カリアリがMFチガリーニと1年間の契約延長2019.06.13 10:51 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カリアリは12日、元イタリア代表MFルカ・チガリーニ(32)との契約延長を発表した。新契約は2020年6月30日までとなる。チガリーニはパルマの下部組織出身で、2005年7月にトップチームへ昇格。2008年7月にアタランタへ移籍すると、2009年7月にナポリへと完全移籍した。

その後はセビージャ、アタランタへのレンタル移籍を経験し、2013年7月にアタランタへ復帰。2016年7月にサンプドリアへ完全移籍すると、2017年7月からカリアリへ完全移籍で加入していた。

カリアリでの1年目はセリエAで26試合に出場し2ゴール3アシストを記録。2年目の今シーズンは、セリエAで25試合に出場し1アシストを記録していた。
コメント
関連ニュース
thumb

パドインにモラタからラブコール!?「アトレティコに来て!」

カリアリのイタリア人MFシモーネ・パドイン(35)が、アトレティコ・マドリーのスペイン代表FWアルバロ・モラタ(26)から誘いを受けている事を自身のインスタグラム(simopado20)で明かしている。 パドインはアタランタユースの出身で2003-04シーズンにヴィチェンツァでプロデビュー。その後アタランタやユベントスで活躍し、35歳を迎えた今シーズンもカリアリでリーグ戦30試合に出場。ベテランとなった現在でもセリエAで主軸を張り続けるディフェンスのユーティリティープレーヤーである。 モラタとは14-15、15-16シーズンの2シーズンに渡ってユベントスでチームメイトとして過ごした仲で、退団後も仲睦まじい交流が続いているようだ。この投稿の中でパドインはカリアリ退団の報告と、クラブに対する感謝を述べており、その中でモラタから「アトレティコに来て!」と誘いを受けている。 長年セリエAで一線を張り、今シーズンも渋くチームを支えたパドインとはいえ来年36歳。さすがにアトレティコ移籍は現実的では無いだろうが、旧友との今でも変わらない友情を見て取れた投稿であった。 2019.06.25 15:22 Tue
twitterfacebook
thumb

カリアリ主将チェッピテッリが2021年まで契約延長

カリアリは24日、イタリア人DFルカ・チェッピテッリ(29)と2021年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 バーリで頭角を現したセンターバックのチェッピテッリは、2014年夏にカリアリに加入。カリアリでは公式戦126試合に出場して7ゴール1アシストを記録。キャプテンを務めた今季は序盤に負傷があった中、セリエAで24試合に出場して1ゴール1アシストを記録し、チームを15位で残留に導いていた。 2019.06.25 03:10 Tue
twitterfacebook
thumb

PSG、バレッラ獲得関心のインテルに横やりか

パリ・サンジェルマン(PSG)がイタリア代表MFニコロ・バレッラ(22)の獲得に興味を示しているようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 カリアリ生え抜きのバレッラは、172cmと上背はないものの、高水準のパス精度にパンチ力のあるミドルシュートも兼備しているボックス・トゥ・ボックスタイプの万能型MF。インテルに在籍する元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴランを彷彿させるイタリア代表MFは、今シーズンの公式戦38試合で1ゴール4アシストを記録した。 そんなバレッラに強い関心を示しているというインテルにPSGが横槍。最近スポーツ・ディレクター(SD)に復任したレオナルド氏が、イタリアからのパイプを駆使してバレッラ獲得を考えているようだ。同氏は過去にペスカーラからイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティを1100万ユーロ(現在のレートで約13億3000万円)で引き抜いた実績を持っている。 なお、バレッラの移籍金は4000万ユーロ~5000万ユーロ(約48億5000万円~約60億6000万円)になると複数のイタリアメディアは推測している。 2019.06.19 15:40 Wed
twitterfacebook
thumb

インテル、バレッラ獲得に迫る! 両クラブ首脳が直接交渉へ

インテルがカリアリのイタリア代表MFニコロ・バレッラ(22)の獲得に近づいているようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じた。 カリアリ生え抜きのバレッラは、次代のアズーリの中心選手と期待される大器。172cmと上背はないものの、体幹の強さと相手の懐に入り込む瞬発力を武器にボールを奪えば、豊富な運動量とアジリティを生かして一気に相手ボックス付近まで攻め上がりチャンスに絡む。さらに、高水準のパス精度にパンチ力のあるミドルシュートも兼備。かつてカリアリで活躍し現在インテルに在籍する元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴランを髣髴とさせるボックス・トゥ・ボックス型の万能型MFだ。 今夏のステップアップが確実視される22歳の若武者にはナポリ、ローマ、ユベントスの国内クラブに加え、チェルシーやマンチェスター・ユナイテッド、トッテナムらプレミアリーグ勢が関心を示してきたが、現在はインテル移籍に迫っているようだ。 『コリエレ・デッロ・スポルト』が伝えるところによれば、5000万ユーロ(約61億3000万円)の値付けがされているバレッラに関して、インテルはレガ・セリエAの定例会議に代表者を派遣し、カリアリのトンマーゾ・ジウリーニ会長と直接交渉を行う予定だという。 2019.06.08 18:37 Sat
twitterfacebook
thumb

カリアリ、守護神のイタリア代表GKクラーニョと2024年まで契約延長

カリアリは27日、イタリア代表GKアレッシオ・クラーニョ(24)と2024年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 2014年夏にブレシアからカリアリに加入したクラーニョは、ベネヴェントなどへのレンタル移籍を経て、2017-18シーズンにカリアリに復帰。そのシーズンから正GKに定着し、今季もセリエA全38試合にフル出場し、15位で終えたカリアリの残留に貢献した。 また、イタリア代表デビューは飾っていないものの、2018年11月に初招集を受け、来月行われるユーロ2020予選のメンバーにも選出されている。 2019.05.28 02:35 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース