アーセナル、コーチングスタッフの配置転換発表! ユングベリがエメリ副官に2019.06.18 02:19 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルは17日、トップチームとアカデミーチームにおけるコーチングスタッフの配置転換を発表した。今回の発表によれば、U-23チームの監督を務める元スウェーデン代表MFのフレドリック・ユングベリ氏(42)が来シーズンからウナイ・エメリ監督率いるトップチームのアシスタントコーチに就任し、アーセン・ヴェンゲル前体制からトップチームのディフェンス面の指導を主に行っていたスティーブ・ボールド氏が、代わってU-23チームの監督に就任することが決定した。

なお、今回の配置転換は7月1日から行われる。

昨年7月からアーセナルのU-23チームの監督を務めていたユングベリ氏は、今後アカデミー部門を統括するペア・メルテザッカー氏と連携しながら、アカデミーの若手のトップチーム登用に向けた繋ぎ役としての役割を果たすことになるようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

RBライプツィヒ、アーセナル関心のエンクンク獲得が決定的に!

RBライプツィヒがパリ・サンジェルマン(PSG)のU-21フランス代表MFクリストファー・エンクンク(21)の獲得を決定的なモノにしたようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 今夏の移籍市場でPSG退団が有力視されるエンクンク。その新天地に関してはPSGで指導を受けたウナイ・エメリ監督が率いるアーセナルが有力視されてきた。しかし、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃した同クラブは緊縮財政を強いられており、その他の補強ポジションを優先し、現時点では同選手から撤退した模様だ。 その間隙を突いて一気に交渉を進めたのは、国内外の若手タレントに触手を伸ばすライプツィヒ。『レキップ』が伝えるところによれば、両クラブは今週初めに移籍金1300万ユーロ(約15億8000万円)+ボーナス、今後他クラブに移籍する際の売却益の一部という条件で合意に至ったという。 また、エンクンク自身も移籍を了承しており、18日にも現地でメディカルチェックを受診し、5年契約にサインする見込みだ。 PSGの下部組織出身のエンクンクは2015年にトップチームに昇格。セントラルMFを主戦場に2列目の複数ポジションもこなせる万能型MFは、その優れたパスセンスとアジリティを武器に直近2シーズンに渡って準主力として活躍。昨シーズンは公式戦29試合に出場し4ゴール2アシストを記録した。 しかし、トーマス・トゥヘル監督との確執も伝えられるエンクンクは2020年6月までの契約を更新する意思を見せず、昨季限りでの退団が有力視されている。 2019.07.17 20:25 Wed
twitterfacebook
thumb

エジルが髪をプラチナカラーに! 米女子代表ラピノーへのオマージュ?

アーセナルの元ドイツ代表MFメスト・エジルが新たなヘアースタイルを公開した。 現在、アメリカでプレシーズンツアーを行っているアーセナルにおいて注目を集めているのが、エジルの新ヘアースタイルだ。 今回明らかになった新ヘアースタイルでは、サイドをツーブロックにし、トップ部分をオールバックにするという髪型自体に変化はなかったものの、髪の色がなんとプラチナカラーに。 今回SNS上に投稿された映像や画像ではエジルがサングラスをかけており、その姿は髪色こそ異なるものの、先日フランスで行われた女子ワールドカップでアメリカの大会連覇の立役者となったアメリカ女子代表FWミーガン・ラピノーにそっくりだった。 そして、チームメートのFWピエール=エメリク・オーバメヤンやFWアレクサンドル・ラカゼットは、両者の画像を並べたSNS上でのイジリを敢行していた。 なお、エジルはプラチナカラーに染めた理由に関して、チームメートのラカゼットらと行ったクロスバーチャレンジゲームで敗れた末の罰ゲームだったと説明している。 ※画像はプラチナカラーに染める数日前のエジルとラピノー ◆ラピノーへのオマージュ? https://twitter.com/COPA90/status/1151282021450301440 2019.07.17 16:45 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナル、セバージョス獲得に迫る! 買取OPなしの1年レンタルか

アーセナルが、レアル・マドリーに所属するスペイン代表MFダニ・セバージョス(22)の獲得に迫っているようだ。スペイン『アス』やイギリス『タイムズ』が伝えている。 今夏の移籍が決定的と見られるセバージョスに関してはトッテナム、アーセナル、ミランの3クラブが獲得に関心を示している。 一時は完全移籍での獲得を目指すトッテナム行きが有力視されたものの、トッテナムがここにきてデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンに残留の可能性が強まってきたこと、セバージョスが将来的にマドリーでプレーを望んでいる事情もあり、アーセナルへのレンタル移籍の可能性が濃厚となっているようだ。 同胞ウナイ・エメリ監督との仕事に興味を示しているセバージョスの移籍形態に関しては、買い取りオプションが付かない1年間のレンタル移籍となる見込みだ。 なお、スペイン『マルカ』によると、アーセナルは300万ユーロ(約3億6000万円)といわれるセバージョスの年俸を全額負担することになる。 2017年にベティスからマドリーへ加入したセバージョスは2年目となった昨シーズン、公式戦34試合に出場。しかし、ジネディーヌ・ジダン監督の下では構想外と見られており、先日に「40試合は出場したい」と移籍をほのめかすコメントを残していた。 2019.07.17 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ユベントスのラムジーが初お披露目!「ユベントスは世界最高のチームの一つ」

ユベントスに加入したウェールズ代表MFアーロン・ラムジー(28)が15日、アリアンツ・スタジアムで入団記者会見に臨んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 カーディフ・シティでプロデビューしたラムジーは、2008年の夏にアーセナルへ移籍。その後、在籍11シーズンで公式戦361試合に出場し62ゴール64アシストを記録するなど、3度のFAカップ制覇に加え、3度のFAコミュニティ・シールド獲得に貢献。今季もプレミアリーグ28試合に出場し4ゴール6アシストを記録した。 今季限りでアーセナルを退団したラムジーは、15日に入団会見を実施し、次のように話した。 「ここに来られて嬉しいし、みんなに感謝しているよ。ユベントスは世界最高のチームの一つ。なるべく早く準備を整えるために、他の選手と一緒にハードワークしているよ」 「最初にユベントスからの興味を聞いた時は、ここに来るのは夢のようだし大きなチャレンジだと思った。このチャンスを逃すことはできなかったんだ。僕にぴったりのクラブだし、歴史の一部になれることを願っている」 「チーム、選手たち、監督のみんなから温かい歓迎を受けた。サッリ監督とはもう何回か話したけど、話しやすい人だね。今季の大きな目標を達成するために彼とチームの助けになるのが待ちきれないよ」 2019.07.16 03:45 Tue
twitterfacebook
thumb

サリバを巡るノースロンドン・ダービーが激化模様…アーセナルがトッテナムと同額オファー用意

サンテチェンヌに所属するU-20フランス代表DFウィリアム・サリバ(18)を巡るノースロンドン・ダービーが激しさを増しているようだ。フランス『RMC』が伝えている。 サンテチェンヌの下部組織出身のサリバは、193㎝の長身とパワーを生かした対人の強さに加え、ポジショニングセンスやドリブルでの果敢な持ち出しを得意とする現代型のセンターバックだ。トップチームデビューを果たした昨シーズンは公式戦19試合に出場し、サンテチェンヌの堅守を支えていた。 センターバックの補強が必須となっているアーセナルはしばらくサリバを追っていることが報じられていた。一部報道では個人間合意に達し、公式発表も間もなくとも言われていたが、実のところは難航している模様だ。 そんな折、急遽同じロンドンのライバルトッテナムが横槍を入れてきた。『RMC』によると、トッテナムはアーセナルとサンテチェンヌの交渉が滞っているうちに、アーセナルよりも好条件のオファーを提示し、逸材の獲得に迫っているという。 ところが同メディアの最新の情報によると、サリバを渡すわけにはいかないアーセナルがトッテナムが提示した同等の3000万ユーロ(約36億5000万円)+ボーナスというオファーを新たに用意。サリバを巡る争奪戦は激化の一途を辿っている。 2019.07.15 22:11 Mon
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース