カリアリ主将チェッピテッリが2021年まで契約延長2019.06.25 03:10 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カリアリは24日、イタリア人DFルカ・チェッピテッリ(29)と2021年6月30日まで契約を延長したことを発表した。バーリで頭角を現したセンターバックのチェッピテッリは、2014年夏にカリアリに加入。カリアリでは公式戦126試合に出場して7ゴール1アシストを記録。キャプテンを務めた今季は序盤に負傷があった中、セリエAで24試合に出場して1ゴール1アシストを記録し、チームを15位で残留に導いていた。
コメント
関連ニュース
thumb

インテルがバレッラの獲得を正式発表!

インテルは12日、カリアリからイタリア代表MFニコラ・バレッラ(22)を買い取り義務付きのレンタル移籍で獲得した。なお、すでにインテルは2024年6月30日までの5年契約を結んでいる。 カリアリ生え抜きのバレッラは、次代のアズーリの中心選手と期待される大器。172cmと上背はないものの、体幹の強さと相手の懐に入り込む瞬発力を武器にボールを奪えば、豊富な運動量とアジリティを生かして一気に相手ボックス付近まで攻め上がりチャンスに絡む。さらに、高水準のパス精度にパンチ力のあるミドルシュートも兼備。かつてカリアリで活躍し現在インテルに在籍する元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴランを髣髴とさせるボックス・トゥ・ボックス型の万能型MFだ。 9歳からカリアリでプレーするバレッラは、2015年5月にトップチームデビュー。これまでカリアリで公式戦112試合に出場して7ゴール6アシストを記録。2018-19シーズンはセリエA35試合に出場して1ゴール4アシストを記録していた。 なお、移籍金の詳細は発表されていないが、イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』はレンタル料1000万ユーロ+買い取る際の移籍金3500万ユーロの総額4500万ユーロ(約55億円)+ボーナスと伝えていた。 2019.07.13 04:40 Sat
twitterfacebook
thumb

インテルがバレッラ争奪戦を制す! 移籍金は55億円以上!

インテルがカリアリのイタリア代表MFニコラ・バレッラ(22)の争奪戦を制したようだ。イタリア複数メディアが12日にメディカルチェックを受診すると伝えている。 イタリア『スカイ』は買い取り義務付きのレンタルで、移籍金が4500万ユーロ(約55億円)+ボーナスと報じ、イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』は買い取りオプション付きのレンタルで、レンタル料が1000万ユーロ、買い取る際の移籍金が3500万ユーロと報じている。 ローマがクラブ間合意に漕ぎ着けていた中、インテル行きを希望していたとされるバレッラは年俸250万ユーロ(約3億円)を受け取り、4年契約を結ぶとのことだ。 カリアリ生え抜きのバレッラは、次代のアズーリの中心選手と期待される大器。172cmと上背はないものの、体幹の強さと相手の懐に入り込む瞬発力を武器にボールを奪えば、豊富な運動量とアジリティを生かして一気に相手ボックス付近まで攻め上がりチャンスに絡む。さらに、高水準のパス精度にパンチ力のあるミドルシュートも兼備。かつてカリアリで活躍し現在インテルに在籍する元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴランを髣髴とさせるボックス・トゥ・ボックス型の万能型MFだ。 9歳からカリアリでプレーするバレッラは、2015年5月にトップチームデビュー。これまでカリアリで公式戦112試合に出場して7ゴール6アシストを記録。2018-19シーズンはセリエA35試合に出場して1ゴール4アシストを記録していた。 2019.07.12 04:29 Fri
twitterfacebook
thumb

カリアリ、アタランタからSBマッティエッロを買い取りOP付きレンタルで獲得

カリアリは10日、アタランタのイタリア人DFフェデリコ・マッティエッロ(23)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 ユベントスの下部組織出身で両サイドバックでプレー可能なマッティエッロは、キエーボやSPALへのレンタル移籍を経て、2018年冬にアタランタへ完全移籍。その後、2018年夏にボローニャへレンタル移籍し、2018-19シーズンはセリエAで17試合に出場して1ゴール1アシストを記録していたが、完全移籍には至っていなかった。 2019.07.10 22:49 Wed
twitterfacebook
thumb

バレッラを巡る3クラブ間の駆け引き続く! ローマがクラブ間合意も選手本人はインテル行き希望

イタリア代表MFニコロ・バレッラ(22)の去就を巡るカリアリと、ローマ、インテルの3クラブ間による高度な駆け引きが続いているようだ。 今夏の移籍市場における人気株の1人であるバレッラに関しては、現在ローマとインテルの2クラブが獲得に最も近づいているクラブとみなされている。 一時はバレッラ本人が移籍を希望し、アントニオ・コンテ監督が獲得を熱望していることからインテル行きが決定的と見られていた。 しかし、カリアリのトンマーゾ・ジュリーニ会長は1日、イタリア『Tuttomercatoweb』でインテルとの交渉が停滞していること、その間にローマから届いたオファーを受け入れる構えであることを明かした。 「6月11日にバレッラの移籍の前払い金に関して合意した。個人的に諸々のボーナスに関して詰める必要があるが、そのこと自体が重要だった」 「しかし、それからインテルは3週間ほど連絡をしてきていない。彼らが未だに関心を持っているかもわからない」 「その間に我々はローマと合意した。彼らのオファーはインテルよりも良い条件だったからだ」 「ローマから適切なオファーが届いたいま、ニコロには自身の去就に関して決断を下す時間を与えている。それが公正というものだからね」 なお、ローマは移籍金3500万ユーロ(約43億円)と、昨夏サンプドリアにレンタルで放出し、リーグ戦11ゴールを記録したフランス人FWグレゴワール・デフレル(28)の譲渡という条件を掲示している模様だ。 ジュリーニ会長の発言を考慮すると、バレッラのローマ行きの可能性が高まっている模様だ。しかし、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏は、カリアリ会長の発言があったにも関わらず、依然としてインテルが同選手の有力な新天地だと主張している。 バレッラの忠誠を確信しているインテルは、マンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表FWロメル・ルカクや、サッスオーロのイタリア代表MFステファノ・センシのオペレーションを優先し、その後に条件を改善したオファーをカリアリ側に再掲示し、逸材を確保する算段のようだ。 一方、クラブ間合意を取り付けてポールポジションに立ったローマは、インテルが再オファーを掲示する前にバレッラを説得できるかが移籍成立のカギとなる。 また、バレッラの今夏売却を容認しているカリアリは売却先がインテルでもローマでも構わないため、両者を焚きつけることで少しでも移籍金をつり上げたい考えのようだ。 この3クラブによる高度な駆け引きの末、バレッラの新天地はローマ、インテルのどちらになるのか…。 2019.07.02 13:52 Tue
twitterfacebook
thumb

ローマ、インテル行き有力視されたバレッラを逆転で獲得か?

ローマがインテル行き有力視されるカリアリのイタリア代表MFニコロ・バレッラ(22)の獲得に近づいているようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じた。 カリアリ生え抜きのバレッラは、次代のアズーリの中心選手と期待される大器。172cmと上背はないものの、体幹の強さと相手の懐に入り込む瞬発力を武器にボールを奪えば、豊富な運動量とアジリティを生かして一気に相手ボックス付近まで攻め上がりチャンスに絡む。さらに、高水準のパス精度にパンチ力のあるミドルシュートも兼備。かつてカリアリで活躍し現在インテルに在籍する元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴランを髣髴とさせるボックス・トゥ・ボックス型の万能型MFだ。 今夏のステップアップが確実視される22歳の若武者にはナポリ、ローマ、ユベントスの国内クラブに加え、チェルシーやマンチェスター・ユナイテッド、トッテナムらプレミアリーグ勢が関心を示してきたが、先日からインテル移籍が有力視されていた。 しかし、『コリエレ・デッロ・スポルト』が伝えるところによれば、現在インテルとカリアリの交渉は完全に停滞しているという。 そして、その間隙を突いたローマは移籍金3500万ユーロ(約43億円)と、昨夏サンプドリアにレンタルで放出し、リーグ戦11ゴールを記録したフランス人FWグレゴワール・デフレル(28)の譲渡という条件で、カリアリ側とクラブ間での合意を取り付けたようだ。 ただ、現時点でローマとバレッラ個人間での交渉は合意に至っておらず、今後インテルがカリアリを納得させるオファーを掲示できれば、インテルにも十分チャンスは残されているようだ。 2019.06.30 15:00 Sun
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース