元ローマ監督ディ・フランチェスコ氏がサンプドリア監督就任2019.06.22 22:41 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サンプドリアは22日、エウゼビオ・ディ・フランチェスコ氏(49)の指揮官就任を発表した。契約期間は2022年6月30日までの3年間となっている。サンプドリアでは前監督のマルコ・ジャンパオロ氏がミラン監督に就任していた。

ディ・フランチェスコ氏は現役時代、ローマ等で活躍。元日本代表MF中田英寿氏と共に2000-01シーズンにはスクデットの獲得にも貢献した。現役引退後、2008-09シーズンに当時セリエCのヴィルトゥス・ランチャーノで監督デビュー。その後レッチェやサッスオーロの監督を歴任し、2017-18シーズンからローマの監督に就任した。

同シーズンにはチャンピオンズリーグ(CL)でバルセロナを破りベスト4進出するなど躍進を果たした。しかし、今シーズンは主力のGKアリソンやMFラジャ・ナインゴランらの移籍により戦いぶりに安定感を欠き、CLラウンド16でポルトに逆転負けを喫した後に解任されていた。
コメント
関連ニュース
thumb

バレンシアDFムリージョがサンプドリアに買い取り義務付きレンタルで加入…今冬からはバルセロナでプレー

サンプドリアは13日、バレンシアからコロンビア代表DFジェイソン・ムリージョ(27)を買い取り義務付きのレンタル移籍で獲得した。なお、サンプドリアはすでにムリージョと2023年6月30日まで契約を結んでいる。 また『フットボール・イタリア』によれば、サンプドリアはシーズン終了後に移籍金1500万ユーロ(約18億円)をバレンシアに支払うとようだ。 母国でプロデビューしたムリージョはグラナダやカディス、ラス・パルマス、インテルでプレーした後、2017年8月にバレンシアへ買い取り義務付きの2年レンタルで加入すると、翌年に完全移籍。しかし、バレンシアでは出場機会に恵まれず、同年12月にバルセロナにレンタル移籍で加入。バルセロナでは公式戦4試合の出場に留まっていた。 2019.07.14 01:40 Sun
twitterfacebook
thumb

リヨンが今夏ビッグクラブ注目のCBアンデルセンを獲得! 総額36億円のオペレーションに

リヨンは12日、サンプドリアのデンマーク代表DFヨアキム・アンデルセン(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約に関する詳細は現地時間12日15時からの会見で明かされる予定だ。 なお、フランス『レキップ』が伝えるところによれば、移籍金はボーナス込みの総額3000万ユーロ(約36億5000万円)となったようだ。 サンプドリア加入2年目で絶対的な主力に成長したアンデルセンは、パワフルな対人守備や守備的MFでもプレー可能な足下の技術を持つ現代型のセンターバック。昨シーズンはセリエAで32試合に出場し1アシストを記録していた。 今夏の移籍市場ではユベントスやミラン、ローマのセリエA勢に加え、アーセナル、トッテナムからの関心が伝えられていたが、最終的に総額3000万ユーロの好条件のオファーを掲示したリヨンに争奪戦の軍配が上がることになった。 2019.07.12 20:42 Fri
twitterfacebook
thumb

カッサーノ氏、友人のサンプドリア新指揮官に太鼓判!「彼はきっとうまくいくよ」

元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノ氏がイタリア『イルセコロ ディチャノヴェージモ』のインタビューに応じ、古巣のサンプドリアの新監督に就任したエウゼビオ・ディ・フランチェスコ氏に対しエールを送った。 カッサーノ氏は1998年にバーリでキャリアをスタートさせると、ローマ、レアル・マドリー、ミラン、インテル等のビッグクラブを渡り歩き活躍。キャリア終盤となる2017年にヴェローナに加入するも、わずか1週間で退団を表明するなど相変わらずのお騒がせぶりで、2018年10月にジャーナリストのピエルルイージ・パルド氏のTwitter(@PIERPARDO)を通じて引退を表明した。 インタビューの中で同氏は「ディ・フランチェスコ監督は俺の楽しく素晴らしい友人」と仲の良さを語り「俺は彼のサッカーが勇敢で攻撃的でとても好きだ。最終ラインから中盤までしっかりプレスをする。攻撃面ではイマジネーションを解き放ち、ドリブルさせながらもバランスが取れている。間違いなくサンプドリアの財産になるし、彼はきっとうまくいくよ」と最大級の賛辞を送った。 性格は独特であったがサッカーセンスや実力は折り紙付きであったカッサーノ氏。その彼から熱いエールを受けたディ・フランチェスコ新監督はどういうサッカーを見せるか。新シーズンのサンプドリアには注目だ。 2019.07.11 19:54 Thu
twitterfacebook
thumb

バレンシア、サンプの背番号10プラート獲得に向け交渉中!

バレンシアがサンプドリアのベルギー代表MFデニス・プラート(25)獲得に向けて交渉を行っているようだ。イタリア『gianlucadimarzio.com』が伝えている。 『gianlucadimarzio.com』が伝えるところによれば、今夏の移籍市場でアーセナルやミランなどからの関心が伝えられたプラートに関して、バレンシアとサンプドリアの間で交渉が進行中だという。 また、プラートの代理人も個人間での合意に向けてバレンシアとの交渉を行っているようだ。 2011年にアンデルレヒトでプロデビューを飾ったプラートは、卓越したテクニックと創造性を武器に、若くしてベルギーの名門の司令塔として活躍。2016年に加入したサンプドリアでもすぐさま主力に定着すると、昨シーズンはセントラルMFを主戦場に、リーグ戦34試合に出場し2ゴール3アシストを記録した。 2019.07.09 17:17 Tue
twitterfacebook
thumb

デンマーク代表DFアンデルセン獲得レースはリヨンが制する? 48時間以内に決着

リヨンは、デンマーク代表DFヨアキム・アンデルセン(23)の獲得でサンプドリアと合意したようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じている。 アンデルセンには、アーセナルが早くから目をつけていたものの、オファー額が足りずにサンプドリアが拒否。その後は、トッテナムやミランが獲得に興味を示していた。しかし、そんな中でリヨンが獲得にこじつけたという。 報道によると、リヨンは移籍金2500万ユーロ(約30億3700万円)に加え、500万ユーロ(約6億円)のボーナスをつけて契約を結んだとのこと。ジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によると、48時間以内に契約が完了するとのことだ。アンデルセンは、2018-19シーズンのセリエAで32試合に出場し1アシストを記録していた。 なお、リヨンはフランス代表MFタンギ・エンドンベレ(22)を総額7000万ユーロ(約85億円)でトッテナムへ売却。金額面には何も問題がないことも優位に働いたようだ。 2019.07.03 13:25 Wed
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース