ホームで大逆転のマジョルカが7年ぶりのプリメーラ昇格!《リーガエスパニョーラ昇格プレーオフ》2019.06.24 06:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーガエスパニョーラ昇格プレーオフ決勝2ndレグのマジョルカvsデポルティボが23日に行われ、3-0でマジョルカが勝利した。この結果、2戦合計3-2でマジョルカが7シーズンぶりのプリメーラ昇格を果たした。3日前に敵地で行われた1stレグを0-2と敗れて7年ぶりの昇格が厳しくなったセグンダ5位のマジョルカと、1年でのプリメーラ昇格が近づいたセグンダ6位のデポルティボによる運命の一戦。

立ち上がりから2点を追うマジョルカが猛攻に出ると21分、ボックス手前のバドミルがダニとのパス交換からボックス中央まで侵入すると、そのまま冷静にシュートを流し込んだ。

先制点で勢いづくマジョルカは、27分にボックス手前でアリデイが倒されFKを獲得。セビルの直接FKはゴール右隅を捉えたが、これはGKダニ・ヒメネスの好セーブに阻まれる。さらに37分には、左サイドからカットインしたラーゴ・ジュニオールが強烈なシュートでゴールを脅かしたが、これもGKヒメネスのセーブに防がれた。

後半も主導権を握るのはホームチーム。62分、ドリブルで持ち上がったラーゴ・ジュニオールがモスケラに後ろから引っかけられてFKを獲得。このFKセビルがゴール左に突き刺さし、2戦合計スコアで同点に追いついた。

ホームの大声援に後押しされ攻勢を強めるマジョルカは、83分に歓喜の瞬間を迎える。中盤でパスカットしたババの跳ね返りを受けたアブドンがドリブルで中央を切り裂くと、バイタルエリアから豪快なミドルシュートをゴール右に突き刺した。

逆転を許したデポルティボは、試合終了間際の94分に左CKのクリアを中盤で拾ったエドゥがゴール前にロングパスを供給すると、ゴール前のパブロ・マリがヘディングで合わせたがシュートはわずかにゴール左に逸れた。

結局、試合はそのまま3-0で終了。ホームで大逆転を演じたマジョルカが、7年ぶりとなるプリメーラ昇格の切符を掴んだ。
コメント
関連ニュース
thumb

マジョルカ、レアル・マドリーBから“ヤングスター”アレックス・フェバスを完全移籍で獲得

プリメーラに昇格したマジョルカは12日、レアル・マドリー・カスティージャからスペイン人MFアレックス・フェバス(23)を完全移籍で獲得した。契約期間は2023年6月30日までの4年間となる。 U-21スペイン代表への招集歴を持つフェバスは、豊富な運動量とテクニック、ラストパスのセンスが光るセントラルMF。レアル・マドリーでは、プレシーズンツアーでトップチームに帯同したが、公式戦の出場はなく昨シーズンはセグンダのアルバセテ・バロンピエにレンタル移籍で加入。 バロンピエでは、レギュラーとしてリーグ戦38試合に出場し3ゴール3アシストを記録。チームの昇格プレーオフ進出に貢献した。 2019.07.13 00:55 Sat
twitterfacebook
thumb

昇格マジョルカ、ベティス退団のFWアレグリアを獲得

リーガエスパニョーラに昇格したマジョルカは2日、ベティスを退団したスペイン人FWアレックス・アレグリア(26)を獲得したことを発表した。 191cmの長身FWであるアレグリアは、2012年からベティスでプレー。しかし、ベティスではポジションを掴めず、ヌマンシアやレバンテ、ラージョなどへレンタルに出されていた。昨季は前半戦をラージョで、後半戦をスポルティング・ヒホンでプレーし、2部のヒホンではリーグ戦16試合の出場で3ゴール2アシストを記録していた。 昇格プレーオフ決勝でデポルティボを劇的な逆転劇で下したマジョルカは、7シーズンぶりに1部昇格を決めている。 2019.07.02 23:40 Tue
twitterfacebook
thumb

昇格組マジョルカ、キエーボからスロバキア代表DFバルイェントを完全移籍で獲得

プリメーラ昇格を決めたマジョルカは26日、キエーボからスロバキア代表DFマルティン・バルイェント(23)を完全移籍で獲得した。契約期間は2022年6月30日までとなる。 2012年に母国スロバキアのFCドゥブニカでプロデビューしたバルイェントは、セリエBのテルナーナでのプレーを経て、2017年にキエーボへ移籍。しかし、キエーボでの出場記録はなく、2017-18シーズンはテルナーナに武者修行に出ると、今季はマジョルカへレンタル移籍で加入していた。 マジョルカでは、今季リーガ2部で29試合を含む公式戦35試合に出場。リーガエスパニョーラ昇格プレーオフを勝ち抜き、7年ぶりのプリメーラ昇格に貢献した。 また、世代別のスロバキア代表に選出されてきたバルイェントは、2018年6月にフル代表デビューを飾った。 2019.06.27 01:10 Thu
twitterfacebook
thumb

デポルティボが10人のマジョルカに2発快勝で先勝!《リーガエスパニョーラ昇格プレーオフ》

リーガエスパニョーラ昇格プレーオフ決勝1stレグ、デポルティボvsマジョルカが20日に行われ、2-0でデポルティボが先勝した。 プレーオフ準決勝で3位マラガを2戦合計スコア5-2で下した6位デポルティボと、4位アルバセテを2戦合計2-1で下した5位マジョルカによる1部昇格を懸けた初戦。 序盤はアウェイチームのマジョルカが積極的な入りを見せ、シュートに持ち込む展開とした。 しかし17分、デポルティボに決定機。右クロスをボックス中央で合わせたカルロス・フェルナンデスのボレーシュートはわずかに枠の右に外れた。 ここからデポルティボがポゼッションを高めてリズムを掴むと、37分に先制した。右サイド低い位置からのFKをカルタビアが意表を突いて左足で直接狙うと、巻いたシュートがゴール右上に決まった。 カルタビアのゴラッソで先手を取ったデポルティボは41分、数的優位となる。ベルガンティノスに対し、激しいスライディングタックルを見舞ったペドラサに一発レッドカードが提示された。 このプレーで口を負傷して激しく流血したベルガンティノスがプレー続行不可能となった中、デポルティボが1点をリードして前半を終えた。 迎えた後半、デポルティボがポゼッションして試合をコントロールする中、70分にエクスポジトのミドルシュートがGKを強襲。 そして79分には追加点を奪った。クロスボールのルーズボールをゴール前のキケがバイシクルでうまく合わせたシュートがゴールラインを割った。 このままアウェイゴールを与えず2-0で快勝したデポルティボが先勝。23日に行われる2ndレグに向けて大きなアドバンテージを手にした。 デポルティボ 2-0 マジョルカ 【デポルティボ】 カルタビア(前37) キケ(後34) 2019.06.21 05:58 Fri
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース