プレミア、初のウィンターブレイクは少し変則2019.06.13 18:40 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグは13日、2019-20シーズンの日程を発表した。開幕からマンチェスター・ユナイテッドvsチェルシーが組まれ注目を浴びている新シーズンのプレミアリーグ。注目となっているのはそれだけでなく、来季からはその他の5大リーグに続いてついにVARの利用が始まるほか、プレミアリーグ初のウィンターブレイクが導入される。

そのウィンターブレイクは2月に食い込まれることとなったが、その日程が少し変則。まず、全20チームが2020年2月1日の第25節を終えた後、第26節は2月8日と、2月15日の2週に分けて5試合ずつ開催される。第27節は2月22日に行われるため、日程は違えど全チームに2週間の休暇が与えられるという仕組みだ。

なお、プレミアリーグによると、第26節の日程は今年の12月14日に発表となる予定だ。

◆プレミアリーグ第26節の対戦カード
アーセナル vs ニューカッスル
アストン・ビラ vs トッテナム
ブライトン vs ワトフォード
チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド
エバートン vs クリスタル・パレス
マンチェスター・シティ vs ウェストハム
ノリッジ vs リバプール
シェフィールド・ユナイテッド vs ボーンマス
サウサンプトン vs バーンリー
ウォルバーハンプトン vs レスター・シティ
コメント
関連ニュース
thumb

プレミア王者シティがハマーズに4発快勝でウルブズとの決勝へ!《プレミアリーグ・アジアトロフィー》

プレミアリーグ・アジアトロフィー2019準決勝、マンチェスター・シティvsウェストハムが中国で行われ、4-1でシティが快勝した。 昨季プレミアリーグ王者のシティはシルバやラポルテ、新戦力のロドリらがスタメンとなった。そのシティがシルバを軸に攻勢に出るも、26分にアンへリーニョがPKを献上してしまう。このPKをノーブルに決められ、シティは先制されてしまった。 それでも33分、右サイドからのベルナベのインスウィングのクロスをファーサイドで受けたシルバが見事な胸トラップからボレーシュートを叩き込み、シティが試合を振り出しに戻した。さらに3分後、エンメチャがボックス右で仕掛けたところでオグボンナに倒されてPKを獲得。これをエンメチャ自ら決めてシティが逆転に成功し、前半を終えた。 後半からデ・ブライネやベルナルド・シルバ、スターリングにザネといった主力を投入したシティは、59分に3点目を奪う。ザネのスルーパスに抜け出したスターリングがGKとの一対一を制した。 さらに72分、スターリングが2点目を奪う。デ・ブライネのラストパスをボックス右のスターリングが難なくゴールに蹴り込んだ。終わってみれば4-1と圧勝したシティが、ニューカッスルを4-0と粉砕したウォルバーハンプトンと20日に決勝を戦う。 マンチェスター・シティ 4-1 ウェストハム 【マンチェスター・シティ】 ダビド・シルバ(前33) ルーカス・エンメチャ(前36)[PK] ラヒーム・スターリング(後14、後27) 【ウェストハム】 マーク・ノーブル(前26)[PK] 2019.07.17 23:25 Wed
twitterfacebook
thumb

武藤先発のニューカッスル、ウルブズに完敗…《プレミアリーグ・アジアトロフィー》

プレミアリーグ・アジアトロフィー2019準決勝、ニューカッスルvsウォルバーハンプトンが17日に中国で行われ、0-4でウルブズが快勝した。ニューカッスルのFW武藤嘉紀は63分までプレーしている。 武藤が1トップで先発したニューカッスルだったが、徐々に押し込まれる展開を強いられると、15分に先制を許す。ジョニーのパスを受けたジョッタがボックス手前左で仕掛けてゴール左隅に蹴り込んだ。 その後も攻勢に出るウルブズは33分に突き放した。ジョニーのパスを受けたギブス=ホワイトがペナルティアーク左からゴール右にシュートを突き刺した。 さらに40分、ジョッタがボックス内で相手DFのボールを奪ってこの試合2点目を叩き込み、ウルブズが3-0として前半を終えた。 後半も攻め手のないニューカッスルは63分に見せ場を作れなかった武藤が交代となってしまう。そして85分、CKの流れからオウンゴールを献上し、0-4で惨敗。 勝利したウルブズはマンチェスター・シティvsウェストハムの勝者と20日に決勝を戦う。 ニューカッスル 0-4 ウォルバーハンプトン 【ウォルバーハンプトン】 ジョッタ(前15、前40) ギブス=ホワイト(前32) OG(後40) 2019.07.17 22:37 Wed
twitterfacebook
thumb

来日ランパード、補強禁止と若手の去就について語る「アンパドゥはローンに出すかも」

明治安田生命ワールドチャレンジ2019、川崎フロンターレvsチェルシーの試合前記者会見が16日に行われた。 チェルシーの新指揮官として会見に臨んだフランク・ランパード監督。選手としてキャリアのほとんどを過ごしてきた愛する古巣に戻ってきたが、いきなり補強禁止という大きな壁にぶつかっている。これに関する記者からの「ある意味では良かったのでは?」という質問に同監督はこう答えた。 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/OijGZ-VQBbU" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> 「移籍に関しては、クラブは常に移籍によってチームを良くしようとするものだ。ただし今回の補強禁止は私の監督就任前に決まってしまったことなので、今更後悔することはできない」 「チームが合流してこの1週間は選手たちに満足している。最も重要なことは、ここにいる選手たちやスタッフもファンも一緒に日々成長できるよう努力していくことだ」 「補強禁止処分については、8月の移籍ウインドウでのストレスがなくなったと考えれば、今のメンバーに集中できるから良いことかもしれない」 また、補強禁止処分に関連して、先日に新たに5年契約を結んだ20歳のイングランド代表MFメイソン・マウントについても言及した。 「マウントが契約してくれたことは本当に良いことだ。私はアカデミーの選手にいつも注目しており、トップチームに入る準備ができている選手はたくさんいる。今回彼と契約したのは年齢ではなくパフォーマンスからだ。だが、私が若い選手を求めているということがハッキリしたと思う」 最後に、今回のツアーに参加していないウェールズ代表DFイーサン・アンパドゥに関しては「イーサンはローンに出すかもしれない。決まったわけではないがその可能性がある」と、理由を説明している。 2019.07.16 20:20 Tue
twitterfacebook
thumb

就任3戦目のランパード監督、川崎Fとの対戦に「今の我々には重要な試合」 サッリ前監督にも言及

明治安田生命ワールドチャレンジ2019、川崎フロンターレvsチェルシーの試合前記者会見が16日に行われた。 クロアチア代表MFマテオ・コバチッチとともに壇上に上がったフランク・ランパード監督にとって、川崎F戦は今夏の就任から3試合目となる一戦。来日前にアイルランドで2試合戦い、1勝1分けという成績だ。その中でJ1王者の川崎Fとの対戦は「重要な試合」と位置付けた。プレミアリーグやチャンピオンズリーグ(CL)でライバルとなる相手を想定し、川崎Fのようなエネルギッシュでスピードのあるチームと戦うことは大切なことだと語った。 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/OijGZ-VQBbU" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> 「今の我々にとってコンペティティブな試合は極めて重要になる。ここで我々は質を上げていかなければならない。チームとして集まってまだ1週間だが、この段階で日本のリーグの王者、つまり質があり、エネルギーがあり、スピードがあるチームと一緒にプレーするということは重要なチャレンジだ」 「また、日本のトップのチームと対戦することにリスペクトもしている。我々が何をできるかテストすることができる。プレミアリーグでもチャンピオンズリーグでも様々なクラブがあり、異なったスタイルのクラブと試合をすることも含めて大事な試合だ」 ランパード監督は前任のマウリツィオ・サッリ監督にも言及。昨季の結果や受け継いだ選手たちに関して、今夏の補強禁止にも触れて考えを述べた。 「昨シーズンのサッリ監督のチェルシーの試合はたくさん見た。いいシーズンだったと思う。来季のCLも確保したし、ヨーロッパリーグでは優勝することができた。しかし、私は後ろは振り返らない。自分のやり方があり、クラブについても選手についてもチェルシーのことは非常によく知っている」 「この1週間には満足している。選手の質や態度は素晴らしい。私の求めるプレーはエネルギッシュでスピード感のあるプレーだ。それを目指して楽しくフットボールができるようにすることが私の使命だ。サッリ監督から受け継いだ選手たちは非常に良い選手たちだし、今年はこれ以上補強ができないことは分かっているので、今いるメンバーで戦いたいと思う」 2019.07.16 19:33 Tue
twitterfacebook
thumb

ランプス・チェルシー、来日メンバー発表!

チェルシーは16日、来日メンバーを発表した。 今夏、ブルーズが誇る伝説的OBで元イングランド代表MFのフランク・ランパード監督が指揮官としてカムバックを果たしたチェルシー。同クラブにとって、初の日本ツアーとなる。そのチェルシーは来日後、プレシーズンマッチ2試合を予定。Jリーグ王者の川崎フロンターレ(19日/日産スタジアム‎)、バルセロナ(23日/埼玉スタジアム2002)と激突する。 注目の来日メンバーは26名。今夏のコパ・アメリカ2019を戦ったブラジル代表MFウィリアンのほか、ドイツ代表DFアントニオ・リュディガーや、イングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイ、同代表MFルベン・ロフタス=チークら負傷者を除く選手が勢揃いしており、今夏加入のアメリカ代表MFクリスチャン・プリシッチもメンバー入りした。 ◆メンバーリスト GK ケパ・アリサバラガ ウィリー・カバジェロ ジェイミー・カミング DF マルコス・アロンソ ダビデ・ザッパコスタ アンドレアス・クリステンセン セサル・アスピリクエタ ダビド・ルイス エメルソン・パルミエリ イーサン・アンパドゥ クルト・ズマ フィカヨ・トモリ MF ジョルジーニョ ダニー・ドリンクウォーター エンゴロ・カンテ ロス・バークリー クリスチャン・プリシッチ マテオ・コバチッチ ティエムエ・バカヨコ メイソン・マウント ケイシー・パルマー FW ペドロ オリヴィエ・ジルー ミッチー・バチュアイ タミー・エイブラハム ケネディ 2019.07.16 15:15 Tue
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース