ローマ在籍30年のトッティが退団発表 「痛みを伴う決断」2019.06.17 22:41 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ローマのディレクター職を務める元イタリア代表FWのフランチェスコ・トッティ氏(42)が17日、在籍30年間を過ごしたローマ退団を公式会見の場で明かした。トッティ氏はこれまで自身のすべてを捧げてきた故郷のクラブを退団するに至った経緯を包み隠さずに説明。ディレクター職としての権限を全く与えられていなかったことがクラブを離れる決断に大きな影響を及ぼしたと語っている。



「この日が訪れないことを願っていた。だが、ついに来てしまった。それは酷く耐えがたいものだ。様々な状況を考慮したうえで、正しい決断を下したと思っている。ローマのテクニカル部門で活動する機会は一切なかった」

「数カ月の間、悩んだ末にこの結論に至った。このクラブは愛され、支えられるべきクラブなんだ。そこにパロッタ派もバルディーニ派もトッティ派も存在しないし、このクラブはローマファンのものなんだ」

「これまでも私はローマを最優先に考えてきたし、このクラブを世界で最高のクラブにしたいと思っていただけに、痛みを伴う決断だ」

「ローマは私にとって第2のホーム、いや、それよりも重要なものだったかもしれない。家族と過ごすよりも多くの時間をトリゴリアで過ごしていたのだからね」

「(現役引退後の職務について)1年目は自分自身を表現できる可能性があったが、2年目は違った。クラブは私の意向は知りながらも、彼らは私の意見を望まず、あらゆる決定事項から私を排除していた」

「私はこれからも変わらずにローマをサポートしていくし、これでサヨナラではないよ。ローマなくしてトッティを語ることは不可能なことだからね。ただ、1人のロマニスタとしてこの状況は歯がゆい気持ちでもあるよ」

「私はこれから別の道を歩むことになるが、他のクラブのオーナーたちが自分のことを信頼してくれるならば、私自身の準備はできているよ」

1989年にローマの下部組織に加入して以降、ジャッロロッソのユニフォームに身を纏い、28年間でいずれもクラブ歴代最多の公式戦786試合に出場し、307ゴールを挙げたトッティ。ローマでは2000-01シーズンのスクデットと、2度のコッパ・イタリアのタイトルを獲得した。

個人としては5度のイタリア最優秀選手賞に加え、2度のセリエA最優秀選手賞に輝き、2006-07シーズンにはセリエA得点王と同年のゴールデンブーツ(欧州最多ゴール賞)を獲得。また、セリエA通算250ゴールは歴代2位の記録だ。

また、現役引退直後の2017年7月からはTD職に就任し、今年3月に退団したモンチSD(スポーツ・ディレクター)の補佐役などを務めてきた。
コメント
関連ニュース
thumb

ローマ、アタランタのイタリア代表DFマンチーニを買い取り義務付きのレンタルで獲得!

ローマは17日、アタランタのイタリア代表DFジャンルカ・マンチーニ(23)を買い取り義務付きのレンタルで獲得したことを発表した。 ローマはレンタル料として200万ユーロ、来夏買い取る際に1300万ユーロを支払う予定で、これに最大800万ユーロのボーナスが追加され、移籍金総額は2300万ユーロ(約28億円)と明かしている。さらに、今後他クラブに移籍した際の移籍金の内の10パーセントをアタランタに支払うことになる。 なお、マンチーニとは既に2024年6月30日までの契約が結ばれている。 フィオレンティーナの下部組織出身のマンチーニは、ペルージャでのプロデビュー後、2017年にアタランタに完全移籍。190cmの長身に加え、筋骨隆々の強靭なフィジカルを武器にセリエA屈指のエアバトラーとして2018-19シーズンのリーグ戦30試合で5ゴールを記録。 また、アグレッシブなマンツーマンディフェンスを採用するジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督の下で対人守備を磨いており、積極的なインターセプトやタックルなど、前向きな守備が高い評価を集めており、今年3月のリヒテンシュタイン代表戦でフル代表デビュー。さらに、先日まで行われていたU-21欧州選手権でもU-21イタリア代表の主力としてプレーしていた。 ローマではファイナンシャル・フェアプレー(FFP)遵守の影響もあって6月30日にレギュラーセンターバックのギリシャ代表DFコスタス・マノラスをナポリに放出していた。 2019.07.18 01:19 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマがアタランタのイタリア代表DFマンチーニ確保! メディカル受診を発表

ローマは17日、アタランタのイタリア代表DFジャンルカ・マンチーニ(23)が加入に向けてメディカルチェックを受診していることを明らかにした。 イタリア『スカイ・スポルト』が伝えるところによれば、マンチーニの移籍形態は買い取り義務付きの1年間のレンタル移籍となり、ローマはレンタル料として200万ユーロ、来夏買い取る際に1900万ユーロを支払う予定だという。これに最大500万ユーロのボーナスが追加され、移籍金総額は2600万ユーロ(約31億5000万円)となるようだ。 なお、マンチーニはメディカルチェックをパスした後、2024年までの5年契約にサインする。 フィオレンティーナの下部組織出身のマンチーニは、ペルージャでのプロデビュー後、2017年にアタランタに完全移籍。190cmの長身に加え、筋骨隆々の強靭なフィジカルを武器にセリエA屈指のエアバトラーとして2018-19シーズンのリーグ30試合で5ゴールを記録。 また、アグレッシブなマンツーマンディフェンスを採用するジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督の下で対人守備を磨いており、積極的なインターセプトやタックルなど、前向きな守備が高い評価を集めており、今年3月のリヒテンシュタイン代表戦でフル代表デビュー。さらに、先日まで行われていたU-21欧州選手権でもU-21イタリア代表の主力としてプレーしていた。 ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)遵守の影響もあって6月30日にギリシャ代表DFコスタス・マノラスをナポリに放出したローマ。その後釜は既報通り、アタランタの巨漢DFとなった。 2019.07.17 18:59 Wed
twitterfacebook
thumb

スールシャールが中盤の補強を渇望 ターゲットはザニオーロか

マンチェスター・ユナイテッドが、ローマに所属するイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(20)をリストアップしたようだ。イタリア方面の情報をもとにイギリス『メトロ』が報じた。 中盤の補強を目指しているユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督は、今夏に少なくとも1名は引き入れたいと考えている模様。その中、ニューカッスルのイングランド人MFシーン・ロングスタッフ(21)、ディナモ・ザグレブのU-21スペイン代表MFダニ・オルモ(21)に注目しているが、前者に関しては、5000万ポンド(約67億1000万円)のプライスタグが付いていることから難航している。そこでユナイテッドは、新たな候補としてザニオーロにも関心を寄せているようだ。 そのザニオーロには、ユベントス、トッテナムも獲得を画策。特にトッテナムは、ベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルト(30)の譲渡を含むオファーで交渉に臨む準備を進めていることが伝えられており、積極的な動きを見せようとしている。 しかし、慰留に努めるローマの上層部は、近日中にザニオーロに新契約を提示するとのこと。同クラブのスポーツディレクターを務めるジャンルカ・ペトラ―キ氏も最近、「ザニオーロを売却することはない」と主張しており、ユナイテッドがイタリア代表MFを獲得するには一筋縄でいかないことが予想されている。 昨夏にインテルからローマに加入し、トップ下や右ウイングを主戦場にローマの攻撃陣をけん引するザニオーロ。セリエAデビューシーズンとなった昨季は公式戦36試合6ゴール2アシストを記録していた。 2019.07.17 17:10 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマ加入のパウ・ロペス「アリソン?比較は好きじゃない。僕はパウだ」

ベティスからローマへの加入が発表されていたスペイン代表GKパウ・ロペス(24)が16日に入団記者会見を行った。イタリア『トゥットメルカート』が伝えている。 エスパニョールの下部組織出身のパウ・ロペスは、2014年にトップチームデビュー。トッテナムへの期限付き移籍を経て、昨夏に加入したベティスでは守護神として公式戦33試合に出場し、10回のクリーンシートを達成した。 入団会見でいくつかの質問に答えた同選手は、その中で2017-18シーズンまで在籍した減リバプールのブラジル代表GKアリソン・ベッカーと比較されることに異論を唱えた。 「はじめに、ローマへ入団できたことをクラブとディレクターに感謝したい。それらの感謝を結果で返せるかは僕次第だ。僕はスペインから来たから、技術的にもイタリアで学ぶことはたくさんある」 「アリソンはここでは非常に重要な存在だったが、比較は好きじゃない。僕はパウだ。ローマを学び、手助けするためにここに来た。今、私の素晴らしいストーリーがはじまった。私はファンの皆を誇りに思っている」 「イタリア語もすでにかなり勉強している。クラブを尊重しているからすぐに適応できるだろう。今は代表チームのことはあまり考えていない。ローマで戦う事だけを考えているよ」 2019.07.16 21:57 Tue
twitterfacebook
thumb

ローマ、ヴィオラMFヴェレトゥ争奪戦でポールポジションに!

ローマがフィオレンティーナに所属するフランス人MFジョルダン・ヴェレトゥ(26)の獲得に迫っているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 ナント出身のヴェレトゥは2015年にアストン・ビラ入りすると、サンテチェンヌへのレンタル移籍を経て、2017年夏にフィオレンティーナに加入。セントラルMFを主戦場に豊富な運動量で守備から攻撃まで一手に担うゲームメイカーは、昨シーズンの公式戦37試合で5ゴール4アシストをマークしていた。 そのフランス人MFを巡っては最近、ミランやナポリ、アタランタなど複数クラブの関心報道が加熱。そうしたなかで、インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2019のメンバーから外れ、今夏の移籍により拍車がかかっている状況だ。 関心を示す一角として動向に注目を集めるローマは、そのヴェレトゥ獲得に向け、2000万ユーロ(約24億2000万円)+ボーナスといわれるフィオレンティーナの要求額に最も近い条件を用意しており、ミランとの一騎打ちとみられる争奪戦で優位に立った模様だ。 なお、そのローマはヴェレトゥとともに、アタランタでプレーするイタリア代表DFジャンルカ・マンチーニ(23)の獲得も近い様子。ローマのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるジャンルカ・ペトラーキ氏は、数日中の獲得を試みているとのことだ。 2019.07.16 20:15 Tue
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース