レバンテ、ベティスからFWセルヒオ・レオンを獲得!2019.06.13 03:14 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レバンテは12日、ベティスからスペイン人FWセルヒオ・レオン(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの3年となる。ベティスのカンテラで育ったセルヒオ・レオンは、これまでレンタル先のクラブを転々としていた苦労人。しかし、2015-16シーズンに2部のエルチェで22ゴールを挙げて得点王に輝くと、2016年夏に加入したオサスナでは2部へ降格したチームの中、10ゴールを挙げる活躍を見せていた。

昨シーズンに復帰を果たしたベティスではリーグ戦31試合で11ゴールとまずまずの数字を残した一方、多くの決定機逸が批判の対象に。迎えた今季はコパ・デル・レイで3ゴールを挙げたものの、リーグ戦では16試合でノーゴールと不振に陥っていた。
コメント
関連ニュース
thumb

アトレティコ、数的不利で追いつくもゴディンやグリーズマン、フアンフランを勝利で送り出せず《リーガエスパニョーラ》

アトレティコ・マドリーは18日、リーガエスパニョーラ最終節でレバンテと対戦し、2-2で引き分けた。 前節で2位が確定したアトレティコ。ゴディンやグリーズマン、フアンフランにとってロヒ・ブランコ最後の試合だったが、早い時間帯にレバンテに先制を許してしまう。6分、ロチーナの右CKをファーサイドのカンパーニャに折り返されると、最後はゴール前のカバコにヒールシュートで合わせられ、早くも追う展開になる。 早く同点に追いつきたいアトレティコは25分、カットインからボックス中央手前に侵攻してきたグリーズマンが右足を振り抜く。ディフレクトしたボールは枠を捉えたが、GKコケに掻き出された。32分には、バイタルエリア中央からレマルが強烈な左足でゴールを強襲したが、これもGKコケが立ちはだかった。 その後、アトレティコが攻めあぐねていると36分、トーマスがボックス中央手前でパスミス。これをロジェールに拾われ、そのままゴールに流し込まれてしまい、2点ビハインドとなってしまう。 今シーズン限りで退団する選手を勝って送り出したいアトレティコ。しかし、後半開始早々にアクシデント。46分、コレアがチェマ・ロドリゲスに倒された際に激昂し、蹴とばしてしまう。直後こそ提示されたのはイエローカードだったが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)により、主審はレッドカードに変更。一人少ない状況を強いられる。 暗雲が立ちこむアトレティコだが68分、ようやく1点を返す。フアンフランのパスをボックス中央手前で受けたロドリゴ・エルナンデスが左足を一閃。これがゴール左に突き刺さった。 1点差に詰め寄ったアトレティコはさらに79分、ルーズボールを拾ったコケがバイタルエリア右からシュート。ディフレクトしたボールがゴール前にこぼれると、最後はS・カメッロが冷静に流し込み、ついに同点に追いつく。 だが、最後まで勝ち越しのゴールを奪うことはできず2-2で試合終了。ゴディンやグリーズマン、フアンフランといったアトレティコの黄金期を支えてきた選手を勝利で送り出すことはできず、3試合未勝利でシーズンを終えた。 2019.05.18 22:18 Sat
twitterfacebook
thumb

バルセロナが2年連続26度目の戴冠! メッシ弾で今季1冠目を手にしてCLリバプール戦へ!《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第35節、バルセロナvsレバンテが27日にカンプ・ノウで行われ、1-0で勝利したバルセロナが3節を残して2年連続26度目のリーグ優勝を決めた。 来週ミッドウィークにリバプールとのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝初戦を控える中、連覇に王手をかけたバルセロナ(勝ち点80)は、15位レバンテをホームで迎え撃った。アレーニャ、スアレスの2ゴールで勝利したアラベス戦からは先発4人を変更。ラキティッチ、ラングレ、ジョルディ・アルバ、アルトゥールが先発復帰も、ブスケッツと共にメッシが再びベンチスタートとなった。 ホームでの優勝に向けて高いモチベーションで臨んだバルセロナが立ち上がりから相手を押し込んでいく。開始直後にスアレス、コウチーニョと決定的なシュートを放つと、5分にはコウチーニョの左CKにラングレが飛び込むが、ここはヘディングシュートを枠に飛ばせない。 開始早々の先制点とはならなかったものの、その後も相手守備のギャップを突きながら再三フィニッシュのシーンを作り出す。25分過ぎにはアルトゥールのスルーパスに抜け出したボックス左のコウチーニョが右足のシュート。直後には左サイド深くをえぐったアルバからの浮き球クロスをゴール前フリーのコウチーニョがヘディングシュートも、いずれのゴールチャンスも相手GKアイトールに阻止される。 相手守護神の再三の好守に手を焼くバルセロナは前半終了間際の41分にもボックス手前左の好位置で得たFKをコウチーニョが直接右足で狙うが、このシュートは惜しくもクロスバーを叩いた。 結局、前半をゴールレスで終えたバルセロナはハーフタイム明けにコウチーニョを下げて温存していたメッシを投入する。そのメッシは立ち上がりの50分に早速シュートを放つと、60分過ぎには期待された役目をきっちり果たす。 62分、デンベレの鋭い中央突破を起点に波状攻撃を仕掛けると、スアレスのクロスのこぼれ球に反応したビダルがボックス右のメッシにヘディングでパスを繋ぐ。ここで2人のDFを切り返しで外したメッシはすかさず左足のシュートをゴール左隅に流し込んだ。 頼れるエースのゴールで先制に成功したバルセロナだが、64分にはホセ・モラレスのスルーパスに抜け出したマジョラルに決定機を許すが、ここは果敢に飛び出したGKテア・シュテーゲンの好守で凌ぐ。さらに直後の68分にはホセ・モラレスにボックス内へ抜け出されるが、ここは相手のシュートミスに救われる。 その後、アルトゥール、デンベレを下げてブスケッツ、セルジ・ロベルトの投入で[4-4-2]に布陣を変更したバルセロナは逃げ切り態勢に入る。前がかりな相手に対してカウンターから追加点に迫るが、ビダルやスアレスがゴールチャンスをモノにできない。 それでも、試合終了間際の89分にバルディに与えた決定機が右ポストを叩くなどツキにも恵まれたバルセロナはこのまま1-0で試合をクローズ。頼れるエースのゴールと今季チームを支えた堅守という、らしい勝ち方を見せたバルセロナが2年連続26度目のリーガ制覇を達成。今季1冠目を手にしたバルベルデ監督率いるチームは、最高のムードの中で4日後に行われるCLリバプール戦に臨むことになった。 2019.04.28 05:55 Sun
twitterfacebook
thumb

レバンテにレンタル中のレアルFWマジョラルは来季も残留か

レアル・マドリーからレバンテへレンタル移籍中の元U-21スペイン代表FWボルハ・マジョラル(22)は、来シーズンもレバンテに残る可能性があるようだ。スペイン『アス』が報じた。 マドリーの下部組織出身のマジョラルは、2016-17シーズンはヴォルフスブルクへとレンタル移籍。そして、今シーズンはレバンテへとレンタル移籍している。 レバンテでは、リーガエスパニョーラで22試合に出場し3ゴール1アシストを経験。コパ・デル・レイでは4試合に出場し2ゴールを記録するなど、試合経験を積んでいる。 『アス』によると、マジョラルがレバンテに残留する条件としては、レバンテが1部残留を果たすこと。現在は勝ち点33で15位と残留圏に位置しているものの、降格圏の18位レアル・バジャドリーとは勝ち点差4となっており、まだまだ予断は許さない状況だ。 また、レバンテが降格した場合でも、現時点でマドリーに戻っても出場機会が限られているため、2019-20シーズンはレンタル移籍が濃厚になるとみられている。 マジョラルとマドリーの契約は今シーズン限りとなっており、レンタル移籍となれば契約延長が先に行われるとのこと。フリーとなれば、引く手数多になると見られている。 2019.04.08 12:05 Mon
twitterfacebook
thumb

疑惑PKシーンで負傷&今季絶望ドゥクレ「マドリーの誰一人として連絡して来ない」

レバンテに所属するコートジボワール代表MFシェイク・ドゥクレが、負傷を嘆いている。スペイン『マルカ』が伝えた。 ドゥクレは、24日に行われたリーガエスパニョーラ第25節のレアル・マドリー戦で後半15分から出場。76分に自陣ボックス内で右足を大きく振り上げてボールをクリアにかかった際、空振りして着地を失敗し、左ヒザの前十字じん帯が断裂する悲劇に。診断の結果、今季絶望と見られている。 なお、このプレーではマッチアップしたマドリーMFカゼミロに足が接触していなかったにもかかわらず、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によりPKが取られ、物議を醸している。 今回の一件について初めて口を開くドゥクレは、過激な発言を避けつつも悔しさをにじませた。 「レアル・マドリーの誰一人として僕に連絡してこない。物凄く助けになってくれる人も居れば、そうじゃない奴も居るものなんだ」 「物事が上手くいく様に願っている。頭の中では、特に負傷させられたプレーだったり、沢山のことが駆け巡っているけどね」 「こういうことは何度も繰り返してきた。けど、それが人生だ」 2019.02.27 16:10 Wed
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー戦で疑惑のPKを献上したドゥクレが左ヒザ前十字じん帯断裂…

レバンテは25日、コートジボワール代表MFシェイク・ドゥクレが左ヒザの前十字じん帯を断裂したことを発表した。 ドゥクレは24日に行われたリーガエスパニョーラ第25節のレアル・マドリー戦で後半15分から出場。76分に自陣ボックス内で右足を大きく振り上げてボールをクリアにかかった際、空振りしたことで着地がまずく左ヒザを負傷したとのことだ。なお、このプレーではカゼミロに足が接触していなかったにも関わらずVARの末にPKが宣告され、物議が醸されている。 ドゥクレは今季のリーガエスパニョーラで9試合に出場していた。 2019.02.26 03:55 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース