を続ける中、22分に鳥栖CKの場面で高橋秀人がボックス中央でクロスをダイレクトシュート。しかしジャストミートせずボールは左に外れた。広島は29分にカウンターを発動。左サイドの森島からパトリックへ絶妙なスルーパスが送られると、DFのGKの間に入ったパトリックがファーストタッチで持ち出したところをGKに倒されるが、笛は鳴らしてもらえなかった。 鳥栖は32分にクエンカが、広島は38分にハイネルがそれぞれ強烈なシュートを放つも、どちらもGKの正面に飛ばしてしまいネットを揺らすことは出来ず。 ゴールレスで迎えた後半、ボールを保持する広島は50分にボックス手前右から川辺が上げたクロスをファーサイドの柏がヘディングシュート。相手の裏を突きフリーで放ったシュートだったが、相手GKのビッグセーブに遭う。その直後にはパトリックにチャンスが訪れたが、ボックス右で相手の守備に遭いシュートは打てなかった。 ピンチを凌いだ鳥栖は57分、右サイドからの折り返しを受けた金崎がボックス右から強烈なシュートを放つ。枠を捉えていたが、GK林にわずかに触られボールは右ポストを弾いた。70分にも鳥栖はFKから福田がバックヘッドで広島ゴールを脅かす。林も反応が遅れたシュートだったが、ポストをかすめて右に外れた。 互いに攻めあぐねる試合を動かしたのはアウェイチームだった。75分、敵陣左サイドでFKを得た広島は森島がゴール前に放り込むと、パトリックの頭での折り返しを荒木が押し込んで先制に成功する。 さらにその5分後には、右サイドを駆け上がったハイネルが中に切り込んで左脚を振り抜く。これがゴール前の密集地帯を抜けて、ゴール右隅に決まった。 これで勝利を大きく手繰り寄せた広島は上手くパスをつなぎながら時間を消費していく。4分のアディショナルタイムも危なげなく乗り切り、広島がアウェイで勝ち点3。鳥栖は3試合ぶり黒星で最下位に転落した。 2019.07.13 21:42 Sat
twitterfacebook
thumb

昨年の豪雨災害の追悼試合…広島はパトリックのゴールでC大阪に追いつきドロー《J1》

明治安田生命J1リーグ第18節、サンフレッチェ広島vsセレッソ大阪が6日に行われ、1-1の引き分けとなった。 広島にとって甚大な被害を受けた西日本豪雨から1年となる大切な日。その追悼試合となる今節、前節はアジアチャンピオンズリーグでも激突した鹿島アントラーズと最後まで死闘を繰り広げ、2度のリードを許しながらも後半アディショナルタイムの柏のゴールで引き分けに持ち込んだ。その試合からのスタメン入れ替えは1人のみ。ドウグラス・ヴィエイラに代えて、天皇杯で2得点を挙げたパトリックが先発に起用された。 一方のC大阪は、前節は湘南ベルマーレに勝利しここ5試合で4勝。好調を維持してシーズン後半戦に臨むことになった。第3節の対戦では0-1で黒星を喫しているため、そのリベンジマッチとなる今節のスタメンは湘南戦と同じメンバーを揃えた。 キックオフ前に黙祷が捧げられた試合は3分、右サイドから攻めるC大阪はゴール前のブルーノ・メンデスにパスを入れると、ブルーノ・メンデスはDFに付かれながらも強引にシュート。これは相手に当たって僅かに左に逸れる。 立ち上がりやや押され気味の広島は5分、左に流れたパトリックのパスから柴崎がボックス手前からシュート。これが広島の初シュートとなったが枠を捉えることはできなかった。 主導権を握るC大阪は15分、敵陣中央でフリーでボールを受けた水沼がドリブルで運んでボックス手前から右足を振り抜く。これが相手に当たって高く跳ね上がったボールはゴール方向へ。だがGK林が寸前のところで弾き出した。 それでもその4分後、押し込むアウェイチームはブルーノ・メンデスが獲得したボックス手前のFKで、水沼が左寄りの位置から直接叩き込み先制に成功した。 その後も後手に回る広島は柏や川辺がゴールに迫る場面もあったがネットを揺らすまでには至らない。まずは同点に向けて後半頭に吉野を下げて稲垣を投入した。 すると51分、速攻を仕掛けた広島は一度撥ね返されたボールを拾った稲垣がボックスの外からシュート。左足の鋭いシュートだったがGKに防がれた。その直後、C大阪にビッグチャンス到来。味方のスルーパスでボックス右に侵入したブルーノ・メンデスが相手を躱してシュートを放つが、至近距離からのシュートは、狙いすぎたのか枠に飛ばすことが出来なかった。 前半とは打って変わってボールを保持する広島は、柴崎や川辺が執拗に敵陣のスペースに入り込み効果的なパスを要求していく。そんな中迎えた66分、左サイドを攻めて守備を寄せた後、すぐに右に展開してフリーのハイネルへ。ボックス右のハイネルはクロスを選択すると、これをパトリックが頭で押し込んで同点とした。 その後にもパトリックのヘディングシュートが右ポストを直撃するなど、旗色が悪くなってきたC大阪は木本を代えて山下を投入。広島も1アシストのハイネルを下げて皆川を起用し、2トップにポジションを変更した。 86分にその皆川がチャンスに絡む。右にポジションを移した柏からパトリックに鋭い縦パスが入ると、ワンタッチでこれをはたいて川辺に。その川辺からダイレクトで前線の皆川にスルーパスが送られ、ボックス右からシュートを放つ。しかし、惜しくも外側のサイドネットを叩いてしまい、逆転とはならなかった。 後半アディショナルタイムまで逆転のチャンスはあった広島だったが、追加点は奪えず試合終了。1-1の引き分けに終わった。 2019.07.06 21:12 Sat
twitterfacebook
thumb

ACLからの3連戦最後はドロー決着!柏の後半AT弾で広島がアウェイで鹿島から勝ち点もぎ取る《J1》

明治安田生命J1リーグ第17節、鹿島アントラーズvsサンフレッチェ広島が6月30日に行われ、2-2の引分けに終わった。 AFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)のラウンド16でも対戦した両チーム。セカンドレグでは主審の笛に振り回されながらも、鹿島がアウェイゴール差でベスト8進出を決めた。 その試合から5日、今度はJリーグに舞台を戻し両雄が激突。4位の鹿島(勝ち点27)は、そのセカンドレグからスタメンを4人変更。負傷したチョン・スンヒョンと名古、遠藤、セルジーニョに代えて、小池、伊藤、山口、レアンドロが起用された。 一方、8位の広島(勝ち点23)のスタメンは2人変更。中林と清水に代わり、林とハイネルが入った。 3連戦最後の試合は早々に動いた。キックオフ直後、左サイドにボールを運んだ鹿島は山口のクロスをゴール前でレアンドロが頭で落とす。それを受けたレオ・シルバが戻すと、レアンドロがダイレクトで放ったシュートが広島DFに当たってゴールイン。開始1分も経たないうちに鹿島が先制した。 早々の失点で動揺する広島に畳み掛ける鹿島。何とか耐え凌ぐ広島も徐々に地に足つくようになりポゼッションで上回っていく。すると27分、サイド攻撃を得意とする広島が両ウイングバックのコンビから同点に追いつく。 攻撃の起点は左サイド。一旦中央でパスを受けた柴崎は素早く右のハイネルに展開。ボックス右に侵入したハイネルがグラウンダーのクロスを送ると、左から走り込んだ柏がダイレクトで合わせてネットを揺らした。 試合を振り出しに戻した広島は以降は主導権を握る展開に持ち込んでいく。38分にはハイネルのクロスからドウグラス・ヴィエイラがヘディングシュート。しかしわずかに左に外れた。 同点で迎えた後半、51分に鹿島は三竿がペナルティエリアの外からミドルシュート。抑えの効いた低弾道のシュートだったが、ここは今季初出場のGK林が正面でキャッチする。56分には伊藤がボックス左からシュートを打ったが外のサイドネットを叩いた。 広島はカウンターからビッグチャンスに。ドウグラス・ヴィエイうがオフサイドぎりぎりで飛び出しボックス左へ。ゴール前に折り返した先に川辺が飛び込んでいたが、直前に相手にカットされてしまう。65分にはFKから立て続けに2回シュートを打ったが、どちらも相手のブロックに遭った。 互角の戦いを動かしたのは試合巧者鹿島だった。74分、右サイドからのFKの場面で、一度跳ね返されたボールを小池が回収。ボックス手前でフリーでボールを持った小池はそこから左足一閃。強烈なシュートがゴール右に突き刺さり、鹿島が勝ち越しに成功した。 失点直後、広島は川辺を下げてパトリックを投入。そのパトリックが単独突破を図るもファウルを取られてチャンスにつながらず。時間が無くなるにつれ焦りが見え始めた広島は無駄なファウルでパトリックがイエローカードの対象に。 後半アディショナルタイムは5分、このままACLでもリーグ戦でも涙を飲むかに思われた広島だったが、左サイドのスローインのリスタートが前線のパトリックに渡ると、体勢を崩されながらもゴール前にパスを供給。ここに飛び込んだ柏が押し込んで土壇場で同点に追いついた。 その後まもなく笛が鳴り試合終了。3連戦最後の試合は2-2の痛み分けに終わった。 2019.06.30 20:44 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】上位生き残りを懸けた3連戦ラストマッチ!《鹿島vs広島》

30日、明治安田生命J1リーグ第17節、鹿島アントラーズvsサンフレッチェ広島が、県立カシマサッカースタジアムで行われる。 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のラウンド16でも対戦した両チームにとって、3連戦となる最後。ACLでは1勝1敗と五分の成績も、アウェイゴール差で鹿島が準々決勝進出を果たした。リーグ戦ではどのような結果が待っているだろうか。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆ACLとは違う戦い、勝って上位キープへ</span>〜鹿島アントラーズ〜 ACLでは第1戦をホームで戦い1-0で勝利、アウェイでの第2戦はシーソーゲームとなった中で敗戦となった。しかし、今シーズンも準々決勝に進出。チームとしては、敗戦自体は大きな痛手ではない。 一方で、その広島戦でDFチョン・スンヒョンが負傷交代。左ハムストリング筋損傷と診断されしばらく離脱することとなった。今シーズンは各ポジションでケガ人が相次いでいる状況だけに、さらに苦しい台所事情となるだろう。 それでも、町田浩樹や関川郁万ら若手も経験を積んでおり、大慌てすることではない。しっかりとチームとしての形を出し、これまで通りの戦い方ができるかだろう。また、ACLのアウェイゲームの後半のように、相手のシステム変更への対応力が問われることになる。同じ相手に連敗は避けたいところだ。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆ACL敗退の悔しさを晴らせるか</span>〜サンフレッチェ広島〜 対する広島は、試合に勝ちながらも勝負に負ける結果となった。それでも、ただ敗退したわけではなく、再びリーグ戦で上位に浮上するためにも、この鹿島戦は落とせないはずだ。 ACLの鹿島戦で逆転勝利を導いたのは、システム変更だろう。これまでの[3-4-2-1]を[4-4-2]に変更したことで、前線の厚みを作ることができた。もちろん、鹿島に先制されたことで3ゴールが必要になったことが理由でもあるが、チームとしては新たな戦い方を見つけたとも言えるだろう。 鹿島戦でスタートから[4-4-2]にすることはないと予想されるが、試合中の展開によってはオプションを手にできたことは大きい。リーグ戦で再浮上するためにも、鹿島に連勝することで自信を深めたい。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1100l3Pqd/adref:innews_j" terget="_blank">ACLからの3連戦!<br />Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 【予想スタメン&フォーメーション】 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆鹿島アントラーズ</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190630_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©️CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:クォン・スンテ DF:永木亮太、犬飼智也、町田浩樹、安西幸輝 MF:レアンドロ、三竿健斗、レオ・シルバ、安部裕葵 FW:セルジーニョ、伊藤翔 監督:大岩剛 出場停止:なし<hr>ケガ人が再び増えてしまった鹿島は、チョン・スンヒョンに代えて町田浩樹が第10節以来の先発に復帰すると予想。また、右にレアンドロ、トップに伊藤翔とACLからメンバーを変更すると予想する。ACLで活躍した土居聖真はベンチスタートか。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆サンフレッチェ広島</span>[3-4-2-1]<div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190630_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©️CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:中林洋次 DF:野上結貴、吉野恭平、佐々木翔 MF:清水航平、川辺駿、稲垣祥、柏好文 MF:森島司、渡大生 FW:ドウグラス・ヴィエイラ 監督:城福浩 出場停止:なし<hr>鹿島戦で連勝し、再浮上したい広島はACLで出場停止だった稲垣祥が復帰。GK大迫敬介、MF松本泰志の日本代表コンビは欠場が濃厚。現状のベストメンバーで鹿島連続撃破を狙う。 【注目選手】 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆MF三竿健斗</span>(鹿島アントラーズ)<div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190630_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>鹿島の注目選手はMF三竿健斗だ。シーズン序盤こそ途中出場が続いたが、初先発となった第9節以降は7試合連続で先発。チームのバランスを取る役割をしっかりとこなしている。中盤の攻防が試合のカギを握るだけに、コンビを組むであろうレオ・シルバといかに連携できるか。主導権を握るための活躍が期待だ。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆MF川辺駿</span>(サンフレッチェ広島)<div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190630_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>広島の注目選手はMF川辺駿だ。今シーズンのリーグ戦はここまで全試合先発出場。チームを攻守で支える役割を担ってきた。それだけに、リーグ戦での低迷、ACLからの敗退には悔しい思いをしているはずだ。リーグ戦ホーム6連勝中の鹿島を相手に、飛び出しを含めたらしさを見せられるかに注目だ。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆ホームの強さか、リベンジか</span> ACLを含めた3連戦のラストゲーム。互いに戦い方は頭に入っており、この2試合の反省をしっかりと生かせるかがカギを握る。 鹿島としては強みにできているホームゲームで負けるわけにもいかず、上位に迫るためにも落とすわけにはいかない。苦しい台所事情をいかに乗り切るか。チーム力が試される一戦で、ホームのサポーターの前で強さを見せられるかだ。 一方の広島は、ACL敗退の悔しさをいかに晴らせるかが焦点となる。アウェイでの試合は1-0で敗れており、良いイメージはないものの、ホームで勝利したことを自信に戦えるかだ。パワープレーで押し込む戦い方が通用することがわかっているだけに、いかにガマンして試合を進められるかもカギとなるだろう。 上位を伺える両チームの3連戦。1勝1敗で迎える試合は、30日の18時30分にキックオフを迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1100l3Pqd/adref:innews_j" terget="_blank">上位争いに生き残るのは!?<br />Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2019.06.30 12:15 Sun
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース