【日本代表プレビュー】コパ初白星でベスト8へ! チャレンジと結果を《コパ・アメリカ/エクアドルvs日本》2019.06.25 00:15 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本時間25日(現地時間24日)、コパ・アメリカ2019 グループC最終節のエクアドル代表vs日本代表が行われる。

チリ代表に初戦で0-4と大敗、第2戦のウルグアイ代表戦は2-2のドローに終わっている日本。第3戦のエクアドル戦では、グループステージ突破の可能性を残しており、勝てば問答無用で次のラウンドに勝ち進むことができる。

“チャレンジ”と“成長”がテーマとなっている今回のコパ・アメリカだが、“結果”を残すことで先が見える状況を生かせるか。

◆ベスト8を懸けた激闘へ
Getty Images
日本と対戦するエクアドルだが、得失点差で順位こそ差があるものの、勝ち点差は「1」。各グループ3位のうち、2位につけるパラグアイは勝ち点2のため、エクアドルも勝利すれば、ベスト8進出が決定する状況だ。

エクアドルは初戦のウルグアイ戦で4-0と大敗。2戦目のチリ戦も1-2で落としている。ここまで連敗のエクアドルだが、前述の通り日本に勝てば3位でベスト8に進出する。しっかりと、日本を倒しにくるはずだ。

エクアドルは組織としての力はさほど高くないものの、個の能力は非常に高いものを誇っている。特にスピードに長けている選手が多く、フィジカル面も強いため、この勝負を挑まれると日本としては苦しい戦いになるだろう。

しかし、この2試合では個の勝負で負けたチリ戦、個の勝負で叩けたウルグアイ戦とどちらも体験しているだけに、力負けすることなく戦ってもらいたい。

◆百戦錬磨のバレンシア
Getty Images
エクアドルの代表的な選手といえば、マンチェスター・ユナイテッドでプレーするアントニオ・バレンシアだろう。クラブではウイングからサイドバックまでこなすサイドのスペシャリストだが、エクアドル代表においては攻撃的なポジションを任されている。

初戦のウルグアイ戦では先発フル出場、2戦目のチリ戦ではベンチスタートとなり途中出場を果たしている。日本戦では先発する可能性が高いが、世界トップレベルでプレーしているバレンシアを抑えるのは簡単なことではない。

また、ウェストハムやエバートンでもプレー経験があり、現在はメキシコのティグレスでプレーしているエネル・バレンシアも要注意だ。2試合連続でフル出場しているE・バレンシアだが、ここまではノーゴールと不発。日本戦で鬱憤を晴らしに来る可能性は高い。

アレクシス・サンチェス、エドゥアルド・バルガスのチリコンビにはやられた植田直通(セルクル・ブルージュ)と冨安健洋(シント=トロイデン)のセンターバックコンビだが、ルイス・スアレス、エディンソン・カバーニのウルグアイコンビにはやらせなかった。成長を続ける2センターバックがどう対応するかも注目だ。

◆失点を避け勝利を
Getty Images
ここまで“チャレンジ”と“成長”を掲げて戦って来た日本代表。森保監督はエクアドル戦に向けて「相手のプレッシャーを回避し、攻撃をしっかり止めつつ、我々の良さを出していきたいと考えています」とコメント。ここまでの2試合と同じ気持ちでエクアドル戦に挑むこととなる。

メンバーを入れ替え、相手のシステムも変わったものの、2試合でゲーム内容は大きく変わった。チリ戦での反省をしっかりと活かし、ウルグアイ戦ではセットプレーから2失点を喫したものの、流れの中では得点を許さなかった。まだまだ足りていない部分はあるものの、チリ戦からウルグアイ戦の間で改善できたものを今回も出せれば、エクアドル戦でも良い戦いができるだろう。

植田は「グループステージを突破する気持ちで勝利を目指しますし、明日は全てをかけて戦うつもりです」と必勝宣言。さらに「攻撃陣が必ず点を取ってくれると信じていますので、僕たちディフェンスは身体を張ってゼロで抑えたいです」と語り、失点を許さずに勝利に備えることを語った。

得失点差や得点数などは関係なく、日本は勝利すればグループステージ突破が決定する。コパ・アメリカでは1999年大会でも未勝利であった日本。コパ・アメリカでの初勝利を記録すれば、ベスト8へ名を連ねることになるだけに、“チャレンジ”と“成長”をテーマにしながらも結果を残してもらいたい。

◆予想フォーメーション[4-2-3-1]
©️CWS Brains, LTD.
GK:大迫敬介
DF:岩田智輝、植田直通、冨安健洋、杉岡大暉
MF:柴崎岳、松本泰志
MF:三好康児、久保建英、伊藤達哉
FW:上田綺世
監督:森保一

日本代表だが、システムはここまでの2試合と同じ[4-2-3-1]になると予想する。

GKはチリ戦で起用された大迫敬介(サンフレッチェ広島)、ウルグアイ戦で起用された川島永嗣(ストラスブール)が候補となり、パフォーマンスだけを見れば川島が優勢と思える。しかし、日本が勝ち上がった場合はブラジル代表との対戦とな理、大迫の経験という点を考えるとここでプレーさせると予想する。

最終ラインは、2試合連続で先発した植田、冨安、DF杉岡大暉(湘南ベルマーレ)は3試合連続で先発すると予想する。右サイドは、DF原輝綺(サガン鳥栖)がケガから復帰。しかし、ウルグアイ戦で好パフォーマンスを見せたDF岩田智輝(大分トリニータ)を起用すると予想する。右サイドで攻撃にも関与していた岩田は、前線を活性化させる可能性は高い。

ボランチは、チームの柱であるMF柴崎岳(ヘタフェ)が3試合続けて先発だろう。そしてもう1人はMF松本泰志(サンフレッチェ広島)と予想する。守備的なMF中山雄太(スヴォレ)、DF板倉滉(フローニンヘン)はともにチリ戦、ウルグアイ戦で起用されたが、パフォーマンスは満足いくものではなかった。試合勘のなさも影響したと思われるが、相手のジャブにひるんだ印象が否めない。松本は試合をコントロールできることに加え、ボランチでのプレー経験は2人よりも馴染み深い。柴崎とともに、攻撃で機能する可能性は高く、勝利が欲しい日本としては起用もありだろう。

2列目は、ウルグアイ戦で2ゴールと大活躍のMF三好康児(横浜F・マリノス)を右、MF伊藤達哉(ハンブルガーSV)を左に先発と予想する。三好は好パフォーマンスの継続を期待。ボックス付近でボールを持たせた時の上手さは健在だった。そして左は伊藤と予想。MF中島翔哉(アル・ドゥハイル)が先発する可能性も高いが、キリンチャレンジカップでも出場を続けており、疲労が蓄積されている可能性もある。ここまで出場がない伊藤のフレッシュさと、個人技で勝負できる部分で起用されると予想する。

そしてトップ下にはMF久保建英(レアル・マドリー)が先発に復帰すると予想する。チリ戦で見せた輝きから一転、ウルグアイ戦では途中出場も冴えるプレーは見られなかった。もともと途中出場で流れを変えるタイプではなく、先発して試合の中でリズムを作っていくタイプ。再び輝きを放ち、チリ戦の悔しさを晴らしてもらいたい。

そして、1トップに入るのはFW上田綺世(法政大学)と予想する。チリ戦では悔しい思いをし、ウルグアイ戦では途中出場で役割を果たした。カバーニ、スアレスのプレーをベンチから見ていた上田には体の使い方やポジションどりで学べたことも多いはず。どちらの特徴も持っている上田にここまで足りていないのはシュート精度。先発した暁には枠に飛ばすシュートで日本をベスト8に導いてもらいたい。

◆一大決戦。冷静かつ大胆に戦えるか
Getty Images
コパ・アメリカで4試合以上プレーするためには、勝利すれば良いというこの上ないわかりやすい状況を迎えた。これもウルグアイ戦で撃ち合いながらも、勝ち点を奪ったことが大きく影響している。

攻守でカギを握る柴崎は「相手の出方やポジショニングを試合のなかで見極めて、隙をついていきたい」と語り、三好は「うまくポジションを取って相手をかわしながら、どこで仕掛けるのか常に狙っていきたい」とエクアドル戦を見据える。

この先の戦いに繋げるか、それともここで大会を去るか。“チャレンジ”と“成長”をテーマとするのであれば、ここで勝たない手はない。

森保監督は「プレー判断を早くし、タフに粘り強く戦い抜きます」と語り、姿勢は変えない方針。ピッチ上で選手がいかに判断し、勝ちに来る相手にどう対応するかがポイントとなる。

今までの2チームと比べると実力は劣るエクアドルだが、勝利に向けた気持ちは最も強い可能性が高い。日本はグループステージ最後にして、最大のチャレンジができるか。最終戦エクアドル代表戦は、25日(火)8時にキックオフを迎える。
コメント
関連ニュース
thumb

日本代表、9月にパラグアイ代表と対戦《キリンチャレンジカップ2019》

日本サッカー協会(JFA)は18日、9月5日(木)に行うキリンチャレンジカップ2019の相手がパラグアイ代表に決定したことを発表した。 日本代表は、9月5日に茨城県の県立カシマサッカースタジアムでパラグアイ代表と対戦。キックオフは19時20分が予定されている。 パラグアイ代表は最新のFIFAランキング(2019年6月発表)で36位に位置。先日まで行われていたコパ・アメリカ2019では準々決勝に進出し、優勝したブラジル代表と0-0のドロー。PK戦の末に敗れていた。なお、日本は過去に9度対戦しており、3勝4分け2敗の成績だ。 最新の対戦は2018年6月12日、ロシア・ワールドカップ直前にオーストリアで対戦し4-2で勝利。その他、2010年の南アフリカ・ワールドカップのラウンド16で対戦し、PK戦の末に敗れていた。 2019.07.18 18:30 Thu
twitterfacebook
thumb

カタールW杯2次予選組み合わせが決定! 日本はキルギス、タジキスタン、ミャンマー、モンゴルと同居

アジアサッカー連盟(AFC)は17日、2022年のカタール・ワールドカップ アジア2次予選兼2023アジアカップ中国大会の予選組み合わせ抽選会を行った。 5カ国が8グループに分かれて行われる予選で日本代表は、グループFに入り、キルギス代表、タジキスタン代表、ミャンマー代表、モンゴル代表と同居した。 そのほか、韓国代表はグループHに入り、レバノン代表、北朝鮮代表、トルクメニスタン代表、スリランカ代表と同居。オーストラリア代表はグループBに入り、ヨルダン代表、チャイニーズタイペイ代表、クウェート代表、ネパール代表と同居した。 また、2019年のアジアカップで初優勝を遂げたカタールは、グループEに入り、バングラデシュ代表、オマーン代表、インド代表、アフガニスタン代表と同居。FIFAランキングでアジア最高位のイラン代表は、イラク代表、バーレーン代表、香港代表、カンボジア代表と同居した。 各グループの首位と、2位のうちの上位4カ国の合計12カ国が2023年に行われる中国のアジアカップへの出場権を獲得。また、同時に2020年9月から行われるカタール・ワールドカップ アジア最終予選に進むこととなる。 また、残りのうち24カ国はアジアカップの残り12枠を今後争うこととなる。 2次予選は9月からスタートし、2020年6月で終了。その後に最終予選が行われる。 <div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190717_41_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©️CWS Brains,LTD.<hr></div> ◆アジア2次予選&アジアカップ予選 【グループA】 中国 シリア フィリピン モルディブ グアム 【グループB】 オーストラリア ヨルダン チャイニーズタイペイ クウェート ネパール 【グループC】 イラン イラク バーレーン 香港 カンボジア 【グループD】 サウジアラビア ウズベキスタン パレスチナ イエメン シンガポール 【グループE】 バングラデシュ オマーン インド アフガニスタン カタール 【グループF】 <span style="color:#c33202;font-weight:800;">日本</span> キルギス タジキスタン ミャンマー モンゴル 【グループG】 UAE ベトナム タイ マレーシア インドネシア 【グループH】 韓国 レバノン 北朝鮮 トルクメニスタン スリランカ 2019.07.17 19:15 Wed
twitterfacebook
thumb

エースFW上田のハットトリックなどでブラジル撃破の日本が2大会連続7度目のユニバーシアード制覇!!

ユニバーシアード日本代表は14日、第30回ユニバーシアード夏季競技大会のブラジル戦を行い、4-1で快勝した。この結果、日本が2大会連続7度目のユニバーシアード優勝を飾った。 コパ・アメリカでフル代表デビューした上田綺世(法政大学)や川崎フロンターレへの入団が内定している旗手怜央(順天堂大学)、三笘薫(筑波大学)、北海道コンサドーレ札幌への入団が内定している田中駿汰(大阪体育大学)らが先発した日本は、試合の主導権を握りながらもフィニッシュの精度を欠き、前半をゴールレスで終了する。 後半も立ち上がりから主導権を握る日本は55分、ドリブルで仕掛けた三笘がボックス内でレゼンデに倒されてPKを獲得。このプレーで2枚目のイエローカードを受けたレゼンデが退場処分となった。 数的有利となった日本は、上田がPKをゴール右に決め、待望の先制点を奪う。さらに64分にも、山本悠樹からのスルーパスに抜け出した上田がゴール前まで侵攻し、左足のシュートをゴール右に突き刺した。 リードを広げた日本は70分、三笘の左クロスをニアに走り込んだ旗手がワントラップから素早く左足を振り抜くと、相手GKの股下を抜いたシュートがゴールネットを揺らした。 その後、ブラジルに1点を返された日本だが82分、山本のパスでボックス右に抜け出した上田がダイレクトシュートをゴール左隅に突き刺し、ハットトリックを達成。 結局、試合はそのまま4-1で終了。上田のハットトリックなどでブラジルに快勝した日本が、2大会連続7度目のユニバーシアード優勝を決めた。 日本 4-1 ブラジル 【日本】 上田綺世(後11[PK]) 上田綺世(後19) 旗手怜央(後25) 上田綺世(後37) 【ブラジル】 E・ルイス(後33) ◆ブラジル戦出場メンバー GK:阿部航斗 DF:中村帆高、山川哲史(→84分 角田涼太朗)、田中駿汰、山原怜音 MF:紺野和也(→86分 金子拓郎)、山本悠樹、高嶺朋樹、三笘薫 FW:上田綺世、旗手怜央 2019.07.14 05:56 Sun
twitterfacebook
thumb

日本は欧州王者オランダと同組! 10月開幕《U-17W杯》

U-17ワールドカップ(W杯)の組み合わせが決定した。 今年10月26日にブラジルで開幕するU-17W杯。AFC U-16選手権王者の日本代表は6回目の出場となる今大会、欧州王者のオランダ代表や、北中米カリブ海予選2位のアメリカ代表、ギニア代表の規定違反で代替出場のセネガル代表と同居のグループDに入った。 過去最高位ベスト8以上の成績を目指す日本は、10月27日にオランダと大会初戦。その後、アメリカ(同月30日)、セネガル(11月2日)と続く。グループステージは4チーム総当り戦。各組2位以上と、各組3位の上位4カ国が決勝トーナメントに進む。 ◆組み合わせ 【A】 ブラジル カナダ ニュージーランド アンゴラ 【B】 ナイジェリア ハンガリー エクアドル オーストラリア 【C】 韓国 ハイチ フランス チリ 【D】 アメリカ セネガル 日本 オランダ 【E】 スペイン アルゼンチン タジキスタン カメルーン 【F】 ソロモン諸島 イタリア パラグアイ メキシコ 2019.07.12 10:00 Fri
twitterfacebook
thumb

柴崎岳、公式SNS開設…真野恵里菜との2ショット公開

ヘタフェに所属する日本代表MF柴崎岳が11日、『インスタグラム(official_gaku)』と『ツイッター(@GakuShibasaki_)』の公式アカウントを開設した。 柴崎は2017年1月に鹿島アントラーズから海外挑戦。テネリフェを経て、2017-18シーズンからヘタフェに加わった。だが、昨シーズンは公式戦9試合に出場したのみ。今夏移籍の見方が浮上している。 記念すべき初投稿は、いずれも先日に挙式を行ったという女優として活躍する妻の真野恵里菜さんとのツーショット写真。2人は昨年7月16日、同月に結婚したことを発表した。 柴崎はツイッターを通じて、「いつも応援してくださる皆様へ。先日、妻と挙式を行いました。自分が思った以上に素晴らしい式となり、やってよかったと思いました。これからもよろしくお願い致します。柴崎岳」と綴っている。 ◆インスタグラム<div id="cws_ad"><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Bzx0USqHYJr/" data-instgrm-version="12" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/BzT3B_sg64E/" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div></a> <p style=" margin:8px 0 0 0; padding:0 4px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/BzT3B_sg64E/" style=" color:#000; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none; word-wrap:break-word;" target="_blank">Dj D Studgie D and @luccidapoochie yeah he has an account it wasn’t my shout</a></p> <p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/danielsturridge/" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px;" target="_blank"> Daniel Sturridge - Dstudge</a>さん(@danielsturridge)がシェアした投稿 - <time style=" font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px;" datetime="2019-06-29T22:23:47+00:00">2019年 6月月29日午後3時23分PDT</time></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> ◆ツイッター<div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/GakuShibasaki_">@GakuShibasaki_</a> is this Lucci ? <a href="https://twitter.com/GakuShibasaki_/status/1149310636343492613">pic.twitter.com/By4uZVzAEK</a></p>&mdash; KILLA FAME (@KILLAFAME) <a href="https://twitter.com/GakuShibasaki_/status/1149310636343492613?ref_src=twsrc%5Etfw">2019年7月11日</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2019.07.12 07:50 Fri
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース