守備的なユーティリティプレーヤーが欲しいラツィオ、アーセナルDFを狙う?2019.06.13 12:45 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルの元イングランド代表DFカラム・チャンバース(24)だが、ラツィオへの移籍が浮上した。イタリア『イル・メッサジェッロ』が報じた。サウサンプトンの下部組織で育ったチャンバースは、2014年にアーセナルへと完全移籍で加入。その後はミドルズブラへのレンタル移籍を経験。今シーズンはフルアムへレンタル移籍し、プレミアリーグで31試合に出場し2ゴールを記録していた。

本職はセンターバックのチャンバースだったが、フルアムではディフェンシブミッドフィールダーのポジションでプレー。新境地を開き、フルアムで大きな貢献を見せていたが、チームは降格の憂き目に遭っていた。

そんなチャンバースに興味を示しているのが、ラツィオだ。ラツィオは、複数ポジションでプレーできる守備的な選手を探しており、チャンバースが候補に挙がったとのこと。1250万ポンド(約17億1700万円)の移籍金を用意するつもりのようだ。

アーセナルは、サウサンプトンから購入する際に1600万ポンド(約22億円)を要しており、チャンバースの状況を考えれば売り時とも考えられる。果たして、この移籍は成立するのだろうか。なお、ラツィオは同価格で購入可能なニューカッスルのDFジャマール・ラッセルズ(25)にも興味を示しているようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

セビージャ新指揮官のロペテギ、ルイス・アルベルトに熱視線か

セビージャが、ラツィオに所属するスペイン代表MFルイス・アルベルト(26)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 スペイン人MFパブロ・サラビア(27)やアルゼンチン代表MFエベル・バネガ(30)、フランス代表FWウィサム・ベン・イェデル(28)、オランダ代表FWクインシー・プロメス(27)ら多くの主力の去就が不透明となっているセビージャ。フレン・ロペテギ新監督は、彼らを売却した場合に得られる資金をルイス・アルベルトの獲得に充てたいと考えているという。 セビージャ下部組織出身のルイス・アルベルトは、2011年にトップチームに昇格すると、リバプールやマラガなどを渡り歩き2016年夏にラツィオへ加入。今シーズンのセリエAでは、スペイン人らしいボールコントロールと高水準のパスセンスを武器に27試合で4ゴール5アシストを記録。また、2017年にはロペテギ監督の下でスペイン代表デビューも飾っている。 しかし、ラツィオはスペイン代表MFの放出に否定的であり、少なくとも3000万ユーロ(約36億6000万円)の移籍金を要求する模様。そこで、セビージャはアルゼンチン代表MFフランコ・バスケス(30)の譲渡を含めたオファーを検討しているようだ。 2019.06.14 15:16 Fri
twitterfacebook
thumb

Jリーグなし?…ロッベンがラツィオに逆オファー

今夏の移籍先に注目を集めるバイエルンの元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(35)に対して、ラツィオ移籍の可能性が出てきた。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 ロッベンは今シーズンがバイエルンとの契約最終年。契約満了による退団が決まっており、新天地としてJリーグのほか、古巣フローニンヘンや、メジャーリーグ・サッカー(MLS)、プレミアリーグ行きなど様々な憶測が浮上している。 そのなかで日本行きとなれば、Jリーグもさらに盛り上がること間違いなしだが、ロッベンの代理人がラツィオに対して売り込みをかけ、会談したという。 なお、現時点でラツィオ側にロッベンに対する関心があるかどうかわかっていないとのこと。名実ともにドリブラーとして実績十分なロッベンの去就はいかに。 2019.06.10 10:20 Mon
twitterfacebook
thumb

ラツィオ、S・インザーギとの新規契約を締結…今季コッパ・イタリアを制覇

ラツィオは6日、シモーネ・インザーギ監督(43)との新規契約締結を発表した。新たな契約期間は2021年6月30日までとなる。 シモーネ・インザーギ監督は2010年にラツィオで引退後、その年から同クラブで指導者キャリアをスタートさせ、2016年にトップチームの指揮官に昇格。以降、ハードワークとコレクティブな戦術を落とし込み、今シーズンのコッパ・イタリアで6年ぶり7回目のタイトルをもたらした。 そうした手腕が評価され、ミランやユベントスの関心が取り沙汰されたシモーネ・インザーギ監督だが、ラツィオの会長を務めるクラウディオ・ロティート氏が先日にクラブ残留を明言。契約延長合意に至ったことを明かしている状況だった。 2019.06.06 18:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ユーベ&ミラン関心のS・インザーギ監督のラツィオ残留が決定! 会長が明言

ラツィオのクラウディオ・ロティート会長がシモーネ・インザーギ監督(43)のクラブ残留を明言した。 現役時代にプレーした古巣ラツィオで指導者キャリアをスタートしたインザーギ監督は、2016年にトップチームの指揮官に昇格。以降、チームにハードワークとコレクティブな戦術を植えつけ、トップ4を争えるチームへと立て直した。また、今季はリーグ戦を8位で終えたものの、コッパ・イタリア優勝に導いている。 その優れた青年監督にはマッシミリアーノ・アッレグリ監督の退任したユベントス、同じくジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が退任したミランの2チームが後任監督として興味を示していると見られていた。 しかし、ロティート会長はイタリア『Radio Rai』で、すでにインザーギ監督と契約延長で同意していることを明かした。 「我々はインザーギとの契約を更新した。メディアは好き勝手言っていたが、我々にとっては想定通りの手続きだった。私はこれまで異なる話は一度もしていなかった」 「公式な手続きが幾つか残っているが、すべては決まったよ」 ここ最近の報道ではユベントスがチェルシーのマウリツィオ・サッリ監督、ミランがサンプドリアのマルコ・ジャンパオロ監督の招へいに迫っていると見られており、ロティート会長の言葉通りにインザーギ監督の契約延長が決定しそうだ。 2019.06.03 22:17 Mon
twitterfacebook
thumb

敵でもデ・ロッシは敬意を払うべき男! ラツィオのウルトラスが宿敵に別れのメッセージ

ラツィオのクルヴァ・ノルド(ウルトラス)が、今シーズン限りでローマを退団する元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシに向けて別れのメッセージを送った。イタリア『スカイ・スポルト』が伝えた。 共に永遠の都ローマに本拠地を置くローマとラツィオのライバル関係はイタリアでも屈指のものだ。その中でローマ生え抜きのデ・ロッシは、過去の“デルビー・デッラ・カピターレ”で幾度となく退場沙汰を起こすなど、ラツィオにとって宿敵とも言えるプレーヤーの筆頭だ。 ラツィオのクルヴァ・ノルドに陣取る熱狂的なサポーターは、人種差別や地域差別、男女差別など、多くの問題を抱えている一方、ローマっ子ならではの粋を大事にすることでも知られる。 ちょうど、2年前に宿敵のFWフランチェスコ・トッティに引退報道が出た際には「生涯の敵、フランチェスコ・トッティに敬意を表する」と、長年戦ってきたジャロロッシのカピターノに粋なメッセージを送っていた。 そして、20日に行われたセリエA第37節、ボローニャ戦ではローマと共同で使用するスタディオ・オリンピコでのホーム最終戦ということもあり、前述のトッティに倣うかのようにデ・ロッシに向けた以下のようなメッセージを掲げた。 「ノルドはデ・ロッシに敬意を表する。お前は誇り高く、常にピッチ上では簡単に屈しない敵だった。(Curva Nord 12)」 デ・ロッシは先日の退団発表会見で、「デルビーやナポリ、ベルガモ、レッジオ・カラブリアでの激しい戦いは僕に生きている実感を与えてくれた。フットボールはライバル意識、サポート、それに対する誠実さを表すものなんだ。スポーツを通じた友人、ライバルを持つことができたことは本当に嬉しいことだし、自分が相手にとってそう認識されたなら嬉しいよ」と、ライバルたちとの関係に関して言及。 また、直近のデルビーでの敗戦時には「相手の方が優れていた」と素直に認めたコメントが、多くのラツィアーレに好意的に受け止められていた。 2019.05.21 17:19 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース