ビジャレアル、復活カソルラと1年契約延長!2019.06.14 05:48 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ビジャレアルは13日、スペイン代表MFサンティ・カソルラ(34)と2020年6月30日まで契約を延長したことを発表した。ビジャレアルでプロデビューを飾りトッププレーヤーに成長したカソルラは、2012年からアーセナルでプレー。そのアーセナルでは度重なる負傷に苦しみ、10度もの手術を経験。右足切断の危機もあった中、昨年夏にビジャレアルへ復帰していた。

すると今季、公式戦46試合の出場で7ゴール11アシストを記録する見事な復活を遂げた。そして先月、2015年以来となるスペイン代表に復帰し、7日のユーロ2020予選フェロー諸島代表戦でフル出場していた。
コメント
関連ニュース
thumb

ベティス、ビジャレアルから左のスペシャリストDFペドラサをレンタルで獲得

ベティスは16日、ビジャレアルからスペイン人DFアルフォンソ・ペドラサ(23)をレンタル移籍で獲得した。契約期間は1年間で、買い取りオプションが付随している。 ビジャレアルの下部組織出身のペドラサは、184cmの恵まれた体躯と爆発的なスピード、攻撃センスに優れたレフティ。2015年4月にトップチームデビューを飾ると、その後は、ルーゴやリーズ・ユナイテッド、アラベスへ武者修行に。 ビジャレアルへ復帰した昨シーズンは、本職の左ウイング以外にもDFジャウメ・コスタ不在時に左サイドバックを務めるなど、左サイドのスペシャリストぶりを発揮。公式戦45試合に出場し4ゴール5アシストをマークした。 また、代表キャリアでは19歳の頃からは飛び級でU-21スペイン代表に招集され、これまで14キャップを記録。先月に開催されたU-21欧州選手権2019にも出場していた。 なお、ベティスで左サイドバックを務めるU-21スペイン代表DFジュニオール・フィルポ(22)には、スペイン代表DFジョルディ・アルバの後継者を探すバルセロナが獲得に動いており、今回の発表で今夏のバルセロナ行きが濃厚となった。 2019.07.17 03:54 Wed
twitterfacebook
thumb

バレンシア、チェリシェフの獲得を正式発表! 3年契約を締結

バレンシアは12日、ビジャレアルからロシア代表MFデニス・チェリシェフ(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日の3年間で、契約解除金は8000万ユーロ(約97億円)に設定されている。 レアル・マドリーの下部組織出身のチェリシェフは2016年夏にビジャレアルに移籍。加入1年目はケガでリーグ戦出場は11試合にとどまったものの、2年目となった昨季はリーグ戦24試合に出場し2ゴール2アシストを記録。その活躍からロシア代表として出場したロシア・ワールドカップ(W杯)では、初戦の2ゴールを含む5試合4ゴールでロシアの攻撃を牽引。大会前の下馬評を覆し、スペイン代表を破るなどベスト8進出に貢献した。 2016年2月から半年間バレンシアにレンタル移籍した経歴を持つチェリシェフ。二度目のレンタル加入となった今シーズンは公式戦41試合の出場で4ゴール5アシストを記録。クラブの上位進出に大きく貢献した。 2019.07.12 22:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルの右SBミゲルが2部降格のウエスカにレンタル移籍

ビジャレアルは11日、スペイン人DFミゲロン(23)がリーガエスパニョーラ2部に降格したウエスカへ1年間のレンタルで移籍することを発表した。 2006年からビジャレアルの下部組織でプレーする右サイドバックのミゲロンは、2015年12月にトップチームデビュー。2018-19シーズンに出場機会を増やし、リーガエスパニョーラで8試合、ヨーロッパリーグで5試合、コパ・デル・レイで3試合に出場していたが、シーズン後半は負傷により欠場が続いていた。 2019.07.12 03:42 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプール退団のアルベルト・モレーノがビジャレアル加入!

ビジャレアルは9日、リバプールを退団した元スペイン代表DFアルベルト・モレーノ(27)の獲得を発表した。契約期間は2024年6月30日までの5年間となっている。 2014年夏に1800万ユーロでセビージャからリバプールに加入したモレーノ。移籍後2シーズンは主力の左サイドバックとしてプレーしたが、ユルゲン・クロップ監督の就任と、スコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンの加入に伴い、大幅に出場機会を失っていった。2018-19シーズンは5試合の出場に留まり、6月4日にリバプール退団が発表されていた。 そのモレーノはセビージャやアーセナル行きも噂されていたが、ビジャレアル加入となった。ビジャレアルは新シーズンに向けて、ナポリから元スペイン代表DFラウール・アルビオルを、エイバルから右サイドバックをこなすスペイン人MFルベン・ペーニャを補強。バックラインに新戦力を獲得している。 2019.07.10 01:42 Wed
twitterfacebook
thumb

ボネーラが現役引退! 古巣ミランがコーチングスタッフ入閣を発表!

ミランは9日、マルコ・ジャンパオロ新監督率いる新コーチングスタッフを発表した。その中にアシスタントコーチとして元イタリア代表DFダニエレ・ボネーラ(38)の名前が含まれていた。 昨シーズン限りでビジャレアルとの契約が満了していたボネーラだが、去就に関する公式なアナウンスは行われていなかった。 そのため、新天地での現役続行の可能性もあったが、最終的にはイタリアメディアの既報通り、現役を引退して古巣ミランにコーチングスタッフとして復帰することが決定した。 ブレシアでプロキャリアをスタートしたボネーラは、2001年にイタリア代表デビューを飾るなど、同国期待の右サイドバックとして台頭。その後、パルマを経て2006年にミラン移籍を果たすと、右サイドバックとセンターバックを主戦場に貴重なバックアッパーとして活躍。在籍9年間でセリエA152試合に出場し、2006-07シーズンのチャンピオンズリーグ、2010-11シーズンのスクデット制覇を経験した。 その後、ミランとの契約満了に伴い、2015年に加入したビジャレアルでは在籍4年間で公式戦58試合の出場にとどまったものの、誠実な人柄と豊富な経験を生かしてロッカールームのまとめ役の1人として存在感を放っていた。一部報道ではビジャレアルから1年間の契約延長オファーが届いていたものの、同選手はスパイクを脱ぎ古巣ミランに帰還する道を選んだようだ。 なお、2001年から2008年までプレーしたイタリア代表では通算16キャップを記録。また、2004年のアテネ・オリンピックではイタリアの銅メダル獲得に貢献していた。 2019.07.09 22:09 Tue
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース