中島翔哉のゴールで先制も、その後の決定機を逸した日本はまたしても勝利ならず…敗退決定《コパ・アメリカ》2019.06.25 10:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本時間25日(現地時間24日)、コパ・アメリカ2019 グループC最終節のエクアドル代表vs日本代表が行われ、1-1の引き分けに終わった。ここまで2連敗のエクアドルは、エネル・バレンシアを3試合連続で起用。一方で、アントニオ・バレンシアはベンチスタート。[4-3-3]のシステムで臨んだ。

対する日本は、ウルグアイ代表戦のメンバーを中心に[4-2-3-1]を採用。ウルグアイ戦からは1名を変更し、安部裕葵に代えて、久保建英を起用した。

日本は右サイドの三好を起点に、トップ下に入った久保を上手く使いエクアドル陣内に攻める。

最初に決定機を作ったのはエクアドル。12分、パスミスを奪ったE・バレンシアがボックス手前から右足一閃。強烈なシュートが飛ぶも、枠を大きく外れていく。

日本は13分、中盤でパスを受けた久保がドリブルを仕掛けると、プレスをかけられながらも中島へパス。中島はそのままボックス外からシュートも、枠を外す。

さらに15分、久保のパスを受けた中島がスルーパス。抜け出した岡崎には届かないものの、GKのクリアボールを拾った中島が無人のゴールへ蹴り込む。しかし、このプレーは岡崎がオフサイドと判定。一旦はゴールが取り消されるが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)によるチェックが入り、判定が覆され日本のゴールが認められた。

23分、日本は後方でボールを回していると、GK川島から冨安へのパスをメナがカット。中央でフリーのE・バレンシアへパスが渡り、ダイレクトシュートを放つも、力なく川島がキャッチして事なきを得る。

35分、右サイドからのクロスが流れるとアルボレダが強烈シュート。GK川島が横っ飛びでセーブするも、こぼれ球をメナが押し込み、エクアドルが同点に追いつく。

同点に追いつかれた日本は37分、ボックス内右で三好からのパスを受けた久保が左足一閃。枠を捉えたシュートは、GKアレクサンデル・ドミンゲスがなんとかセーブする。

40分に日本はビッグチャンス。縦パスを受けた久保がハーフウェイライン付近でダイレクトで出すと、走り出した中島が受けドリブル開始。中央をフリーで持ち上がりループシュートを狙うも、枠を捉えられない。

前半アディショナルタイムには右サイドでボールを受けた久保がカットインしながらパス。パスを受けた三好がボックス手前からミドルシュートも枠を捉えられない。

エクアドルは後半開始からメンデスに代えてプレシアードを投入。日本は同じ11人で後半に臨んだ。

前半は右サイドからの崩しが多かったエクアドルだが、左に入ったプレシアードを使った左サイドからの攻撃を多く仕掛ける。

日本は柴崎が相手選手と接触し頭部から出血。一旦ピッチを離れるも、止血して再びピッチに復帰する。

日本は65分、柴崎のパスを受けた久保がドリブルを仕掛けると、中島を狙ったパス。パスはカットされるも、その前にファウルを取られFKを獲得する。そのFKから中島が早いクロスを送ると、植田がヘッドで合わせるも、鋭いシュートはGKに阻まれる。

日本はセットプレーの際に岡崎を下げて上田を投入。67分には、久保がドリブルで仕掛けると上田へ絶妙なパス。ボックス内でシュート態勢に入るも、相手にブロックされてしまう。69分には杉岡が左サイドからアーリークロスを送ると、上田がフリーで抜けるも、ダイレクトシュートは枠に飛ばない。

76分、中島のボールロストからエクアドルがカウンター。ボックス手前でパスを受けたE・バレンシアがドリブルを仕掛けシュートフェイント。冨安、柴崎を滑らせるも、最後は冨安がなんとか対応する。

日本は80分、左サイドで久保がパスを受けると、前線へ浮き球のパス。DFの頭上を越えたボールに上田が反応するも、GKが一歩先にキャッチする。

なんとか1点が欲しい日本は82分、三好に代えて安部を投入。エクアドルはロマリオ・イバーラに代えてA・バレンシアを投入する。

すると86分、日本は相手のFKからボールを奪うと、上田、久保とつなぎ、最後は中島へ。中島がボックス内左からグラウンダーのシュートもGKがセーブする。攻勢を強めたい日本は、88分に板倉に代えて前田を投入。前線の選手を増やし、勝負をかける。

すると90分、久保の縦パスを受けた前田がフリーでシュートもGKがセーブ。こぼれ球を上田がボックス内からシュートも、枠を捉えられない。

アディショナルタイム2分には、左サイドを仕掛けると、E・バレンシアのパスを受けたプレシアードがボックス内からシュート。しかし、これは枠を外れ事なきを得る。

アディショナルタイム4分には冨安の守備からカウンター。中島が左の久保へ展開すると、久保のグラウンダーの折り返しに対し、ボックス中央で中島がフリーでシュート。こぼれ球を久保が押し込むも、オフサイドを取られノーゴールとなる。

最後にエクアドルはボックス付近でFKを獲得するも、オフサイドの判定。そのまま試合は終了し1-1のドロー。日本はコパ・アメリカ初勝利を逃すとともに、今大会から去ることが決定。一方のエクアドルも、グループ最下位で大会を終えた。

エクアドル代表 1-1 日本代表
【エクアドル】
メナ(前35)
【日本】
中島翔哉(前15)
コメント
関連ニュース
thumb

メッシ、侮辱発言で代表戦出場停止か…最大2年とも

バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに対して、重罰が下る恐れが浮上した。スペイン『アス』が報じた。 メッシは、アルゼンチンの一員として先のコパ・アメリカ2019に参戦。またしても悲願の南米制覇が叶わなかったが、3位決定戦でチリ代表を破り、今大会を白星で締めくくった。だが、その試合でチリのMFガリー・メデルとのいざこざで一発退場に。これに憤ったメッシは表彰式出席を拒否した。 その挙句、メッシは「汚職だ」「コパはブラジルのために用意されたもの」だと述べ、大会主催者や主審を激しく批判するとともに、疑いの目も…。これに黙っていない南米サッカー連盟(CONMEBOL)が声明文のなかで、「許容できない」との姿勢を示してみせ、反発する事態に発展している。 こうした侮辱的な発言を禁じているCONMEBOLが行動に移せば、メッシに最大2年間の代表戦出場停止処分を科す可能性が…。そうなれば、2022年のカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選に加えて、来夏にアルゼンチンとコロンビアの共同開催となるコパ・アメリカに出場できなくなる。 そうなると、今年6月に32歳の誕生日を迎えたメッシにとって、これまでの代表キャリアを通じていまだ手にしていないタイトルがより遠ざかることも意味するが、いかに。 2019.07.08 18:10 Mon
twitterfacebook
thumb

史上最多の“タイトルコレクター”ダニエウ・アウベス、前人未到の40個目を手に

ブラジル代表DFダニエウ・アウベスが36歳にして前人未到の快挙だ。 ダニエウ・アウベスは2001年にバイーアでプロデビューして以降、セビージャやバルセロナ、ユベントス、パリ・サンジェルマン、そしてプラジル代表で活躍。キャリア19年間における総獲得タイトル数は39個で歴代トップだ。 そうしたなか、ダニエウ・アウベスはブラジルの主将として、自国開催となるコパ・アメリカ2019を戦い、全6試合でプレー。個人として大会MVPに輝くとともに、ブラジルの4大会ぶり9度目となる王者返り咲きに大きく貢献した。 これにより、ダニエウ・アウベスが持つ世界歴代最多のキャリア通算獲得タイトル数は節目の40個に。次点はブラジルのレジェンドであるペレ氏の37個であり、ダニエウ・アウベスは歴史上初めて40個のトロフィーを掲げた選手となった。 なお、ブラジル『グローボ』によれば、現役選手でダニエウ・アウベスを追随するのが、ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタと、バルセロナの元同代表DFジェラール・ピケ。現時点で35個のタイトルを獲得している。 ◆ダニエウ・アウベスの獲得タイトル内訳 ▽セビージャ コパ・デル・レイ スーペル・コパ UEFAカップ×2 UEFAスーパーカップ ▽バルセロナ リーガエスパニョーラ×6 コパ・デル・レイ×4 スーペル・コパ×4 チャンピオンズリーグ×3 FIFAクラブ・ワールドカップ×3 UEFAスーパーカップ×3 ▽ユベントス セリエA コッパ・イタリア ▽パリ・サンジェルマン リーグ・アン×2 トロフェ・デ・シャンピオン×2 クープ・ドゥ・ラ・リーグ クープ・ドゥ・フランス ▽ブラジル代表 コパ・アメリカ×2 FIFAコンフェデレーションズカップ×2 2019.07.08 14:15 Mon
twitterfacebook
thumb

『週刊 超ワールドサッカー!』第26号はコパ・アメリカを戦った日本代表の未来予想図!

超ワールドサッカーが発行する電子書籍『週刊 超ワールドサッカー!』の第26号が発売されました。 今号はコパ・アメリカでの戦いを終えた日本代表にフォーカス! 東京オリンピック世代の選手たちのプレーを踏まえ、日本代表の未来予想図を分析しました。 あの選手は?あのポジションはどうなるのか? 気になる選手の将来性をチェックしよう! <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://amzn.to/30hZYqF" target="_blank">『週刊 超ワールドサッカー!』第26号<br />日本代表未来予想図はこちら</a><hr></div> kindle unlimited会員の方は毎週無料でご覧いただけます! また、読み放題会員でない方は、1冊250円で販売中です! みなさま、普段とは違う形で、「超ワールドサッカー」をお楽しみいただけます! 【サンプル】 <div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/kindle20190706_26_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://amzn.to/30hZYqF" target="_blank">『週刊 超ワールドサッカー!』第26号<br />日本代表未来予想図はこちら</a><hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/kindle20190706_26_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2019.07.08 12:00 Mon
twitterfacebook
thumb

覇者ブラジルがタイトル独占! MVPにダニエウ・アウベス《コパ・アメリカ》

コパ・アメリカ2019の各個人賞をブラジル代表が独占した。 6月中旬から始まったコパ・アメリカは7日、ついに決勝戦。開催国のブラジル代表がペルー代表に3-1の勝利を収め、4大会ぶり9度目の王者に輝いた。 その大会で最優秀選手賞に輝いたのは、ブラジルの主将を務めたDFダニエウ・アウベス。全6試合に出場して1得点をマークした36歳の“規格外”右サイドバックは、大会を通じてブラジルをリードした。 そのほか、最優秀賞GK賞は、出場した全6試合でわずか1失点の堅守を築いたブラジル代表GKアリソンに。得点王は、3ゴールのブラジル代表FWエヴェルトンが受賞した。 なお、フェアプレー賞にブラジルが選出。今大会の覇者であるブラジルが個人賞も独占する形で幕を閉じた。 2019.07.08 07:55 Mon
twitterfacebook
thumb

1G1Aジェズス退場も開催国ブラジルがペルー撃破で4大会ぶり9度目の優勝!《コパ・アメリカ》

コパ・アメリカ2019決勝、ブラジル代表vsペルー代表が7日に行われ、3-1でブラジルが勝利した。 準決勝でアルゼンチン代表に快勝し4大会ぶり9度目の優勝まであと一歩とした開催国ブラジルと、大会2連覇中のチリ代表に3-0で快勝し16大会ぶり3度目の優勝に迫ったペルーの決勝。 グループテージで対戦した際にはブラジルが5-0と圧勝したカード。アルゼンチン戦同様に3トップに右からジェズス、フィルミノ、エヴェルトンと並べたブラジルに対し、ペルーは開始2分にクエバの直接FKでゴールに迫る。 良い入りを見せてきたペルーに対し、時間の経過とともにポゼッションを高めたブラジルは、15分に最初のチャンスを生かして先制した。右サイドで仕掛けたジェズスがクロスを上げきり、ファーサイドのエヴェルトンがボレーで流し込んだ。 先制後、ボールを動かしてペルーをいなすブラジルは、24分に追加点のチャンス。フィルミノの左クロスにコウチーニョがダイレクトで合わせたシュートがわずかに枠の左へ外れた。 その後もハーフコートゲームを続けるブラジルは、36分に決定機。アレックス・サンドロの左クロスにフィルミノがヘディングで合わせるも、枠の上に外れてしまった。 しかし41分、ペルーがPKを獲得する。ボックス右に侵入したクエバのクロスがチアゴ・シウバの手に当たった。このPKをゲレーロが決めてペルーが1-1とした。 今大会初失点を喫したブラジルだったが、前半終了間際の追加タイム3分に勝ち越す。ショートカウンターに転じ、アルトゥールのパスを受けたボックス中央のジェズスが冷静にGKとの一対一を制した。 ブラジルが1点をリードして迎えた後半、51分にコウチーニョがボックス右から際どいシュートを浴びせて牽制すると、54分にもボックス右からフィルミノが決定的なシュートを浴びせた。 その後、ペルーの攻勢を受けたブラジルは70分、退場者を出してしまう。ジェズスが競り合いの際にサンブラーノにヒジを入れてしまい、2枚目のイエローカードで退場となった。 10人となったブラジルはフローレスのミドルシュートでゴールを脅かされた中、フィルミノに代えてリシャルリソンを、コウチーニョに代えてミリトンを投入。逃げ切りを図りつつカウンターの強度を増していった。 すると87分、ブラジルにPKが与えられる。エヴェルトンがドリブルでボックス内に侵入したところでサンブラーノに倒された。このPKをリシャルリソンが決めて3-1としたブラジルが勝利。4大会ぶり9度目の優勝を飾っている。 2019.07.08 06:59 Mon
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース