ブッフォン、ラビオを褒めちぎる「ポグバ、ビダル、マルキジオがミックスされている」2019.06.17 10:40 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが、パリ・サンジェルマン(PSG)での同僚であるフランス代表MFアドリアン・ラビオを褒めちぎった。『フットボール・イタリア』がイタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』を引用して伝えている。PSG下部組織出身者のラビオは2012年7月にトップチームデビュー。今シーズン、公式戦20試合2ゴール2アシストを記録したものの、PSGからの契約延長オファーを固辞したことでシーズン途中から干されており、今夏でのフリー移籍が既定路線となっている。現在、ユベントスとマンチェスター・ユナイテッドが新天地の有力候補となっている。

そんなラビオに対して、すでにPSG退団が決定しているブッフォンは「ワールドクラスな選手」と称賛。一方で、2桁得点を記録するMFになるための改善点も挙げている。

「ラビオは素晴らしいし、偉大な選手だよ」

「ラブリーだし、良いチームメイトさ。どこから混乱が起きるような報道が出るのかわからない。僕が知っている彼はワールドクラスだよ」

「ラビオは素晴らしいものがミックスされている。ポグバの強さ、ビダルの勇気、マルキジオのダイナミックスさがある」

「ボックス内へ走り込むタイミングは改善しなきゃだけどね。でもシーズンで10ゴールを挙げれるような選手にはなると思うよ」
コメント
関連ニュース
thumb

ルカク獲得難航のインテル、代替案はカバーニか

インテルが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(32)に注目しているようだ。イタリア『トゥットスポルト』が報じている。 今夏にマンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表FWロメル・ルカク(26)の獲得を目指しているインテル。6000万ユーロ(約72億6000万円)+1500万ユーロ(約18億1000万円)のボーナスという条件で3年払いのオファーを打診したが、8800万ユーロ(約106億5000万円)を要求するユナイテッドとの交渉は停滞している模様だ。 そこで、インテルはルカクの代替案として、カバーニを注視しているという。昨シーズンも公式戦22試合で23ゴール9アシストを記録したベテランFWの現行契約は2020年夏までとなっており、より安価で獲得できる可能性があるようだ。 また、インテルはローマのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコ(33)にも目を光らせているとのこと。ジェコもカバーニ同様に2020年夏までの契約となっている。 2019.07.19 15:22 Fri
twitterfacebook
thumb

スパーズ構想外のローズにPSGが関心!

パリ・サンジェルマン(PSG)がトッテナムのイングランド代表DFダニー・ローズ(29)の獲得レースをリードしているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 今夏の移籍市場でフルアムのU-21イングランド代表MFライアン・セセニョン(19)の獲得を目指しているトッテナムは、その獲得資金とポジションを空けるうえでローズの放出を検討しているとの噂が浮上。 その中でクラブは今夏のアジアツアーのメンバー発表時、すでに構想外と言われているFWフィンセント・ヤンセン、FWジョルジュ=ケビン・エンクドゥの2選手と共にローズに対して、他クラブとの交渉機会を尊重する目的で招集メンバー外としたことを明らかにした。 ここ数年はマンチェスターの2クラブ、エバートンからの関心が伝えられてきたローズだが、現時点で獲得に動いているのはPSGとシャルケの2クラブだという。とりわけ、PSGは左サイドバックの2番手であるフランス代表DFレイヴァン・クルザワのパフォーマンスに納得しておらず、新たな左サイドバックの獲得に動いていると言われている。 なお、トッテナムは契約を2年残すローズの移籍金を2000万~2500万ポンド(約27億~33億7000万円)付近に設定しているようだ。 2007年にリーズ・ユナイテッドからトッテナムに加入したローズは、ブリストル・シティ、サンダーランドでの武者修行を経て2013-14シーズンからトッテナムの主力に定着。細かいケガを繰り返してリーグ戦で30試合出場をクリアしたシーズンこそないものの、高い身体能力と攻撃力を武器に同クラブの躍進を支えてきた。 また、2016年3月に行われたドイツ代表戦でスリーライオンズデビューを飾ると、ここまで27キャップを刻んでいる。 2007年から12年間に渡ってスパーズでの長いキャリアを歩んだ攻撃的左サイドバックの新天地は果たしてパリとなるのか…。 2019.07.19 12:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ネイマール狙うバルサ、PSGに121億円+2選手のオファー

バルセロナがパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(27)の獲得に向け、オファーを提示したという。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 2017年夏にPSG入りして以降、長らく移籍の可能性が取り沙汰されるネイマール。PSGのスポーツ・ディレクター(SD)に復職したレオナルド氏に続いて、トーマス・トゥヘル監督も選手の移籍希望を認めたことで、実現の可能性が日に日に高まっている。 そのネイマールの有力な移籍先として挙がるのが、古巣のバルセロナだ。獲得時に記録した史上最高額の移籍金2億ポンド(約269億5000万円)以上を求めているとされるPSGに対して、9000万ポンド(約121億2000万円)+2選手譲渡のオファーを提示したという。 バルセロナは譲渡可能選手として、MFフィリペ・コウチーニョ(27)、FWウスマーヌ・デンベレ(22)、MFイバン・ラキティッチ(31)、DFネウソン・セメド(25)、FWマウコム(22)、DFサミュエル・ユムティティ(25)の6選手を挙げたとみられる。 なお、ネイマールを巡っては先日、選手の代理人とユベントスの会談が取り沙汰されたが、そうした事実はなく、バルセロナとの接触のみが確認されているとのことだ。 2019.07.19 10:00 Fri
twitterfacebook
thumb

リール、PSGから若手FWポストラシを獲得!

リールは18日、パリ・サンジェルマン(PSG)からフランス人FWヴァルジリュ・ポストラシ(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの4年となる。 なお、フランス『RMC sport』が伝えるところによれば、今回の移籍に関して移籍金は発生していないものの、PSGはポストラシの今後の移籍の際の売却益の一部を受け取る契約を交わした模様だ。 モルドバ生まれのフランス人であるポストラシはPSGの下部組織で育った186cmの細身のセンターフォワード。トップチームでのプレー経験はないものの、昨夏に行われたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2018のアトレティコ・マドリー戦ではチームに勝利をもたらす決勝ゴールを記録していた。 2019.07.18 19:13 Thu
twitterfacebook
thumb

RBライプツィヒ、PSGからMFエンクンクを獲得! 「プレースタイルが完全にマッチする」

Bライプツィヒは18日、パリ・サンジェルマン(PSG)からU-21フランス代表MFクリストファー・エンクンク(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「18」に決定。契約期間は2024年6月30日までの5年となる。 なお、フランス『レキップ』が伝えるところによれば、ライプツィヒはエンクンクの獲得に際して移籍金1300万ユーロ(約15億8000万円)+ボーナス200万ユーロ(約2億4000万円)、今後他クラブに移籍する際の売却益の一部をPSGに支払うようだ。 下部組織時代の2010年から9年間を過ごしたPSGを離れて初の国外移籍を選択したエンクンクは、クラブ公式サイトを通じて新天地での意気込みを語っている。 「RBライプツィヒのユニフォームを着ることができて本当に幸せな気分だよ。これまでこのクラブに関する多くのことを聞いてきたんだ。そして、このクラブが志向するプレースタイルと自分のスタイルが完全にマッチすることを確信しているよ」 「新たなチームメートに関して、ケビン・オギュスタンとデヨール・ウパメカーノはパリで、ノルディン・ムキエレとはU-21代表で一緒にプレーしているんだ。だから、このクラブに早く馴染めると思っているよ」 PSGの下部組織出身のエンクンクは2015年にトップチームに昇格。セントラルMFを主戦場に2列目の複数ポジションもこなせる万能型MFは、その優れたパスセンスとアジリティを武器に直近2シーズンに渡って準主力として活躍。昨シーズンは公式戦29試合に出場し4ゴール2アシストを記録した。 しかし、トーマス・トゥヘル監督との確執も伝えられるエンクンクは2020年6月までの契約を更新する意思を見せず、昨季限りでの退団が有力視されていた。一時は今冬にも獲得に動いたアーセナル行きが噂されていたものの、若手タレント発掘に定評があるライプツィヒ入りが決定した。 2019.07.18 17:42 Thu
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース