カリアリがMFチガリーニと1年間の契約延長2019.06.13 10:51 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カリアリは12日、元イタリア代表MFルカ・チガリーニ(32)との契約延長を発表した。新契約は2020年6月30日までとなる。チガリーニはパルマの下部組織出身で、2005年7月にトップチームへ昇格。2008年7月にアタランタへ移籍すると、2009年7月にナポリへと完全移籍した。

その後はセビージャ、アタランタへのレンタル移籍を経験し、2013年7月にアタランタへ復帰。2016年7月にサンプドリアへ完全移籍すると、2017年7月からカリアリへ完全移籍で加入していた。

カリアリでの1年目はセリエAで26試合に出場し2ゴール3アシストを記録。2年目の今シーズンは、セリエAで25試合に出場し1アシストを記録していた。
コメント
関連ニュース
thumb

インテル、バレッラ獲得に迫る! 両クラブ首脳が直接交渉へ

インテルがカリアリのイタリア代表MFニコロ・バレッラ(22)の獲得に近づいているようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じた。 カリアリ生え抜きのバレッラは、次代のアズーリの中心選手と期待される大器。172cmと上背はないものの、体幹の強さと相手の懐に入り込む瞬発力を武器にボールを奪えば、豊富な運動量とアジリティを生かして一気に相手ボックス付近まで攻め上がりチャンスに絡む。さらに、高水準のパス精度にパンチ力のあるミドルシュートも兼備。かつてカリアリで活躍し現在インテルに在籍する元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴランを髣髴とさせるボックス・トゥ・ボックス型の万能型MFだ。 今夏のステップアップが確実視される22歳の若武者にはナポリ、ローマ、ユベントスの国内クラブに加え、チェルシーやマンチェスター・ユナイテッド、トッテナムらプレミアリーグ勢が関心を示してきたが、現在はインテル移籍に迫っているようだ。 『コリエレ・デッロ・スポルト』が伝えるところによれば、5000万ユーロ(約61億3000万円)の値付けがされているバレッラに関して、インテルはレガ・セリエAの定例会議に代表者を派遣し、カリアリのトンマーゾ・ジウリーニ会長と直接交渉を行う予定だという。 2019.06.08 18:37 Sat
twitterfacebook
thumb

カリアリ、守護神のイタリア代表GKクラーニョと2024年まで契約延長

カリアリは27日、イタリア代表GKアレッシオ・クラーニョ(24)と2024年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 2014年夏にブレシアからカリアリに加入したクラーニョは、ベネヴェントなどへのレンタル移籍を経て、2017-18シーズンにカリアリに復帰。そのシーズンから正GKに定着し、今季もセリエA全38試合にフル出場し、15位で終えたカリアリの残留に貢献した。 また、イタリア代表デビューは飾っていないものの、2018年11月に初招集を受け、来月行われるユーロ2020予選のメンバーにも選出されている。 2019.05.28 02:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ケアンに人種差別疑惑のカリアリに処分なし

FIGC(イタリアサッカー連盟)は14日、ユベントスのイタリア代表FWモイゼ・ケアンに対する人種差別チャントを行ったとされるカリアリに対し、処分を行わないことを発表した。 この件は4月2日に行われたセリエA第30節、カリアリvsユベントスでケアンに対し、人種差別チャントをカリアリサポーターが行ったとして調査が行われていた。ケアンはこの人種差別チャントに抗議する意味でゴール後にカリアリサポーターの前でセレブレーションを行い、騒動となっていた。 1カ月以上にわたるFIGCの調査が行われたが、FIGCは「チャントと人種差別の関連性は限られている」としカリアリに処分は行わないとした。 カリアリでは昨年1月にもユベントスMFブレーズ・マテュイディに対し、人種差別チャントが行われていた。 2019.05.15 01:28 Wed
twitterfacebook
thumb

セリエA残留が濃厚のカリアリがマラン監督と2022年まで契約延長

カリアリは2日、ロランド・マラン監督(55)との契約を2022年まで延長したことを発表した。 昨シーズン途中にキエーボの指揮官を解任されたマラン監督は、セリエA通算200試合以上を指揮した実績を買われ、昨年夏にカリアリの指揮官に就任。イタリア代表FWレオナルド・パヴォレッティを中心に今シーズンはここまで10勝10分け14敗の11位に位置。 降格圏の18位エンポリとは、現時点で勝ち点差が「11」離れており、3年連続のセリエA残留をほぼ手中に収めている。 なお、残り4節となったセリエAでカリアリは、ナポリ、ラツィオ、ジェノア、ウディネーゼとの対戦を残している。 2019.05.03 01:01 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドが若手イタリア代表MFの調査に向けスカウトを派遣か

マンチェスター・ユナイテッドは、カリアリのイタリア代表MFニコロ・バレッラ(22)の調査に向けてスカウトを派遣するようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 ユナイテッドが注視しているバレッラは、カリアリの下部組織で育つ生え抜きプレーヤー。2018年10月にイタリア代表に初招集され、ここまで5試合に出場している。 主戦場はセントラルミットフィルダーで、今シーズンのセリエAではここまで31試合に出場し1ゴール3アシストを記録。コッパ・イタリアでも3試合に出場。ユナイテッドは、5日に行われるナポリvsカリアリの一戦にスカウトを派遣するとのことだ。 ユナイテッドは、今夏フランス代表MFポール・ポグバ、MFアンデル・エレーラと2人の中盤の選手を失う可能性があるために、バレッラへの興味を持っているとしている。 2019.05.02 20:20 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース