二転三転…ライオラ、デ・リフトのPSG移籍を否定2019.06.13 21:28 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)の代理人を務めるミーノ・ライオラ氏がパリ・サンジェルマン(PSG)との交渉を否定した。スペイン『アス』が報じている。高い身体能力や足元の技術を兼ね備え、名門アヤックスで主将を務めるデ・リフト。今シーズン、KNVBベーカーとエールディビジの国内2冠に加え、チャンピオンズリーグ(CL)でベスト4進出を果たした若きチームを攻守両面でけん引し続けた。

そのデ・リフトに対してバルセロナやマンチェスター・ユナイテッド、リバプールが関心を抱いている状況だ。その中でも、ライオラ氏がパリで目撃されたことからPSG行きの噂がにわかに加熱していた。

しかし、イタリア『ANSA』のインタビューに応じたライオラ氏は「典型的なフェイクニュースだ」とPSGと交渉を行っていることを否定。一方で、同氏は現在今夏の代理人活動禁止を巡ってFIFAやイタリアサッカー協会と揉めており、デ・リフトだけでなく、こちらの動きも注目する必要がありそうだ
コメント
関連ニュース
thumb

デ・リフト代理人、クラブ間合意報道のバルサに断り?

アヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)のバルセロナへの移籍が破談に終わる可能性が出てきた。スペイン『マルカ』がスペイン『カデナ・セール』での情報をもとに伝えている。 高い身体能力や足元の技術を兼ね備え、名門アヤックスで主将を務めるデ・リフト。今シーズン、KNVBベーカーとエールディビジの国内2冠に加え、チャンピオンズリーグ(CL)でベスト4進出を果たした若きチームを攻守両面でけん引し続けた。 そんなデ・リフトには、バルセロナやパリ・サンジェルマン(PSG)、マンチェスター・ユナイテッド、バイエルン、リバプール、ユベントスなどメガクラブからの関心が伝えられており、中でも最近では、バルセロナとPSGの2クラブの報道が加熱している。 移籍金7500万ユーロ(約92億2000万円)でクラブ間合意に達したとされるバルセロナだが、再びアムステルダムでの交渉に臨むと、デ・リフトの代理人を務めるミノ・ライオラ氏から断りがあった模様。同メディアによれば、PSGやバイエルン、ユベントスの方が好条件のオファーを提示していることが理由だという。また、その中ではPSGがポールポジションにいるようだ。 錯綜し続けるデ・リフトの去就。果たしてどのような結末を迎えるのだろうか。 2019.06.19 12:45 Wed
twitterfacebook
thumb

レバークーゼン、指揮官古巣アヤックスからDFシンクラーフェンを獲得!

レバークーゼンは17日、アヤックスからオランダ人DFダレイ・シンクフラーフェン(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「22」に決定。契約期間は2023年6月30日までの4年となる。 ヘーレンフェーンの下部組織出身のシンクフラーフェンは、左サイドバックを主戦場に左サイドハーフやセントラルMFでもプレー可能なユーティリティープレーヤー。2014年にマンチェスター・ユナイテッドに移籍した同じファーストネームのオランダ代表DFダレイ・ブリントの後釜として期待された中、在籍4年半で公式戦86試合に出場し1ゴールを記録した。 今シーズンはヒザのケガに加え、前述のブリントの復帰、昨季途中加入のアルゼンチン代表DFニコラス・タグリアフィコとのポジション争いに敗れて、公式戦11試合の出場にとどまっていた。 ペーター・ボス監督のアヤックス時代の教え子の獲得に成功したレバークーゼンのシモン・ロルフェスSD(スポーツ・ディレクター)は、「ダレイ・シンクフラーフェンは技術的に成熟したプレーヤーだ。彼のゲームインテリジェンス、フットボールのクオリティは我々に完璧にマッチしていると思う。さらに、彼はすでに我々の指揮官ペーター・ボスのアプローチを理解している。彼らはアヤックスで共に成功を収めた」と、クラブに適した補強であることを強調している。 一方、国外初挑戦となるシンクフラーフェンは新天地での意気込みを語っている。 「アヤックスでの時間を経て、ドイツのトップクラブでプレーするチャンスを得られたことにとても興奮しているし、高いモチベーションを感じているよ。レバークーゼンは長年に渡ってブンデスリーガのトップクラブの一角を担ってきた素晴らしいクラブだよ。新しいリーグ、チャンピオンズリーグでの挑戦をとても楽しみにしているよ」 2019.06.18 01:30 Tue
twitterfacebook
thumb

今夏の注目株ネレスはプレミア行きに関心 「常にそこでプレーしたいと思ってきた」

アヤックスに所属するブラジル代表FWダヴィド・ネレス(22)が、プレミアリーグへの関心を口にした。同選手がイギリス『リバプール・エコー』で語った。 今シーズン、アヤックスの国内2冠に大きく貢献したネレスには、パリ・サンジェルマン(PSG)やアーセナル、マンチェスター・ユナイテッド、リバプールなど多くのビッグクラブが関心を示している。 その中でプレミアリーグ行きの可能性に関して問われたネレスは、イングランドでのプレー希望を語っている。 「もちろん、プレミアリーグには大いに興味をひかれているよ。世界で最高のリーグの1つだからね」 「以前から常にそこでプレーしたいと思ってきたんだ。だけど、僕は自分のすべてを神の手に委ねているんだ」 サンパウロ時代から“NEXTネイマール”として注目を集め、2017年冬にアヤックスへ移籍したネレス。加入2年目となった今季は左ウイングを主戦場に持ち味の快足、攻撃センス、左足のテクニックを遺憾なく発揮し、公式戦50試合出場で12ゴール、15アシストの数字を残した。 また、今年3月のチェコ代表戦でセレソンデビューを果たすと、現在母国で開催中のコパ・アメリカのメンバーにも選出されている。 なお、エバートンでプレーする同胞FWリシャルリソンは、ネレスのエバートン移籍に向けて熱心に説得を行っているようだ。 2019.06.17 03:30 Mon
twitterfacebook
thumb

PSG、ディ・マリア売却でネレス獲得へ

パリ・サンジェルマン(PSG)が、アヤックスに所属するブラジル代表FWダヴィド・ネレス(22)の獲得に興味を示しているようだ。ブラジル『UOL Esporte』が報じた。 サンパウロ時代から“NEXTネイマール”として注目を集め、2017年冬にアヤックスへ移籍したネレス。オランダの名門でも攻撃の要として活躍し、今シーズンは公式戦50試合で12ゴール15アシストをマークした。 そのネレスに獲得に向けてPSGはすでに代理人と接触したという。推定市場価格5000万ユーロ(約61億円)というブラジル代表FW獲得に向けて、フランス王者は今シーズンの公式戦45試合で19ゴール17アシストを記録したアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(31)の売却を考えているようだ。 また、PSGはネレスが慕っているとされるレオナルド氏のスポーツ・ディレクター(SD)再任が近いとされる他、交渉を行ったマクスウェルSDが2001年から5年間アヤックスでプレーしたこともあり、両クラブの関係は良好な模様。そうしたことから、エバートンも獲得に動いているネレス争奪戦で優位に立っているとのことだ。 2019.06.14 16:24 Fri
twitterfacebook
thumb

デ・リフト去就に関する意味深投稿のバルサ幹部アビダル、ハッキング被害の可能性

バルセロナでテクニカル・セクレタリーを務めるエリック・アビダル氏の公式『インスタグラム』での意味深な投稿に関して、アカウントのハッキングの可能性があるようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 バルセロナは今夏の移籍市場でアヤックスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)の獲得に動いている。 その中で先日には移籍金7500万ユーロ(約92億2000万円)でのクラブ間合意が伝えられたが、移籍成立に向けては出場機会への不安を抱えるデ・リフト本人、手数料の支払いで揉める代理人のミーノ・ライオラ氏との交渉をまとめる必要がある。 その中で移籍交渉にも携わるアビダル氏は12日、自身の『インスタグラム』にバルセロナとアヤックスのレジェンドである、故ヨハン・クライフ氏の有名な文句を引用する意味深な投稿を行った。 アビダル氏は、「バルセロナでプレーすることに疑念を抱いている人は、もはや我々には必要ない」というクライフ氏のコメントが載った画像と共に、「ありがとう、ヨハン。あなたは正しい」というキャプションを付けていた。 この投稿に関してSNS上では、加入を渋るデ・リフトへの最後通告を意図したものではないかと、大きな話題になっていた。 しかし、『マルカ』は、この一件に関してバルセロナ側からアビダル氏のアカウントがハッキングされたという返答を受け取ったという。したがって、当該の投稿は同氏が意図して行ったものではなかったようだ。 2019.06.13 04:19 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース