シメオネから現役引退のトーレスへ…「君は次世代の選手たちに最高の遺産を残した」2019.06.24 13:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレティコ・マドリーを率いるディエゴ・シメオネ監督が、自身のインスタグラム(simeone)で21日に現役引退を発表したサガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(35)に労いの言葉をかけた。“エル・ニーニョ”の愛称で親しまれるトーレスは、2001年にアトレティコ・マドリーでプロキャリアをスタート後、リバプール、チェルシー、ミランを渡り歩き、チャンピオンズリーグ(CL)や、ヨーロッパリーグ(EL)のタイトルに貢献。通算110試合38ゴールの代表キャリアにおいても輝かしい経歴を誇り、3度のワールドカップ(W杯)出場を果たして、2010年の南アフリカ大会で同国史上初の優勝を経験した。

その後、2018年夏に鳥栖加入。初年度こそ明治安田生命J1リーグ17試合3得点を記録したが、今シーズンはケガなどのコンディション不良に苦しみ、ここまで11試合無得点にとどまっている状況だった。

そんな中、トーレスは21日に現役引退を発表。23日に行われた引退会見で、8月23日に行われる明治安田生命J1リーグ第24節のヴィッセル神戸戦が現役ラストマッチとなり、引退後は鳥栖のアドバイザーを務めることなど明かしていた。

そのトーレスに対して、選手と監督として共闘したシメオネ監督がメッセージを送っている。

「アトレティコ・マドリーで、とても若かった君に出会った。まだ選手だった私と時間を共有していた中、君は強い個性を放ち、他の選手たちとは違うことを示していた」

「素晴らしいチームでプレーして成長し、みんなに素晴らしい記憶を刻んだ。しかし、君は自分の家に帰ってきた。勝利を掴み取るために」

「チームメイトとしても監督としても、常にあるのは君への尊敬だ。そしてハードワークと精神的な強さ。君は次世代の選手たちに最高の遺産を残した。諦めてはいけないということを。ありがとう、フェルナンド」
コメント
関連ニュース
thumb

アトレティコがトリッピアーを完全移籍で獲得! 移籍金は約29億円

アトレティコ・マドリーは17日、トッテナムに所属するイングランド代表DFキーラン・トリッピアー(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの3年間で、イギリス『スカイ・スポーツ』によれば移籍金は2170万ポンド(約29億円)とのことだ。 2015年6月にバーンリーからトッテナムに加入以降、正確なキックと豊富な運動量を武器に主力に定着したトリッピアー。ロシア・ワールドカップでもイングランド代表として印象的なパフォーマンスを見せたが、クラブでは守備面でのイージーミスや肝心の攻撃精度を欠く場面も多く、公式戦38試合に出場しチャンピオンズリーグでは決勝進出に貢献したものの、徐々にマウリシオ・ポチェッティーノ監督の信頼を失い始め、今夏の放出候補にも挙がっていた。 移籍先のアトレティコでは8年半にわたって右サイドバックのレギュラーを務めてきた元スペイン代表DFフアンフランがクラブを離れ、これまでバルセロナのDFネウソン・セメドやナポリのDFエルセイド・ヒサイらが補強の候補に挙がっていた。 2019.07.18 01:28 Thu
twitterfacebook
thumb

コレア、アトレティコ退団を希望? ナポリやスパーズが関心

アトレティコ・マドリーに所属するアルゼンチン代表FWアンヘル・コレア(24)が退団を望んでいるようだ。スペイン『アス』が報じた。 2014年12月に母国サン・ロレンソからアトレティコへ加入したコレア。昨シーズンも右サイドハーフのファーストチョイスとして公式戦49試合で5ゴール4アシストを記録した。 しかし、クラブは今夏にポルトガル代表FWジョアン・フェリックス(19)やU-21セルビア代表FWイヴァン・シャポニッチ(21)などのアタッカーを獲得。さらには、レアル・マドリーのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(28)の獲得に動いているとの噂もあり、スタメン争いが激化することが予想されている。 アトレティコと2024年まで契約を残すコレアだが、今夏の補強状況を受けて出場機会の減少を危惧し、退団を希望しているという。なお、同選手に対してはミランやナポリ、トッテナム、ウォルバーハンプトンなどが目を光らせているようだ。 2019.07.17 21:20 Wed
twitterfacebook
thumb

アトレティコのシメオネ監督、エリクセンの獲得を希望か

アトレティコ・マドリーが、トッテナムに所属するデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン(27)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『イブニング・スタンダード』が報じた。 2013年にアヤックスからトッテナムに加入して以降、卓越した攻撃センスやテクニック、豊富な運動量を武器に絶対的な司令塔に君臨しているエリクセン。昨シーズンも公式戦51試合に出場し、10ゴール17アシストを記録した。 6月には「新しいことに挑戦したい」と移籍を示唆したことでエリクセンは、今夏にスパーズを退団する可能性が濃厚となっている。とはいえ、自身がステップアップと目しているレアル・マドリーからは、具体的な動きがない状況だ。 そのエリクセンに対して、創造性あふれるプレーメーカーを欲するアトレティコのディエゴ・シメオネ監督がエリクセンに目を光らせているという。また、スパーズ側も同クラブからの関心を理解しているとのことだ。 2019.07.17 14:15 Wed
twitterfacebook
thumb

トリッピアー、アトレティコ移籍に向けスペインへ? アジアツアーは不参加

トッテナムに所属するイングランド代表DFキーラン・トリッピアー(28)のアトレティコ・マドリー行きがもう間もなく実現するかもしれない。イギリス『テレグラフ』が伝えている。 今回伝えられるところによると、両者は移籍金2000万ポンド(約27億円)で合意。トリッピアーは17日から始まるアジアツアーには参加せず、マドリッドに向かい移籍の最終交渉とメディカルチェックに臨むようだ。 2015年6月にバーンリーからトッテナムに加入以降、正確なキック精度と豊富な運動量を武器に主力に定着したトリッピアー。ロシア・ワールドカップ(W杯)でもイングランド代表として印象的なパフォーマンスを見せたが、クラブでは守備面でのイージーミスや肝心の攻撃精度を欠く場面も多く、公式戦38試合に出場しチャンピオンズリーグ(CL)では決勝進出に貢献したものの、徐々にマウリシオ・ポチェッティーノ監督の信頼を失い始め、今夏の放出候補にも挙がっていた。 なお、トリッピアーにはユベントスやナポリ、バイエルンらが獲得に関心を抱いていることが報じられていた。 2019.07.17 04:50 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ移籍のグリーズマンに言及 モラタ「まだアトレティコにいて欲しかったけど…」

アトレティコ・マドリーのスペイン代表FWアルバロ・モラタが、同クラブからバルセロナへ移籍したフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(28)について言及した。スペイン『マルカ』が同国『EFE』でのインタビューを引用して伝えている。 2014年7月にレアル・ソシエダからアトレティコに加入したグリーズマンは、在籍5年で公式戦256試合に出場して133ゴールを記録。2015-16シーズンのチャンピオンズリーグ準優勝や2017-18シーズンのヨーロッパリーグ優勝に貢献した。 そんなグリーズマンだが、今年5月中旬に昨季限りでのアトレティコ退団を明言。そして今月12日、長らく取り沙汰されてきたバルセロナへの移籍が実現した。 フランス代表FWと半年間、2トップを組んできたモラタは、「まだここにいてくれることを望んだ」と悔やみながらも元同僚の決断を尊重した。 「ビッグな選手がクラブを退団した。特に大きなキャラクターがね。僕はまだここにいてくれることを望んだけど、誰にでもそれぞれ状況があり、道筋があるんだ」 「最高のトッププレーヤーだよ。どれだけ偉大かを僕が話す必要はないよ。近年のアトレティコのベストプレーヤーの一人さ」 2019.07.15 16:30 Mon
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース